Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen

    This topic discusses Lambda expressions, a Java language feature introduced in Java 8 that enables a functional style of programming in Java.

    About Java Lambda

    Here's a short example:

    Code Block
    LambdaMethodInterface i = (acc, x) -> acc + x;

    In the JVM, this creates an anonymous instance of the associated FunctionalInterface, as shown below:

    Code Block
    package jdk8;
     
    @java.lang.FunctionalInterface
    interface LambdaMethodInterface
    {
        int sum(int acc, int x);
    }

    Instrumenting Java Lambda

    To instrument lambda instances, create a POJO business transaction match rule for the LambdaMethodInterface, for example:

    This sample rule matches classes that implement the interface name jdk8.LambdaMethodInterface

    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents

    このトピックでは、ラムダ式について説明します。これは Java 8 で導入された Java 言語機能であり、Java で機能的なスタイルのプログラミングを有効にします。

    Javaラムダについて

    ここで簡単な例を示します。

    Code Block
    LambdaMethodInterface i = (acc, x) -> acc + x;

    JVM では、以下に示すように、これによって関連する FunctionalInterface の非同期インスタンスが作成されます。

    Code Block
    package jdk8;
     
    @java.lang.FunctionalInterface
    interface LambdaMethodInterface
    {
        int sum(int acc, int x);
    }

    Javaラムダのインストゥルメント化

    ラムダインスタンスをインストゥルメント化するには、たとえば次のように、LambdaMethodInterface の POJO ビジネス トランザクション マッチ ルールを作成します。

    このサンプルのルールでは、インターフェイス名 jdk8.LambdaMethodInterface を実装するクラスをマッチさせます。