Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.6
    sv-translation
    languageen

    The Analytics Agent is not required to capture Transaction Analytics. This topic page discusses the requirements to use this "agentless" configuration of Analytics. 

    In this context, "agentless" refers to the configuration of Transaction Analytics without an Analytics Agent. An app server agent, such as the Java Agent, is still required to use this feature.

    Agentless Analytics Overview

    If you only capture Transaction Analytics for Java applications, you can configure Transaction Analytics without a dedicated Analytics Agent. In this deployment model, Analytics retrieves data directly from your app agent. The data is then reported to the Events Service and later the Controller. Therefore, no separate Analytics Agent is required. 

    Note
    titleKnown Issues - Transaction Analytics without an Analytics Agent (Agentless Analytics)

    If you upgrade to Java Agent version 4.5.15 and later and currently use Transaction Analytics, Agentless Analytics is automatically enabled. You may notice unusual behavior related to two known issues:

    • High CPU usage
    • Blocked firewall requests

    See Troubleshooting Analytics Issues for more information on these issues.

    Requirements

    Make sure you meet the following minimum requirements:

    Some deployments have different requirements to use agentless Transaction Analytics and connect the Java Agent to the Events Service. If your deployment uses any of the features listed below, follow the instructions to get started:

    The table below provides a summary of agentless Analytics support:

    Minimum Controller VersionMinimum Java Agent VersionAgentless Analytics Support
    4.5.164.5.15Generally available.
    4.5.17Supports proxy authentication with encrypted credentials.
    4.5.174.5.18Supports license rules configured in the Java Agent.

    Existing Analytics Agents

    After upgrading to the minimum agent and Controller requirements, you no longer need the Analytics Agent. However, you do not need to remove any Analytics Agents currently running. AppDynamics recommends that you maintain existing Analytics Agents until you see Transaction Analytics in the Controller. 

    Agentless Transaction Analytics does not duplicate data from the Analytics Agent.  When you upgrade your Java Agent and Controller, existing Analytics Agents stop reporting data. 

    SaaS vs On-Premises Deployments

    Agentless Analytics is available for both SaaS and on-premises deployments. All configuration requirements are identical for both deployment types. 

    Connect App Agents to the Events Service

    For most deployments, communication between the Java Agent and Events Service occurs automatically as long as you have the correct agent version. See the appropriate documentation to ensure your deployment can connect to the Events Service.

    Anchor
    ES-URL
    ES-URL
    Identify Internal Events Service Endpoints 

    AppDynamics uses connection URLs to connect the Events Service to the Controller and app agents. The URL used for the Controller-Events Service connection may be different than the URL used for the app agent-Events Service connection. For example, SaaS deployments use internal URLs for the Controller-Events Service connection. 

    If your deployment uses different URLs for each connection, you need to provide the Controller-Events Service URL as an administrator property. This allows your app agent to find the Events Service endpoint. 

    To connect the app agent to an internal Events Service URL:

    1. Log in to the administration console: 
      http:<controller-hostname>:8080/controller/admin.jsp or https:<controller-hostname>:45/controller/admin.jsp.
    2. On the Controller Settings page, navigate to the analytics.agentless.event.service.url property and input your Controller-Events Service endpoint. 
    3. Press Save

    Anchor
    connection-port
    connection-port
    Connection Ports

    For SaaS-based installations, the connection between the Java Agent and the Events Service in the cloud takes place over ports 80 (HTTP) and 443 (HTTPS). For on-premises installations, the port on which the Events Service receives data from the Java Agent is configured during installation.

    If you have network policies that may prevent this connection, such as firewalls, you need to configure the policies to connect with the Events Service. See Troubleshooting Analytics Issues for more information. 

    Anchor
    enable-ssl
    enable-ssl
    Enable SSL

    See Enable SSL for the Java Agent if you use a custom trust store for the Java Agent.  

    Anchor
    proxy-connection
    proxy-connection
    Proxy Connection

    See Java Agent Configuration Properties if your proxy connection encrypts agent credentials.

    Anchor
    proxy-encrypted
    proxy-encrypted
    Proxy Authentication with Encrypted Credentials

    If you encrypt credentials for proxy authentication, you need Java Agent 4.5.17 and later and Controller 4.5.17 and later.  

    Anchor
    license-rules
    license-rules
    License Rules

    If you created license rules for the Java Agent, you need Java Agent 4.5.18 and later and Controller 4.5.17 and later. 

    Adjust Configuration Properties

    The Java Agent can be configured to handle higher loads if necessary. Contact AppDynamics Support to  to tune these properties. 

    Disable Agentless Analytics

    See Troubleshooting Analytics Issues to disable agentless Analytics. 

