Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    In all AppDynamics Application Analytics deployment scenarios, you must enable the Analytics Agent-side components. The Analytics Agents are distributed as operating system-based or standalone bundles which you can download from the AppDynamics Releases page. This section describes different scenarios of setting up each component of Application Analytics to collect business transaction data. 

    Prepare to Enable the Agents

    Review the deployment options and the agent-side component architecture in Deploy Analytics Without the Analytics Agent to confirm which components you need to install.

    Analytics Agent

    The Analytics Agent collects data from AppDynamics App Agent (app server agent) and log files, and sends it to the Events Service. The Analytics Agent is not enabled by default. To use the Analytics Agent, you need to download the desired bundle and enable it using a method of your choice as described in this topic. To use Application Analytics, you must:

    1. Obtain a separate Application Analytics license. 
      See Application Analytics Licenses for more information.
    2. Enable the Analytics Agent.
    3. Point to the Event Service.
      See Revise the Analytics Agent Properties File for information on agent-specific configuration.
      See Event Service Deployment for more information on Event Service.
    4. Enable Analytics on the Controller.

    AppDynamics App Agent

    In all environments, to collect transaction data from an application, you must have a supported app server agent deployed. If you already use AppDynamics APM, agents might already be installed in your environment. To access the Analytics functionality, the app server agent must be version 4.0 or later. The Analytics Agent requires JRE 1.8 or later. 

    For detailed information for installing the app server agents, see the following topics: 

    Install Analytics Agent on Windows

    As described in Deploy Analytics Without the Analytics Agent, the Analytics Agent can run on the same host or on a different host from the app server agent, depending on your use case. The AppDynamics Releases page provides the following distribution archives:

    • Standalone Analytics Agent (no JRE)
    • Analytics Agent with JRE 1.8 for both 32-bit and 64-bit Windows machines.

    Enable Analytics Agent for a Local App Server Agent

    This section assumes that you are installing the Analytics Agent on the same host as your app server agent. In this deployment, the Analytics Agent reads and transmits log data from log files from the local machine. The app server agent transmits data from the monitored application to the Analytics Agent. 

    You install the Analytics Agent using the .exe file, analytics-agent.exe, found in the <analytics-agent-home>/bin directory. The Analytics Agent is written in Java, so you run it in a JVM. On Windows machines, the Analytics Agent runs as a Windows service.

    Anchor
    netconfig
    netconfig
    Installing the Analytics Agent

    1. Unzip the Analytics Agent distribution archive to the installation directory on each target host.  
      When you unzip this archive, you get three directories:
      • bin: contains the binary file for Windows(.exe) 
      • lib: contains all the jar files that need to be in the class path
      • conf: contains all the configuration files, such as the properties and vmoptions files
    2. Configure the Analytics Agent by modifying the analytics-agent.properties file:

      No Format
      <analytics-agent-home>\conf\analytics-agent.properties

      For more information on configuration instructions, see Revise the Analytics Agent Properties File.

    3. If you are collecting log information on this host, you need to:

    4. Save and close the file.

    5. Run the following command to install the Analytics Agent as a service.

      No Format
      bin\analytics-agent.exe service-install

      Now your analytics-agent can be managed like any other Windows service. 

    6. Start the service using the method of your choice as described in Starting and Stopping the Analytics Agent.

    Anchor
    revise-properties
    revise-properties
    Revise the Analytics Agent Properties File

    The Analytics Agent properties file determine how your Analytics Agent communicate with other components, what type of data it gathers from the monitored application, and how the components of the Application Analytics deployment and the Controller authenticate to each other. You modify the default configuration and set desired values for the agent properties by using the Analytics Agent properties file. Note the differences in the location of this file depending on your exact deployment scenario. 

    1. Open the <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties file using a text editor. 

    2. Change the default URL and, if necessary, the port number for the connection to the Events Service by modifying the http.event.endpoint value. For example: 

      No Format
      http.event.endpoint=http://<events_service_host:events_service_port>

      For SaaS-based installations, the host and port combination is one of the following:

      • https://analytics.api.appdynamics.com:443 (North America) 

      • https://fra-ana-api.saas.appdynamics.com:443 (Europe)

      • https://syd-ana-api.saas.appdynamics.com/:443 (APAC)

        If your firewall rules use IP addresses, review the "Firewall Considerations" section in the Troubleshooting Analytics Issues topic. 

        For on-premises installations use whatever host and port you have configured. In clustered environments, this is often a load balancer. 

    3. Change the default URL and the port number to point to the Controller by modifying the ad.controller.url property. For example:

      No Format
      ad.controller.url=<controller_host_name>:<http-listener-port>

      This is the URL and the port number you use to access the Appdynamics browser-based user interface. 

    4. Note down the Global Account Name and Access Key values found on the View License UI of the Controller.

    5. Configure the account and account key for which the agent should publish the business transaction data. Use the Global Account Name and Access Key values you have collected earlier. For example: 

      No Format
      # The global_account_name in the Controller for this analytics data, similar to the following:
      http.event.accountName=<customer1_74678b04-8a71-40ef-acaf-xxxxxxxxxxxx>
      # Replace this value with the access key of the account name configured above.
      http.event.accessKey=<3d58aba2-xxx-xxx>

      The http.event.accountName property specifies the Global Account Name of the account. The http.event.accessKey property specifies the Access Key, which provides an authentication mechanism between the Controller and the components of the Application Analytics deployment. The Controller installation process generates the Access Key value.
      For SAAS-based installations, set the http.event.name property to Name of the account. The default value is customer1. If the property is not configured correctly, the Analytics Agent will not be able to authenticate. The resulting errors are stored in the analytics-agent.log file. 

    6. Change these properties, which are needed to run the Analytics Agent as a Windows service:

      • ad.dw.log.path=<analytics-agent-home>\\logs

      • conf.dir=<analytics-agent-home>\\conf

      • ad.jvm.options.name=analytics-agent.vmoptions

      • ad.jvm.heap.min=512m

      • ad.jvm.heap.max=1g

        The Analytics agent on Windows requires double backslash for paths, for example:

        No Format
        conf.dir=C:\\AppD\\analytics-agent\\conf
        ad.dw.log.path=C:\\AppD\\analytics-agent\\logs
    7. If you are collecting log information on this host, you need to:

    Anchor
    netStartStop
    netStartStop
    Starting and Stopping the Analytics Agent

    You can use the native Windows services menu to start and stop the service or you can do it directly from the command line using the following commands.

