Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7-next
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related Pages:

    Controller Operations for Network Agents

    Using an AppDynamics Administrator account, select Settings > AppDynamics Agents > Network Visibility Agents to see details and manage your installed Machine Agents. You can perform most operations on multiple Agents: Shift or Ctrl+click the Agents of interest, right-click, and select the operation. These Agent settings are defined in the Controller and retain their state when an Agent is stopped and restarted.  

    Right-click one or more Agents to:

    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    locationtop
    View Packet Capture Configuration 

    View and edit configuration settings for a single network Agent. See Packet Captures

    Start Packet Capture

    Start a packet capture on one or more Agents.

    Disable Agent(s) or Enable Agent(s) 

    When disabled, the Agent temporarily suspends its collection of network metrics. You can quickly re-enable the Agent when you want.  

    While disabled, the Agent continues to consume a Network Visibility license. The Agent maintains a "heartbeat" connection to the Controller so you can enable it again quickly. The Agent persists its enabled/disabled state after it restarts and resumes all normal activities after it is re-enabled.

    Change Dynamic Monitoring Mode

    Defines the set of metrics that the Agent collects. In general, you should run the Agent in KPI unless you need to diagnose network performance on the node or Connections monitored by that Agent. See Dynamic Monitoring Mode and Network Visibility

    Delete Agent from System

    Deletes the underlying Network Visibility metadata for an orphaned Network Agent. A Network Agent is considered "orphaned" when the Agent host no longer has any App Server Agents installed or running. To delete a Network Agent, you must first delete all APM nodes on that host. Account Administrator privileges are required to delete Network Agents.

    Check Network Agent Status

    To check the status of your Network Agents, access Tiers & Nodes and then select Network in the Show Data pull-down. 

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related Pages:

    ネットワークエージェントのためのコントローラの操作

    AppDynamics 管理者アカウントを使用して、[Settings > AppDynamics Agents > Network Visibility Agents] をクリックして詳細を表示し、インストールされたマシンエージェントを管理します。複数のエージェントに対してほとんどの操作を実行できます。Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら目的のエージェントをクリックし、右クリックして操作を選択します。これらのエージェント設定は、コントローラで定義され、エージェントが停止して再起動してもその状態は保持されます。  

    1 つ以上のエージェントを右クリックして、次の操作を実行できます。

    Table of Content Zone
    maxLevel6
    minLevel6
    locationtop
    パケットキャプチャの設定を表示する

    単一のネットワークエージェントの構成設定を表示して編集します。「Packet Captures」を参照してください。

    パケットキャプチャを開始する

    1 つ以上のエージェントでパケットキャプチャを開始します。「Packet Captures」を参照してください。  

    エージェントを無効または有効にする

    エージェントを無効にすると、ネットワークメトリックの収集が一時的に中断されます。必要に応じて、ただちにエージェントを再度有効にすることができます。  

    無効になっている間、エージェントはネットワークの可視性のライセンスを引き続き使用します。エージェントは、コントローラへの「ハートビート」接続を維持するため、ただちに再度有効にすることができます。エージェントは再起動後も有効/無効の状態を維持し、再び有効になった後に通常のアクティビティをすべて再開します。

    動的モニタリングモードを変更する

    エージェントが収集する一連のメトリックを定義します。通常、エージェントがモニタするノードまたは接続でネットワークのパフォーマンスを診断する必要がある場合を除いて、KPI でエージェントを実行する必要があります。Dynamic Monitoring Mode and Network Visibility」を参照してください。

    システムからエージェントを削除する

    管理ページの削除機能の目的は、孤立したネットワークエージェントの基盤となるネットワークの可視性のメタデータを削除することです。アプリケーション サーバ エージェントがエージェントホストにインストールされていない場合、または実行されていない場合、ネットワークエージェントは「孤立」と見なされます。ネットワークエージェントを削除するには、そのホスト上のすべての APM ノードを最初に削除する必要があります。ネットワークエージェントを削除するには、アカウント管理者権限が必要です。

    ネットワークエージェントのステータスの確認

    ネットワークエージェントのステータスを確認するには、[Tier & Nodes] に移動し、[Show Data] プルダウンメニューで [Network] を選択します。