Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    This topic describes updating the Analytics Agent standalone binary and includes some steps that are relevant only if you are collecting Log Analytics data.

    If you are running the Analytics Agent through the Standalone Machine Agent, See Upgrade the Standalone Machine Agent for instructions. Note: you should maintain a copy of the controller.xml file in addition to the analytics-agent.properties, job folder, and watermark folder. 

    Info
    Preserving the watermark file and the job files is only necessary when you are collecting log data for analytics. The watermark file preserves information about the number of bytes read from the log sources by the Analytics Agent and is relevant only when Log Analytics is enabled. Job files contain the configuration for pre-4.3 log sources. 

    File Locations

    After unzipping the Analytics Agent standalone binary, the file locations are:

    • property file: <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties
    • job files: <analytics-agent-home>/conf/job
    • watermark file: <analytics-agent-home>/conf/watermark

    Running Analytics Agent via the Standalone Machine Agent, the file locations are:

    • properties file: <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/analytics-agent.properties
    • job file: <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/job
    • watermark file: <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/watermark 

    Upgrade Procedure for Analytics Agent (Standalone Binary)

    Use these steps to upgrade your Analytics Agent (standalone binary) to 4.5. 

    1. Stop the Analytics Agent.
    2. Download the 4.5 Analytics Agent binary from the download site.
    3. Extract the new zip. Be sure to extract into a new empty directory or confirm that the old directories are empty before extracting the new version. Otherwise, you may encounter errors starting the Analytics Agent.
    4. (Windows only) If the Analytics Agent is installed as a Windows Service, you need to manually uninstall the old service before installing the 4.5 version.
    5. Save a copy of your old analytics-agent.properties so you can copy values to the new analytics-agent.properties file. 
    6. Modify the new analytics-agent.properties file with in accordance with the steps here: Installing Agent-Side Components, referring to your previous properties as needed.
    7. If you have been collecting log analytics data:
      1. Copy the old watermark file to the corresponding location in the new <analytics-agent-home> directory structure.
      2. Copy your pre-existing job files to the corresponding location in the new <analytics-agent-home> directory structure.
    8. Start the new Analytics Agent.
      You can observe that the agent starts the enabled job file, and starts tailing the logs from the last read position in the watermark file. Usually, a log message is displayed stating the start of the tailing from last read location. It matches with the watermark file. If at time printing log message gets out of sync, it can be manually validated through the UI that all logs have been tailed, and no duplicate logs have been tailed.

    To move from job files to the new Consolidated Log Management source rules, see Migrate Log Analytics Job Files to Source Rules.

    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages

    このトピックでは、Analytics エージェントのスタンドアロンバイナリの更新について説明します。ログ分析データを収集する場合にのみ関連するいくつかの手順が含まれています。

    スタンドアロン マシン エージェントを介して Analytics エージェントを実行している場合は、「Upgrade the Standalone Machine Agent」の手順を参照してください。注:analytics-agent.properties、ジョブフォルダ、およびウォーターマークフォルダに加えて、controller.xml ファイルのコピーも保持する必要があります。 

    Info
    分析用のログデータを収集する場合にのみ、ウォーターマークファイルとジョブファイルを保持する必要があります。ウォーターマークファイルには、Analytics エージェントがログソースから読み取ったバイト数に関する情報が保存されます。このファイルは、ログ分析が有効な場合にのみ関連します。ジョブファイルには、4.3 より前のログソースの設定が含まれます。 

    ファイルの場所

    Analytics エージェントのスタンドアロンバイナリを解凍した後、ファイルの場所は次のようになります。

    • プロパティファイル:<analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties
    • ジョブファイル:<analytics-agent-home>/conf/job
    • ウォーターマークファイル:<analytics-agent-home>/conf/watermark

    スタンドアロン マシン エージェントを介した Analytics エージェントの実行では、ファイルの場所は次のようになります。

    • プロパティファイル:<machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/analytics-agent.properties
    • ジョブファイル:<machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/job
    • ウォーターマークファイル:<machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/watermark

    Analytics エージェント(スタンドアロンバイナリ)のアップグレード手順

    Analytics エージェント(スタンドアロンバイナリ)を 4.5 にアップグレードするには、次の手順を使用します。 

    1. Analytics エージェントを停止します。
    2. ダウンロードサイトから 4.5 Analytics エージェントバイナリをダウンロードします。
    3. 新しい zip を解凍します。新しい空のディレクトリに解凍するか、または新しいバージョンを解凍する前に古いディレクトリがであることを確認します。このようにしないと、Analytics エージェントの起動中にエラーが発生することがあります。
    4. (Windows のみ)Analytics エージェントが Windows サービスとしてインストールされている場合は、4.5 バージョンをインストールする前に、古いサービスを手動でアンインストールする必要があります。
    5. 古い analytics-agent.properties のコピーを保存します。これにより、新しい analytics-agent.properties ファイルに値をコピーできます。 
    6. 必要に応じて前のプロパティを参照して、「Installing Agent-Side Components」の手順に従い新しい analytics-agent.properties ファイルを変更します。
    7. ログ分析データを収集している場合は、次のようにします。
      1. 古いウォーターマークファイルを、新しい <analytics-agent-home> ディレクトリ構造内の対応する場所にコピーします。
      2. 既存のジョブファイルを、新しい <analytics-agent-home> ディレクトリ構造内の対応する場所にコピーします。
    8. 新しい Analytics エージェントを起動します。
      エージェントが有効なジョブファイルを開始し、ウォーターマークファイルの最後の読み取り位置からログの tail 処理を開始することを確認できます。通常は、最後の読み取り位置から tail 処理を開始したことを示すログメッセージが表示されます。これは、ウォーターマークファイルと一致します。出力時にログメッセージが同期していない場合は、すべてのログが tail 処理され、重複するログが tail 処理されなかったことを、UI を通じて手動で確認できます。

    ジョブファイルから新しい統合ログ管理ソースルールに移行するには、「Migrate Log Analytics Job Files to Source Rules」を参照してください。