    1. Start the agent service:

      No Format
      bin\analytics-agent.exe service-start
    2. Stop the agent service:

      No Format
      bin\analytics-agent.exe service-stop

    Anchor
    uninstall-windows
    uninstall-windows
    Uninstalling Analytics Agent

    At the command line, run the .exe file with the uninstall command as follows: 

    No Format
    bin\analytics-agent.exe service-uninstall

    Enable the App Server Agent for a Remote Analytics Agent

    The default settings of the app server agent typically assume that the Analytics Agent is on the same host and uses the default port. If your Analytics Agent is on a host separate from the app server agent, as shown in the diagram below, or you have changed the default port, you need to specify the new host and port values for the app server agent. 


    On Windows, you specify the location of the remote Analytics Agent with an environment variable named appdynamics.analytics.agent.url as follows:

    1.  On your Windows machine, go to System Properties > Advanced system settings > Environment Variables.

    2. Under System variables, click New.
      Although you can also use a User environment variable, the user under which the environment variable is set must have the same permissions as the user under which all the instrumented apps are running.  To avoid issues with this, we recommend using a System environment variable approach.
    3. Set the value for the appdynamics.analytics.agent.url Sytem Variable to http://<analytics-agent-ip>:9090/v2/sinks/bt. 
      Replace <analytics-agent-ip> with the hostname of the Analytics Agent for your environment. 
    4. Restart the applicable application or process where you want the new environment variables to take effect. 
      For w3wp in Windows, restart IIS by running iisreset after the changes are made to the environment variables. 
      While it is not required that you restart your machine, the parent process that is invoking the monitored process must be restarted. 

    Install Analytics Agent on Linux

    As described in Deploy Analytics Without the Analytics Agent, the Analytics Agent can run on the same host or on a different host from the app server agent, depending on your use case. The AppDynamics Releases page provides the following distribution archives.

    • Standalone Analytics Agent (no JRE)
    • Machine Agent Bundle - 64-bit osx (zip)
    • Machine Agent Bundle - for both 32-bit and 64-bit Linux machines (rpm)
    • Machine Agent Bundle - for both 32-bit and 64-bit Linux machines (zip)
    • Machine Agent Bundle - for 64-bit solaris (zip) 
    • Machine Agent Bundle - for 64-bit solaris-sparcv9 (zip)
    • Machine Agent Bundle - for 64-bit solaris-x64 (zip)

    Anchor
    enable-analytics-agent
    enable-analytics-agent

    Enable Analytics Agent as an Extension to Standalone Machine Agent

    If the Machine Agent and app server agent are running on the same machine, installing a Standalone Analytics Agent is not necessary. In environments with the Standalone Machine Agent already running, you enable and run the Analytics Agent as an extension. This section describes how to configure the Analytics Agent as an extension to the Standalone Machine Agent and run as a machine agent monitor

    1. Confirm that JRE 8 or higher is installed on the host running the Standalone Machine Agent.
      Analytics Agent cannot be enabled if the required version of JRE is not available on the host.

    2. On the host running the Standalone Machine Agent, open <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/monitor.xml using a text editor.

    3. Set the enabled tag to true as follows and save the file when you are finished.

      No Format
      <monitor>
          <name>AppDynamics Analytics Agent</name>
          <type>managed</type>
          <!-- Enabling this requires JRE 8 or higher  -->
          <enabled>true</enabled>
      ...
    4. Open the following file to configure connectivity from the Analytics Agent to the Events Service.

      No Format
      <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/analytics-agent.properties
    5. In the analytics-agent.properties file, do the following: 

      • Change the default URL and, if necessary, the port number for connecting to the Events Service by modifying the http.event.endpoint value. For example:  

        No Format
        http.event.endpoint=http://<events_service_host:events_service_port>

        For SaaS-based installations, the host and port are:

        • https://analytics.api.appdynamics.com:443 (North America)

        • https://fra-ana-api.saas.appdynamics.com:443 (Europe)

        • https://syd-ana-api.saas.appdynamics.com:443 (APAC)

          If your firewall rules use IP addresses, review firewall considerations in Troubleshooting Analytics Issues.

          For on-premises installations use whatever host and port you have configured. In clustered environments, this is often a load balancer. 

      • Change the default URL and the port number to point to the Controller by modifying the ad.controller.url property. For example:

        No Format
        ad.controller.url=http://<application_server_host_name>:<http-listener-port>

        This is the URL and the port number you use to access the Appdynamics browser-based user interface. 

    6. Note down the Global Account Name and Access Key values found on the View License UI of the Controller.

    7. Configure the account and account key for which the agent should publish the business transaction data. Use the Global Account Name and Access Key values you have collected earlier. For example: 

      No Format
      # The global_account_name in the Controller for this analytics data, similar to the following:
      http.event.accountName=<customer1_74678b04-8a71-40ef-acaf-xxxxxxxxxxxx>
      # Replace this value with the access key of the account name configured above.
      http.event.accessKey=<3d58aba2-xxx-xxx>

      The http.event.accountName property specifies the Global Account Name of the account. The http.event.accessKey property specifies the Access Key, which provides an authentication mechanism between the Controller and the components of the Application Analytics deployment. The Controller installation process generates the Access Key value.
      For SAAS-based installations, set the http.event.name property to Name of the account. The default value is customer1. If the property is not configured correctly, the Analytics Agent will not be able to authenticate. The resulting errors are stored in the analytics-agent.log file. 

    8. If you are collecting log information on this host, you need to:

    9. Save and close the file.  

    10. If the machine-agent is already running at this point, restart it to pick up the changes in the configuration.

    Info

    To connect to the Events Service through a proxy server, see Connect the Agent to the Events Service through a Proxy.

    Enable Standalone Analytics Agent

    In this deployment, the Analytics Agent and app server agent are running on the same machine. Analytics Agent reads and transmits log data from log files on the host machine. The app server agent transmits data from the monitored application to the Analytics Agent.

