Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Database Visibility provides metrics on the performance of your database and helps troubleshoot performance-related issues. 

    Components of Database Visibility

    AppDynamics Database Visibility consists of four main components: 

    • Database Agent
    • Collector
    • Controller
    • Events Service (on-premises only)

    Database Agent

    The AppDynamics Database Agent is a standalone Java program that collects performance metrics about your database instances and database servers. You can deploy the Database Agent on any machine running Java 1.8 or higher. The machine must have network access to the AppDynamics Controller and the database instance that you want to be monitored.

    A database agent running on a typical machine with 16 GB of memory can monitor about 25 databases. On larger machines, a database agent can monitor up to 200 databases. To monitor more than 100 databases, increase the initially allocated heap size for the Database Agent JVM. See Database Visibility Supported Environments 

    Collector

    The Database Agent Collector is the process that runs within the Database Agent to collect performance metrics about your database instances and database servers. One collector collects metrics for one database instance. Multiple collectors can run in one Database Agent.

    AppDynamics Database Visibility detects when a database back end has matching credentials with a database server being monitored by a collector. Database Visibility automatically associates the back end with the collector, so you can view its performance with the Application Flow Map, Tier Flow Map, or Node Flow Map.

    Controller

    The Controller is the central interface where you can see all your database instances and database server performance metrics. 

    The following types of information are sent to the Controller:

    • Database-level metrics, such as the number of queries processed and other database statistics
    • Names and attributes of all sessions, clients, queries, and other objects on the monitored system

    Events Service

    Event service stores high volumes of metric data. If you are using the on-premises version of Database Visibility, you must install the Events Service.

    The following types of information are sent to the Events Service:

    • Time that each query spends at each wait state
    • Individual query statistics for databases that support it
    • Information about individual execution plans in databases that support it

    Image Modified

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    データベースの可視性により、データベースのパフォーマンスに関するメトリックが提供され、パフォーマンス関連の問題のトラブルシューティングを行うことができます。 

    データベースの可視性のコンポーネント

    AppDynamics データベースの可視性は、次の 4 つの主なコンポーネントで構成されています。

    1. データベースエージェント
    2. コレクタ
    3. コントローラ
    4. イベントサービス(オンプレミスのみ)

    データベースエージェント

    AppDynamics データベースエージェントは、データベースインスタンスやデータベースサーバに関するパフォーマンスメトリックを収集するスタンドアロン Java プログラムです。

    データベースエージェントは、Java 1.8 以上を実行している任意のマシンで展開できます。マシンは、AppDynamics コントローラと、モニタ対象のデータベースインスタンスにネットワークアクセスできる必要があります。

    16 GB のメモリを搭載した一般的なマシンで実行されているデータベースエージェントは、約 25 のデータベースをモニタできます。大規模なマシンでは、データベースエージェントは最大 200 のデータベースをモニタできます。100 を超えるデータベースをモニタするには、データベースエージェント JVM に最初に割り当てられるヒープサイズを増やします。「データベースの可視性がサポートされる環境」を参照してください。

    コレクタ

    データベース エージェント コレクタは、データベースエージェント内で実行し、データベースインスタンスやデータベースサーバに関するパフォーマンスメトリックを収集するプロセスです。1 つのコレクタは 1 つのデータベースインスタンスのメトリックを収集します。1 つのデータベースエージェントでは複数のコレクタを実行できます。

    AppDynamics データベースの可視性は、データベースのバックエンドが、コレクタによってモニタされているデータベースサーバと一致するログイン情報を持っていることを検出します。バックエンドはデータベースの可視性によってコレクタに自動的に関連付けられるため、アプリケーション フロー マップ、ティアフローマップ、またはノードフローマップを使用してパフォーマンスを表示できます。

    コントローラ

    コントローラは、すべてのデータベースインスタンスとデータベースサーバのパフォーマンスメトリックを表示できる中央インターフェイスです。 

    コントローラには、次のタイプの情報が送信されます。

    • 処理されたクエリの数やその他のデータベース統計などのデータベースレベルのメトリック
    • モニタ対象システム上のすべてのセッション、クライアント、クエリ、およびその他のオブジェクトの名前と属性

    イベントサービス

    イベントサービスは、大量のメトリックデータを保存します。オンプレミスバージョンのデータベースの可視性を使用している場合は、イベントサービスをインストールする必要があります。

    イベントサービスには、次のタイプの情報が送信されます。

    • 各待機状態で各クエリが費やした時間
    • サポートするデータベースの個々のクエリ統計情報
    • サポートするデータベースの個々の実行プランに関する情報

    Image Added