Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents

    Related pages:

    Troubleshoot Using the Integrated Solution


    The AppDynamics integration with Cisco ACI™ solution provides end-to-end visibility into the application and network layers within a data center. The following sections provide instructions to integrate AppDynamics with Cisco ACI™ and verify inter-operability between the applications.

    System Requirements

    Ensure that the following minimum system requirements are met for the integration:

    • Version 4.5.2 or above of the Controller with a Network Visibility license per OS instance. For more information, refer Controller System Requirements.
    • Hosts with Network Visibility agents (version 4.5.2 or above). For more information, refer to Network Visibility Requirements and Important Notes.
    • Hosts with Java App Server agents (version 4.5.2 or above) with an App Agent license. For more information, refer Install Java Agent.
    • sudo or root access permissions on the agent host to install the Network Agent
    • Network Visibility is supported on Linux hosts with Java App Server agents only. The following platforms are supported:
      • CentOS 6 and higher (32-bit and 64-bit)
      • Ubuntu 14 and higher (32-bit and 64-bit)
      • Red Hat Enterprise Linux 6 and higher (32-bit and 64-bit)
      • Fedora 24 and higher (32-bit and 64-bit)
    Info

    If your applications are running in a Kubernetes environment, enable the Kubernetes-ACI integration, before you proceed with the AppDynamics and Cisco ACI™ integration. For more information, see Cisco ACI and Kubernetes Integration 

    Enable SSL for Cisco ACI Integration

    The Cisco APIC controller supports the import and storing of an SSL certificate and private key into the controller. After import, the certificate and private key can be used to create a secure and trusted environment between Cisco APIC controller and AppDynamics.

    1. Access the AppDynamics controller using the SSH.
    2. At a command prompt, change directories to the following location:

       <controller_home>/appserver/glassfish/domains/domain1/config
    3. Import the self-signed certificate from the appropriate directory as follows:

      keytool -import -keystore cacerts.jks -file /path/to/RootCA.crt

    Enable Cisco ACI Integration

    Info

    If you are using AppDynamics controller version 4.5.10 or earlier, enable the Cisco ACI Integration manually as follows.
    The Cisco ACI Integration is enabled by default for AppDynamics controller version 4.5.11 or later.

    Configure AppDynamics Controller for Cisco ACI integration as follows:

    1. Log in to the administration console:
      http:<controller-hostname>:<controller-port>/controller/admin.jsp

      For example:

      https:<controller-hostname>:8800/controller/admin.jsp
      https:<controller-hostname>:443/controller/admin.jsp
       

      Use the password set for the root user of the controller when the controller was installed. For more information, refer to User Management.

    2. In Controller Settings, search for netviz.aci.integration.enabled and set this field to true. Click Save.

    Configure Cisco ACI Credentials

    If you are using AppDynamics controller version 4.5.11 or later, the Cisco ACI Integration feature is enabled by default. If you are using AppDynamics controller version 4.5.10 or earlier, enable Cisco ACI Integration manually before you configure your credentials.
    Configure the Cisco ACI credentials to complete the integration as follows:

    1. Log in to the AppDynamics controller as an administrator:

      http:<controller-hostname>:<controller-port>/controller
    2. Click Settings > Administration.
    3. In the Administration window, click the Integration tab.
      Cisco ACI is selected by default in the Integrations list.
    4.  Click Configure.
    5. In the Configure Cisco ACI window, enter the following details:
      1. full URL along with the port details to the Cisco APIC Server. For example,

        http://apic-server.com:8080/
      2. user credentials to the Cisco APIC controller and click OK.

      AppDynamics initiates the background processes required to inter-operate with the Cisco ACI solution.

    Correlate AppDynamics and Cisco ACI Components

    The AppDynamics-Cisco ACI integration brings together the logical constructs of both the solutions. This enables the network operations admin and the application operations admin to obtain a comprehensive end-to-end view from the application to the network. Correlating or mapping the components of both solutions helps the admins triage and troubleshoot issues quickly.

    AppDynamics Components

    AppDynamics application model serves as the framework around which AppDynamics organizes and presents application performance information. A typical application environment consists of different components that interact in multiple ways.

    Application

    A business application is the top-level container in the AppDynamics model. A business application contains a set of related services and business transactions.

    Node

    A node in the AppDynamics model corresponds to a monitored server or JVM in the application environment. A node is the smallest unit of the modeled environment. Depending on the agent type, a node may correspond to an individual application server, JVM, CLR, PHP application, and Apache Web server.