    For environments that don't have a Machine Agent installed, install the Analytics Agent as a separate binary, analytics-agent.sh:

    1. Unzip the Analytics Agent distribution archive to the installation directory on each target host.  
      When you unzip this archive, you get three directories:
      • bin: contains the binary file for Linux, Solaris, and OSX
      • lib: contains all the jar files that need to be in the classpath
      • conf: contains all the configuration files, such as the properties and vmoptions files
    2. Open the following file to configure connectivity from the Analytics Agent to the Events Service.

       

      No Format
      <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties
    3. In the analytics-agent.properties file, do the following: 

      • Change the default URL and, if necessary, the port number for connecting to the Events Service by modifying the http.event.endpoint value. For example:  

        No Format
        http.event.endpoint=http://<events_service_host:events_service_port>

        For SaaS-based installations, the host and port are:

        • https://analytics.api.appdynamics.com:443 (North America)

        • https://fra-ana-api.saas.appdynamics.com:443 (Europe)

        • https://syd-ana-api.saas.appdynamics.com:443 (APAC)

          If your firewall rules use IP addresses, review firewall considerations in Troubleshooting Analytics Issues.

          For on-premises installations use whatever host and port you have configured. In clustered environments, this is often a load balancer. 

      • Change the default URL and the port number to point to the Controller by modifiying the ad.controller.url property. For example:

        No Format
        ad.controller.url=http://<application_server_host_name>:<http-listener-port>

        This is the URL and the port number you use to access the Appdynamics browser-based user interface. 

    4. Note down the Global Account Name and Access Key values found on the View License UI of the Controller.

    5. Configure the account and account key for which the agent should publish the business transaction data. Use the Global Account Name and Access Key values you have collected earlier. For example: 

      No Format
      # The global_account_name in the Controller for this analytics data, similar to the following:
      http.event.accountName=<customer1_74678b04-8a71-40ef-acaf-xxxxxxxxxxxx>
      # Replace this value with the access key of the account name configured above.
      http.event.accessKey=<3d58aba2-xxx-xxx>

      The http.event.accountName property specifies the Global Account Name of the account. The http.event.accessKey property specifies the Access Key, which provides an authentication mechanism between the Controller and the components of the Application Analytics deployment. The Controller installation process generates the Access Key value.
      For SAAS-based installations, set the http.event.name property to Name of the account. The default value is customer1. If the property is not configured correctly, the Analytics Agent will not be able to authenticate. The resulting errors are stored in the analytics-agent.log file. 

    6. If you are collecting log information on this host, you need to:

    7. Save and close the file.  

    8. Install the Analytics Agent by running the following command.

      No Format
      bin\analytics-agent.sh start

    Anchor
    netWithMachineAgent
    netWithMachineAgent
    Configure the App Server Agent for a Remote Analytics Agent

    The default settings of the app server agent typically assume that the Analytics Agent is on the same host and uses the default port. If your Analytics Agent is on a host separate from the app server agent, as shown in the diagram below, or you have changed the default port, you need to specify the new host and port values for the app server agent. 


    Specify the location of the remote Analytics Agent with a -D parameter. The argument is passed to the monitored application as follows:

    No Format
    -Dappdynamics.analytics.agent.url=http://<analytics-agent-ip>:9090/v2/sinks/bt

    Replace <analytics-agent-ip> with the hostname of the Analytics Agent for your environment.  

    Run the Analytics Agent From a Read-Only Filesystem

    In this deployment, the Analytics Agent is installed and run from a read-only filesystem. To do so, you need to direct the Analytics Agent to write its log files to a writeable partition.


    Create a directory for the Analytics Agent in a writeable file system and create symlinks to the contents of the analytics agent in the read-only file system, with the end result that you have a writeable top-level directory for the Analytics Agent and a writeable logs directory under that top-level directory. 

     To run analytics-agent from a separate writable directory using artifacts from a read-only directory:

    1. Provide necessary permissions to the read-only Analytics Agent directory.

      No Format
      # analytics-agent-readonly refers to the read-only analytics agent.
      chmod -R 555 /tmp/analytics-agent-readonly/
    2. Create a directory for the Analytics Agent in a writeable file system. 

      No Format
      mkdir /tmp/analytics-agent-writable
      chmod 755 analytics-agent-writable/
      cd /tmp/analytics-agent-writable
    3. Create symlinks to the contents of the Analytics Agent in the read-only file system.

      No Format
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/bin/ bin
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/lib/ lib
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/monitor.xml monitor.xml
    4. Create a writeable conf directory under that top-level directory.

      No Format
      cd /tmp/analytics-agent-writable
      mkdir conf
      chmod 755 conf/
      cd conf
    5. Create symlinks to the contents of the conf directory. 

      No Format
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/conf/analytics-agent.* .
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/conf/job/ job
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/conf/grok/ grok
      
      cd /tmp/analytics-agent-writable
    6. Create logs directory under analytics-agent-writable directory
    7. Run the Analytics Agent from the writable directory.

      No Format
      cd /tmp/analytics-agent-writable
      nohup bin/analytics-agent.sh start &

    The resulting directories look similar to:

    No Format
    /tmp/
    dr-xr-xr-x  6 ec2-user ec2-user 4096 Jul 17 20:45 analytics-agent-readonly
    drwxr-xr-x  4 ec2-user ec2-user 4096 Jul 26 20:17 analytics-agent-writable
    
     /tmp/analytics-agent-writable/
    total 24
    drwxr-xr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 .
    drwxrwxr-x  . . .  4096 Jul 27 19:37 ..
    lrwxrwxrwx 1 . . .   50 Jul 27 19:38 bin -> /tmp/analytics-agent-readonly/bin/
    drwxr-xr-x . . .  4096 Jul 27 19:41 conf
    lrwxrwxrwx . . .  50 Jul 27 19:38 lib -> /tmp/analytics-agent-readonly/lib/
    drwxrwxr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 logs
    lrwxrwxrwx . . .   57 Jul 27 19:38 monitor.xml -> /tmp/analytics-agent-readonly/monitor.xml
    
    
    conf/
    total 20
    drwxr-xr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 .
    drwxr-xr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 ..
    lrwxrwxrwx . . .   77 Jul 27 19:39 analytics-agent.properties -> /tmp/analytics-agent-readonly/conf/analytics-agent.properties
    lrwxrwxrwx . . .   76 Jul 27 19:39 analytics-agent.vmoptions -> /tmp/analytics-agent-readonly/conf/analytics-agent.vmoptions
    lrwxrwxrwx . . .  56 Jul 27 19:40 grok -> /tmp/analytics-agent-readonly/conf/grok/
    lrwxrwxrwx . . .  55 Jul 27 19:39 job -> /tmp/analytics-agent-readonly/conf/job/
    drwxrwxr-x . . . 4096 Jul 27 21:32 watermark

    Tune Analytics Agent

    This section describes the post-installation configuration of the Analytics Agent. You learn to configure Analytics Agent to connect to an Event Service using a proxy server, to collect log files using Consolidated Log Management (CLM), to set resource usage limit, and to change Java Virtual Machine (JVM) options.

