Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pagesPages:

    This page provides an overview of health rule schedules in AppDynamics.

    The metrics associated with a health rule are evaluated according to a schedule that you control. You can configure:

    Time evaluation for health rule schedules is based on the time zone you specify, regardless of the time zone of the Controller.

    Info

    For schedules created in AppDynamics controller version 4.5.15 or earlier, all schedules are executed based on the controller time zone. For schedules created in version 4.5.16 or later, schedules are executed based on the time zone you specify, irrespective of the controller time zone.

    Health Rule Enabled Schedule

    By default, health rules are always enabled. You can define schedules for evaluation of the health rules. 

    Built-in schedules exist for:

    • End of business hours
    • Weekday lunch
    • Weekday mornings
    • Weekdays
    • Weekends
    • Weeknights

    You can also configure custom health rule schedules. The custom schedule allows you to define a time zone specific to your application, independent of the controller time zone. This eliminates the need to adjust the time zone manually if your application is in a separate time zone than that of the controller. For more details, see Create and Manage Health Rule Schedules.

    Health Rule Evaluation Time Frame

    The health rule evaluation time frame is the period of time over which the data used to evaluate the health rule is collected. 

    Different kinds of metrics provide better results using different sets of data. You can manage how much data AppDynamics uses when it evaluates a particular health rule by setting the data collection time period. You can define an evaluation time frame between 1 minute to 120 minutes. The default value is 30 minutes. You can select the following values in the Use data from last drop-down:

    1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 15, 20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90, 100, 110, 120

    Info

    You can define a persistence threshold for a condition only if you have defined the evaluation time frame of 30 mins or less.

    Health Rule Wait Time After Violation

    The health rule wait time setting lets you control how often an event is generated while the conditions found to violate a health rule continue. If the controller determines that a health rule has been violated, with a status of either Critical or Warning, an Open Critical or Open Warning event is generated. This event is used to trigger any policies that match the health rule and initiate any actions that the policies require.

    Once an Open event has occurred, the controller continues to evaluate the status of the health rule every minute. If the controller continues to detect the same violation, the violation remains open with the same status. A corresponding Continues Critical or Continues Warning event may be generated to link to any related policy.

    Continues event every minute might be too noisy for your health rule. The health rule's Wait Time after Violation setting is used to throttle how often these Continues events are generated for continuing health rule violations. The default is every 30 minutes.

    To use Continues Critical and Continues Warning events, adjust the default Wait Time after Violation value to the desired frequency. Then configure a policy matching the health rule with the Health Rule Violation Continues - Warning and/or Health Rule Violation Continues - Critical events selected in the Health Rule Violation Events section of the policy settings.

    Info

    The violations displayed in the Health Rules Violations page, under Troubleshoot, are updated only when a health rule violation event is triggered.

    If the Controller is unable to evaluate the rule—for example, if a node stops reporting—the Evaluation Status of the health rule is marked as a grey question mark or Unknown in the Current Evaluation Status tab in the right panel of the health rules list. The current violation event remains open until the Wait Time after Violation period has elapsed, at which point the violation event is closed and a new event is triggered, causing the Health status itself of the rule to display as Unknown

    Health Rules Current Evaluation StatusImage Modified

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages

    正常性ルールに関連するメトリックは管理しているスケジュールに応じて評価されます。次の点について設定できます。

    正常性ルールスケジュールの時間評価は、コントローラのタイムゾーンに関係なく、指定したタイムゾーンに基づいて行われます。

    Info

    AppDynamics コントローラバージョン 4.5.15 以前で作成されたスケジュールについては、コントローラのタイムゾーンに基づいてすべてのスケジュールが実行されます。バージョン 4.5.16 以降で作成されたスケジュールの場合、スケジュールはコントローラのタイムゾーンに関係なく、指定したタイムゾーンに基づいて実行されます。

    正常性ルールが有効なスケジュール

    デフォルトでは、正常性ルールは常に有効になっています。正常性ルールを評価するためのスケジュールを定義できます。
    次の組み込みスケジュールが存在します。

    • 業務時間の終了
    • 平日ランチ
    • 平日午前中
    • 平日
    • 週末
    • 平日夜

    また、カスタム正常性ルールのスケジュールを設定することもできます。カスタムスケジュールでは、コントローラのタイムゾーンに関係なく、アプリケーションに固有のタイムゾーンを定義できます。これにより、アプリケーションがコントローラとは別のタイムゾーンにある場合に、タイムゾーンを手動で調整する必要がなくなります。詳細については、「正常性ルールスケジュールの作成および管理」を参照してください。

    正常性ルール評価のタイムフレーム

    正常性ルール評価タイムフレームは、正常性ルールを評価するために使用されるデータが収集される期間です。 

    異なる種類のメトリックにより、異なるデータの集まりを使用したより良い結果が得られます。データ収集期間を設定して、特定の正常性ルールを評価する時に AppDynamics が使用するデータ量を管理することができます。デフォルト値は 30 分です。

    Info

    30 分以下の評価タイムフレームを定義している場合にのみ、条件の永続的しきい値を定義できます。

    違反後の正常性ルール待機時間

    正常性ルールの待機時間設定では、正常性ルールの違反状況が続いている間にイベントが生成される頻度をコントロールできます。コントローラが Critical または Warning のステータスの正常性ルール違反を見つけると、Open Critical または Open Warning イベントが生成されます。このイベントは、正常性ルールに一致するポリシーをトリガーして、そのポリシーに必要なアクションを開始するために使用できます。

    オープンイベントが発生すると、コントローラは 1 分ごとに正常性ルールのステータスを評価し続けます。コントローラが同じ違反を検出し続ける場合、違反は同じステータスでオープンのままになります。対応する Continues Critical または Continues Warning イベントが生成され、関連するポリシーに結び付ける場合もあります。

    1 分ごとの Continues イベントは、正常性ルールに対してノイズが多すぎる場合があります。[Wait Time after Violation] の設定は、継続する正常性ルール違反に対して、こうした Continues イベントが生成される頻度を抑制するために使用できます。デフォルトでは 30 分毎です。

    Continues CriticalおよびContinues Warningイベントを使用するには、デフォルトの違反後の待機時間をご希望の頻度に調整します。次に、その正常性ルールがポリシーの設定の [Health Rule Violation Events] セクションで選択された [Health Rule Violation Continues - Warning] と [Health Rule Violation Continues - Critical] イベントと一致しているポリシーを構成します。

    Info

    [Troubleshoot] の下の [Health Rules Violations] ページで表示される違反は、正常性ルール違反イベントがトリガーされる時だけ更新されます。

    コントローラがルールを評価できない場合(ノードがレポートを停止した場合など)は、正常性ルールリスト右側のパネルにある [Current Evaluation Status] タブで、正常性ルールの評価ステータスが灰色の疑問符または不明とマークされます。違反後の待機時間が経過するまで、現在の違反イベントは開いたままになります。待機時間が経過した時点で、違反イベントは閉じられ、新しいイベントがトリガーされ、ルールの正常性ステータス自体が [Unknown] として表示されます。