Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.6
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related Pages:

    This page provides an overview of business journeys in AppDynamics.

    Many industries have complex workflows and user journeys that span multiple transactions and event types, such as logs and End User Monitoring (EUM) data. These workflows typically manifest over long periods and cannot be measured using transactions alone. Business Journeys are a way to monitor and correlate the linear data flow across multiple event sources and track the total time for defined business workflows.

    Typical multi-step workflows from different industries include:

    • Payment transfers, credit card approval, and loan approval in financial services industries.
    • Cellphone activation and data recharge (pre-paid) in the Telco sector.
    • Insurance application through policy approval and insurance claims approval for insurance companies.

    About Business Journeys

    An AppDynamics Business Journey is a composite event type based on defined workflows. A Business Journey can include events from multiple analytics event types, such as logs, business transactions, custom events, and EUM data. 

    Appd permissions
    Width800

    You will need at least one unit of the Transaction Analytics license for Business Journeys, even if none of the milestones use any of the Transaction Analytics fields.

    Business Journeys track linear processes. Branching, repetition, and loops are not allowed.

    The following image depicts image depicts an example Business Journey definition, named loan approvals. 

    Business JourneyImage Modified

    You create a Business Journey, as shown above, by defining the following:

    • Milestones and the events comprising the milestones. 
      Milestones  Milestones are the steps in your business workflow.
    • Fields to be captured from each milestone event. 
      A  A field indicates a category of information pertaining to the event. 
    • The primary key field that uniquely ties the events together. 
      A  A primary key correlates the milestones for your Business Journey. The primary key value must be present in each milestone event.
    • Additional fields that allow you to segment on different dimensions of the business workflow, such as loan types or payment amounts.
    • Health thresholds for monitoring the Business Journey performance.

    Application Analytics starts collecting the Business Journey events after you have defined and enabled a Business Journey. Analytics does not go back in time to collect Business Journey composite events. To define specific Business Journeys, you may need to configure the collection of additional fields from your source analytics events. See Data Prerequisites for Defining Business Journeys for more information. 

    Once the Business Journey events are being collected, you can view them from the Analytics Search UI in the same manner as other Analytics events. Because Business Journey events are, by their nature, potentially long-running processes, useful data might take some time to appear in the Analytics events list. Business Journey events are reported even when only one milestone is completed and the event is updated over time as subsequent events complete.

    If you are already familiar with the fundamental concepts in Business Journeys clearly, proceed to either Configure Business Journeys or View Business Journeys as desired.

    Anchor
    milestone
    milestone
    Business Journeys Milestones

    A milestone is an event marking a significant stage in a business workflow. For example, in a loan application, the first milestone might be a user submitting a loan application. The second milestone might be document verification, followed by credit approval, insurance underwriting, and finally, loan approval. Do  All milestones are mandatory; do not duplicate milestones.

    The events in milestones are sequential. You need to create each milestone in the order that the event occurs. For example, in a loan Business Journey, a credit approval milestone cannot precede the loan application milestone. 

    In each Business Journey milestone, you can add filters to specify the events that constitute a milestone and add fields to capture additional information about the workflow. You can use these events and fields to run ADQL queries and narrow down your searches.

    Business Journey

    As you create milestones, a flow map detailing the business workflow is automatically displayed in the Business Journey page. For more information, see Enable Flow Map.

    Info

    When creating a Business Journey, you must use the same data type for the Primary Keys of all Milestones in that Business Journey.


    Anchor
    health-threshold
    health-threshold
    Business Journeys Health Thresholds

    A threshold is a boundary of acceptable or normal performance. Business Journey authoring provides default health thresholds against which it compares the performance of the business workflow. The health thresholds are based on the total time to complete all the milestones in your Business Journey. The threshold values are calculated by determining the standard deviation from the simple moving average over an interval of time. The default time interval is two hours. This means that if the average end-to-end time for the last two hours is N milliseconds, and if the Business Journey takes time equal to the standard deviation over N milliseconds (ms), it violates threshold.

    Health Thresholds

    Consider a simple moving average that is 1500 ms with a standard deviation of 100 ms. If you set the threshold to three, it means that the threshold is three times the standard deviation. In other words, a transaction that takes more than 1500 + (3*100) or 1800 ms violates the health threshold. 

