Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.6

    ...

    sv-

    ...

    translation

    ...

    language

    ...

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    en

    Synthetic jobs are configurable, scheduled tests that mimic end-user actions in remote browsers in supported locations. Synthetic jobs consist of URL measurements or synthetic scripts. To create a job, see Get Started with Browser Synthetic Monitoring.  

    Anchor
    jobsupport
    jobsupport
    Synthetic Job Support

    Browser Compatibility 

    • IE6/7/8/9/10/11/Edge
    • Chrome, including Mobile
    • Firefox, including Mobile 
    • Safari, including Mobile
    • Opera

    ...

    The table below describes supported versions and libraries for Synthetic Jobs.

    Support TypeDescription
    Browser Versions
    • IE 10, 11
    • Chrome 64
    • Firefox 72
    Python Versions
    • Python 2
    • Python 3
    Python Libraries

    Synthetic Job Locations

    For URL measurements and synthetic script jobs, the Synthetic Agent is always executed in isolation within a Docker container. This location is then mapped to the configured browser location. The synthetic script, however, is run on a different machine or location from the configured browser for security reasons. See Synthetic Agent Locations for more details.

    Synthetic Job Queue

    When you create a synthetic job, it is added to a queue based on the creation timestamp. Scheduled jobs are assigned a maturity level that influences when they will be executed in the synthetic job queue.

    Anchor
    maturity-level
    maturity-level
    Maturity Level for Scheduled Jobs

    Scheduled jobs are assigned a maturity level based on creation time and added to the synthetic job queue. The table below describes the two supported maturity levels.

    Maturity LevelDescription
    Junior

    The Junior maturity level consists of synthetic jobs that are created or updated within two hours. Once two hours have passed since the last update or creation of the job, the Junior job maturity level is promoted to Senior maturity level. The promotion from Junior to Senior maturity is only performed only if enough capacity has been allocated. This avoids negatively affecting jobs which are currently executing.

    SeniorThe Senior maturity level consists of synthetic jobs that have been created or updated more than two hours ago. Synthetic jobs with Senior maturity level have ample allocated resources to be executed.

    Synthetic Job Execution 

    The synthetic job scheduler executes jobs according to the following cron-based expression:

    <second> <minute> <hour> <day-of-month> <month> <day-of-week> <year>

    When you schedule a job, you choose how frequently the job runs. It is recommended you choose a larger unit of time (hours or days) that can evenly divide into the smaller unit of time (minutes or hours). For example, if a job is scheduled to run every 15 minutes, the job runs four times within the hour. This results in the job consistently repeating every hour without interruption to the schedule.

    However, if you schedule a job such that a larger unit of time that does not divide evenly into the smaller unit of time, such as running every 50 minutes, then the job does not run at consistent times. For example, if the first job starts at 7:03, then the job will run at 7:53, 8:03, 8:53, and so on, resulting in a disruption to the schedule.

     


    Job Execution Order

    The execution order of synthetic jobs depends on the job priority and the job creation time. The Synthetic Server job marks the priority of a job based on several factors: the job type, job maturity, and your Browser Synthetic Monitoring license. The table below shows the job priority based on the job type, license type, and job seniority. The actual job execution order depends on the job priority and job creation timestamp. 

    Job PriorityLicense TypeJob Seniority
    HighProSenior
    TrialSenior
    On-DemandN/AJunior
    TrialN/A

     


    Synthetic Job Throttling

    Synthetic jobs are only executed if they are in the job queue. If the max job queue size has been reached, however, no additional synthetic jobs will be added to the queue until the queue size decreases. The max queue size is defined by the priority, license, type, and maturity level.

    The following table shows how the maximum queue size is calculated:

    Max Queue SizeJob PriorityJob Maturity
    Number of Synthetic Agents * 10 (Pro)High Senior
    Number of Synthetic Agents * 10 * 0.5 (Trial)
    Number of Synthetic Agents * 10 * 0.25N/A
    Number of Synthetic Agents * 10 * 0.5LowJunior

     


    Job Execution Errors

    ...

    The following table provides job execution error messages, the cause of the error, and the associated error code

    Error MessageCause of ErrorError Code
    Skipped; still waiting for a previous job executionAn attempt was made to queue a high-priority measurement request from a scheduled job before the previous measurement request from the same job, and location-browser combination has been processed.TARDY
    Skipped while new capacity is being addedAn attempt was made to queue a low-priority measurement request from a scheduled job before the previous measurement request from the same job, and location-browser combination has been processed.TARDY_ONBOARDING
    Skipped while new capacity is being addedAn attempt was made to queue a measurement request from a junior job beyond the maximum respective queue capacity.ONBOARDING
    Testing location is overloadedAn attempt was made to request measurement from a senior job beyond the maximum respective queue capacity.THROTTLED
    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox
    Width300px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    合成ジョブは、サポートされている場所においてリモートブラウザでエンドユーザのアクションを模倣する、スケジュール設定された構成可能なテストです。合成ジョブは、URL 測定または合成スクリプトで構成されます。ジョブを作成するには、「Get Started with Browser Synthetic Monitoring」を参照してください。  

