Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Info

    Network Agent version 4.5.7 and Java Agent version 4.5.11 eliminate the need to separately configure the Network Agent in a multi-tenant setup when running multiple nodes on the same machine. If you use the Network Agent version 4.5.7 with Java Agent version 4.5.10 or earlier, you need to configure the Network Agent in a multi-tenant setup. See Network Agent and Java Agent Installation Instructions

    Anchor
    NA_JA_install
    NA_JA_install
    Network Agent and Java Agent Installation Instructions

    If you are using
    then
    Network Agent version 4.5.7 or later and Java Agent version 4.5.11 or laterInstall the Network Agent.
    Network Agent version 4.5.7 or later and Java Agent version 4.5.10 or earlier

    Install the Network Agent in a multi-tenant setup or a single tenant setup.

    You do not need to manually enable the netlib parameter during the multi-tenant setup, it is enabled by default.

    Network Agent version 4.5.6 or earlier

    Install the Network Agent in a multi-tenant setup orsingle tenant setup.

    You need to manually enable the netlib parameter during the multi-tenant setup.

    Java App Agent version 4.4 or earlierUpdate the Java Agent.

    Anchor
    install_NA
    install_NA
    Install the Network Agent

    Expand
    Info

    If you are using Java Agent version 4.5.13 or higher, you do not need to manually enable the socket collection. It is enabled automatically. You can skip Step 1 and proceed to Step 2.

    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    outlinetrue
    locationtop
    styleNone
    Enable Socket Collection on the App Agent  
    1. Configure the Java App Agent startup command to perform these tasks, as shown in the example:
      • Enable appdynamics.socket.collection.bci.enable for the Network Agent to map network metrics to application flows.
        For example:

        java -javaagent:<app_server_agent_home>/javaagent.jar \
        -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
    2. Expand

      The following examples illustrate how editing the Agent startup command can differ, depending on the framework of the monitored application. See Agent Installation by Java Framework and its relevant framework documentation.

      FrameworkExample (App Agent ZIP)
      IBM WebSphere and InfoSphere

      In the WebSphere/InfoSphere UI, navigate to the Java Virtual Machine properties page for the monitored server. Then, add javaagent and appdynamics.socket.collection.bci.enable=true as a Generic JVM argument. For example:

      javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
      Apache Tomcat

      Add the full command as a Catalina environment variable in file CATALINA_BASE/bin/setenv.sh (Tomcat 6 and later). For example:

      export CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"
      Glassfish

      Add the full command as a -javaagent JVM option in the GlassFish domain. You can add the Agent using the asadmin tool. For example: 

      export LD_PRELOAD=/usr/appd/agents/netviz/lib/appd-netlib.so
      glassfish4\bin\asadmin create-jvm-options "-
      javaagent\:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar:-Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"
      JBoss Standalone

      Add the full command to the standalone.sh file. For example:

      export JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

      Jetty

      Add the full command to the start.ini config file in the Jetty base directory. For example:

      --exec -javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
    3. To verify that the App Agent is running correctly, enter:
      strings /proc/<app_pid>/environ
    Specify the Docker Host Gateway IP on the App Agent
    Info

    These steps are required only if the App Agent is running in a Docker container outside of the Docker Host network.

    1. Open the following file: <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services/netviz/netviz-service.properties
      (You might need to unzip  external-services/netviz.zip to access this file.)
    2. For the netviz.agent.host.address, specify the Gateway IP of the Docker Host network interface. 
      To determine this IP, enter this command on the Docker host: 
      docker inspect <app_container_name> | grep Gateway 
    3. Restart the App Agent. 
    4. To determine if the Docker Host network is connected, enter this command from within the container: 
       curl -k -v <host-network-IP>:3892
      If you receive a response,  even if it is 404 Not Found, then the network is connected.
    Restart the App (IBM JVM Only)

    If the monitored app is running in an IBM JVM, you must restart the app for the Network Agent to detect and monitor any persistent connections.


    Anchor
    multi-tenant-setup
    multi-tenant-setup
    Multi-Tenant Setup (Multiple Apps on the Agent Host)

    If you want the Network Agent to monitor multiple app nodes on the same host, you perform the following steps for each App Agent.

