Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7-next
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    This page describes how to upgrade an existing installation of the Machine Agent. The instructions have been tested and certified to work for Machine Agent versions 4.3 and later.  

    For a new installation, see Install the Standalone Machine Agent

    Note
    title4.3 or later version of Machine Agent Recommended

    AppDynamics recommends using version 4.3 or later, of the Machine Agent for this release. Version 4.1, or earlier, is no longer supported. Although Machine Agents may be compatible with future releases of the Controller, AppDynamics only provides support for Machine Agent versions with the Controller for two years after the release of the Agent.

    Perform the Upgrade

    1. Do the following (as needed) before you update the Agent: 
      1. Review the Release Notes for changes that affect your environment.
      2. Back up the <machine_agent_home> directory to a <machine_agent_home_BACKUP> so you can revert to the previous installation, if required. 
      3. If you are upgrading the Controller as well as the Agents: Upgrade the Controller Using the Enterprise Console, and then return to this procedure.
      4. If you have been collecting Log Analytics data by running the Analytics Agent via the Machine Agent: Do the following.
        1. Preserve the old watermark file so that you can copy it to the new <analytics-agent-home>.
                Machine Agent location: <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/watermark
                Analytics Agent location: <analytics-agent-home>/conf/watermark 
        2. Preserve your pre-existing job files so that you can copy them to the new <analytics-agent-home>.
                 Machine Agent location:  <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/job
                 Analytics Agent location: <analytics-agent-home>/conf/job
    2. Download the installer suitable for your OS environment from the AppDynamics Download Center.
    3. Stop all instances of the Standalone Machine Agent that are currently running from the <machine_agent_home> that you want to upgrade. See Start and Stop the Standalone Machine Agent
    4. Update your Machine Agent installation:
        • RPM-based Linux installation: 
          Update the existing package. For example: 
          sudo rpm -U <package>
        • RPM-based installation on a systemd Linux system (such as CentOS 7, Ubuntu, newer Fedora Core systems, newer OpenSUSE systems, and newer SUSE Enterprise Linux systems). 
          If you don't know if your Linux installation is using systemd, do a clean install to avoid issues. Remove the old package and then install the new one. 
        • For all other scenarios: 
          First, delete the <machine_agent_home> for the old Agent. Make sure you retain the <machine_agent_home_BACKUP> you created in Step 1. 
          Then, install the Machine Agent as described Linux Install Using the RPM Package for your specific installation in Install the Standalone Machine Agent.

          Info

          If you are running the Analytics Agent as an extension to the Machine Agent, failure to clear out the old directory or use a new location may cause your embedded Analytics Agent to fail to start.  

    5. Configure the Agent settings in <machine_agent_home>/conf/controller-info.xml. See Standalone Machine Agent Configuration Properties

      Info

      The RPM-based Linux installer retains the configuration settings for the previous Agent by default. 

      If you used another installer and want to maintain your previous Agent configuration, copy the <machine_agent_home_BACKUP>/conf/controller-info.xml file to the new installation directory.

    6. Before you start the updated Agent, perform the following steps (as required):
      1. If you are updating on Windows: When you install the new Machine Agent in the existing directory, you may see two "InstallService" and "UninstallService" files. Use the .vbs files (VbScript) and delete the .cmd files (Windows Command Script), which are leftover from your previous version.
      2. If the agent install package includes a new JRE: Update any related custom scripts that use the Machine Agent JRE.
      3. Update all users who have the Account Administrator role for the account and add the appropriate SIM roles (SIM admin and SIM user) to other users in the account, as needed.
    7. Start the Agent, verify the Agent installation, and verify that the Agent is reporting to the Controller as described for your specific installation in Install the Standalone Machine Agent.
    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    このトピックでは、マシンエージェントの既存のインストールのアップグレードについて説明します。この手順はテスト済みであり、マシン エージェント バージョン 4.3 以降で有効であることが証明されています。  

    新規インストールについては、「Install the Standalone Machine Agent」を参照してください。 

    Note
    titleバージョン 4.3 以降のマシンエージェントを推奨

    AppDynamics では、このリリースに対してマシンエージェントのバージョン 4.3 以降を使用することを推奨します。バージョン 4.1 以前はサポートされなくなりました。マシンエージェントは、コントローラの今後のリリースと互換性がある場合がありますが、AppDynamics はエージェントのリリース後 2 年間のみ、コントローラでのマシン エージェント バージョンのサポートを提供します。

