Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    This page lists the Synthetic Server requirements, offers sizing guidance, and shows you how to modify the default settings.

    AppDynamics Platform Requirements

    To deploy the Synthetic Server, you need to install the following AppDynamics platforms:

    ComponentMinimum Version
    Controller4.5.0 and higher
    Events Service4.5.0 and higher
    Synthetic Agent
    • Synthetic Private Agent 4.5.4 or higher
    • Synthetic Hosted Agent 4.5.13 or higher
    Info

    Certain Synthetic Server features—specifically, Synthetic Sessions Analytics, features of Application Analytics that extend the functionality of Synthetic Sessions—require access to the AppDynamics Events Service. 

    Synthetic Agent Requirements

    The following table lists the requirements for deploying Synthetic Private Agents and Synthetic Hosted Agents.

    Synthetic AgentRequirements
    Synthetic Private AgentsSee Requirements for the Synthetic Private Agent.
    Synthetic Hosted Agents
    • Synthetic Hosted Agent license
    • AppDynamics Access (HMAC) Key (part of the license file for Synthetic Hosted Agent)

    Hardware Requirements

    These requirements assume that the Synthetic Server is installed on a separate machine. If other AppDynamics platforms are installed on the same machine, the requirements (particularly for memory) could vary greatly and require many more resources.

    • Storage: 50 GB free disk space
    • Memory: 8 GB memory 
    • CPU: 64-bit CPU with at least 2 cores 
    • Network bandwidth: 50 Mbps 
    Info

    NTP should be enabled on both the EUM Server host and the Controller machine. The machine clocks need to be able to synchronize.

    Scaling Requirements

    You are required to have one EUM account for each on-premises deployment of the Synthetic Server. The machine hosting the Synthetic Server should be able to support 100 concurrent Synthetic Agents or 10 locations with 10 Synthetic Agents per location.

    If you need the Synthetic Server to support more than 100 concurrent Synthetic Agents, see Increase the Synthetic Agent Support.

    Operating System Support

    The Synthetic Server is supported on the following operating systems:

    Linux (64 bit)

    • RHEL 6.x and 7.x
    • CentOS 6 and 7
    • Ubuntu 14 and 16
    • SUSE 12

     You can use the following file systems for machines that run Linux:

    • ZFS
    • EXT4
    • XFS 

    On-premises deployments on Linux are only supported on Intel architecture. Windows is not supported at this time.

    Network Requirements

    The network settings on the operating system need to be tuned for high-performance data transfers. Incorrectly tuned network settings can manifest themselves as stability issues.

    The following command listing demonstrates tuning suggestions for Linux operating systems. As shown, AppDynamics recommends a TCP/FIN timeout setting of 10 seconds (the default is typically 60), the TCP connection keepalive time to 1800 seconds (reduced from 7200, typically), and disabling TCP window scale, TCP SACK, and TCP timestamps.

    Code Block
    languagebash
    echo 5 > /proc/sys/net/ipv4/tcp_fin_timeout 
    echo 1800 >/proc/sys/net/ipv4/tcp_keepalive_time 
    echo 0 >/proc/sys/net/ipv4/tcp_window_scaling 
    echo 0 >/proc/sys/net/ipv4/tcp_sack 
    echo 0 >/proc/sys/net/ipv4/tcp_timestamps

    The commands demonstrate how to configure the network settings in the /proc system. To ensure the settings persist across system reboots, be sure to configure the equivalent settings in the etc/sysctl.conf or the network stack configuration file appropriate for your operating system. 

    Software Requirements

    The Synthetic Server requires the following software to run and function correctly. You are required to have outbound internet access to install Python, pip, and flake8.

    SoftwareRequired VersionFunction
    Java8

    The Synthetic Server requires JDK 8 to run services such as Synthetic Scheduler and Synthetic Shepherd.

    You need to set the environmental variable JAVA_HOME to the home directory of the JDK.

    Python2.7

    The Synthetic Server relies on Python to validate scripts.

    pip9+

    Python uses pip to install software. For example, pip could be used on some Linux distributions to install flake8, a Python utility used to lint scripts. 

    If the machine where you're installing the Synthetic Server does not have Internet access, run the following steps to fetch and install flake8:

    1. From a machine with internet access and pip installed:

      1. Create a directory for the flake8 library:

        Code Block
        languagebash
         mkdir ~/flake8
      2. Download the flake8 package:

        Appd tabs container
        Width600
        Appd tab item
        tabNamePython
        python -m pip download flake8 -d ~/flake8
        Appd tab item
        tabNamePython 3
        python3 -m pip download flake8 -d ~/flake8
      3. Zip and tar the flake8 package:

        Code Block
        languagebash
        tar cvfz flake8.tgz ~/flake8
      4. Copy flake8.tgz to the $HOME directory of the host machine of the Synthetic Server.