    Anchor
    proxy
    proxy
    Connect to the Events Service through a Proxy

    If the Analytics Agent needs to connect to the Events Service through a proxy server, do the following: 

    1. Open <analytics-agent-home>\conf\analytics-agent.properties with a text editor.
    2. Add this information:

      No Format
      # optional proxy properties
      http.event.proxyHost=<your proxy host>
      http.event.proxyPort=<your proxy port>
      http.event.proxyUsername=<your proxy username, if authentication is required>
      http.event.proxyPassword=<your proxy password, if authentication is required>
    3. Save and close the file.

    Anchor
    log-properties
    log-properties
    Configure Analytics Agent for Consolidated Log Management

    If you want your Analytics Agent to work with CLM you need to configure a few properties in the Analytics Agent properties file. You provide the Controller URL, customer name, and name of your Analytics Agent in the analytics-agent.properties file. The customer name is found on the View License UI of the Controller. If you are using CLM to configure your log files with source rules, you need to provide these properties with the correct values.

    The default values are the following:

    No Format
    # Format should be http://<host>:<port>
    ad.controller.url=http://localhost:8090
    
    # The customer name field from the appdynamics license page.
    http.event.name=customer1
    
    # This is the friendly agent name that will show up in the controller when the agent registers and syncs configuration.
    ad.agent.name=analytics-agent1

    Changing Java Virtual Machine Options (Standalone Analytics Agent Only)

    Info

    You do not need to modify JVM options if you bundle the Analytics Agent with the Machine Agent.


    If you need to change any JVM start-up options, modify <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.vmoptions by using a text editor. Be aware that the vmoptions file name is read from the ad.jvm.options.name=analytics-agent.vmoptions properties file. So, if you change the vmoptions file name you need to change the ad.jvm.options.name property as well. 

    (Windows only) If the Analytics Agent Windows service is installed and you need to change the properties file or the vmoptions file, you need to uninstall the service and reinstall it for the changes to take effect.

    Anchor
    job_limit
    job_limit
    Configure Resource Usage Limit

    To limit resource usage, you can enable the default limit on the number of job for a single analytics agent. This limit can be overridden but is not recommended without a thorough understanding of the potential impact on resource usages, such as CPU usage, disk, and network I/O. The property is ad.max.runnable.sources and is found in the <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties file. By default ad.max.runnable.sources is set to 20.  

    Verify Analytics Agent Status

    To verify that the Analytics Agent has started, you can look for the following entry in the App Agent log file: "Started [Analytics] collector"

    Info

    If you need to connect to the Events Service through a proxy server, see Connect the Agent to the Events Service through a Proxy.


    Troubleshooting Tips

    • Make sure that the properties in analytics-agent.properties are properly set. Also, see Enabled Job Files Limit.
    • JRE version is >= 1.7 and JAVA_HOME variable is set in the environment.
    • All the properties in analytics-agent/conf/analytics-agent.vmoptions are compatible with the JRE.


    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    AppDynamics Application Analytics のすべてのデプロイシナリオで、Analytics エージェント側のコンポーネントを有効にする必要があります。Analytics エージェントは、オペレーティング システム ベースのバンドルまたはスタンドアロンのバンドルとして配布され、「AppDynamics リリース」ページからダウンロードできます。ここでは、Application Analytics の各コンポーネントを設定して、ビジネス トランザクション データを収集するさまざまなシナリオについて説明します。 

    エージェントを有効にするための準備

    Analytics Deployment Options」でデプロイオプションとエージェント側コンポーネントのアーキテクチャを確認して、インストールする必要があるコンポーネントを確認します。

    Analytics エージェント

    Analytics エージェントは、AppDynamics アプリケーション エージェント(アプリケーション サーバ エージェント)とログファイルからデータを収集し、そのデータをイベントサービスに送信します。Analytics エージェントは、デフォルトでは有効になっていません。Analytics エージェントを使用するには、このトピックの説明に従い、選択した方法を使用して、目的のバンドルをダウンロードして有効にする必要があります。Application Analytics を使用するには、次のことを行う必要があります。

    1. 個別の Application Analytics ライセンスを取得する。
      詳細については、「Application Analytics Licenses」を参照してください。
    2. Analytics エージェントを有効にする。
    3. イベントサービスをポイントする。
      エージェント固有の設定について詳しくは、「Analytics エージェントのプロパティファイルの変更」を参照してください。
      イベントサービスについて詳しくは、「イベントサービスのデプロイ」を参照してください。
    4. コントローラで分析を有効にする。

    AppDynamics アプリケーション エージェント

    すべての環境で、アプリケーションからトランザクションデータを収集するには、サポートされているアプリケーション サーバ エージェントをデプロイする必要があります。すでに AppDynamics APM を使用している場合は、エージェントが環境にすでにインストールされている可能性があります。分析機能にアクセスするには、アプリケーション サーバ エージェントがバージョン 4.0 以降である必要があります。アプリケーション サーバ エージェントのインストールについて詳しくは、次のトピックを参照してください。

    Windows での Analytics エージェントのインストール

    Analytics Deployment Options」で説明したように、Analytics エージェントは、使用ケースに応じて、アプリケーション サーバ エージェントと同じホストまたは別のホストで実行できます。「AppDynamics リリース」ページには、次の配布アーカイブが用意されています。」ページには、次の配布アーカイブが用意されています。