    合成ジョブのサポート

    ブラウザの互換性

    • IE6/7/8/9/10/11/Edge
    • Chrome(モバイルを含む)
    • Firefox(モバイルを含む)
    • Safari(モバイルを含む)
    • Opera

    Python Libraries

    合成ジョブの場所

    URL 測定および合成スクリプトジョブの場合、合成エージェントは Docker コンテナ内で常に分離して実行されます。この場所は、設定されているブラウザの場所にマッピングされます。ただし、合成スクリプトは、セキュリティ上の理由から、設定されたブラウザとは別のマシンまたは場所で実行されます。詳細については、「Synthetic Agent Locations」を参照してください。

    合成ジョブのキュー

    合成ジョブを作成すると、作成タイムスタンプに基づいてキューに追加されます。スケジュール設定されたジョブには、合成ジョブのキューで実行される場合に影響を与える成熟度レベルが割り当てられます。

    Anchor
    成熟度レベル
    成熟度レベル
    スケジュール設定されたジョブの成熟度レベル

    スケジュール設定されたジョブには、作成時間に基づいて成熟度レベルが割り当てられ、合成ジョブのキューに追加されます。次の表で、サポート対象の 2 つの成熟度レベルについて説明します。

    成熟度レベル説明
    Junior

    Junior 成熟度レベルは、2 時間以内に作成または更新された合成ジョブで構成されます。ジョブの最終更新または作成から 2 時間が経過すると、Junior ジョブ成熟度レベルが Senior 成熟度レベルに昇格します。十分な容量が割り当てられている場合のみ、Junior から Senior への成熟度の昇格が実行されます。これにより、現在実行中のジョブに悪影響が及ぶことを回避できます。

    シニアSenior 成熟度レベルは、2 時間以上前に作成または更新された合成ジョブで構成されます。Senior 成熟度レベルの合成ジョブには、実行するためのリソースが十分に割り当てられています。

    合成ジョブの実行

    合成ジョブスケジューラは、次の cron ベースの式に従ってジョブを実行します。

    <second> <minute> <hour> <day-of-month> <month> <day-of-week> <year>

    ジョブをスケジュール設定する場合は、ジョブの実行頻度を選択します。小さな時間単位(分または時間)に均等に分割できる、大きな時間単位(時間または日数)を選択することをお勧めします。たとえば、ジョブが 15 分ごとに実行されるようにスケジュール設定されている場合、ジョブは 1 時間以内に 4 回実行されます。これにより、スケジュールを中断することなく、ジョブが 1 時間ごとに継続的に繰り返されるようになります。

    ただし、50 分ごとに実行など、小さな時間単位に均等に分割できない大きな時間単位でジョブをスケジュール設定すると、ジョブは一定の時間で実行されません。たとえば、最初のジョブが 7:03 で始まる場合、ジョブは 7:53、8:03、8:53 のように実行され、その結果、スケジュールが中断されます。

     

    ジョブの実行順序

    合成ジョブの実行順序はジョブの優先度と作成時間によって異なります。合成サーバジョブは、ジョブタイプ、ジョブ成熟度、ブラウザ合成モニタリングライセンスなどのいくつかの要因に基づいて、ジョブの優先順位をマークします。次の表に、ジョブタイプ、ライセンスタイプ、およびジョブの継続期間に基づくジョブの優先順位を示します。実際のジョブの実行順序はジョブの優先順位と作成タイムスタンプによって異なります。 

    ジョブの優先順位ライセンス タイプジョブの継続期間
    メリットシニア
    トライアルシニア
    オンデマンド該当なしJunior
    トライアル該当なし

     

    合成ジョブのスロットリング

    合成ジョブは、ジョブキューに存在する場合にのみ実行されます。ただし、最大ジョブキューサイズに達した場合、キューサイズが減少するまで、合成ジョブはキューに追加されません。最大キューサイズは、優先順位、ライセンス、タイプ、および成熟度レベルによって定義されます。

    次の表に、最大キューサイズの計算方法を示します。

    最大キューサイズジョブの優先順位ジョブの成熟度
    合成エージェントの数 * 10(Pro)シニア
    合成エージェントの数 * 10 * 0.5(トライアル)
    合成エージェントの数 * 10 * 0.25該当なし
    合成エージェントの数 * 10 * 0.5Junior

     

    ジョブ実行エラー

    次の表に、ジョブの実行エラーメッセージ、エラーの原因、および関連付けられたエラーコードを示します。 

    エラーメッセージエラーの原因エラー コード(Error Code)
    Skipped; still waiting for a previous job execution同じジョブからの以前の測定要求の前に、スケジュール設定されたジョブから高優先順位の測定要求をキューに追加しようとしました。ロケーションブラウザの組み合わせが処理されました。TARDY
    Skipped while new capacity is being added同じジョブからの以前の測定要求の前に、スケジュール設定されたジョブから低優先順位の測定要求をキューに追加しようとしました。ロケーションブラウザの組み合わせが処理されました。TARDY_ONBOARDING
    Skipped while new capacity is being added各キューの最大容量を超えて、Junior ジョブから測定要求をキューに追加しようとしました。ONBOARDING
    Testing location is overloaded各キューの最大容量を超えて、Senior ジョブから測定を要求しようとしました。THROTTLED