Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen

    This page provides an overview of compatibility mapping between Agent and Controller versions. 

    About Agent and Controller Compatibility

    Please refer to the Language Agent Backward Compatibility table below for AppDynamics Agents and AppDynamics Controller compatibility. 

    A monitored environment may have agents of different versions deployed in it at a given time, as long as all agents are compatible with the Controller version. However, the oldest agents should be on originating tiers of any business transactions. This ensures that agents on downstream nodes can process the correlation header created by the originating tier.

    It's an important point to consider when rolling out agent upgrades—be sure to start upgrading the agents on the nodes of downstream tiers first and then upgrade the agents on the originating tier nodes last.

    Anchor
    language_agent_backward_compatibility
    language_agent_backward_compatibility
    Language Agent Backward Compatibility

    Starting in release 4.5, AppDynamics language agents are backward-compatible with any 4.4.1 or later Controller. This enables you to upgrade your language agents – and take advantage of the latest agent-side enhancements, features, and bug fixes – without upgrading your 4.4 Controller. The following table outlines the Controller and language agent releases that are compatible.

    Starting in 20.2, the AppDynamics language agents are backward-compatible with any 4.5.0 or later Controller, including Controllers using Calendar Versioning from 20.3 and higher.

    Controller ReleaseLanguage Agent ReleaseNotes
    20.3 or higher4.4 or higher, 20.2 or higher, 20.3 or higher20.3 or higher Controllers can accept connections from 4.4 or higher agents as well as 20.2 or higher and 20.3 or higher agents that use Calendar Versioning. As of 20.3, Controllers cannot accept connections from 4.1 agents.
    4.5.x4.1 or higher, 20.2 or higher, 20.3 or higher4.5.x Controller can accept connections from 4.1 or higher agents, including agents that use Calendar Versioning.
    4.4.1 or higher4.1 or higher4.4.1 and newer Controllers can accept connections from newer agents.
    4.3.x4.1.x – 4.3.x4.3.x Controllers cannot accept connections from newer agents.
    Info

    The above table is only a reference for general software compatibility. For specific maintenance and support terms, please refer to your specific EULA.

    Backward compatibility is supported on the following agents starting in Release 4.5:

    • C/C++ 
    • Cluster
    • Go SDK
    • Java
    • Machine
    • .NET
    • Node.js
    • PHP
    • Python
    Info

    While using the Enterprise Console to upgrade the Controller, several folders (including the appagent folder) are removed and reinstalled. If you deployed a Java agent with a newer version than the Controller in the controller/appserver/glassfish/domains/domain1/appagent folder, the upgrade will fail and internal monitoring will be lost. To prevent this, you must update the domain.xml file to point to the new Java agent or avoid using customized installation for Java agents.

    For notes on SSL protocol compatibility between versions of the agent and Controller, see SSL Compatibility Matrix for App Agent for Java - Controller.

    Agent Versions Supported by Controller Version 20.x

    Agent Version/
    Agent Type
    Languages AgentsCluster AgentDatabase AgentAppDynamics for DatabasesMachine AgentNetwork Agent
    Java Agent.NET AgentNode.js AgentPHP AgentPython AgentWeb Server AgentC / C++ Agent (SDK)
    20.x or higher




    4.5.x


    4.4.x


    Info
    The ability to customize Business Transaction detection, supported by .NET Agent for Linux version 4.5.9, requires Controller versions 4.5.2 and higher. The .NET Agent version 4.5.9 works with Controller version 4.4.1 and higher, but the customizable transaction detection and configuration capabilities require 4.5.2 and later versions of the Controller. See .NET Agent for Linux Business Transaction Configuration.


    Anchor
    sslcompatibility
    sslcompatibility
    SSL Compatibility between Java Agent and Controller

    The default protocol used by the Controller is TLSv1.2. See Secure the Platform for information on changing the default security protocol used by the Controller or agent. 

    For the Java Agent, the default protocols are:

    • For Java 8 SE applications: TLSv1.2.
    • For Java 7 or higher applications: TLSv1.2.
    Info

    SSLv3 has been disabled for SaaS Controllers because of the CVE-2014-3566 vulnerability. SSLv3 connections are no longer supported.

    Introduction of New Agent Features

    Even when new and old agents are supported by the same up-to-date Controller, new functionality introduced by later agents is not available on the older agents.