     Before configuring the health threshold for a Business Journey definition, consider the following:

    • A user experience (normal, slow, very slow, stall) is assigned for the Business Journey event when a value for totalTime is present and is greater than zero. Total time for the event could end up less than zero if the milestones are defined in an incorrect order. This can also happen even after the order is correctly defined, but the milestones are not in time order such that an early milestone has a future date compared to a later milestone.
    • The total time for the Business Journey is calculated when both the first and the last milestones events have been reached. Therefore, the user experience cannot be determined and displayed until total time for the Business Journey is available. 
    • When a milestone encounters an error, for example, a transaction event where the requestExperience is Error, the user experience for the entire Business Journey event is marked as an Error. In this case, the total time is not available.
    • Typically when a milestone has an error, the entire Business Journey workflow does not complete. However, if for some reason, all the milestones complete even when milestone errors exist, the total time for the Business Journey is available. However, in this case, we will retain overall user experience as an error and not change to Normal, Slow, and so on.
    • After a Business Journey is initially enabled, Business Journey events are generated. The standard deviation is calculated every five minutes, so the first few Business Journey events will not have a user experience assigned to them.
    • The minimum duration over which standard deviation is calculated is 30 minutes.

    Anchor
    filter&fields
    filter&fields
    Filters and Fields

    Filters allow you to extract event data for a select milestone based on selected criteria. For example, loan applications submitted in California. Filters define the scope of a milestone by limiting associated events. Fields extract additional relevant information from each milestone. 

    The mandatory filters are populated with the last 15 days of data. If no analytics data has been collected during the last 15 days, the drop-down menus for the mandatory fields will be empty. Besides the mandatory filters for each event type, Analytics allows you to optionally select additional filters by using the Filter By option. All the fields that are part of the filters and the additional filters that you optionally choose are automatically collected. You can use them to run ADQL queries later on.

    Business Journey Filters

    A field indicates a category of information pertaining to the event. The Extract Fields section collects additional relevant information from each milestone. You can use data to query desired events and visualize matrices. The fields are categorized into mandatory and optional fields. The only mandatory field you must enter is the primary key. It is the unique identifier that ties milestones together.

    In addition to the primary key, you can optionally add additional fields. These fields provide a context for your Business Journey definition. For example, loan amount, loan type, and customer name, customer id, and so on provide further details about a loan application. You can use these field values to slice and dice business transaction data later on. You must provide unique fields for each milestone. Validation fails if you create more than one milestone with the same set of fields or with the same set of mandatory and optional filters. 

    For each milestone, a field called milestoneReached is added to the associated event. The value is true if the milestone has been reached, otherwise it is null. You can use this field to query all events for which a milestone has been reached. You can also use milestoneReached to build a funnel widget that shows drop-offs for each milestone. The milestone name is appended to the field name as follows:

    • milestone1_name.milestoneReached
    • milestone2_name.milestoneReached

    Likewise, the default fields and filters are also appended with and namespaced by milestone name.

    At the Business Journey level, a field named completed tracks the status of the workflow using the boolean values. True represents a completed Business Journey, whereas False indicates that the journey is in progress or is incomplete. Use the Analytics Search UI or an ADQL query for the desired Business Journey with the query string completed to view the status of the associated events.

    Milestone Timestamps 

    The totalTime and timeTaken fields represent the time it takes to reach a milestone. Timestamp fields are empty when the Business Journey is partially complete. As each milestone completes and the event data is captured in the Business Journey event, the total time is updated. The total time is calculated by subtracting the timestamp for the first event from the timestamp for the final event.

    Timestamps are not exact fields. AppDynamics cannot calculate the exact time of events in a milestone because the event may occur at any point in method. For example, in the loan Business Journey above, the Credit Approval milestone may come from a log event. Your system may trigger a log at any point in the credit approval process. However, the start time of the Business Journey milestone can only be detected when the log event reaches AppDynamics. You may notice a slight difference in actual time due to this behavior. 

    Business Journey and Milestone Metrics

    The table below lists the metrics that are calculated out of the box for Business Journeys and milestones, which are the only metrics supported by Business Journeys. You cannot use metric queries created from an ADQL search for Business Journeys. 


    MetricDescription
    Milestones

    Average time taken

    Average of time taken to reach the current milestone from the previous milestone. Not applicable for the first milestone.