    Tier

    A tier is a unit in the AppDynamics application model which is a grouping of one or more nodes. There is no interaction among nodes within a single tier.

    AppDynamics components are logically arranged as follows:

     Application > Tiers > Nodes

    Cisco ACI Components

     

    Cisco ACI is a Software-Defined Networking (SDN) solution. It simplifies, optimizes, and accelerates infrastructure deployment and governance, and expedites the application deployment lifecycle.

    Cisco ACI implements Cisco’s intent-based networking framework. It captures higher-level business and user intent in the form of a policy and converts this intent into the network constructs necessary to dynamically provision the network, security, and infrastructure services.

    Cisco APIC     

    The infrastructure controller is the main architectural component of the Cisco ACI solution. It is the unified point of automation and management for the Cisco ACI fabric, policy enforcement, and health monitoring. The APIC appliance is a centralized, clustered controller that optimizes performance and unifies the operation of physical and virtual environments. The controller manages and operates a scalable multi-tenant Cisco ACI fabric.

    Tenant

    A tenant is a logical container for policies that enable an administrator to exercise domain-based access control.

    Application Profile

    An application profile defines the policies, services, and relationships between endpoint groups (EPGs).

    EPG

    An EPG is a managed object that is a named logical entity. It is a collection of endpoints (EPs).

    Endpoints

    Endpoints are devices that are connected to the network directly or indirectly. They have an address (identity), a location, and attributes (such as version).

    The logical topology in the Cisco APIC controller is as follows:

    Application profile > EPGs > EPs

    The following figure depicts the correlation of AppDynamics and Cisco ACI components.

    AppDynamics Applications to ACI Tenant Mapping

    After you configure Cisco ACI credentials, all AppDynamics applications are displayed in the AppDynamics Applications to ACI Tenant Mappings page.

    These mappings are based on the mappings between AppDynamics nodes and Cisco ACI endpoints. When the endpoints in different tenants have the same IP address, a node-to-endpoint mapping conflict occurs. AppDynamics resolves these conflicts based on heuristic data. However, if the conflicts persist, you must resolve these conflicts manually, as described in Mapping Applications to Tenants Manually.

    Map AppDynamics Application to Cisco ACI Tenant Manually 

    The application to Cisco ACI tenant map is left blank in AppDynamics Applications to ACI Tenant Mappings page when there is a conflict in auto-mapping. You can map applications to Cisco ACI tenants manually:

    1. Select the AppDynamics application you want to map manually.
      Multiple applications can be mapped to a tenant at a given time.
    2. Click Map to Tenant.
    3. In the Map Application to Tenant window, select the tenant and click OK.

    Override Auto-mapping

    You can override the auto-map and map the application to another Cisco ACI tenant using the Map Application to Tenant window. To override the auto-map, Unmap the application to tenant map and map it to another Cisco ACI tenant.

    To revert to auto-map, Unmap the application to tenant map and refresh the page. AppDynamics auto-maps the application to the corresponding Cisco ACI tenant.

     

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents

    Related pages:

    Troubleshoot Using the Integrated Solution


    Cisco ACI™ ソリューションとの AppDynamics 統合により、データセンター内のアプリケーション層とネットワーク層にエンドツーエンドの可視性が提供されます。次のセクションでは、AppDynamics を Cisco ACI™ と統合し、アプリケーション間の相互操作性を確認する手順について説明します。

    システム要件

    統合について、次の最小システム要件を満たしていることを確認します。

    • OS インスタンスごとのネットワーク可視性ライセンスを持つコントローラのバージョン 4.5.2 以降。詳細については、「Controller System Requirements」を参照してください。
    • ネットワーク可視性エージェントを使用するホスト(バージョン 4.5.2 以降)。詳細については、「ネットワークの可視性の要件および重要な注意事項」を参照してください。
    • アプリケーション エージェント ライセンスを持つ Java アプリケーション サーバ エージェント(バージョン 4.5.2 以降)を使用するホスト。詳細については、「Java エージェントのインストール」を参照してください。
    • ネットワークエージェントをインストールするためのエージェントホストの sudo または root アクセス権限。
    • ネットワークの可視性は、Java アプリケーション サーバ エージェントのみを使用する Linux ホストでサポートされます。次のプラットフォームがサポートされています。
      • CentOS 6 以降(32 ビットと 64 ビット)
      • Ubuntu 14 以降(32 ビットと 64 ビット)and higher (32-bit and 64-bit)
      • Red Hat Enterprise Linux 6 以降(32 ビットと 64 ビット)
      • Fedora 24 以降(32 ビットと 64 ビット)
    Info

