Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The AppDynamics Server Visibility module uses the Machine Agent to provide extended hardware metrics and Service Availability Monitoring. Server Visibility includes additional windows in the Controller UI that enable you to quickly see underlying infrastructure issues impacting your application performance . This means you can and rapidly troubleshoot hardware performance problems that are impacting your applications.

    Before you Start

    Server Visibility requires the following

    To view basic hardware metrics without Server Visibility, see View Hardware Metrics.

    Server Visibility is currently available for Linux, Windows, and Solaris. You must do the following before

    Before you enable Server Visibility:

    1. Review the Server Visibility Requirements and Supported Environments.
    2. Install and configure the Machine Agent on a machine with a supported OS as described in Install the Standalone Machine Agent.

    Feature Comparison

    FeatureServer VisibilityMachine Agent
    Supported Platforms

    Linux, Windows, Solaris

    Linux and Unix-like systems,
    MacOS, and Windows
    Extensions and Custom MetricsYesYes
    Monitor Docker container metrics from the Docker hostYesNo
    Tier Metric CorrelatorYesNo
    Dynamic Monitoring ModeYesNo
    JVM Crash GuardYes

    Yes

    Remediation ScriptsYesYes
    Licensing

    Server Visibility

    Machine Agent
    Graphical User InterfaceYesFunctionality is limited to viewing Machine Agent metrics in the Servers List

    Extended Hardware Metrics

    YesNo
    Service Availability MonitoringYesNo
    Server metrics in transaction snapshotsYesNo
    Server KPIs in application flow mapYesNo
    Health rules for extended hardware metricsYesNo

    Permissions

    Server Visibility provides two predefined roles, and two related permissions:

    • Server Visibility Administrator

    • Server Visibility User 

    • View Server Visibility permissionVisibility permission

    • Configure Server Visibility permission Visibility permission - enables configuring Service Availability

    For more details, see See Server Visibility Permissions.

    Server Visibility User Interface

    The Servers list provides key performance metrics for all your servers on a single windowpanel

    The Servers > Dashboard shows key performance metrics for the selected machine, including the top 10 ten consumers of CPU and memory.

    The Servers > Volumes window  panel displays performance metrics for disks, partitions, and volumes for the selected machine.

    The Servers > Network window  panel shows network performance metrics for network interfaces on the selected machine.

    The Servers > Processes window  panel shows a configurable set of performance metrics for processes.

    The Servers > Containers window lists panel lists the monitored containers used by an application.

    Using the Server Visibility UI

    The Server Visibility user interface uses many of the same mechanisms that are common to the various windows panels of the Controller UI. The sample image below illustrates and briefly describes these mechanisms.

    Search Results and Sorting

    From Controller version 4.5.13 onwardsand later, pagination is the default behavior on the servers Servers and containers Containers list pages. The information is fetched retrieved on demand, and additional records will be are retrieved and displayed as a user scrollsyou scroll. Search is only available for the name Name and host id Host ID columns. Sorting is only available on the hostname Hostname, container Container, metric Metric %, and health Health fields.


     


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    Appd noprint

    Search the Server Visibility topics:

    Page Tree Search

    AppDynamics サーバの可視性モジュールは、マシンエージェントを使用して、拡張ハードウェアメトリックとサービスの可用性のモニタリングを提供します。サーバの可視性により、コントローラ UI に追加のウィンドウが組み込まれます。これにより、アプリケーションのパフォーマンスに影響する基盤インフラストラクチャの問題をただちに確認できます。したがって、アプリケーションに影響するハードウェアパフォーマンスの問題を迅速にトラブルシューティングできます。

    はじめに

    サーバの可視性には、次のものが必要です。

    • モニタ対象のマシンには、サーバの可視性のライセンスが必要です。
    • マシンエージェントでサーバの可視性を有効にする必要があります。「Enable Server Visibility」を参照してください。

    サーバの可視性を使用せずに基本ハードウェアメトリックを表示するには、「Viewing Hardware Metrics」を参照してください。

    サーバの可視性は、現在、Linux、Windows、および Solaris で使用できます。サーバの可視性を有効にする前に、以下を行う必要があります。

    1. Server Visibility Requirements and Supported Environments」を確認します。
    2. スタンドアロン マシン エージェントのインストール」の説明に従って、サポートされている OS があるマシンにマシンエージェントをインストールして設定します。

    機能の比較

    機能


    サーバの可視性マシンエージェント
    対応プラットフォーム

    Linux、Windows、Solaris

    Linux および Unix ライクなシステム、
    MacOS、および Windows
    拡張機能とカスタムメトリックはいはい
    Docker ホストからの Docker コンテナメトリックのモニタはいいいえ
    Tier Metric Correlatorはいいいえ
    動的モニタリングモードはいいいえ
    JVM クラッシュガードはい

    はい

    修復スクリプトはいはい
    ライセンス

    サーバの可視性

    マシンエージェント
    グラフィカル ユーザ インターフェイスあり機能は、サーバリストのマシン エージェント メトリックの表示に制限されます。

    拡張ハードウェアメトリック

    [はい(Yes)] に設定[いいえ(No)]
    サービスアベイラビリティのモニタリングはいいいえ
    トランザクション スナップショットのサーバメトリックはいいいえ
    アプリケーション フロー マップのサーバ KPIはいいいえ
    拡張ハードウェアメトリックの正常性ルールはいいいえ

    権限

    サーバの可視性には、2 つの事前定義済みロールと 2 つの関連する権限があります。

    • サーバーの可視性の管理者

    • サーバの可視性のユーザ

    • View Server Visibility 権限

    • Configure Server Visibility 権限:サービスの可用性の設定を有効にします。

    詳細については、「Server Visibility Permissions」を参照してください。

    サーバの可視性のユーザインターフェイス

    サーバリストでは、1 つのウィンドウにすべてのサーバの主要パフォーマンスメトリックが表示されます。 

    [Servers] > [Dashboard] には、選択したマシンの主要パフォーマンスメトリックが表示されます。これには、CPU とメモリの上位 10 の消費者が含まれます。

    [Servers] > [Volumes] ウィンドウには、選択したマシンのディスク、パーティション、およびボリュームのパフォーマンスメトリックが表示されます。

    [Servers] > [Network] ウィンドウには、選択したマシンのネットワーク インターフェイスのネットワーク パフォーマンス メトリックが表示されます。

    [Servers] > [Processes] ウィンドウには、プロセスの設定可能なパフォーマンスメトリックのセットが表示されます。

    [Servers] > [Containers] ウィンドウには、アプリケーションが使用するモニタ対象コンテナがリストされます。

    サーバの可視性の UI の使用

    サーバの可視性のユーザインターフェイスでは、コントローラ UI の各種ウィンドウに共通する同じメカニズムの多くが使用されます。次の画像に、これらのメカニズムを示し、簡単に説明します。

    Search Results and Sorting
    コントローラ 4.5.13 以降では、サーバとコンテナのリストページでのデフォルトの動作はページネーションです。情報はオンデマンドで取得され、追加のレコードが取得され、ユーザのスクロール時に表示されます。検索は [name] 列と [host id] 列でのみ使用できます。ソートは、[hostname]、[container]、および [health] フィールドでのみ使用できます。