Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen

    Without having to enable Server Visibility, you can view basic machine metrics in these locations:

    • Metric Browser – Go to Application Infrastructure PerformanceHardware Resources.
    • Node page > Server tab – Go to Tiers & Nodes, select the node of interest, and go to the Server tab.
    • Custom Dashboards – To add CPU metrics to your Custom Dashboard, add the metrics for any node on your target machine. Metrics collected for a node associated with the machine agent are for the server hosting that node. Any machine metrics collected will be the same for nodes that are on the same machine.

    Server Visibility provides additional metrics and pages to view basic and server metrics. See Monitor Your Servers using Using Server Visibility.

    Hardware Resources Metrics describes metrics collected by the Machine Agent.

    Customize Default Metrics

    You can enable collection of metrics for virtual disks and external network traffic.

    Add Custom Metrics

    You can add script-based and Java-based custom monitoring extensions to collect additional metrics. For example, the ehCache monitoring extension available from AppDynamics Exchange can collect metrics to monitor Ehcache performance. The metrics appear in Application Infrastructure Performance | Custom Metrics section of the Metric Browser and which you can use on custom dashboards.

    You can also send metrics to the Machine Agent using the HTTP listener 

    See Extensions and Custom Metrics.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    次の場所で基本的なマシンメトリックを表示できます。これらでは、サーバの可視性を有効にする必要はありません。

    • メトリックブラウザ:[Application Infrastructure Performance] > [Hardware Resources] に移動します。
    • [Node] ページ > [Server] タブ:[Tiers & Nodes] に移動し、対象のノードを選択し、[Server] タブに移動します。
    • カスタムダッシュボード:カスタムダッシュボードに CPU メトリックを追加するには、ターゲットマシン上の任意のノードのメトリックを追加します。マシンエージェントに関連付けられているノードについて収集されるメトリックは、そのノードをホストしているサーバ用です。収集されるマシンメトリックは、同じマシン上にあるノードでも同じです。

    サーバの可視性は、追加のメトリックと、基本メトリックとサーバメトリックを表示するためのページを提供します。「Monitor Your Servers using Using Server Visibility」を参照してください。

    Hardware Resources Metrics で、マシンエージェントによって収集されるメトリックについて説明しています。

    デフォルトメトリックのカスタマイズ

    仮想ディスクと外部ネットワークトラフィックのメトリックの収集を有効にします。

    カスタムメトリックの追加

    追加のメトリックを収集するために、スクリプトベースおよび Java ベースのカスタムモニタリング拡張機能を追加できます。たとえば、AppDynamics Exchange から使用できる ehCache モニタリング拡張機能で、Ehcache のパフォーマンスをモニタするためのメトリックを収集できます。メトリックは、メトリックブラウザの [Application Infrastructure Performance | Custom Metrics] セクションに表示され、カスタムダッシュボードで使用できます。

    HTTP リスナーを使用してマシンエージェントにメトリックを送信することもできます。  

    カスタムメトリックの追加について詳しくは、「Extensions and Custom Metrics」を参照してください。