    Calls per minute

    Total number of Business Journeys that reached the milestone in the last one minute and started in the last 24 hours. 

    Business JourneysAverage total timeAverage of time to reach to completion for all Business Journeys that started in last one day and completed in the last one minute. Calculated taking the average value of totalTime field stored in all Business Journey events.
    Calls per minute

    Total number of Business Journeys that started in the last one minute. A Business Journey starts when AppDynamics detects the first milestone.


    Mandatory Fields

    Mandatory filters, mandatory fields, and fields extracted by default depend on the event type as shown in the following table.

    Event TypeMandatory FiltersMandatory FieldsFields extracted by Default
    Transactions

    Application Name

    Business Transaction Name

    Tier Name

    Primary Key

    eventTimestamp

    requestGuid

    requestExperience

    Logs

    Source Type

    Primary Key

    eventTimestamp

    logLevel

    logType

    Browser RUM

    AppKey

    Page Name

    Page Type

    Primary KeyeventTimestamp
    cguid
    pageexperience
    Mobile RUM

    AppKey

    Network Request Name

    Primary KeyeventTimestamp
    cguid
    networkrequestexperience
    Custom EventsSource TypenoneeventTimestamp

    For Custom Events, you must include a date in the field eventTimestamp for the Business Journey to register the event. See Analytics Events API for more information.



    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    多くの業界では、ログやエンドユーザモニタリング(EUM)データなど、複数のトランザクションとイベントタイプを対象とする複雑なワークフローとユーザプロセスがあります。これらのワークフローは、通常、マニフェストに時間がかかり、トランザクションだけを使用して調整できません。ビジネスプロセスは、複数のイベントソース間でデータフローをモニタして相関させる方法であり、定義されたビジネスワークフローのエンドツーエンドの合計時間を追跡します。

    さまざまな業界における一般的なマルチステップのワークフローには次のものがあります。

    • 金融サービス業界での支払いの送金、クレジットカードの承認、およびローンの承認
    • 通信事業者部門での携帯電話のアクティベーションとデータリチャージ(プリペイド)
    • 保険会社のポリシー承認および保険請求の承認による保険申し込み

    ビジネスプロセスについて

    AppDynamics ビジネスプロセスは、定義されたビジネス プロセス ワークフローに基づく複合イベントタイプです。ビジネスプロセスには、ログ、ビジネストランザクション、カスタムイベント、EUM データなど、複数の分析イベントタイプのイベントを含めることができます。 

    次の図は、loan approvals(ローン承認)という名前のビジネスプロセスの定義例を示しています。

    上記のように、以下を定義することによって、ビジネスプロセスを作成します。

    • マイルストーンとマイルストーンを構成するイベント。
      マイルストーンはビジネスワークフローのステップです。 
    • 各マイルストーンイベントからキャプチャするフィールド
      フィールドは、イベントに関連する情報のカテゴリを示します。 
    • 複数のイベントを一意に結び付けるプライマリキーフィールド。
      プライマリキーは、ビジネスプロセスのマイルストーンを関連付けます。プライマリキーの値が各マイルストーンイベントに存在する必要があります。
    • ローンの種類や支払い額など、ビジネスワークフローのさまざまな次元でセグメント化できる追加のフィールド。
    • ビジネスプロセスのパフォーマンスを監視するための正常性しきい値

    ビジネスプロセスを定義して有効にした後、Application Analytics によりビジネスプロセスイベントの収集が開始されます。Analytics では、ビジネスプロセスの複合イベントを収集するために過去に戻ることはありません。特定のビジネスプロセスを定義するには、ソース分析イベントからの追加フィールドの収集を設定する必要がある場合があります。詳細については、「ビジネスプロセスを定義するためのデータの前提条件」を参照してください。ビジネスプロセスイベントが収集されたら、他の Analytics イベントと同じ方法で Analytics Search UI からそれらを表示できます。ビジネスプロセスイベントは、その性質上、長時間実行される可能性があるプロセスであるため、Analytics イベントリストに表示されるまでに時間がかかる場合があります。ビジネスプロセスイベントは、1 つのマイルストーンだけが完了した場合でもレポートされ、イベントは後続のイベントが完了すると時間とともに更新されます。

    ビジネスプロセスの基本的な概念にすでに非常に詳しい場合、必要に応じて「Configure Business Journeys」または「View Business Journeys」に進んでください。