    • スタンドアロン Analytics エージェント(JRE なし)
    • 32 ビットと 64 ビットの両方の Windows マシン用の Analytics エージェント(JRE 1.8 付属)

    ローカル アプリケーション サーバ エージェント用の Analytics エージェントの有効化

    このセクションは、アプリケーション サーバ エージェントと同じホストに Analytics エージェントをインストールしていることを前提としています。このデプロイでは、Analytics エージェントはローカルマシンからログファイルのログデータを読み取り、送信します。アプリケーション サーバ エージェントは、監視対象アプリケーションから Analytics エージェントにデータを送信します。 

    Image RemovedImage Added

    <analytics-agent-home>/bin ディレクトリにある .exe ファイルの analytics-agent.exe を使用して Analytics エージェントをインストールします。Analytics エージェントは Java で作成されているため、JVM で実行します。Windows マシンでは、Analytics エージェントは Windows サービスとして実行されます。

    Anchor
    netconfig
    netconfig
    Analytics エージェントのインストール

    1. Analytics エージェントの配布アーカイブを各ターゲットホストのインストールディレクトリに解凍します。
      このアーカイブを解凍すると、次の 3 つのディレクトリが作成されます。
      • bin:Windows のバイナリファイル(.exe)が含まれています。
      • lib:クラスパスに存在する必要があるすべての jar ファイルが含まれています。
      • conf:プロパティファイルや vmoptions ファイルなど、すべての設定ファイルが含まれています。
    2. analytics-agent.properties ファイルを変更して Analytics エージェントを設定します。

      No Format
      <analytics-agent-home>\conf\analytics-agent.properties

      設定手順について詳しくは、「Analytics エージェントのプロパティファイルの変更」を参照してください。

    3. このホストでログ情報を収集する場合は、次のことを行う必要があります。

    4. ファイルを保存して閉じます。

    5. 次のコマンドを実行して、Analytics エージェントをサービスとしてインストールします。

      No Format
      bin\analytics-agent.exe service-install

      これで、他の Windows サービスと同様に analytics-agent を管理できます。 

    6. Analytics エージェントの起動と停止」の説明に従い、選択した方法を使用してサービスを開始します。

    Anchor
    revise-properties
    revise-properties
    Analytics エージェントのプロパティファイルの変更

    Analytics エージェントのプロパティファイルにより、Analytics エージェントが他のコンポーネントと通信する方法、監視対象アプリケーションから収集するデータのタイプ、および Application Analytics デプロイのコンポーネントとコントローラが相互に認証する方法が決まります。Analytics エージェントのプロパティファイルを使用して、デフォルト設定を変更し、エージェントプロパティに必要な値を設定します。実際のデプロイシナリオによっては、このファイルの場所は異なるので注意してください。 

    1. テキストエディタを使用して <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties ファイルを開きます。 

    2. デフォルトの URL を変更し、必要に応じて、http.event.endpoint 値を変更することでイベントサービスへの接続のポート番号を変更します。次に例を示します。

      No Format
      http.event.endpoint=http://<events_service_host:events_service_port>

      SaaS ベースのインストールでは、ホストとポートの組み合わせは次のいずれかになります。

    3. ad.controller.url プロパティを変更して、コントローラをポイントするようにデフォルトの URL とポート番号を変更します。例:

      No Format
      ad.controller.url=<controller_host_name>:<http-listener-port>

      これは、Appdynamics ブラウザベースのユーザインターフェイスにアクセスするために使用する URL とポート番号です。 

    4. Global Account Name 値と  値と Access Key 値(コントローラの  値(コントローラの View License UI  UI に表示される)をメモします。

    5. エージェントがビジネス トランザクション データをパブリッシュするアカウントとアカウントキーを設定します。前に収集した Global Account Name 値と Access Key 値を使用します。次に例を示します。

      No Format
      # The global_account_name in the Controller for this analytics data, similar to the following:
      http.event.accountName=<customer1_74678b04-8a71-40ef-acaf-xxxxxxxxxxxx>
      # Replace this value with the access key of the account name configured above.
      http.event.accessKey=<3d58aba2-xxx-xxx>

      http.event.accountName プロパティは、アカウントの Global Account Name を指定します。http.event.accessKey プロパティは Access Key を指定します。これは、コントローラと  を指定します。これは、コントローラと Application Analytics デプロイのコンポーネント間の認証メカニズムを提供します。コントローラのインストールプロセスによって Access Key 値が生成されます。
      SAAS ベースのインストールの場合、http.event.name プロパティをアカウントの Name に設定します。デフォルト値は customer1 です。このプロパティが正しく設定されていない場合、Analytics エージェントは認証できません。発生したエラーは analyticsエージェントは認証できません。発生したエラーは analytics-agent.log ファイルに保存されます。 log ファイルに保存されます。 

    6. Analytics エージェントを Windows サービスとして実行するために必要な次のプロパティを変更します。

      • ad.dw.log.path=<analytics-agent-home>\\logs

      • conf.dir=<analytics-agent-home>\\conf

      • ad.jvm.options.name=analytics-agent.vmoptions

      • ad.jvm.heap.min=512m

      • ad.jvm.heap.max=1g

        Windows の Analytics エージェントでは、パスに対して二重のバックスラッシュが必要です。次に例を示します。

        No Format
        conf.dir=C:\\AppD\\analytics-agent\\conf
        ad.dw.log.path=C:\\AppD\\analytics-agent\\logs
    7. このホストでログ情報を収集する場合は、次のことを行う必要があります。

    Anchor
    netStartStop
    netStartStop
    Analytics エージェントの起動と停止

    ネイティブの Windows サービスメニューを使用して、サービスを開始および停止できます。また、コマンドラインから次のコマンドを使用して、これらを直接行うこともできます。

    1. エージェントサービスを開始する。

      No Format
      bin\analytics-agent.exe service-start
    2. エージェントサービスを停止する。

      No Format
      bin\analytics-agent.exe service-stop

    Anchor
    uninstall-windows
    uninstall-windows
    Analytics エージェントのアンインストール

    コマンドラインで、次のように uninstall コマンドを使用して .exe ファイルを実行します。

    No Format
    bin\analytics-agent.exe service-uninstall

    リモート Analytics エージェントのアプリケーション サーバ エージェントの有効化

    アプリケーション サーバ エージェントのデフォルト設定では、通常、Analytics エージェントが同じホスト上にあり、デフォルトポートを使用していると想定されます。次の図に示すように、アプリケーション サーバ エージェントとは別のホストに Analytics エージェントが存在する場合、またはデフォルトポートを変更した場合は、アプリケーション サーバ エージェントの新しいホストとポートの値を指定する必要があります。 