    Expand
    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    outlinetrue
    locationtop
    styleNone
    Note

    If you are using Network Agent version 4.5.6 or earlier, enable the netlib parameter manually as described in Step 1.


    Anchor
    enable_netlib
    enable_netlib
    Enable Netlib on the Network Agent

    1. Open the following file in a text editor: <network_agent_home>/conf/agent_config.lua
    2. Edit the enable_netlib parameter:
      npm_config = {
            log_destination = "file",
            log_file = "agent.log",
            debug_log_file = "agent-debug.log",
            disable_filter = 1,
            mode = "Advanced",
            enable_netlib = 1,
            lua_scripts_path = ROOT_DIR .. "/scripts/netagent/lua/",
      } 
    Install or Update the App Agent (if needed)

    The Network Agent requires version 4.4 or higher of the Java App Server Agent. Update each App Agent that is running an earlier version. See Install the Java Agent

    Extract the NetViz External Services Folder on the App Agent
    1. Navigate to the folder: <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    2. If not already extracted, extract the netviz.zip archive so that the ZIP contents are under this folder: 
          <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    Preload NetLib and Enable Socket Collection on the App Agent  
    1. You must configure the Java App Agent startup command to perform two additional tasks, as shown in the following:
      • Preload the appd-netlib library so the Network Agent can collect network metrics for each individual node (rather than for the entire host)
      • Enable appdynamics.socket.collection.bci.enable for the Network Agent to map network metrics to application flows
        For example:
        LD_PRELOAD=/<network-agent-home>/lib/appd-netlib.so \
        java -javaagent:<app_server_agent_home>/javaagent.jar \
        -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
    Expand

    The following examples illustrate how editing the Agent startup command can differ, depending on the framework of the monitored application. See Agent Installation by Java Framework and its relevant framework documentation.

    FrameworkExample (App Agent ZIP)
    IBM WebSphere and InfoSphere

    In the WebSphere/InfoSphere UI, navigate to the Java Virtual Machine properties page for the monitored server. Then add javaagent and appdynamics.socket.collection.bci.enable=true as a Generic JVM argument. For example:

    javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true

    You can add LD_PRELOAD as a JVM environment variable. This example describes how to add an environment variable on a Cognos server using IBM Connections 6.0.0:

      1. Log in to the WebSphere Application Server administrative console of the Cognos server.
      2. Click Servers > Server Types > WebSphere application servers.
      3. Click the cognos_server link.
      4. Click JAVA > Process Management > Process definition > Environment Entries > New to add this entry:
        LD_PRELOAD=/usr/appd/agents/netviz/lib/appd-netlib.so
    1. In the WebSphere/InfoSphere UI, navigate to the Java Virtual Machine properties page for the monitored server.
    2. Add javaagent and appdynamics.socket.collection.bci.enable=true as a Generic JVM argument. For example:

    javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true

    You can add LD_PRELOAD as a system environment variable. This example describes how to add an environment variable on a Cognos server using IBM Connections 6.0.0:

    1. Log in to the WebSphere Application Server administrative console of the Cognos server.
    2. Go to Servers Server Types > WebSphere Application Servers.
    3. Click cognos_server.
    4. Go to Java > Process Management > Process Definition > Environment Entries New to add this entry: 
      LD_PRELOAD=/usr/appd/agents/netviz/lib/appd-netlib.so
    Apache Tomcat

    Add the full command as a Catalina environment variable in file CATALINA_BASE/bin/setenv.sh (Tomcat 6 and later). For example:

    export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

    export CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

    Glassfish

    Add the full command as a -javaagent JVM option in the GlassFish domain. You can add the Agent using the asadmin tool. For example: 

    export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

    glassfish4\bin\asadmin create-jvm-options

    "-javaagent\:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar:-Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

    JBoss Standalone

    Add the full command to the standalone.sh file. For example:

    export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

    JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -

    javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

    Jetty

    For a standalone Jetty using start.jar:

      1. Add the full command to the start.ini config file in the Jetty base directory. For example:
        exec
        javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
      2. Create a script to start Jetty. For example, startJetty.sh:

        export LD_PRELOAD=/usr/appdynamics/agents/netviz/lib/appd-netlib.so java -jar start.jar

    For service with embedded Jetty:

      1. Create a script to start Jetty. For example, startJetty.sh:
        export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so
        java -javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true -jar <embedded_jetty_jar>


    To verify that the App Agent is running correctly, enter:
    strings /proc/<app_pid>/environ

    Specify the Docker Host Gateway IP on the App Agent
    Info

    These steps are required only if the App Agent is running in a Docker container outside of the Docker Host network.