    Information about when an agent feature was introduced is documented in the New and Enhanced Features section for a new major release (such as 4.5) and <minor_release_number> Updates sections for minor releases in the Release Notes.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width370px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2
     

    ここでは、エージェントとコントローラの各バージョン間の互換性マッピングについて説明します。 

    エージェントとコントローラの互換性について

    AppDynamics エージェントと AppDynamics コントローラの互換性については、以下の表「言語エージェントの下位互換性」を参照してください。 

    モニタリング対象の環境では、すべてのエージェントにコントローラのバージョンと互換性があれば、指定した時間に異なるバージョンのエージェントをデプロイすることができます。ただし、最も古いエージェントは、すべてのビジネストランザクションの発生元階層にある必要があります。これにより、ダウンストリームノード上のエージェントが発生元階層で作成された相関ヘッダーを処理できるようになります。

    エージェントのアップグレードをロールアウトする際に考慮すべき重要な点は、最初にダウンストリーム階層のノードでエージェントのアップグレードを開始してから、発生元階層ノードのエージェントを最後にアップグレードすることです。

    Anchor
    language_agent_backward_compatibility
    language_agent_backward_compatibility
    言語エージェントの下位互換性

    リリース 4.5 以降、AppDynamics 言語エージェントには 4.4.1 以降のコントローラとの下位互換性があります。これにより、言語エージェントをアップグレードし、最新のエージェント側の機能拡張、機能、バグ修正を利用できます。4.4 コントローラをアップグレードする必要はありません。次の表に、互換性のあるコントローラと言語エージェントのリリースの概要を示します。

    Controller Release言語エージェントのリリース備考
    4.5.x4.1+4.5.x コントローラは 4.1 以降のエージェントからの接続を受け入れることができます。
    4.4.1+4.1+4.4.1 以降のコントローラは、新しいエージェントからの接続を受け入れることができます。
    4.3.x4.1.x ~ 4.3.x4.3.x コントローラは、新しいエージェントからの接続を受け入れることができません。
    4.2.x4.1.x ~ 4.2.x4.3 以前のエージェントのサポートを終了し、4.1 以前のエージェントはコントローラへの接続が保証されなくなります。

    下位互換性は、リリース 4.5 以降の次のエージェントでサポートされています。

    • Java
    • .NET
    • Node.js
    • PHP
    • Python
    • C/C++
    • Go SDK
    Info

    Enterprise Console を使用してコントローラをアップグレードするときに、いくつかのフォルダ(appagent フォルダを含む)が削除され、再インストールされます。controller/appserver/glassfish/domains/domain1/appagentフォルダ内のコントローラよりも新しいバージョンを使用して Java エージェントをデプロイした場合、アップグレードは失敗し、内部モニタリングは失われます。これを防止するには、domain.xml ファイルを更新して新しい Java エージェントを指定するか、Java エージェントにカスタマイズされたインストールを使用しないようにする必要があります。

    エージェントとコントローラの各バージョン間の SSL プロトコルの互換性に関する注意事項については、「 Java とコントローラのアプリケーション エージェントに対する SSL 互換性マトリックス」を参照してください。

    コントローラバージョン 4.5.x でサポートされるエージェントのバージョン

    エージェントのバージョン/
    エージェントのタイプ
    言語エージェントデータベースエージェントAppDynamics for Databasesマシンエージェントネットワークエージェント
    Javaエージェント.NETエージェントNode.jsエージェントPHPエージェントPythonエージェントWeb サーバエージェントC/C++ Agent(SDK)
    4.5.x 
    4.4.x 
    4.3.x  
    4.2.x    
    4.1.x     
    4.0.3          
    2.7.4 以降          
    Info
    Linux バージョン 4.5.9 の .NET エージェントでサポートされているビジネストランザクション検出をカスタマイズする機能には、4.5.2 以上のバージョンのコントローラが必要です。.NET エージェントバージョン 4.5.9 は、コントローラバージョン 4.4.1 以降で動作しますが、カスタマイズ可能なトランザクション検出および設定機能には、コントローラの 4.5.2 以降のバージョンが必要です。次を参照してください。.NET Agent for Linux Business Transaction Configuration

     

    Anchor
    sslcompatibility
    sslcompatibility
    Java エージェントとコントローラ間の SSL 互換性

    コントローラで使用されるデフォルトのプロトコルは TLSv1.2 です。コントローラまたはエージェントで使用されるデフォルトのセキュリティプロトコルを変更する方法については、「Secure the Platform」を参照してください。 

    Java エージェントの場合、デフォルトのプロトコルは次のとおりです。

    • Java 8 SE アプリケーションの場合:TLSv1.2。
    • Java 7 以降のアプリケーションの場合:TLSv1.2。
    Info

    CVE-2014-3566 の脆弱性に伴い、SSLv3 は SaaS コントローラでは無効になっています。したがって、SSLv3 の接続は今後サポートされません。

    新しいエージェント機能の導入

    新しいエージェントと古いエージェントが同じ最新のコントローラでサポートされている場合でも、以降のエージェントで導入された新機能は、古いエージェントでは使用できません。

    エージェント機能が導入されたタイミングに関する情報は、新しいメジャーリリース(4.5 など)については「新機能および拡張」セクションに記載されています。また、マイナーリリースについては、リリースノートの「<minor_release_number> の更新」セクションに記載されています。