Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    Transaction snapshots capture SQL database calls. The SQL calls can contain useful business data. Analytics SQL data collectors are a way to collect the business data from SQL parameters for use in transaction analytics.

    To configure an Analytics SQL data collector you need to know the following: 

    • Analytics-enabled application where the SQL call is executed.
    • Database target of the SQL call.
    • Specific SQL parameterized statement that contains the data of interest as a query parameter. 
    • Analytics-enabled business transactions making the database call.
    • Parameters to be collected.

    This feature is supported as follows:

    • The SQL data collector list shows the slowest database calls over the last 30 days. You can also create a SQL data collector directly from the DB & Remote Service Calls tab of a snapshot.
    • Requires 4.3 Java Agent or 4.3 .NET Agent.
    • Only prepared statements containing data of interest as binding variables can be used. Literal strings that are passed in can not be collected.
    • There is a 500-character limit on the length of the SQL statement. Do not use any truncated queries that might appear in the SQL Statements list or a snapshot.
    • The overall number of executions of SQL queries configured to collect Analytics data is limited to 10K. This is configurable using the analytics-sql-cpm-limit node property. See App Agent Node Properties.

    Configure SQL Data Collectors From Analytics

    1. In the Controller UI, from the top navigation bar, select Analytics > Configuration.
    2. From the Transaction Analytics tab, select the application from the Configure Analytics for Application drop-down list and confirm that analytics data collection is enabled.
    3. Scroll down to expand the SQL Data Collectors section, and click Add.


    4. Name your data collector and indicate if the collector should apply to new business transactions.
    5. Select the appropriate database.
      Once you do this, a list of available SQL statements is displayed showing the slowest database calls over the last 30 days. This timeframe is not configurable.
       
    6. Define the data to collect.
      1. Select the SQL prepared statement containing the parameter that you want to capture for analytics.
      2. Click Add to specify the data to be collected.
      3. Type a display name for the data you are collecting.
        This name appears in the Analytics UI Fields list when the data is collected and passed to Analytics.
      4. Specify the data type and method parameter index.

      5. Click Save.
      6. Click Create SQL Data Collector.
    7. Specify the business transactions that will use this collector and click Save.
       

    Configure SQL Data Collectors From Snapshots

    This procedure provides a shortcut way to set up the configuration for an Analytics SQL data collector for a database call captured in an application transaction snapshot. You need to find the transaction snapshot of interest and drill down to the node that contains the database call of interest.

    1. From the DB & Remote Service Calls tab of a snapshot containing the SQL call of interest, select the prepared statement that contains the data you want to collect for analytics.
    2. Right-click the query and select Configure Data Collector from the context menu.
      You see the Data Collection window.
       
    3. Type a display name for the data you are collecting.
    4. Specify the type and the parameter to collect and click Save.
    5. Select the business transactions from which to collect the data and click Save.

    View SQL Data in Analytics

    After the data is successfully collected for analytics, you see the fields in the Fields list in a section labeled SQL Data. This can take a few minutes depending on your application and the frequency of transactions executing the relevant SQL query.



    Sv translation
    languageja


    トランザクション スナップショットは、SQL データベースコールをキャプチャします。SQL コールには、有用なビジネスデータを含めることができます。Analytics SQL data collectors are a way to collect the business data from SQL parameters for use in transaction analytics.データコレクタは、SQL パラメータからビジネスデータを収集し、トランザクション分析に使用する方法です。

    Analytics SQL データコレクタを設定するには、次のことを把握しておく必要があります。

    • SQL コールが実行される分析対応アプリケーション。
    • SQL コールのデータベースターゲット。
    • クエリパラメータとして対象のデータを含む特定の SQL パラメータ化ステートメント。 
    • データベースコールを実行する分析対応ビジネストランザクション。
    • 収集するパラメータ。

    この機能は、以下のようにサポートされています。

    • SQL データコレクタのリストには、過去 30 日間における最も遅いデータベースコールが表示されます。スナップショットの [DB & Remote Service Calls] タブから直接 SQL データコレクタを作成することもできます。
    • 4.3 Java エージェントまたは 4.3 .NET エージェントが必要です。
    • バインド変数として目的のデータを含む準備されたステートメントのみを使用できます。渡されたリテラル文字列は収集できません。
    • SQL ステートメントの長さには 500 文字の制限があります。SQL ステートメントリストまたはスナップショットに表示される切り捨てられたクエリは使用しないでください。
    • 分析データを収集するように設定された SQL クエリの実行の総数は、10K に制限されます。これは、analytics-sql-cpm-limit ノードプロパティを使用して設定できます。「App Agent Node Properties」を参照してください。

    分析からの SQL データコレクタの設定

    1. コントローラ UI で、上部のナビゲーションバーから Analytics > Configuration を選択します。
    2. [Transaction Analytics] タブで、[Configure Analytics for Application] ドロップダウンリストからアプリケーションを選択し、分析データの収集が有効になっていることを確認します。
    3. 下にスクロールして [SQL Data Collectors] セクションを展開し、[Add] をクリックします。


    4. データコレクタに名前を付け、コレクタを新しいビジネストランザクションに適用するかどうかを示します。
    5. 該当するデータベースを選択します。
      これを実行すると、使用可能な SQL ステートメントのリストが表示され、過去 30 日間における最も遅いデータベースコールが示されます。このタイムフレームは設定できません。
       
    6. 収集するデータを定義します。
      1. 分析用にキャプチャするパラメータを含む準備した SQL ステートメントを選択します。
      2. [Add] をクリックして収集するデータを指定します。
      3. 収集するデータの表示名を入力します。
        この名前は、データが収集され、分析に渡されるときに、分析 UI のフィールドリストに表示されます。
      4. データ型とメソッド パラメータ インデックスを指定します。

      5. Save をクリックします。
      6. Create SQL Data Collector をクリックします。
    7. このコレクタを使用するビジネストランザクションを指定し、[Save] をクリックします。
      Image RemovedImage Added 

    スナップショットからの SQL データコレクタの設定

    この手順では、アプリケーション トランザクション スナップショットでキャプチャされたデータベースコールに対して Analytics SQL データコレクタの設定を行うショートカットの方法を説明します。目的のトランザクション スナップショットを見つけ、目的のデータベースコールが含まれているノードにドリルダウンする必要があります。

    1. 目的の SQL コールが含まれているスナップショットの [DB & Remote Service Calls] タブで、分析用に収集するデータを含む準備済みステートメントを選択します。
    2. クエリを右クリックして、コンテキストメニューから [Configure Data Collector] を選択します。
      [Data Collection] ウィンドウが表示されます。
       
    3. 収集するデータの表示名を入力します。
    4. 収集する型とパラメータを指定し、[Save] をクリックします。
    5. データを収集するビジネストランザクションを選択し、[Save] をクリックします。

    分析での SQL データの表示

    分析用にデータが正常に収集されると、[Fields] リストの [SQL Data] というセクションにフィールドが表示されます。これには、アプリケーションと、関連する SQL クエリを実行するトランザクションの頻度によって数分かかることがあります。