    1. Open the file: <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services/netviz/netviz-service.properties
      (You might need to unzip  external-services/netviz.zip to access this file.)
    2. For the netviz.agent.host.address, specify the Gateway IP of the Docker Host network interface. 
      To determine this IP, run this command on the Docker host: 
      docker inspect <app_container_name> | grep Gateway 
    3. Restart the App Agent. 
    4. To determine if the Docker Host network is connected, run this command from within the container: 
       curl -k -v <host-network-IP>:3892
      If you receive a response, even if it is 404 Not Found, then the network is connected.
    Restart the App (IBM JVM Only)

    If the monitored app is running in an IBM JVM, you must restart the app for the Network Agent to detect and monitor any persistent connections.


    Anchor
    single-tenant-setup
    single-tenant-setup
    Single-Tenant Setup (One App Only on the Agent Host)

    If you want the Network Agent to monitor one app node only on the same host, perform these steps:

    Expand
    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    outlinetrue
    locationtop
    Install or Update the App Agent (if needed)

    Network Visibility requires a Java App Agent (version 4.4 or higher) installed on the same host as the Network Agent. See Install the Java Agent

    Extract the NetViz External Services Folder on the App Agent
    1. Navigate to folder: <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    2. If not already extracted, extract the netviz.zip archive so that the ZIP contents are under this folder: 
          <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    Anchor
    socket-instrumentation
    socket-instrumentation
    Enable Socket Instrumentation

    This is required for the Agent to map network metrics to application flows.

    1. In the Controller, click the gear icon () and select AppDynamics Agents > App Server Agents.
    2. Select the Agent in the table and click Configure. The App Server Agent Configuration page appears. 
    3. Select the application, tier, and node in the treeview (left).
    4. Select Use Custom Configuration and then click +Create Agent Property.
    5. In the Edit Agent Property dialog, specify:
      1. Name = socket-enabled
      2. Type = Boolean
      3. Value = true

    Create Agent Property

    Specify the Docker Host Gateway IP on the App Agent
    Info

    These steps are required only if the App Agent is running in a Docker container outside of the Docker Host network.

    1. Open the file: <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services/netviz/netviz-service.properties
      (You might need to unzip  external-services/netviz.zip to access this file.)
    2. For the netviz.agent.host.address, specify the Gateway IP of the Docker Host network interface. 
      To determine this IP, run this command on the Docker host: 
      docker inspect <app_container_name> | grep Gateway 
    3. Restart the App Agent. 
    4. To determine if the Docker Host network is connected, run this command from within the container: 
       curl -k -v <host-network-IP>:3892
      If you receive a response, even if it is 404 Not Found, then the network is connected.
    Restart the App (IBM JVM Only)

    If the monitored app is running in an IBM JVM, you must restart the app for the Network Agent to detect and monitor any persistent connections.





    Sv translation
    languageja



    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    Info

    ネットワーク エージェント バージョン 4.5.7 および Java エージェントバージョン 4.5.11 では、同じマシン上で複数のノードを実行するときに、マルチテナントセットアップでネットワークエージェントを個別に設定する必要がなくなります。Java エージェントバージョン 4.5.10 以前でネットワーク エージェント バージョン 4.5.7 を使用する場合は、マルチテナントセットアップでネットワークエージェントを設定する必要があります。詳しくは、「ネットワークエージェントと Java エージェントのインストール手順」を参照してください。

    Anchor
    NA_JA_install
    NA_JA_install
    Network Agent and Java Agent Installation Instructions

    次を使用している場合
    次に
    ネットワーク エージェント バージョン 4.5.7 以降および Java エージェントバージョン 4.5.11 以降ネットワークエージェントをインストールします。
    ネットワーク エージェント バージョン 4.5.7 以降および Java エージェントバージョン 4.5.10 以前