    Existing Analytics Agents

    After upgrading to the minimum agent and Controller requirements, you no longer need the Analytics Agent. However, you do not need to remove any Analytics Agents currently running. AppDynamics recommends that you maintain existing Analytics Agents until you see Transaction Analytics in the Controller. 

    Agentless Transaction Analytics does not duplicate data from the Analytics Agent.   When you upgrade your Java Agent and Controller, existing Analytics Agents stop reporting data. 

    SaaS vs On-Premises Deployments

    Agentless Analytics is available for both SaaS and on-premises deployments. All configuration requirements are identical for both deployment types. 

    イベントサービスへのアプリケーション エージェントの接続

    For most deployments, communication between the Java Agent and Events Service occurs automatically as long as you have the correct agent version. See the appropriate documentation to ensure your deployment can connect to the Events Service.

    Identify Internal Events Service Endpoints 

    AppDynamics uses connection URLs to connect the Events Service to the Controller and app agents. The URL used for the Controller-Events Service connection may be different than the URL used for the app agent-Events Service connection. For example, SaaS deployments use internal URLs for the Controller-Events Service connection. 

    If your deployment uses different URLs for each connection, you need to provide the Controller-Events Service URL as an administrator property. This allows your app agent to find the Events Service endpoint. 

    To connect the app agent to an internal Events Service URL:

    1. 管理コンソールにログインします。
      http:<controller-hostname>:8080/controller/admin.jsp or https:<controller-hostname>:45/controller/admin.jsp
    2. On the Controller Settings page, navigate to the analytics.agentless.event.service.url property and input your Controller-Events Service endpoint. 
    3. Press Save

    sv-translation
    languageja

    The Analytics Agent is not required to capture Transaction Analytics. This topic discusses the requirements to use this "agentless" configuration of Analytics. 

    In this context, "agentless" refers to the configuration of Transaction Analytics without an Analytics Agent. An app server agent, such as the Java Agent, is still required to use this feature.

    Agentless Analytics Overview

    Java アプリケーションのトランザクション分析のみをキャプチャする場合は、専用の Analytics エージェントを使用せずにトランザクション分析を設定できます。 In this deployment model, Analytics retrieves data directly from your app agent. 次に、データがイベントサービスに報告され、その後コントローラに報告されます。したがって、個別の Analytics エージェントは必要ありません。

    Note
    titleKnown Issues - Transaction Analytics without an Analytics Agent (Agentless Analytics)

    If you upgrade to Java Agent version 4.5.15 and later and currently use Transaction Analytics, Agentless Analytics is automatically enabled. You may notice unusual behavior related to two known issues:

    • High CPU usage
    • Blocked firewall requests

    See Troubleshooting Analytics Issues for more information on these issues.

    要件

    Make sure you meet the following minimum requirements:

    • 十分なトランザクション分析のライセンス

    • Java Agent version 4.5.15 and later 
    • Controller version 4.5.16 and later (SaaS or On-premises) 

    Some deployments have different requirements to use agentless Transaction Analytics and connect the Java Agent to the Events Service. If your deployment uses any of the features listed below, follow the instructions to get started:

    The table below provides a summary of agentless Analytics support:

    Minimum Controller VersionMinimum Java Agent VersionAgentless Analytics Support
    4.5.164.5.15Generally available
    4.5.17Supports proxy authentication with encrypted credentials
    4.5.174.5.18Supports license rules configured in the Java Agent
    Anchor
    ES-URLES-URL
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Works with: 

    Image Added Image Added  Image Added Image Added

     

    Application Analytics のデプロイオプションは、モニタするデータやコントローラのデプロイなど、いくつかの要因によって変わります。このトピックでは、すべてのデプロイオプションについて説明します。 

    Analytics エージェントを使用しないデプロイ

    次のものをキャプチャするために Analytics エージェントを設定する必要はありません。

    Java アプリケーション専用のトランザクション分析

    Java アプリケーションのトランザクション分析のみをキャプチャする場合は、専用の Analytics エージェントを使用せずにトランザクション分析を設定できます。次の要件を満たしていることを確認してください。

    • Java エージェントバージョン 4.5.16 以降
    • コントローラバージョン 4.5.16 以降
    • 十分なトランザクション分析のライセンス

    このデプロイモデルでは、Analytics によってアプリケーション エージェントからデータが直接取得されます。次に、データがイベントサービスに報告され、その後コントローラに報告されます。したがって、個別の Analytics エージェントは必要ありません。

    システムがコントローラとイベントサービスに接続して分析データを送信できることを確認してください。「Collect Transaction Analytics Data」に進むことができます。 