    2. From the host of the Synthetic Server that has no internet access, but does have pip installed:
      1. Unzip and extract the flake8.tgz file:

        Code Block
        languagebash
        tar xvfz flake8.tgz ~/flake8
      2. Change to the flake8 directory.

      3. Install the flake8 library with pip with the following command, replacing <version> with the correct version.

        Appd tabs container
        Width600
        Appd tab item
        tabNamePython
        python -m pip install flake8-<version>-py2.py3-none-any.whl -f ./ --no-index
        Appd tab item
        tabNamePython 3
        python3 -m pip install flake8-<version>-py2.py3-none-any.whl -f ./ --no-index
    libaioN/A

    The Synthetic Server requires the libaio library to be on the system. This library facilitates asynchronous I/O operations on the system.

    See How to Install libaio for instructions.


    Anchor
    libaio-req
    libaio-req
    How to Install libaio 

    Install libaio on the host machine if it does not already have it installed. You may require outbound internet access if you don't have a locally hosted repository.

    The following table provides instructions on how to install libaio for some common flavors of the Linux operating system. Note, if you have a NUMA based architecture, then you are required to install the numactl package.

    Linux Flavor
    Command
    Red Hat and CentOS

    Use yum to install the library, such as:

    • yum install libaio
    • yum install numactl
    Fedora

    Install the library RPM from the Fedora website:

    • yum install libaio
    • yum install numactl
    Ubuntu

    Use apt-get, such as:

    • sudo apt-get install libaio1
    • sudo apt-get install numactl
    DebianUse a package manager such as APT to install the library (as described for the Ubuntu instructions above).
    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    このページでは、合成サーバの要件やサイズ指定のガイダンスのほか、デフォルト設定を変更する方法を示します。

    AppDynamicsプラットフォームの要件

    合成サーバを展開するには、以下の AppDynamics プラットフォームがインストールされている必要があります。

    コンポーネント最小バージョン
    コントローラ4.5.0 以降
    イベントサービス4.5.0 以降
    合成エージェント
    • 合成プライベートエージェント 4.5.4 以降
    • 合成ホステッドエージェント 4.5.13 以降
    Info

    特定の合成サーバの機能、特に、合成セッションの機能を拡張したアプリケーション分析機能である合成セッション分析では、AppDynamics イベントサービスへのアクセスが必要となります。 

    合成エージェントの要件

    次の表に、合成プライベートエージェントと合成ホステッドエージェントを展開するための要件を示します。

    合成エージェント要件
    合成プライベートエージェントRequirements for the Synthetic Private Agent」を参照してください。
    合成ホステッドエージェント
    • 合成ホステッド エージェント ライセンス
    • AppDynamics アクセス(HMAC)キー(合成ホステッドエージェントのライセンスファイルの一部)

    ハードウェア要件

    これらの要件は、合成サーバが別のマシンにインストールされていることを前提としています。他のAppDynamicsプラットフォームが同じマシンにインストールされている場合、要件(特にメモリ要件)は大きく異なり、さらに多くのリソースが必要になる場合があります。

    • ストレージ:50 GBのディスク空き容量
    • メモリ:8 GBメモリ
    • CPU:2コア以上を搭載した64ビットCPU
    • ネットワーク帯域幅:50 Mbps
    Info

    EUMサーバーホストとコントローラマシンの両方で、NTPを有効にする必要があります。マシンのクロックを同期できること。

    スケーリング要件

    合成サーバーのオンプレミスデプロイごとに1つのEUMアカウントを保有している必要があります。合成サーバーをホストするマシンは、100台の並行合成エージェントか、ロケーションごとに10台の合成エージェントがある10箇所のロケーションをサポートできる必要があります。

    合成サーバで 100 台を超える並行合成エージェントをサポートする必要がある場合は、「合成エージェントサポートの増加」を参照してください。

    対応オペレーティングシステム

    合成サーバーは、以下のオペレーティングシステムでサポートされています。

    Linux(64 ビット)

    • RHEL 6.x および 7.x
    • CentOS 6 and 7
    • Ubuntu 14 and 16
    • SUSE 12

    Linux を実行するマシンには、以下のファイルシステムを使用できます。

    • ZFS
    • EXT4
    • XFS

    Linux上のオンプレミスデプロイは、Intelアーキテクチャでのみサポートされます。現時点では、Windows はサポートされていません。

    ネットワーク要件

    オペレーティングシステムのネットワーク設定を高パフォーマンスデータ転送向けに調整する必要があります。ネットワーク設定が適切に調整されていないと、安定性の問題が発生する場合があります。