    アップグレードの実行

    1. エージェントを更新する前に、(必要に応じて)次の手順を実行します。
      1. 環境に影響がある変更について「Release Notes」を確認します。
      2. <machine_agent_home> ディレクトリを <machine_agent_home_BACKUP> にバックアップします。これにより、必要に応じて以前のインストールに戻すことができます。 
      3. エージェントに加えてコントローラもアップグレードする場合、「Upgrade the Controller Using the Enterprise Console」の指示に従い、その後、この手順に戻ります。
      4. マシンエージェントを介して Analytics エージェントを実行することで、ログ分析データを収集している場合は、次の手順を実行します。
        1. 古いウォーターマークファイルを保存して、新しい <analytics-agent-home> にコピーできるようにします。
                マシンエージェントの場所:<machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/watermark
                Analytics エージェントの場所:<analytics-agent-home>/conf/watermark 
        2. 既存のジョブファイルを保存して、新しい <analytics-agent-home> にコピーできるようにします。
                 マシンエージェントの場所:<machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/job
                 Analytics エージェントの場所:<analytics-agent-home>/conf/job
    2. AppDynamics ダウンロードセンター(https://appdynamics.com/download)から、ご使用の OS 環境に適したインストーラをダウンロードします。
    3. <machine_agent_home> から現在実行されている、アップグレード対象のスタンドアロン マシン エージェントのすべてのインスタンスを停止します。Start and Stop the Standalone Machine Agent」を参照してください。 
    4. 次のようにマシンエージェントのインストールを更新します。
        • RPM ベースの Linux インストール:
          既存のパッケージを更新します。次に例を示します。 
                    sudo rpm -U <package>
        • systemd Linux システム(CentOS 7、Ubuntu、新しい Fedora Core システム、新しい OpenSUSE システム、および新しい SUSE Enterprise Linux システム)への RPM ベースのインストール。
          ご使用の Linux インストールで systemd が使用されているかどうか不明の場合、問題を回避するためにクリーンインストールを実行してください。古いパッケージを削除してから、新しいパッケージをインストールしてください。 
        • その他のすべてのシナリオ:
          最初に、古いエージェントの <machine_agent_home> を削除します。ステップ 1 で作成した <machine_agent_home_BACKUP> が保持されていることを確認してください。
          次に、「Install the Standalone Machine Agent」の特定のイントールについて説明された「Linux Install Using the RPM Package」に従いマシンエージェントをインストールします。

          Info

          Analytics エージェントをマシンエージェントの拡張機能として実行する場合、古いディレクトリをクリーンアップしないと、または新しい場所を使用しないと、組み込みの Analytics エージェントが起動できない可能性があります。  

    5. <machine_agent_home>/conf/controller-info.xml. See Standalone Machine Agent Configuration Properties でエージェント設定を構成します。

      Info

      RPM ベースの Linux インストーラは、デフォルトで以前のエージェントの構成設定を保持します。 

      別のインストーラを使用していて、以前のエージェント設定を維持する必要がある場合、新しいインストールディレクトリに <machine_agent_home_BACKUP>/conf/controller-info.xml ファイルをコピーします。

    6. 更新したエージェントを起動する前に、(必要に応じて)次の手順を実行します。
      1. Windows で更新する場合:既存のディレクトリに新しいマシンエージェントをインストールすると、「InstallService」と「UninstallService」の 2 つのファイルが表示されることがあります。.vbs ファイル(VbScript)を使用して、以前のバージョンから残されていた .cmd ファイル(Windows コマンドスクリプト)を削除します。
      2. エージェントのインストールパッケージに新しい JRE が含まれている場合:マシンエージェント JRE を使用する関連のカスタムスクリプトを更新します。
      3. アカウントのアカウント管理者ロールを持つすべてのユーザを更新し、必要に応じて、適切な SIM ロール(SIM 管理者および SIM ユーザ)をアカウントの他のユーザに追加します。
    7. エージェントを起動し、エージェントのインストールを確認し、エージェントがコントローラにレポートすることを確認します(Install the Standalone Machine Agent」の特定のインストールに関する説明に従います)。