Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    Sv translation
    languageen

    This page provides an overview of time range comparisons in AppDynamics.

    Time range comparison in Dash Studio helps identify differences in application performance trends for two time periods. You can line up two time periods of the same data and compare. For instance, it might be useful to compare an application’s average response time on the previous day with the same day last week. 


    Info

    Comparisons are currently only available for Time Series widgets.

    All Data Panel options for Time Series support comparisons.

    A global time range (for example “Last 4 hours”) is selected for the entire dashboard by default.


    Compare Time Range

    The default global time range is denoted as T1. Time comparisons are done against this time range. All comparisons are set using Widget Properties.
    To compare two time periods:
    1. Once you add a Time Series widget to the canvas, go to the Widget Properties panel and expand the Compare Time Range section. 
    2. Set a second time range (denoted as T2) with the same duration as the global time range set on the widget by default. T2 can be shifted back in time based on the settings in the Compare Time Range section. 
      There are
       three options available within the Compare Time Range section:
      • None: This is the default setting for all Time Series widgets when initially placed on the canvas. Select this option if you do not want to add comparison to the chart.
      • Time Shift: This takes the current widget time range (T1) and shifts it back by the selected amount of time to become T2. For example, if T1 is “Last 1 hour” and the Time Shift is set to 2 Hours, T2 is 2 hours earlier than T1. When this option is selected, you first specify a whole number in the first input and select from one of the time options in the selected dropdown. The available options in the dropdown are minutes, hours, days, and weeks.
      • Absolute Range: This option allows you to specify the T2 comparison time range by selecting either the start date/time or the end date/time of the range. For instance, if T1 is “Last 1 hour” and this option is selected, you can use the date and time inputs to select a start of 8 days ago at 11 am. T2 would thus be 11 am to 12 pm on that specific day. Once the second or third options in this set are specified, T1 and T2 are superimposed over the same chart space in the Time Series widget.

    Granularity

    By default, Dash Studio matches granularities if they are different between T1 and T2 time ranges. Less recent data in AppDynamics is stored at a lower granularity, which means there are fewer data points present on the data series when it is displayed using Dash Studio. To help you perform an apples-to-apples comparison, Dash Studio is by default set to Auto and shows both T1 and T2 time ranges using the same granularity (even if they differ). However, this behavior can be changed by selecting the Retain Original Granularity option instead of selecting Auto. When you select this option, both T1 and T2 show data at their original granularities. This makes comparing behaviors difficult, but the newer data is highly granular.

    Info

    Showing the time range comparison doubles the number of data series on the chart. If initially three lines are shown in the widget time range without the comparison, six are shown when the comparison is defined. As new data is received, the widget and its comparisons are updated continuously.

    AppDynamics stores a reduced granularity (fewer data points) for older time ranges.

    Sv translation
    languageja

    Dash Studio での時間範囲の比較は、2 つの期間におけるアプリケーション パフォーマンスのトレンドの違いを特定することができます。同じデータの 2 つの期間を設定し、比較することができます。たとえば、前日のアプリケーションの平均応答時間を、先週の同じ日と比較する場合に便利です。 

     

    Info
    title注意
    • 現在、比較は時系列ウィジェットでのみ使用可能です
    • 比較は時系列のすべてのデータパネルオプションでサポートされます
    • デフォルトでは、グローバル時間範囲(「過去 4 時間」など)がダッシュボード全体に対して選択されます

    デフォルトのグローバル時間範囲は T1 として示されます。時間の比較はこの時間範囲に対して行われます。すべての比較はウィジェットのプロパティを使用して設定されます。2 つの期間を比較する場合:
    1. キャンバスに時系列ウィジェットを追加したら、[Widget Properties] パネルに移動してクリックし、[Compare Time Range] セクションを展開します。 
    2. デフォルトでは、ウィジェットに設定されているグローバル時間範囲と同じ期間の T2 として 2 番目の時間範囲を設定します。T2 は、[Compare Time Range] セクションの設定に基づいて時間単位で戻すことができます。
      [Compare Time Range] セクション内で使用可能な 3 つのオプションは次のとおりです。
      • None:これは、キャンバスに最初に配置されたときのすべての時系列ウィジェットのデフォルト設定です。グラフに比較を追加しない場合は、このオプションを選択します。
      • Time Shift:現在のウィジェットの時間範囲(T1)を取得し、T2 になるように選択された時間だけ戻します。たとえば、T1 が「Last 1 hour」で、[Time Shift] が 2 時間に設定されている場合、T2 は T1 よりも 2 時間前に設定されます。このオプションを選択した場合は、まず最初の入力で整数を指定し、選択したドロップダウンのいずれかの時間オプションから選択します。ドロップダウンの使用可能なオプションは、分、時間、日、および週です。
      • Absolute Range:このオプションでは、開始日時または終了日時のいずれかの範囲を選択して、T2 比較の時間範囲を指定できます。たとえば、T1 が「Last 1 hour」で、このオプションが選択されている場合は、日付と時刻の入力を使用して、8 日前の午前 11 時の開始を選択できます。そのため、T2 はその特定の日の午前 11 時から午後 12 時になります。このセットの 2 番目または 3 番目のオプションを指定すると、T1 と T2 は時系列ウィジェットの同じグラフスペースに重ねられます。
    精度
    デフォルトでは、T1 と T2 の時間範囲で異なる場合、Dash Studio は粒度と一致します。AppDynamics の古いデータは低い粒度で保存されます。これは、Dash Studio を使用して表示されているデータポイントがデータシリーズにほとんど存在しないことを意味します。同一条件で比較できるように、Dash Studio はデフォルトで [Auto] オプションであり、同じ粒度を使用して T1 と T2 の両方の時間範囲を表示します(それらが異なる場合でも)。ただし、この動作は、[Auto] を選択する代わりに [Retain Original Granularity] オプションを選択することによって変更できます。このオプションを選択すると、T1 と T2 の両方に元の粒度のデータが表示されます。これにより、動作の比較が少し難しくなりますが、新しいデータは非常に詳細になります。
    Info
    • 時間範囲の比較を表示すると、グラフ上のデータ系列の数が倍増します。最初の 3 行が比較なしでウィジェットの時間範囲に表示される場合、比較が定義されると 6 行が表示されます。新しいデータを受信すると、ウィジェットとその比較が継続的に更新されます。
    • AppDynamics では、古い時間範囲の短縮された粒度(データポイントの数が少ない)が保存されます。