Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Using the

    Appd machine agent name
    , you can supplement the existing metrics in the AppDynamics Controller UI with your own custom metrics. There are many extensions currently available on the AppSphere Community site. Some are created by AppDynamics and some have been created by users.

    Similar to built-in metrics, your custom metrics are subject to the following AppDynamics features:  

    • Automatic baselines and anomaly detection 
    • Availability to display on custom dashboards

    • Availability to use in policies
    • Visibility of all metrics in the Metric Browser and on the Infrastructure tab (where you can display external metrics and AppDynamics metrics on the same graph)

    Add New Custom Metrics

    To create custom metrics, you create a monitoring extension. In your extension, you define the name and path of your metric (where it appears in the metric browser tree), what type of metric it is (sum, average, and so on), and how the data for the metric should be rolled up as it ages. One Agent can run many extensions, although you may need to increase the amount of memory for the JVM Agent. You can have multiple copies of the same extension if they are in different directories.

    A custom metric can be common across nodes or associated with a specific tier. When you create a metric, you specify the path in which it will appear in the metric tree. To create a common custom metric, use the root tree path Custom Metrics in your metric declaration. To create a tier-specific metric, specify the metric path associated with that component.   

    Info

    If your application uses a large number of AppDynamics extensions with the Standalone Machine Agent, you may need to increase the size of the memory allocation:

    Code Block
    titleFor Linux and Unix-like Systems
    % <machine_agent_home>/bin/machine-agent -Xms64m
    Code Block
    titleFor Windows
    > <machine_agent_home>\bin\machine-agent.cmd -Xms64m

    Monitoring Extension Types

    You can implement custom metrics using these mechanisms:  

    • Using a script:
      You can write a shell script (Linux and Unix-like systems) or batch file (Windows) to report custom metrics every minute to the Standalone Machine Agent. The Standalone Machine Agent passes these metrics on to the Controller. 
      See Build a Monitoring Extension Using Scripts
    • Using Java:
      Your custom metrics may be too complicated to collect using a script. For example, you may need to perform complex calculations or call a third-party API to retrieve the metrics. In this case, you can extend the JavaServersMonitor class to collect the metrics and report them to the Standalone Machine Agent. Your Java program extends the JavaServersMonitor class to provide your custom functionality. 
      See Build a Monitoring Extension Using Java
    • Using HTTP:
      If you enable the Agent HTTP listener, you can post HTTP requests to the Standalone Machine Agent to send it custom metrics every minute. To do this, start the Standalone Machine Agent with a Jetty HTTP listener. 
      See Standalone Machine Agent HTTP Listener
     


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

     

    以下の使用:

    Appd machine agent name
    により、独自のカスタムメトリックを使用して AppDynamics コントローラ UI の既存のメトリックを補うことができます。現在、多くの拡張機能を AppSphere コミュニティサイトで入手できます。AppDynamics が作成したものと、ユーザが作成したものがあります。

    組み込みメトリックと同様に、カスタムメトリックは次の AppDynamics 機能で使用できます。

    • 自動ベースラインと異常検知
    • カスタムダッシュボードへの表示機能

    • ポリシーでの使用機能
    • メトリックブラウザおよび [Infrastructure] タブでのすべてのメトリックの表示。同じグラフに AppDynamics メトリックとともに外部メトリックを表示できます。

    新しいカスタムメトリックの追加

    カスタムメトリックを作成するには、モニタリング拡張機能を作成します。拡張機能では、メトリックの名前とパス(メトリックブラウザのツリーでの表示場所)、メトリックのタイプ(合計、平均など)、およびメトリックのデータが古くなった場合のロールアップ方法を定義します。1 つのエージェントで多くの拡張機能を実行できますが、そのようにする場合、エージェント JVM のメモリの量を増やす必要がある場合があります。同じ拡張機能の複数のコピーを使用することもできます(それらの機能が異なるディレクトリにある場合)。

    カスタムメトリックは、ノード間で共通にすることも、特定の階層に関連付けることもできます。メトリックを作成するときに、パスを指定します。メトリックは、メトリックツリー内のこのパスの場所に表示されます。共通のカスタムメトリックを作成するには、メトリック宣言でルートツリーパスのカスタムメトリックを使用します。階層固有のメトリックを作成するには、そのコンポーネントに関連付けられているメトリックパスを指定します。詳細については、以下にリストされている、Java またはスクリプトベースのカスタムメトリックの作成に関するトピックを参照してください。   

    Info

    アプリケーションがスタンドアロン マシン エージェントで多数の AppDynamics 拡張機能を使用している場合は、次のようにメモリ割り当てのサイズを増やす必要がある場合があります。

    Code Block
    titleFor Linux and Unix-like systems
    % <machine_agent_home>/bin/machine-agent -Xms64m
    Code Block
    titleFor Windows
    > <machine_agent_home>\bin\machine-agent.cmd -Xms64m

    モニタリング拡張のタイプ

    次のメカニズムを使用して、カスタムメトリックを実装できます。  

    • スクリプトを使用:
      1 分ごとにスタンドアロン マシン エージェントにカスタムメトリックをレポートするためのシェルスクリプト(Linux および Unix ライクなシステム)またはバッチファイル(Windows)を作成できます。スタンドアロン マシン エージェントは、これらのメトリックをコントローラに渡します。
      詳細については、「Build a Monitoring Extension Using Scripts」を参照してください。 
    • Java を使用:
      カスタムメトリックは、複雑になりすぎて、スクリプトを使用して収集できない場合があります。たとえば、メトリックを取得するために、複雑な計算を実行するか、サードパーティの API を呼び出す必要がある場合があります。この場合、JavaServersMonitor クラスを拡張してメトリックを収集し、それらをスタンドアロン マシン エージェントにレポートできます。Java プログラムで JavaServersMonitor クラスを拡張してカスタム機能を提供します。
      Build a Monitoring Extension Using Java」を参照してください。
    • HTTP を使用:
      エージェントの HTTP リスナーを有効にすると、HTTP 要求をスタンドアロン マシン エージェントにポストして、そのエージェントにカスタムメトリックを 1 分ごとに送信できます。これは、Jetty HTTP リスナーを含むスタンドアロン マシン エージェントを起動することによって実行されます。
      HTTP リスナーの起動とそのリスナーへのメトリックの送信について詳しくは、「Standalone Machine Agent HTTP Listener」を参照してください。