    ブラウザ要求、モバイル要求、およびセッションデータ

    エージェント側の Analytics コンポーネントをインストールする必要はありません。EUM プロセッサは、Analytics にデータを自動的に渡します。

    Analytics エージェントを使用したデプロイ

    次のセクションでは、Analytics エージェントをデプロイするための要件について説明します。次のシナリオでデータをキャプチャするには、Analytics エージェントを設定する必要があります。

    トランザクション分析のみ

    次のトランザクション分析をキャプチャするには、Analytics エージェントが必要です。

    • Java エージェントバージョン 4.5.15 以前
    • 任意のバージョンの .NET、Node.js、および PHP エージェント
    • コントローラバージョン 4.5.15 以前

    トランザクション分析を設定するには、次のようにします。

    • スタンドアロン マシン エージェントまたは Analytics エージェント(スタンドアロンバイナリ)のいずれかを各マシンにダウンロードしてインストールします。共有 Analytics エージェントインスタンスを使用することもできます。

    • アプリケーション エージェントの Analytics Dynamic Service を有効にします。

    ログ分析のみ

    ログ分析を設定するには、次のようにします。

    トランザクション分析とログ分析

    トランザクション分析とログ分析を設定するには、次のようにします。

    • スタンドアロン マシン エージェントまたは Analytics エージェント(スタンドアロンバイナリ)のいずれかをマシンにインストールします。

    • アプリケーション エージェントの Analytics Dynamic Service を有効にします。

    SaaS とオンプレミス分析の設定

    Analytics エージェントを使用して Analytics をデプロイする場合、設定要件はデプロイによって異なります。

    SaaS
    • イベントサービスは、SaaS サービスの一部として提供されます。AppDynamics は、データを保存し、システムのサーバコンポーネントをホストします。システムの Analytics エージェントコンポーネントのみをインストールします。これについては、「エージェント側のコンポーネント」セクションを参照してください。
    オンプレミス
    • オンプレミスでは、ユーザ自身がコンポーネントをホストし、すべてのデータをオンプレミスで保存します。これは、エージェント側のコンポーネントと、「コントローラのデプロイ」と「イベントサービスのデプロイ」で説明されているコントローラコンポーネントとイベント サービス コンポーネントをインストールする必要があることを意味します。オンプレミスデプロイには、追加のセットアップと管理が含まれますが、独自のデータセンター内で分析データを保持できます。  

    Analytics エージェント用の個別ホスト

    Analytics エージェントが監視対象アプリケーションとは別のホストにある場合は、「リモート Analytics エージェントのサイジング」を参照してください。 

    Anchor
    connection-port
    connection-port
    イベントサービスへのアプリケーション エージェントの接続

    専用の Analytics エージェントではなく、Java エージェントのバージョン 4.5.16 以降を使用してトランザクション分析データを取得できます。このデプロイモデルでは、Java エージェントがイベントサービスと直接通信します。ほとんどのデプロイでは、適切なバージョンのエージェントがある限り、この通信は自動的に行われます。該当するドキュメントを参照して、デプロイがイベントサービスに接続できることを確認してください。

    接続ポート

    SaaS ベースのインストールでは、Java エージェントとクラウド内のイベントサービス間の接続は、ポート 80(HTTP)および 443(HTTPS)を介して行われます。オンプレミスのインストールでは、イベントサービスが Java エージェントからデータを受信するポートは、インストール時に設定されます。

    ファイアウォールなど、この接続を妨げる可能性のあるネットワークポリシーがある場合は、イベントサービスと接続できるようにポリシーを設定する必要があります。詳細については、「Troubleshooting Analytics Issues」を参照してください。 

    Anchorenable-sslenable-ssl

    エージェントとコントローラの接続」を参照してください。  

    SSL の有効化

    Java エージェント用のカスタム信頼ストアを使用する場合は、「Java エージェント用 SSL の有効化」を参照してください。  

    Anchorproxy-connectionproxy-connection
    プロキシ接続

    See プロキシ接続でエージェントの資格情報を暗号化する場合は、「Java Agent Configuration Properties if your proxy connection encrypts agent credentials.

    Anchorproxy-encryptedproxy-encryptedProxy Authentication with Encrypted Credentials

    If you encrypt credentials for proxy authentication, you need Java Agent 4.5.17 and later and Controller 4.5.17 and later.  

    Anchorlicense-ruleslicense-rulesLicense Rules

    If you created license rules for the Java Agent, you need Java Agent 4.5.18 and later and Controller 4.5.17 and later. 

    」を参照してください。

    設定プロパティの調整

    必要に応じて、より高い負荷を処理するように Java エージェントを設定できます。これらのプロパティを調整する場合、AppDynamics サポートにお問い合わせください。 

    Disable Agentless Analytics

    See Troubleshooting Analytics Issues to disable agentless Analytics.