    アプリケーションが Kubernetes 環境で実行されている場合は、AppDynamics と Cisco ACI™ の統合を進める前に、Kubernetes と ACI の統合を有効にしてください。詳細については、Cisco ACI と Kubernetes の統合を参照してください。

    Cisco ACI 統合のための SSL の有効化

    Cisco APIC コントローラは、コントローラに対する SSL 証明書と秘密キーのインポートと保管をサポートします。インポート後、証明書と秘密キーを使用して、Cisco APIC コントローラと AppDynamics 間に安全で信頼できる環境を作成することができます。

    1. SSH を使用して AppDynamics コントローラにアクセスします。
    2. コマンドプロンプトで、以下の場所にディレクトリを変更します。

       <controller_home>/appserver/glassfish/domains/domain1/config
    3. 次のように、適切なディレクトリから自己署名証明書をインポートします。

      keytool -import -keystore cacerts.jks -file /path/to/RootCA.crt

    Cisco ACI 統合の有効化

    Info

    AppDynamics コントローラバージョン 4.5.10 以前を使用している場合は、次の手順に従って Cisco ACI 統合を手動で有効にします。
    Cisco ACI の統合は、AppDynamics コントローラバージョン 4.5.11 以降ではデフォルトで有効になっています。

    次の手順に従って、Cisco ACI 統合のために AppDynamics コントローラを設定します。

    1. 管理コンソールにログインします。
      http:<controller-hostname>:<controller-port>/controller/admin.jsp

      例:

      https:<controller-hostname>:8800/controller/admin.jsp
      https:<controller-hostname>:443/controller/admin.jsp
       

      コントローラのインストール時にコントローラのルートユーザに設定されたパスワードを使用します。詳細については、「ユーザ管理」を参照してください。

    2. [Controller Settings] で、[netviz.aci.integration.enabled ] を検索し、このフィールドを [true] に設定します。[Save] をクリックします。

    Cisco ACI クレデンシャルの設定

    AppDynamics コントローラバージョン 4.5.11 以降を使用している場合、Cisco ACI 統合機能はデフォルトで有効になっています。AppDynamics コントローラバージョン 4.5.10 以前を使用している場合は、クレデンシャルを設定する前に Cisco ACI の統合を手動で有効にしてください
    次の手順に従って、統合を完了するように Cisco ACI クレデンシャルを設定します。

    1. 管理者として AppDynamics コントローラにログインします。

      http:<controller-hostname>:<controller-port>/controller
    2. Settings > Administration をクリックします。
    3. [Administration] ウィンドウで、[Integration] タブをクリックします。
      Cisco ACI がデフォルトで [Integrations] リストで選択されています。
    4. [Configure] をクリックします。
    5. [Configure Cisco ACI] ウィンドウで、次の詳細を入力します。
      1. Cisco APIC サーバへのポートの詳細と完全な URL。たとえば、

        http://apic-server.com:8080/
      2. Cisco APIC コントローラのユーザクレデンシャル。[OK] をクリックします。

      AppDynamics は、Cisco ACI ソリューションとの相互運用に必要なバックグラウンドプロセスを開始します。

    AppDynamics と Cisco ACI のコンポーネントの関連付け

    AppDynamics と Cisco ACI を統合すると、両方のソリューションの論理構造がまとめられます。これにより、ネットワーク運用管理者とアプリケーション操作管理者は、アプリケーションからネットワークへの包括的なエンドツーエンドのビューを取得できます。両方のソリューションのコンポーネントを関連付けまたはマッピングすることにより、管理者は問題を迅速にトリアージしてトラブルシューティングを行うことができます。

    AppDynamics のコンポーネント

    AppDynamics アプリケーションモデルは、AppDynamics がアプリケーションのパフォーマンス情報を整理して提示するためのフレームワークとして機能します。一般的なアプリケーション環境はさまざまなコンポーネントで構成されていて、複数の方法で対話します。

    Application

    ビジネスアプリケーションとは、AppDynamics モデルにおけるトップレベルのコンテナです。ビジネスアプリケーションには一連の関連するサービスおよびビジネストランザクションが含まれます。

