Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4

    ...

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    このトピックでは、Analytics の検索画面で使用可能な UI 要素について説明し、基本モードで検索を作成する方法を重点的に説明します。このモードは UI ではDrag and Drop Searchという名前でもあり、検索結果の複数ウィジェットでの可視化を実行できます。このモードでは、イベントタイプに対して収集されたフィールドに基づいて検索条件を追加します。フィールド検索を使用すると、フィールドのすべての値または特定の値を検索できます。 という名前でもあり、検索結果の複数ウィジェットでの可視化を実行できます。このモードでは、イベントタイプに対して収集されたフィールドに基づいて検索条件を追加します。フィールド検索を使用すると、フィールドのすべての値または特定の値を検索できます。 

    UI 要素

    検索を作成するために使用できる UI 要素は次のとおりです。

    • クエリバー:イベントタイプセレクタと [Add Criteria] ボタンで構成されます。
      Image Modified
      下矢印をクリックすると、使用可能なイベントタイプのドロップダウンリストが表示されます。[Add Criteria] をクリックすると、選択したイベントタイプの利用可能なフィールドが表示されます。
    • 検索ボックス:検索の範囲はコンテキストによって異なります。たとえば、フィールドリスト内のフィールドを検索して特定のフィールドを検索できます。
      Image RemovedImage Added
      ビジネストランザクションなどの一部のフィールドでは、用語を入力することで、その用語を含む値にリストを絞り込むことができます。
      Image RemovedImage Added 
      特定の数値フィールドにカーソルを合わせると、フィールドに関連付けられている基本統計情報を表示できます。
       
    • フィールド値セレクタ:フィールドを選択すると、そのフィールドの値のリストを示すドロップダウンが表示される場合があります。次に例を示します。
      Image RemovedImage Added 
    • テキストフィルタ:入力した用語で完全一致を実行できます。ワイルドカードがサポートされています。その他のオプションについては、「検索オプション」を参照してください。
      Image Modified
    • 組み合わせフィールドセレクタと検索:このフィールド値セレクタでは、値のリストと値リストで用語を検索する機能が組み合わされています。代わりにテキストフィルタを表示する Advanced オプションもあります。
      Image Modified
      テキストボックスをクリックすると、値のリストが表示されます。
      Image RemovedImage Added
      [Advanced Filter] と下矢印を再びクリックすると、テキストフィルタが表示されます。
      Image Modified 

    基本検索

    フィールドを使用して検索を作成するには、次のようにします。

    1. Analytics Search リストから [+ Add] をクリックします。
    2. 基本モードと複数ウィジェットでの可視化を使用するには、[Drag and Drop Search.

      ] を選択します。拡張モード(ADQL)と単一ウィジェットでの可視化を使用する方法について詳しくは、「Create Advanced Analytics Searches」を参照してください。
    3. [Data] タブで、検索するデータソースを選択します。
       
    4. 検索にフィルタを追加するには、[+Add Criteria] をクリックします。
      フィールド セレクタ ドロップダウンが表示されるため、使用するフィールドを選択できます。
    5. フィールドを選択します。フィールド名が検索条件行に表示されます。
    6. フィールド名の横にあるドロップダウンをクリックして、フィールド値セレクタを開きます。 フィールドの値を選択します。 フィールド名の横にあるドロップダウンをクリックして、フィールド値セレクタを開きます。 フィールドの値を選択します。 

      アプリケーション、ビジネストランザクション、ノードなどのフィールドには、使用可能な値のリストが表示されます。一部のフィールドには、そのフィールドの値をフィルタリングするための条件を入力できる検索ボックスが表示されます。アプリケーション、ビジネストランザクション、ノードなどのフィールドには、使用可能な値のリストが表示されます。一部のフィールドには、そのフィールドの値をフィルタリングするための条件を入力できる検索ボックスが表示されます。

    Anchor
    search_options
    search_options
    検索オプション

    フリーテキスト検索とテキストフィルタの動作について、次の表で説明します。

    エントリのタイプ分析済み非分析
    term

    この用語を含むエントリを検索します。この検索では大文字と小文字は区別されません。

    たとえば、「great」という用語を使用すると、「great」と「AppDynamics is great」が検索されます。

    完全一致を検索します。 is大文字と小文字が区別されます。

    • たとえば、「order」という用語を使用すると、「order」が検索されますが、「/PlaceOrder」は検索されません。
    term1 term2用語の表示順に関係なく、term1term2 の両方を含む結果が返されます。

    用語は暗黙的に AND 処理されます。

    完全一致を検索し、「term1 term2」を含む結果を検索します。

    term1, term2これは、スペースで区切られた用語のリストと同じように機能します。

    用語は暗黙的に OR 処理されます。

    term1 または term2 のいずれかの完全一致を検索します。

    term*

    term?

    この文字列に文字が 1 つ <?> または複数 <*> 追加された値があるすべてのフィールドを検索します。

    すべての非英数字フィールドは区切り文字であるため、エスケープ文字は効果がありません。

    この文字列に文字が 1 つ <?> または複数 <*> 追加された値があるすべてのフィールドを検索します。

    ワイルドカード文字を含むフィールドを検索するには、「\」を使用してエスケープします。

    NOT term NOT 比較演算子を使用すると、用語以外のすべてを検索できます。NOT は、この表のどのエントリでも使用できます。 NOT 比較演算子を使用すると、用語以外のすべてを検索できます。NOT は、この表のどのエントリでも使用できます。

    ログ分析でのフリーテキスト検索

    ログ分析では、メッセージフィールドを検索するためにフリーテキスト検索を使用できます。これにより、メッセージフィールドの任意の場所で任意のキーワードまたは文字列を検索できます。 

    Image RemovedImage Added