    Anchor
    マイルストーン
    マイルストーン
    ビジネスプロセスのマイルストーン

    マイルストーンとは、ビジネスワークフローの重要な段階をマーキングするイベントです。たとえば、ローンの申し込みでは、最初のマイルストーンは、ローンの申し込みを提出するユーザである場合があります。2 番目のマイルストーンはドキュメント検証であり、その後にクレジット承認、保険契約が続き、最後にローン承認があります。各ビジネスプロセスのマイルストーンでは、フィルタを追加してマイルストーンを構成するイベントを指定すること、およびフィールドを追加してワークフローに関する追加情報をキャプチャすることができます。これらのイベントとフィールドを使用して ADQL クエリを実行し、検索を絞り込むことができます。

    マイルストーンを作成すると、ビジネスワークフローの詳細を示すフローマップがビジネスプロセスページに自動的に表示されます。詳細については、「フローマップの有効化」を参照してください。

    Info

    ビジネスプロセスを作成する場合、そのビジネスプロセスのすべてのマイルストーンのプライマリキーに同じデータタイプを使用する必要があります。


    Anchor
    正常性しきい値
    正常性しきい値
    ビジネスプロセスの正常性しきい値

    しきい値は、許容可能なパフォーマンスまたは通常のパフォーマンスの境界です。ビジネスプロセスの作成で、ビジネスワークフローのパフォーマンスと比較するデフォルトの正常性しきい値を指定します。正常性しきい値は、ビジネスプロセスのすべてのマイルストーンを完了するための合計時間に基づいています。このしきい値は、一定期間における単純な移動平均からの標準偏差を特定することによって計算されます。デフォルトの期間は 2 時間です。つまり、過去 2 時間における平均エンドツーエンド時間が N ミリ秒であり、ビジネスプロセスで、N ミリ秒(ms)を超える標準偏差と同等の時間がかかる場合、しきい値に違反することになります。

    単純な移動平均が 1500 ミリ秒で、標準偏差が 100 ミリ秒であるとします。しきい値を 3 に設定した場合、しきい値は標準偏差の 3 倍となります。したがって、1500 +(3*100)ミリ秒、つまり 1800 ミリ秒よりも多く時間がかかるトランザクションは、正常性しきい値に違反します。

    ビジネスプロセス定義の正常性しきい値を設定する前に、次の点を考慮してください。

    • 標準偏差が計算される最小期間は 30 分です。
    • ビジネスプロセスが完了するまでの合計時間では、個別のビジネストランザクション時間は追加されません。これは、最後のイベントのタイムスタンプから最初のイベントのタイムスタンプを減算することによって計算されます。
    • totalTime の値が存在し、ゼロよりも大きい場合、ユーザエクスペリエンス([normal]、[slow]、[very slow]、[stall])がビジネスプロセスイベントに割り当てられます。マイルストーンが誤った順序で定義されている場合、イベントの合計時間がゼロ未満になる可能性があります。これは、順序が正しく定義された後でも発生する可能性がありますが、前のマイルストーンが後のマイルストーンと比べて将来の日付になるように、マイルストーンが時間順になっていません。
    • ビジネスプロセスの合計時間は、最初と最後の両方のマイルストーンイベントに到達した場合に計算されます。したがって、ユーザエクスペリエンスは、ビジネスプロセスの合計時間が利用可能になるまで特定および表示できません。 
    • マイルストーンでエラーが発生した場合(たとえば、requestExperience がエラーであるトランザクションイベントなど)、ビジネスプロセスイベント全体のユーザエクスペリエンスがエラーとしてマークされます。この場合、合計時間は使用できません。
    • 通常、マイルストーンにエラーがある場合、ビジネスプロセスのワークフロー全体が完了することはありません。ただし、何らかの理由で、マイルストーンエラーが発生してもすべてのマイルストーンが完了した場合は、ビジネスプロセスの合計時間が使用可能になります。ただし、この場合、ユーザエクスペリエンス全体はエラーとして保持され、[Normal]、[Slow] などに変更されることはありません。
    • ビジネスプロセスが初めて有効になると、ビジネスプロセスイベントが生成されます。標準偏差は 5 分ごとに計算されるため、最初のいくつかのビジネスプロセスイベントにはユーザエクスペリエンスは割り当てられません。