    Image RemovedImage Added

    Windows では、次のように appdynamics.analytics.agent.url という名前の環境変数を使用してリモート Analytics エージェントの場所を指定します。

    1. Windows マシンで、[System Properties > Advanced system settings > Environment Variables] に進みます。
      Image RemovedImage Added
    2. [System variables] で、[New] をクリックします。
      ユーザ環境変数も使用できますが、環境変数の設定元のユーザは、用意されているすべてのアプリケーションの実行元のユーザと同じ権限を持っている必要があります。この問題を回避するために、システム環境変数のアプローチを使用することを推奨します。
    3. appdynamics.analytics.agent.url システム変数の値を http://<analytics-agent-ip>:9090/v2/sinks/bt に設定します。
      <analytics-agent-ip> を、ご使用の環境の Analytics エージェントのホスト名に置き換えます。 
    4. 新しい環境変数を有効にする該当アプリケーションまたはプロセスを再起動します。
      Windows の w3wp の場合、環境変数に変更を加えた後、iisreset を実行して IIS を再起動します。
      マシンを再起動する必要はありませんが、モニタ対象プロセスを呼び出す親プロセスは再起動する必要があります。 

    Linux での Analytics エージェントのインストール

    Analytics Deployment Optionsで説明したように、Analytics エージェントは、使用ケースに応じて、アプリケーション サーバ エージェントと同じホストまたは別のホストで実行できます。「AppDynamics リリースページには、次の配布アーカイブが用意されています。」ページには、次の配布アーカイブが用意されています。

    • スタンドアロン Analytics エージェント(JRE なし)
    • マシンエージェントバンドル:64 ビット osx(zip)
    • マシンエージェントバンドル:32 ビットと 64 ビットの両方の Linux マシン用(rpm)
    • マシンエージェントバンドル:32 ビットと 64 ビットの両方の Linux マシン用(zip)
    • マシンエージェントバンドル:64 ビット solaris 用(zip)
    • マシンエージェントバンドル:64 ビット solaris-sparcv9 用(zip)
    • マシンエージェントバンドル:64 ビット solaris-x64 用(zip)

    Anchor
    enable-analytics-agent
    enable-analytics-agent

    スタンドアロン マシン エージェントの拡張としての Analytics エージェントの有効化

    マシンエージェントとアプリケーション サーバ エージェントが同じマシンで実行されている場合は、スタンドアロン Analytics エージェントをインストールする必要はありません。スタンドアロン マシン エージェントがすでに実行されている環境では、Analytics エージェントを拡張機能として有効にして実行します。ここでは、Analytics エージェントをスタンドアロン マシン エージェントの拡張として設定し、マシンエージェントモニタとして実行する方法について説明します。 

    Image RemovedImage Added

    1. スタンドアロン マシン エージェントを実行しているホストに JRE 8 以降がインストールされていることを確認します。
      必要なバージョンの JRE がホストで使用できない場合、Analytics エージェントを有効にすることはできません。

    2. スタンドアロン マシン エージェントを実行しているホストで、テキストエディタを使用して <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/monitor.xml を開きます。

    3. 次のように enabled タグを true に設定し、完了したらファイルを保存します。

      No Format
      <monitor>
          <name>AppDynamics Analytics Agent</name>
          <type>managed</type>
          <!-- Enabling this requires JRE 8 or higher  -->
          <enabled>true</enabled>
      ...
    4. Analytics エージェントからイベントサービスへの接続を設定するために、次のファイルを開きます。

      No Format
      <machine-agent-home>/monitors/analytics-agent/conf/analytics-agent.properties
    5. analytics-agent.properties ファイルで、次の手順を実行します。

      • デフォルトの URL を変更し、必要に応じて、http.event.endpoint 値を変更することでイベントサービスに接続するためのポート番号を変更します。次に例を示します。

        No Format
        http.event.endpoint=http://<events_service_host:events_service_port>

        SaaS ベースのインストールでは、ホストとポートは次のとおりです。

      • ad.controller.url プロパティを変更して、コントローラをポイントするようにデフォルトの URL とポート番号を変更します。例:

        No Format
        ad.controller.url=http://<application_server_host_name>:<http-listener-port>

        これは、Appdynamics ブラウザベースのユーザインターフェイスにアクセスするために使用する URL とポート番号です。 とポート番号です。 

    6. コントローラの View License UI に表示される Global Account Name 値と Access Key 値をメモします。

    7. エージェントがビジネス トランザクション データをパブリッシュするアカウントとアカウントキーを設定します。前に収集した Global Account Name 値と Access Key 値を使用します。次に例を示します。

      No Format
      # The global_account_name in the Controller for this analytics data, similar to the following:
      http.event.accountName=<customer1_74678b04-8a71-40ef-acaf-xxxxxxxxxxxx>
      # Replace this value with the access key of the account name configured above.
      http.event.accessKey=<3d58aba2-xxx-xxx>

      http.event.accountName プロパティは、アカウントの Global Account Name を指定します。http.event.accessKey プロパティは Access Key を指定します。これは、コントローラと  を指定します。これは、コントローラと Application Analytics デプロイのコンポーネント間の認証メカニズムを提供します。コントローラのインストールプロセスによって Access Key 値が生成されます。
      SAAS ベースのインストールの場合、http.event.name プロパティをアカウントの Name に設定します。デフォルト値は customer1 です。このプロパティが正しく設定されていない場合、Analytics エージェントは認証できません。発生したエラーは analyticsエージェントは認証できません。発生したエラーは analytics-agent.log ファイルに保存されます。 log ファイルに保存されます。 

