Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen
    Excerpt

    IIB Agent Support

    This topic provides information about the supported versions, operating systems, and node types of the IIB agent. The Appdynamics IIB agent supports the Linux and AIX operating systems.

    Operating Systems

    The IIB agent supports the following operating systems:

    • Linux x86-64 bit
    • AIX v7.1 and v7.2

    IIB Versions

    The IIB agent supports the following versions of IIB for the Linux and AIX operating systems:

    • Linux: IIB v9, IIB v10, and ACE v11
    • AIX: IIB v9 and IIB v10

    IIB Node Types

    The agent can continue business transactions detected upstream at the following node types:

    • SOAPInput
    • HTTPInput
    • JMSInput
    • MQInput

    The agent can detect and tag exit calls for downstream correlation at the following node types:

    • SOAPRequest
    • HTTPRequest
    • JMSOutput, JMSReply
    • MQOutput, MQReply
    Info
    iconfalse

    For MQ, we use the MQRFH2 message header to provide correlation. Any applications consuming MQ messages from IIB with the IIB agent must support the MQRFH2 header.


    The agent can detect database backend calls for the following node types:

    • DatabaseRetrieve
    • DatabaseRoute

    All nodes are represented within AppDynamics Business Transactions as Threads. You can view the per node timings in the tree view of the Business Transaction dashboard and in the transaction snapshots.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width410px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Excerpt

    IIBエージェントのサポート

    IIBバージョン

    IIBエージェントでは、WMB v8、IIB v9、v10がサポートされています。

    オペレーティングシステム

    IIBエージェントでは、次のオペレーティングシステムがサポートされています。

    • Linux x86-64 ビット

    IIBノードのタイプ

    このエージェントでは、ビジネストランザクションで検出されたアップストリームを次のノードタイプで続行できます。

    • SOAPInput
    • HTTPInput
    • JMSInput
    • MQInput

    このエージェントでは、ダウンストリームの終了コールを次のノードタイプで検出し、タグを付けることができます。

    • SOAPRequest
    • HTTPRequest
    • JMSOutput、JMSReply
    • MQOutput、MQReply
    Info
    iconfalse

    MQ の場合、MQRFH2 メッセージヘッダーを使用して相関を提供します。IIB エージェントを使用して IIB から MQ メッセージを消費するアプリケーションは、MQRFH2 ヘッダーをサポートする必要があります。

     

    このエージェントでは、次のノードタイプのデータベースバックエンドコールを検出できます。

    • DatabaseRetrieve
    • DatabaseRoute

    すべてのノードは、AppDynamics のビジネストランザクション内でスレッドとして表されます。各ノードの時間は、ビジネス トランザクション ダッシュボードのツリービューおよびトランザクション スナップショットに表示できます。