Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8-next
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    This page provides instructions for integrating AppDynamics with DB CAM. You can link to DB CAM for any DB CAM-monitored database that is discoverable by AppDynamics. This integration provides access to the database performance metrics provided by DB CAM.

    Before You Begin

    To use this integration you must have a DB CAM license. DB CAM must be configured to monitor the databases that you want to link to from AppDynamics.

    Configure AppDynamics to Interface with DB CAM

    You configure DB CAM integration at the account level and app agent level.

    Configure DB CAM at the Account Level

    Configure the integration at the account level using the Administration Console at <host>:<port>/controller/admin.jsp.

    Create two new properties as name-value pairs in each account for which you want to enable DB CAM integration.

    Configure One AppDynamics Account for DB CAM Integration

    1. Log in to the Administrator Console with the administrator root password.
    2. Select Accounts.
    3. Double-click the account for which you want to configure DB CAM integration.
    4. Click Additional Account Properties in the upper right.
    5. Click Add Property.
    6. In the left dialogue box, enter "DB_CAM_URL".
    7. In the right dialogue box, enter the URL of the AppDynamics Controller that you are configuring using the syntax: http[s]://<host>:<port>

    8. Click Add Property again.
    9. In the left dialogue box, enter "DB_CAM_ENABLED".
    10. In the right dialogue box, enter "true".
    11. Click OK.
    12. Log out of the Administrator Console.

    Configure DB CAM at the Agent Level

    Perform the following steps for each app agent for which you want to enable access to deep diagnostics from DB CAM:

    1. Open the AppServerAgent/conf/app-agent-config.xml file for the app agent.

    2. Locate the TransactionMonitoringService element, <agent-service name="TransactionMonitoringService" enabled="true">.

    3. Add the jdbc-dbcam-integration-enabled property for the service:

      No Format
      <agent-service name="TransactionMonitoringService" enabled="true">
          <service-dependencies>BCIEngine,SnapshotService</service-dependencies>
               <configuration-properties>
                   <property name="jdbc-dbcam-integration-enabled" value="true"/>
    4. Save the file.

    Link to DB CAM from AppDynamics

    You can link to DB CAM from any AppDynamics flow map that displays a discovered DB CAM-monitored database. The flow map could be in a dashboard or a transaction snapshot.

    If you link to DB CAM from a dashboard you will land in the DB CAM instance dashboard. If you link to be DB CAM from a transaction snapshot, you will land in the DB CAM Session Drill Down screen.

    To Link to DB CAM from a Dashboard

    1. In the flow map of a dashboard, right-click on the link below a database icon.
    2. Select Search in DBCam. DB CAM launches and displays the instance dashboard for the selected database.

    To Link to DB CAM from a Transaction Snapshot

    1. In the flow map of a transaction snapshot, right-click on the link below the database icon.
    2. Select Search in DBCam. DB CAM launches and displays the session drill down for the selected database.


    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    AppDynamics によって検出された任意の DB CAM モニタリングデータベースの DB CAM にリンクできます。この統合により、DB CAM によって提供されるデータベース パフォーマンス メトリックへのアクセスが可能になります。

    DB CAM 統合の前提条件

    この統合を使用するには、DB CAM ライセンスが必要です。
    DB CAM は、AppDynamics からリンク先のデータベースをモニタリングするように設定する必要があります。

    DB CAM を使用したインターフェイスへの AppDynamics の設定

    DB CAM の統合は、アカウントレベルおよびアプリケーション エージェント レベルで設定します。

    アカウントレベルでの DB CAM の設定

    管理コンソールを使用したアカウントレベルでの統合の設定

    No Format
    <host>:<port>/controller/admin.jsp
    

    DB CAM 統合を有効にする各アカウントで、新しいプロパティを名前と値のペアとして 2 つ作成します。

    DB CAM 統合用 AppDynamics アカウントの設定

    1. 管理者のルートパスワードを使用して管理者コンソールにログインします。
    2. [Accounts] を選択します。
    3. アカウントリストで、DB CAM 統合を設定するアカウントをダブルクリックします。
    4. アカウント画面の右上隅にある [Additional Account Properties] をクリックします。
    5. [Additional Account Properties] 画面で、[Add Property] をクリックして DB_CAM_URL プロパティを追加します。
    6. 左側のフィールドに "DB_CAM_URL" と入力します。
    7. 右側のフィールドに、次の構文を使用して設定する AppDynamics コントローラの URL を入力します。

      No Format
      http[s]://<host>:<port>
      
    8. [Add Property] をもう一度クリックして DB_CAM_ENABLED プロパティを追加します。
    9. 左側のフィールドに "DB_CAM_ENABLED" と入力します。
    10. 右側のフィールドに "true" と入力します。
    11. [OK] をクリックしてプロパティを保存します。
    12. 管理者コンソールからログアウトします。

     

    エージェントレベルでの DB CAM の設定

    DB CAM から詳細な診断へのアクセスを有効にするアプリケーション エージェントごとに、次の手順を実行します。

    1. アプリケーション エージェントの AppServerAgent/conf/app-agent-config.xml ファイルを開きます。
      次の手順で、TransactionMonitoringService 要素を特定します。

      No Format
      <agent-service name="TransactionMonitoringService" enabled="true">
      
    2. サービスの jdbc-dbcam-integration-enabled プロパティを追加します。

      No Format
      <agent-service name="TransactionMonitoringService" enabled="true">
          <service-dependencies>BCIEngine,SnapshotService</service-dependencies>
               <configuration-properties>
                   <property name="jdbc-dbcam-integration-enabled" value="true"/>
      
    3. ファイルを保存します。

    AppDynamics から DB CAM へのリンク

    検出された DB CAM モニタリングデータベースを表示する任意の AppDynamics フローマップから DB CAM にリンクできます。フローマップは、ダッシュボードまたはトランザクション スナップショット内にある可能性があります。

    ダッシュボードから DB CAM にリンクすると、DB CAM インスタンスダッシュボードに移動します。トランザクション スナップショットから DB CAM にリンクすると、DB CAM セッションのドリルダウン画面に移動します。

    ダッシュボードから DB CAM にリンクするには

    1. ダッシュボードのフローマップで、データベースアイコンの下にあるリンクを右クリックします。
    2. Search in DBCam をクリックします。

    DB CAM が起動し、選択したデータベースのインスタンスダッシュボードが表示されます。

    トランザクション スナップショットから DB CAM にリンクするには

    1. トランザクション スナップショットのフローマップで、データベースアイコンの下にあるリンクを右クリックします。
    2. Search in DBCam をクリックします。

    DB CAM が起動し、選択したデータベースのセッションドリルダウンが表示されます。