    8. このホストでログ情報を収集する場合は、次のことを行う必要があります。

    9. ファイルを保存して閉じます。  

    10. この時点でマシンエージェントがすでに実行されている場合は、再起動して設定の変更を適用します。

    Info

    プロキシサーバを介してイベントサービスに接続するには、「プロキシ経由でエージェントをイベントサービスに接続する」を参照してください。

    スタンドアロン Analytics エージェントの有効化

    このデプロイでは、Analytics エージェントとアプリケーション サーバ エージェントが同じマシン上で実行されます。Analytics エージェントは、ホストマシン上のログファイルからログデータを読み取り、送信します。アプリケーション サーバ エージェントは、監視対象アプリケーションから Analytics エージェントにデータを送信します。

    Image RemovedImage Added

    マシンエージェントがインストールされていない環境の場合、Analytics エージェントを次の個別のバイナリとしてインストールします。analytics-agent.sh:

    1. Analytics エージェントの配布アーカイブを各ターゲットホストのインストールディレクトリに解凍します。
      このアーカイブを解凍すると、次の 3 つのディレクトリが作成されます。
      • bin:Linux、Solaris、および OSX 用のバイナリファイルが含まれています。
      • lib:クラスパスに存在する必要があるすべての jar ファイルが含まれています。
      • conf:プロパティファイルや vmoptions ファイルなど、すべての設定ファイルが含まれています。
    2. Analytics エージェントからイベントサービスへの接続を設定するために、次のファイルを開きます。エージェントからイベントサービスへの接続を設定するために、次のファイルを開きます。

       

      No Format
      <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties
    3. analytics-agent.properties ファイルで、次の手順を実行します。

      • デフォルトの URL を変更し、必要に応じて、http.event.endpoint 値を変更することでイベントサービスに接続するためのポート番号を変更します。次に例を示します。

        No Format
        http.event.endpoint=http://<events_service_host:events_service_port>

        SaaS ベースのインストールでは、ホストとポートは次のとおりです。

      • ad.controller.url プロパティを変更して、コントローラをポイントするようにデフォルトの URL とポート番号を変更します。例:

        No Format
        ad.controller.url=http://<application_server_host_name>:<http-listener-port>

        これは、Appdynamics ブラウザベースのユーザインターフェイスにアクセスするために使用する URL とポート番号です。 

    4. コントローラの View License UI に表示される Global Account Name 値と Access Key 値をメモします。

    5. エージェントがビジネス トランザクション データをパブリッシュするアカウントとアカウントキーを設定します。前に収集した Global Account Name 値と Access Key 値を使用します。次に例を示します。

      No Format
      # The global_account_name in the Controller for this analytics data, similar to the following:
      http.event.accountName=<customer1_74678b04-8a71-40ef-acaf-xxxxxxxxxxxx>
      # Replace this value with the access key of the account name configured above.
      http.event.accessKey=<3d58aba2-xxx-xxx>

      http.event.accountName プロパティは、アカウントの Global Account Name を指定します。http.event.accessKey プロパティは Access Key を指定します。これは、コントローラと  を指定します。これは、コントローラと Application Analytics デプロイのコンポーネント間の認証メカニズムを提供します。コントローラのインストールプロセスによって Access Key 値が生成されます。
      SAAS ベースのインストールの場合、http.event.name プロパティをアカウントの Name に設定します。デフォルト値は customer1 です。このプロパティが正しく設定されていない場合、Analytics エージェントは認証できません。発生したエラーは analyticsエージェントは認証できません。発生したエラーは analytics-agent.log ファイルに保存されます。 log ファイルに保存されます。 

    6. このホストでログ情報を収集する場合は、次のことを行う必要があります。

    7. ファイルを保存してテキストエディタを終了します。  

    8. 次のコマンドを実行して、Analytics エージェントをインストールします。

      No Format
      bin\analytics-agent.sh start

    Anchor
    netWithMachineAgent
    netWithMachineAgent
    リモート Analytics エージェントのアプリケーション サーバ エージェントの設定

    アプリケーション サーバ エージェントのデフォルト設定では、通常、Analytics エージェントが同じホスト上にあり、デフォルトポートを使用していると想定されます。次の図に示すように、アプリケーション サーバ エージェントとは別のホストに Analytics エージェントが存在する場合、またはデフォルトポートを変更した場合は、アプリケーション サーバ エージェントの新しいホストとポートの値を指定する必要があります。 

     Image Added

    Image Removed

    -D パラメータを使用してリモート Analytics エージェントの場所を指定します。この引数は、次のようにモニタ対象アプリケーションに渡します。

    No Format
    -Dappdynamics.analytics.agent.url=http://<analytics-agent-ip>:9090/v2/sinks/bt

    <analytics-agent-ip> を、ご使用の環境の Analytics エージェントのホスト名に置き換えます。  

    読み取り専用ファイルシステムからの Analytics エージェントの実行

    このデプロイでは、Analytics エージェントをインストールし、読み取り専用ファイルシステムから実行します。これを行うには、ログファイルを書き込み可能なパーティションに書き込むように Analytics エージェントに指示する必要があります。

    Image RemovedImage Added

    書き込み可能なファイルシステムで Analytics エージェントのディレクトリを作成し、読み取り専用ファイルシステム内の Analytics エージェントのコンテンツへのシンボリックリンクを作成します。最終的に、Analytics エージェントの書き込み可能な最上位ディレクトリと、その最上位ディレクトリの下にある書き込み可能なログディレクトリを作成します。 

    読み取り専用ディレクトリ内のアーティファクトを使用して、別の書き込み可能ディレクトリ内の Analytics エージェントを実行するには、次のようにします。

    1. 読み取り専用 Analytics エージェントディレクトリに対して必要な権限を指定します。

      No Format
      # analytics-agent-readonly refers to the read-only analytics agent.
      chmod -R 555 /tmp/analytics-agent-readonly/
    2. 書き込み可能なファイルシステムで Analytics エージェントのディレクトリを作成します。 

      No Format
      mkdir /tmp/analytics-agent-writable
      chmod 755 analytics-agent-writable/
      cd /tmp/analytics-agent-writable
    3. 読み取り専用ファイルシステム内の Analytics エージェントのコンテンツへのシンボリックリンクを作成します。

      No Format
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/bin/ bin
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/lib/ lib
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/monitor.xml monitor.xml
    4. その最上位ディレクトリの下に、書き込み可能な conf ディレクトリを作成します。