    Node

    AppDynamics モデルにおけるノードは、アプリケーション環境でモニタリングの対象となるサーバまたは JVM に対応します。ノードはモデル化される環境の最小単位です。エージェントのタイプに応じて、ノードは個々のアプリケーションサーバ、JVM、CLR、PHP A node in the AppDynamics model corresponds to a monitored server or JVM in the application environment. A node is the smallest unit of the modeled environment. エージェントのタイプに応じて、ノードは個々のアプリケーションサーバ、JVM、CLR、PHP アプリケーション、および Apache Web サーバに対応している場合があります。

    Tier

    ティアは AppDynamics アプリケーションモデルにおける 1 つの単位であり、1 つ以上のノードをグループ化したものです。単一のティア内でノード間の相互作用はありません。

    AppDynamics のコンポーネントは、次のように論理的に配置されます。

    アプリケーション > ティア> ノード

    Cisco ACI の主要コンポーネント

     


    Cisco ACI はソフトウェア定義型ネットワーキング(SDN)ソリューションです。Cisco ACI により、インフラストラクチャの展開とガバナンスが簡素化、最適化、および迅速化されるとともに、迅速なアプリケーション導入ライフサイクルが実現されます。

    Cisco ACI は、シスコのインテント ベース ネットワークのフレームワークです。Cisco ACI は、ビジネスとユーザの高度なインテント(目的)をポリシーとして取り込み、このインテントを、ネットワーク、セキュリティ、およびインフラ サービスの動的なプロビジョニングに必要なネットワーク構成に変換します。

    Cisco APIC     

    Infrastructure Controller は、Cisco ACI ソリューションの主要アーキテクチャ コンポーネントとして、Cisco ACI ファブリック、ポリシー適用、ヘルス モニタリングの自動化と管理を一元化します。APIC アプライアンスは、クラスタ化された中央集中型コントローラで、パフォーマンスを最適化し、物理環境と仮想環境の運用を統合します。このコントローラにより、スケーラブルでマルチテナント型の Cisco ACI ファブリックの管理と運用を行えます。

    Tenant

    テナントはポリシーの論理コンテナで、管理者はドメインベースのアクセスコントロールを実行できます。

    Application Profile

    アプリケーション プロファイルは、ポリシー、サービス、およびエンドポイントグループ(EPG)間の関係を定義します。

    EPG

    EPG は、名前付き論理エンティティである管理対象オブジェクトです。これはエンドポイント(EP)の集合です。

    Endpoints

    エンドポイントは、ネットワークに直接的または間接的に接続されるデバイスです。エンドポイントには、アドレス(ID)、ロケーション、属性(バージョンなど)があります。

    Cisco APIC コントローラの論理トポロジは次のとおりです。

    アプリケーション プロファイル > EPG > EP

    次の図は、AppDynamics と Cisco ACI コンポーネントの相関関係を示しています。

    Image RemovedImage Added

    AppDynamics アプリケーションと ACI テナントマッピング

    Cisco ACI クレデンシャルを設定すると、すべての AppDynamics アプリケーションが [AppDynamics Applications to ACI Tenant Mappings] ページに表示されます。

    これらのマッピングは、AppDynamics ノードと Cisco ACI エンドポイント間のマッピングに基づいています。異なるテナントのエンドポイントに同じ IP アドレスが設定されている場合は、ノードとエンドポイント間でマッピングの競合が発生します。AppDynamics は、ヒューリスティックデータに基づいてこれらの競合を解決します。ただし、競合が解消されない場合は、「テナントへのアプリケーションの手動でのマッピング」で説明されているように、これらの競合を手動で解決する必要があります。

    Cisco ACI テナントへの AppDynamics アプリケーションの手動でのマッピング

    自動マッピングが競合している場合、Cisco ACI テナントマップへのアプリケーションは、[AppDynamics Applications to ACI Tenant Mappings] ページで空白のままになります。アプリケーションを Cisco ACI テナントに手動でマッピングできます。

    1. 手動でマッピングする AppDynamics アプリケーションを選択します。
      任意の時点で複数のアプリケーションをテナントにマッピングできます。
    2. Map to Tenant をクリックします。
    3. [Map Application to Tenant ] ウィンドウでテナントを選択し、[OK] クリックします。

    自動マッピングのオーバーライド

    [Map Application to Tenant ] ウィンドウを使用して、自動マップをオーバーライドし、別の Cisco ACI テナントにアプリケーションをマッピングできます。自動マッピングをオーバーライドするには、アプリケーションをテナントマップに Unmap し、それを別の Cisco ACI テナントにマッピングします。

    自動マッピングに戻すには、アプリケーションをテナントマップに Unmap し、ページを更新します。AppDynamics は、対応する Cisco ACI テナントにアプリケーションを自動マッピングします。