    ネットワークエージェントをマルチテナントセットアップまたはシングル テナント セットアップにインストールします。

     

    マルチテナントセットアップ中に netlib パラメータを手動で有効にする必要はありません。デフォルトで有効になっています。


    ネットワーク エージェント バージョン 4.5.6 以前

    ネットワークエージェントをマルチテナントセットアップまたはシングル テナント セットアップにインストールします。

     

    マルチテナントセットアップ中に netlib パラメータを手動で有効にする必要があります。

    Java アプリケーション エージェント バージョン 4.4 以前Java エージェントを更新します。

    Anchor
    install_NA
    install_NA
    ネットワークエージェントのインストール

    Expand
    Info

    Java エージェントバージョン 4.5.13 以降を使用している場合は、手動でソケット収集を有効にする必要はありません。自動的に有効になります。最初の手順をスキップして、手順 2 に進むことができます。

    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    outlinetrue
    locationtop
    styleNone
    アプリケーション エージェントでソケット収集を有効にする
    1. 次の例に示すように、Java アプリケーション エージェント開始コマンドを設定して、次のタスクを実行します。
      • ネットワークエージェントの appdynamics.socket.collection.bci.enable を有効にして、ネットワークメトリックをアプリケーションフローにマップします。
        例:

        java -javaagent:<app_server_agent_home>/javaagent.jar \
        -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
    2. Expand

      次の例では、モニタ対象アプリケーションのフレームワークによって、エージェント開始コマンドの編集方法がどのように異なるかを示しています。詳しくは、「Agent Installation by Java Framework」の関連セクションおよび関連するフレームワークのマニュアルを参照してください。

      フレームワーク例(アプリケーション エージェント ZIP)
      IBM WebSphere および InfoSphere

      WebSphere/InfoSphere UI で、モニタ対象サーバの Java Virtual Machine のプロパティページに移動します。次に、javaagentappdynamics.socket.collection.bci.enable=true を汎用 JVM 引数として追加します。例:

      javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
      Apache Tomcat

      ファイル CATALINA_BASE/bin/setenv.sh(Tomcat 6 以降)で、完全なコマンドを Catalina 環境変数として追加します。例:

      export CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"
      Glassfish

      完全なコマンドを GlassFish ドメインの -javaagent JVM オプションとして追加します。 asadmin ツールを使用してエージェントを追加できます。例: 

      export LD_PRELOAD=/usr/appd/agents/netviz/lib/appd-netlib.so
      glassfish4\bin\asadmin create-jvm-options "-
      javaagent\:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar:-Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"
      JBoss スタンドアロン

      standalone.sh ファイルに完全なコマンドを追加します。例:

      export JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

      Jetty

      Jetty ベースディレクトリの start.ini コンフィギュレーション ファイルに完全なコマンドを追加します。例:

      --exec -javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
    3. アプリケーション エージェントが正しく稼働していることを検証するには、次のコマンドを入力します。
      strings /proc/<app_pid>/environ
    アプリケーション エージェントで Docker ホストゲートウェイ IP を指定します。
    Info

    これらの手順は、アプリケーション エージェントが Docker ホストネットワーク外の Docker コンテナで実行されている場合にのみ必要です。

    Excerpt Include
    + Docker and Network Visibility
    + Docker and Network Visibility
    nopaneltrue

    アプリケーションの再起動(IBM JVM のみ

    モニタリング対象のアプリケーションが IBM JVM で実行されている場合は、ネットワークエージェントが永続的な接続を検出してモニタするために、アプリケーションを再起動する必要があります。


    Anchor
    multi-tenant-setup
    multi-tenant-setup
    マルチテナントのセットアップ(エージェントホスト上の複数のアプリケーション

    ネットワークエージェントが同じホスト上の複数のアプリケーションノードをモニタするようにするには、アプリケーション エージェントごとに次の手順を実行する必要があります。

    Expand
    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    outlinetrue
    locationtop
    styleNone
    Note

    ネットワーク エージェント バージョン 4.5.6 以前を使用している場合は、手順 1 で説明されているように netlib パラメータを手動で有効にします。

     