      No Format
      cd /tmp/analytics-agent-writable
      mkdir conf
      chmod 755 conf/
      cd conf
    5. conf ディレクトリのコンテンツへのシンボリックリンクを作成します。 

      No Format
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/conf/analytics-agent.* .
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/conf/job/ job
      ln -s /tmp/analytics-agent-readonly/conf/grok/ grok
      
      cd /tmp/analytics-agent-writable
    6. analytics-agent-writable ディレクトリの下に logs ディレクトリを作成します。
    7. 書き込み可能なディレクトリから Analytics エージェントを実行します。

      No Format
      cd /tmp/analytics-agent-writable
      nohup bin/analytics-agent.sh start &

    結果のディレクトリは次のようになります。

    No Format
    /tmp/
    dr-xr-xr-x  6 ec2-user ec2-user 4096 Jul 17 20:45 analytics-agent-readonly
    drwxr-xr-x  4 ec2-user ec2-user 4096 Jul 26 20:17 analytics-agent-writable
    
     /tmp/analytics-agent-writable/
    total 24
    drwxr-xr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 .
    drwxrwxr-x  . . .  4096 Jul 27 19:37 ..
    lrwxrwxrwx 1 . . .   50 Jul 27 19:38 bin -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/bin/
    drwxr-xr-x . . .  4096 Jul 27 19:41 conf
    lrwxrwxrwx . . .  50 Jul 27 19:38 lib -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/lib/
    drwxrwxr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 logs
    lrwxrwxrwx . . .   57 Jul 27 19:38 monitor.xml -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/monitor.xml
    
    
    conf/
    total 20
    drwxr-xr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 .
    drwxr-xr-x . . . 4096 Jul 27 19:41 ..
    lrwxrwxrwx . . .   77 Jul 27 19:39 analytics-agent.properties -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/conf/analytics-agent.properties
    lrwxrwxrwx . . .   76 Jul 27 19:39 analytics-agent.vmoptions -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/conf/analytics-agent.vmoptions
    lrwxrwxrwx . . .  56 Jul 27 19:40 grok -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/conf/grok/
    lrwxrwxrwx . . .  55 Jul 27 19:39 job -&gt; /tmp/analytics-agent-readonly/conf/job/
    drwxrwxr-x . . . 4096 Jul 27 21:32 watermark

    Analytics エージェントの調整

    ここでは、Analytics エージェントのインストール後の設定について説明します。プロキシサーバを使用してイベントサービスに接続するよう Analytics エージェントを設定する方法、統合ログ管理(CLM)を使用してログファイルを収集する方法、リソース使用量の制限を設定する方法、および Java 仮想マシン(JVM)のオプションを変更する方法について説明します。

    Anchor
    プロキシ
    プロキシ
    プロキシ経由でのイベントサービスへの接続

    Analytics エージェントがプロキシサーバを介してイベントサービスに接続する必要がある場合は、次の手順を実行します。

    1. テキストエディタで <analytics-agent-home>\conf\analytics-agent.properties を開きます。
    2. 次の情報を追加します。

      No Format
      # optional proxy properties
      http.event.proxyHost=<your proxy host>
      http.event.proxyPort=<your proxy port>
      http.event.proxyUsername=<your proxy username, if authentication is required>
      http.event.proxyPassword=<your proxy password, if authentication is required>
    3. ファイルを保存して閉じます。

    Anchor
    log-properties
    log-properties
    統合ログ管理用の Analytics エージェントの設定

    Analytics エージェントが CLM と連携するようにするには、Analytics エージェントのプロパティファイルでいくつかのプロパティを設定する必要があります。analytics-agent.properties ファイルで、コントローラの URL、顧客名、および Analytics エージェントの名前を指定します。顧客名は、コントローラの [View License] UI で確認できます。CLM を使用してソースルールによりログファイルを設定する場合は、これらのプロパティに正しい値を指定する必要があります。

    Image RemovedImage Added

    デフォルト値は次のとおりです。

    No Format
    # Format should be http://<host>:<port>
    ad.controller.url=http://localhost:8090
    
    # The customer name field from the appdynamics license page.
    http.event.name=customer1
    
    # This is the friendly agent name that will show up in the controller when the agent registers and syncs configuration.
    ad.agent.name=analytics-agent1

    Java 仮想マシンのオプションの変更

    JVM の起動オプションを変更する必要がある場合は、テキストエディタを使用して <analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.vmoptions を変更します。vmoptions ファイルの名前は ad.jvm.options.name=analytics-agent.vmoptions  プロパティファイルから読み取られていることに注意してください。したがって、 プロパティファイルから読み取られていることに注意してください。したがって、vmoptions ファイルの名前を変更する場合は、ad.jvm.options.name プロパティも変更する必要があります。 

    (Windows のみ)Analytics エージェント Windows サービスがインストールされていて、プロパティファイルまたは vmoptions ファイルを変更する必要がある場合は、変更を有効にするためにサービスをアンインストールして再インストールする必要があります。

    Anchor
    job_limit
    job_limit
    リソース使用の制限の設定

    リソースの使用を制限するために、単一の Analytics エージェントのジョブ数に対してデフォルトの制限を有効にすることができます。この制限は上書きできますが、CPU 使用率、ディスク、ネットワーク I/O などのリソースの使用に対する潜在的な影響を十分に理解していない場合はお勧めしません。このプロパティは ad.max.enabled.jobs で、<analytics-agent-home>/conf/analytics-agent.properties ファイルにあります。デフォルトでは、ad.max.enabled.jobs は 20 に設定されています。  

    Analytics エージェントのステータスの確認

    Analytics エージェントが起動したことを確認するには、アプリケーション エージェントのログファイルで次のエントリを検索します。"Started [Analytics] collector"

    Info

    プロキシサーバを介してイベントサービスに接続する必要がある場合は、以下の「プロキシ経由でエージェントをイベントサービスに接続する」を参照してください。


    トラブルシューティングのヒント

    • analytics-agent.properties でプロパティが正しく設定されていることを確認します。「有効なジョブファイルの制限」も参照してください。
    • JRE バージョンが 1.7 以上であること、および環境で JAVA_HOME 変数が設定されていることを確認します。
    • analytics-agent/conf/analytics-agent.vmoptions のすべてのプロパティは JRE と互換性があります。