    Anchor
    フィルタおよびフィールド
    フィルタおよびフィールド
    フィルタおよびフィールド

    フィルタを使用すると、選択した基準に基づいて、 選択マイルストーンのイベントデータを抽出できます。たとえば、カリフォルニア州で提出されたローンの申し込みなどです。フィルタは、関連するイベントを制限することによって、マイルストーンの範囲を定義します。フィールドは、各マイルストーンから追加の関連情報を抽出します。 

    必須フィルタには、最後の 15 日間のデータが設定されます。過去 15 日間に分析データが収集されていない場合、必須フィールドのドロップダウンメニューは空になります。分析では、各イベントタイプの必須フィルタの他に、[Filter By] オプションを使用して追加のフィルタを選択することもできます。フィルタに含まれるすべてのフィールドとオプションで選択した追加のフィルタは、自動的に収集されます。これらを使用して、後で ADQL クエリを実行することができます。

    フィールドは、イベントに関連する情報のカテゴリを示します。Extract Fields セクションは、各マイルストーンから追加の関連情報を収集します。データを使用して、目的のイベントを照会し、マトリックスを可視化することができます。フィールドは必須フィールドとオプションフィールドに分類されます。入力する必要がある唯一の必須フィールドは、プライマリキーです。これは、ビジネスプロセスを構成するマイルストーンを結合する固有識別子です。

    プライマリキーに加えて、オプションで追加のフィールドを追加することもできます。これらのフィールドは、ビジネスプロセスの定義に関するコンテキストを提供します。たとえば、ローン金額、ローンタイプ、顧客名、カスタマー ID など、ローンの申し込みに関する詳細情報を提供します。これらのフィールド値を使用して、後でビジネス トランザクション データのスライスやダイスを行うことができます。マイルストーンごとに固有のフィールドを提供する必要があります。同じフィールドのセットがある複数のマイルストーンを作成した場合、または同じ必須フィルタとオプションフィルタのセットがある複数のマイルストーンを作成した場合、検証は失敗します。 

    マイルストーンごとに、milestoneReached という名前のフィールドが関連するイベントに追加されます。マイルストーンに到達した場合、値は true になります。それ以外の場合は NULL になります。このフィールドを使用して、マイルストーンに到達したすべてのイベントを照会できます。また、milestoneReached を使用して、各マイルストーンのドロップオフを表示するファネルウィジェットを作成することもできます。マイルストーン名が次のようにフィールド名に追加されます。

    • milestone1_name.milestoneReached
    • milestone2_name.milestoneReached

    同様に、デフォルトのフィールドとフィルタにもマイルストーン名による名前空間が付けられます。

    ビジネスプロセスレベルでは、completed という名前のフィールドにより、ブール値を使用してワークフローのステータスが追跡されます。True はビジネスプロセスが完了したことを表し、一方 False は、ビジネスプロセスが進行中であるか、または完了していないことを示します。Analytics Search UI または ADQL クエリを使用して、関連するイベントのステータスを表示するクエリ文字列 completed により、目的のビジネスプロセスを確認します。

    ビジネスプロセスを構成するマイルストーンのエンドツーエンドの時間は、[totalTime] フィールドによって表されます。このフィールドは、ビジネスプロセスが部分的に完了したときに空になります。各マイルストーンが完了し、イベントデータがビジネスプロセスイベントでキャプチャされると、合計時間が更新されます。 

    デフォルトで抽出される必須フィルタ、必須フィールド、およびフィールドは、次の表に示すように、イベントタイプによって異なります。

    イベントタイプ必須フィルタ必須フィールドデフォルトで抽出されるフィールド
    トランザクション

    アプリケーション名

    ビジネストランザクション名

    ティア名

    プライマリ鍵

    eventTimestamp

    requestGuid

    requestExperience

    ログ

    送信元タイプ(Source Type)

    プライマリ鍵

    eventTimestamp

    logLevel

    logType

    ブラウザRUM

    AppKey

    ページ名

    ページのタイプ

    プライマリ鍵eventTimestamp
    cguid
    pageexperience
    モバイルRUM

    AppKey

    ネットワーク要求名

    プライマリ鍵eventTimestamp
    cguid
    networkrequestexperience
    カスタム イベント送信元タイプ(Source Type)noneeventTimestamp