    Anchor
    enable_netlib
    enable_netlib
    ネットワークエージェントでの Netlib の有効化

    1. Open the following file in a text editor: <network_agent_home>/conf/agent_config.lua
    2. 次のように enable_netlib パラメータを編集します。
      npm_config = {
            log_destination = "file",
            log_file = "agent.log",
            debug_log_file = "agent-debug.log",
            disable_filter = 1,
            mode = "Advanced",
            enable_netlib = 1,
            lua_scripts_path = ROOT_DIR .. "/scripts/netagent/lua/",
      } 
    アプリケーション エージェントのインストールまたは更新(必要に応じて)

    ネットワークエージェントには、Java アプリケーション サーバ エージェントのバージョン 4.4 以降が必要です。以前のバージョンを実行している各アプリケーション エージェントを更新します。詳細については、Install the Java Agentを参照してください。

    アプリケーション エージェントでの NetViz 外部サービスフォルダの抽出
    1. 次のフォルダに移動します。<app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    2. まだ抽出されていない場合は、ZIP の内容が次のフォルダの下に配置されるように netviz.zip アーカイブを抽出します。
          <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    NetLib をプリロードしてアプリケーション エージェントでソケット収集を有効にする
    1. この手順では、次の例に示すように、Java アプリケーション エージェントのセットアップコマンドを設定して、2 つの追加タスクを実行する必要があります。
      • ネットワークエージェントが個々のノード(ホスト全体ではなく)のネットワークメトリックを収集できるように、appd-netlib ライブラリをプリロードします。
      • ネットワークエージェントの appdynamics.socket.collection.bci.enable を有効にして、ネットワークメトリックをアプリケーションフローにマップします。
        例:
        LD_PRELOAD=/<network-agent-home>/lib/appd-netlib.so \
        java -javaagent:<app_server_agent_home>/javaagent.jar \
        -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true

        Expand

        次の例では、モニタ対象アプリケーションのフレームワークによって、エージェント開始コマンドの編集方法がどのように異なるかを示しています。詳しくは、「Agent Installation by Java Framework」の関連セクションおよび関連するフレームワークのマニュアルを参照してください。

        フレームワーク例(アプリケーション エージェント ZIP)
        IBM WebSphere および InfoSphere

        WebSphere/InfoSphere UI で、モニタ対象サーバの Java Virtual Machine のプロパティページに移動します。次に、javaagentappdynamics.socket.collection.bci.enable=true を汎用 JVM 引数として追加します。例:

        javaagent:/usr/appd/agents/apm/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true

        JVM 環境変数として LD_PRELOAD を追加できます。次の例では、IBM Connections 6.0.0 を使用して、Cognos サーバに環境変数を追加する方法について説明します。

          1. Cognos サーバの WebSphere Application Server 管理コンソールにログインします。
          2. Servers > Server Types > WebSphere application servers をクリックします。
          3. cognos_server リンクをクリックします。
          4. JAVA をクリックしてから、Process Management > Process definition > Environment Entries をクリックします。
          5. New をクリックして、次のエントリを追加します。 LD_PRELOAD=/usr/appd/agents/netviz/lib/appd-netlib.so
        Apache Tomcat

        ファイル CATALINA_BASE/bin/setenv.sh(Tomcat 6 以降)で、完全なコマンドを Catalina 環境変数として追加します。例:

        export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

        export CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

        Glassfish

        完全なコマンドを GlassFish ドメインの -javaagent JVM オプションとして追加します。asadmin ツールを使用してエージェントを追加できます。例: 

        export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

        glassfish4\bin\asadmin create-jvm-options

        "-javaagent\:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar:-Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

        JBoss スタンドアロン

        standalone.sh ファイルに完全なコマンドを追加します。例:

        export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

        JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -

        javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true"

        Jetty

        start.jar を使用したスタンドアロン Jetty の場合:

        1. Jetty ベースディレクトリの start.ini コンフィギュレーション ファイルに完全なコマンドを追加します。例:
          --exec
          javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true
        2. Jetty を開始するためのスクリプトを作成します。たとえば、以下のとおりです。startJetty.sh
          export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so

          java -jar start.jar

         