    以下に、Linuxオペレーティングシステムをチューニングする際の推奨コマンドを一覧にしています。ここに示すとおり、AppDynamics では、TCP/FIN タイムアウト設定を 10 秒(デフォルトは通常 60 秒)、TCP 接続 keepalive 時間を 1800 秒(通常の 7200 秒から短縮)に設定し、TCP ウィンドウスケール、TCP SACK、および TCP タイムスタンプを無効にすることが推奨されています。

    Code Block
    languagebash
    echo 5 &gt; /proc/sys/net/ipv4/tcp_fin_timeout 
    echo 1800 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_keepalive_time 
    echo 0 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_window_scaling 
    echo 0 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_sack 
    echo 0 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_timestamps

    これらのコマンドは、/proc システムでのネットワーク設定の構成方法を示しています。複数のシステムの再起動で設定が維持されるように、etc/sysctl.conf に同等の設定を構成するか、オペレーティングシステムに適したネットワークスタック構成ファイルを構成してください。 

    ソフトウェアの要件

    合成サーバーでは、以下のソフトエウェアが実行され、正しく機能している必要があります。Python、pip、flake8 をインストールするために、送信インターネットアクセスが可能である必要があります。

    ソフトウェア必須バージョン機能
    Java8

    合成サーバーでは、合成スケジューラや合成シェパードなどのサービスを実行するために、JDK 8が必要となります。

    JDK のホームディレクトリに環境変数 JAVA_HOME を設定する必要があります。

    Python2.7

    合成サーバーは、Pythonに依存してスクリプトを検証します。

    pip9+

    Python は pip を使用してソフトウェアをインストールします。たとえば、pip は flake8 をインストールするために一部の Linux ディストリビューションで使用され、Python ユーティリティはスクリプトのチェックに使用されます。 

    合成サーバをインストールしているマシンでインターネットにアクセスできない場合には、以下の手順を実行して flake8 を取り出し、インストールします。

    1. インターネットにアクセスできる、pip がインストールされたマシンから、以下を行います。

      1. flake8 ライブラリのディレクトリを作成します。

        Code Block
        languagebash
         mkdir ~/flake8
      2. flake8 パッケージをダウンロードします。

        Code Block
        languagebash
         pip download flake8 -d ~/flake8
      3. flake8 zip と tar でパッケージを圧縮します。

        Code Block
        languagebash
        tar cvfz flake8.tgz ~/flake8
      4. 合成サーバのホストマシンの $HOME ディレクトリに flake8.tgz をコピーします。

    2. インターネットにアクセスできないが、pip がインストールされた合成サーバのホストから、以下を行います。
      1. flake8.tgz ファイルを解凍して展開します。

        Code Block
        languagebash
        tar xvfz flake8.tgz ~/flake8
      2. ディレクトリ flake8 に移動します。

      3. 以下のコマンドを使用して、flake8 ライブラリと pip をインストールし、<version> を正しいバージョンに置き換えます。

        Code Block
        languagebash
        pip install flake8-<version>-py2.py3-none-any.whl -f ./ --no-index
    libaio該当なし

    合成サーバは、システムに libaio ライブラリを必要とします。このライブラリは、システムでの非同期 I/O オペレーションを容易にします。

    手順については、「libaio のインストール方法」を参照してください。


    Anchor
    libaio-req
    libaio-req
    libaioのインストール方法

    インストールされていない場合、ホストマシンに libaio をインストールします。ローカルでホストされるリポジトリがない場合、送信インターネットアクセスが必要な場合があります。

    以下の表は、Linux オペレーティングシステムのいくつかの一般的なフレーバーにおける libaio のインストール方法を示しています。NUMA ベースのアーキテクチャの場合は、numactl パッケージをインストールする必要があるので注意してください。

    Linuxフレーバー
    コマンド
    Red Hat および CentOS

    以下のように yum を使用してライブラリをインストールします。

    • yum install libaio
    • yum install numactl
    Fedora

    Fedora Web サイトから、ライブラリ RPM をインストールします。

    • yum install libaio
    • yum install numactl
    Ubuntu

    以下のように、apt-getを使用します。

    • sudo apt-get install libaio1
    • sudo apt-get install numactl
    DebianAPTなどのパッケージマネージャを使用し、(上記のUbuntuの説明に従って)ライブラリをインストールします。