Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.3
    Sv translation
    languageen

    You can use Analytics to query your Browser Request event data and create a JavaScript exception and error summary dashboard.

    The following procedure assumes that you have configured and enabled the reporting of the JavaScript errors for Browser RUM and that JavaScript errors exist in the Events Service.

    Using ADQL, you can search for the errors and then export a chart visualizing the results to a custom dashboard.

    1. From the Analytics tab in the Controller UI, click Add to access the Analytics Search page.
    2. Select Advanced mode and enter the following query:
      SELECT scripterrordata.message, count(*) FROM browser_records WHERE scripterrordata.message IS NOT NULL. The results are shown on the visualization tab similar to the following:
      Image Modified 
    3. Select the chart type you prefer to visualize the results.
      Image Modified
    4. From the Actions menu, click Add to Dashboard and either create a new dashboard or add it to your existing dashboard.
      Now you can customize the dashboard as needed with labels or other widgets and data.

    You can also leverage additional fields such as scripterrordata.origin or pagename to group the errors together. The additional fields are the following:

    • scripterrordata.linenumber
    • scripterrordata.origin
    • scripterrordata.timestamp

    Image Modified

    Sv translation
    languageja

    分析を使用して、ブラウザ リクエスト イベント データを照会し、JavaScript 例外とエラーのサマリーダッシュボードを作成できます。

    次の手順は、ブラウザ RUM の JavaScript エラーのレポートを設定して有効にしていて、イベントサービスに JavaScript エラーが存在することを前提としています。

    ADQL を使用すると、エラーを検索してから、その結果を視覚化したグラフをカスタムダッシュボードにエクスポートできます。

    1. コントローラ UI の [Analytics] タブで、[Add] をクリックして Analytics Search ページにアクセスします。
    2. [Advanced] モードを選択し、次のクエリを入力します。
      SELECT scripterrordata.message, count(*) FROM browser_records WHERE scripterrordata.message IS NOT NULL。結果は、[Visualization] タブに次のように表示されます。
      Image Added 
    3. 結果を可視化するグラフの種類を選択します。
      Image Added
    4. [Actions] メニューから、[Add to Dashboard] をクリックし、新しいダッシュボードを作成するか、既存のダッシュボードに追加します。
      これで、ラベルやその他のウィジェットおよびデータを使用して、必要に応じてダッシュボードをカスタマイズできます。

    エラーをまとめてグループ化するために、scripterrordata.origin や pagename などの追加フィールドを利用することもできます。追加のフィールドは次のとおりです。

    • scripterrordata.linenumber
    • scripterrordata.origin
    • scripterrordata.timestamp

    Image Added