        組み込み Jetty を使用したサービスの場合:

         

        1. Jetty を開始するためのスクリプトを作成します。たとえば、以下のとおりです。startJetty.sh
          export LD_PRELOAD=/<network-agent-home-directory>/lib/appd-netlib.so
          java -javaagent:/<java-agent-home-directory>/javaagent.jar -Dappdynamics.socket.collection.bci.enable=true -jar <embedded_jetty_jar>
    2. アプリケーション エージェントが正しく稼働していることを検証するには、次のコマンドを入力します。
      strings /proc/<app_pid>/environ
    アプリケーション エージェントで Docker ホストゲートウェイ IP を指定します。
    Info

    これらの手順は、アプリケーション エージェントが Docker ホストネットワーク外の Docker コンテナで実行されている場合にのみ必要です。

    Excerpt Include
    STAGE:+ Docker and Network Visibility
    STAGE:+ Docker and Network Visibility
    nopaneltrue

    アプリケーションの再起動(IBM JVM のみ

    モニタリング対象のアプリケーションが IBM JVM で実行されている場合は、ネットワークエージェントが永続的な接続を検出してモニタするために、アプリケーションを再起動する必要があります。


    Anchor
    single-tenant-setup
    single-tenant-setup
    シングル テナント セットアップ(エージェントホスト上の 1 つのアプリケーションのみ

    ネットワークエージェントで同じホスト上の 1 つのアプリケーションノードのみをモニタするようにするには、次の手順を実行します。

    Expand
    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    outlinetrue
    locationtop
    アプリケーション エージェントのインストールまたは更新(必要に応じて)

    ネットワークの可視性を実現するには、Java アプリケーション エージェント(バージョン 4.4 以降)がネットワークエージェントと同じホストにインストールされている必要があります。詳細については、Install the Java Agentを参照してください。

    アプリケーション エージェントでの NetViz 外部サービスフォルダの抽出
    1. 次のフォルダに移動します。<app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    2. まだ抽出されていない場合は、ZIP の内容が次のフォルダの下に配置されるように netviz.zip アーカイブを抽出します。
          <app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services
    Anchor
    socket-instrumentation
    socket-instrumentation
    ソケット インストゥルメンテーションの有効化

    これは、エージェントがネットワークメトリックをアプリケーションフローにマッピングするために必要です。

    1. コントローラで右上の歯車アイコン()をクリックし、AppDynamics Agents > App Server Agents を選択します。
    2. テーブルでエージェントを選択し、Configure をクリックします。App Server Agent Configuration ページが表示されます。 
    3. ツリービュー(左)でアプリケーション、ティア、ノードを選択します。
    4. Use Custom Configuration を選択し、+ (「プラス記号」ボタン)Create Agent Property をクリックします。
    5. Edit Agent Property ダイアログボックスで、次のように指定します。
      1. Name = socket-enabled
      2. Type = Boolean
      3. Value = true

    アプリケーション エージェントで Docker ホストゲートウェイ IP を指定します。
    Info

    これらの手順は、アプリケーション エージェントが Docker ホストネットワーク外の Docker コンテナで実行されている場合にのみ必要です。

    1. 次のファイルを開きます。<app-agent-install-dir>/<version-number>/external-services/netviz/netviz-service.properties
      (このファイルにアクセスするために external-services/netviz.zip の解凍が必要になる場合があります)
    2. netviz.agent.host.address の場合、Docker ホスト ネットワーク インターフェイスのゲートウェイ IP を指定します。
      この IP を判別するには、Docker ホストで次のコマンドを実行します。
      docker inspect <app_container_name> | grep Gateway 
    3. アプリケーション エージェントを再起動します。 
    4. Docker ホストネットワークが接続されているかどうかを確認するには、コンテナ内から次のコマンドを実行します。
       curl -k -v <host-network-IP>:3892
      応答を受信した場合は、404 Not Found であっても、ネットワークが接続されます。
    アプリケーションの再起動(IBM JVM のみ

    モニタリング対象のアプリケーションが IBM JVM で実行されている場合は、ネットワークエージェントが永続的な接続を検出してモニタするために、アプリケーションを再起動する必要があります。