Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    With Database Visibility, you can extend monitoring by specifying SQL queries that you want to run on the monitored database in addition to the queries run during normal database activity. You can schedule these custom queries to run at regular intervals and collect the results in a custom metric.

    To specify custom queries to run:

    1. Navigate to Configuration > Custom Metrics > New
    2. Complete the following fields:

    Name: The name you want to name your custom metric. Once you create a custom metric/event, you cannot change its name.

    Custom Query Metric Type: The type of result that you want from the query. 

        • Select the Metric type to generate metrics for which health rules can be defined. Metrics of this type are displayed in the metric browser or in the Custom Metrics tab of each collector.

        • Select the Event Data type to generate custom events whenever the custom query output is non-empty. If you want to be notified when a custom event occurs, you can create a policy that is triggered by that custom event. Custom events are displayed in the Events tab. If the custom query outputs multiple rows, the first 40 rows will be included in the event details. Each row displays a maximum of 5000 characters, including the column separators (|).

    Database Type: The database platform that you want to run the metric on.

    Databases: The database instances that you want to run the metric on. You can run the metric on all database instances of the specified database type, or on specific database instances that you specify.

    Schedule: The time interval at which you want to run the query. For metric type custom queries, the metric value reported in between the specified intervals is the value observed in the previous query execution.

    Query Text: The query that you want to execute. If you are creating a custom metric of Metric type, its query must have one of the following return types:

        • Positive integer. For example, the query below returns a positive integer.

          Code Block
          SELECT COUNT(*) FROM employees
        • String and positive integer. For example, the query below returns a string and a positive integer.

          Code Block
          SELECT name, salary FROM employees
    Info

    When you create a custom query, it appears for all collectors, but its data only reflects the collector that you created it for.

    You can test the semantics of the query and also validate the results by clicking the Test Query button.

    Info
    titleNote

    The results are validated only if the database agent version is greater than 4.5.5.


    The following points provide information about using limits when configuring custom metrics:

    • The total number of custom metrics or events that you can create per account is the product of total number of Collectors and dbmon.config.max.custommetric.
      By default, the value of dbmon.config.max.custommetric is 40. You can adjust the limit up to 150 using the dbmon.config.max.custommetric property in the Controller settings.
    • Up to 150 custom metrics can be reported per collector per minute.
    • You can increase the custom metrics limit from the agent configuration properties by using the key, dbagent.custom.metric.reportable.per.server and the Max value 150. For more information about including the key value, see Database Agent Configuration Properties.
    • The maximum limit configured in the agent takes precedence and overrides the maximum limit configured at account level and controller level. Therefore, the priority order is as following:
      1. Agent level configuration
      2. Account-level configuration
      3. Controller level configuration

    Custom metrics are supported for all relational databases: MySQL, Microsoft SQL Server, Oracle, PostgreSQL, DB2, and Sybase.

    View Custom Metrics

    You can view your custom metrics in the following locations:

    • Navigate to DatabasesMetric Browser and expand the database that you want to view custom metrics for.
    • In Databases, open a database instance, then click the Custom Metrics tab.
       
       
       
    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    データベースの可視性を使用すると、通常のデータベースアクティビティ中に実行されたクエリに加えて、モニタ対象のデータベースで実行する SQL クエリを指定することによって、モニタリングを拡張できます。これらのカスタムクエリを定期的に実行するようにスケジュールし、カスタムメトリックで結果を収集することができます。

    実行するカスタムクエリを指定するには、次のようにします。

    1. [Configuration > Custom Metrics > New] に移動します。 
    2. 次のフィールドに入力します。

    Name:カスタムメトリックに付ける名前。カスタムメトリック/イベントを作成した後は、その名前を変更することはできません。

    Custom Query Metric Type:クエリから必要な結果のタイプ。 

        • 正常性ルールを定義できるメトリックを生成するには、[Metric ] タイプを選択します。このタイプのメトリックは、メトリックブラウザまたは各コレクタの [Custom Metrics ] タブに表示されます。

        • カスタムクエリ出力が空でない場合は常にカスタムイベントを生成するには、[Event Data ] タイプを選択します。カスタムイベントが発生したときに通知されるようにするには、そのカスタムイベントによってトリガーされるポリシーを作成できます。カスタムイベントは [Events ] タブに表示されます。カスタムクエリによって複数の行が出力される場合、最初の 40 行がイベントの詳細に含まれます。各行には、カラム区切り記号(|)を含め、最大 5000 文字が表示されます。

    Database Type:メトリックを実行するデータベース プラットフォーム。

    Databases:メトリックを実行するデータベースインスタンス。メトリックは、指定したデータベースタイプのすべてのデータベースインスタンス、または指定した特定のデータベースインスタンスに対して実行できます。

    Schedule:クエリを実行する時間間隔。メトリックタイプのカスタムクエリの場合、指定された間隔の間で報告されるメトリック値は、前のクエリ実行で確認された値です。

    Query Text:実行するクエリ。メトリックタイプのカスタムメトリックを作成する場合、クエリには次のいずれかの戻り値の型を指定する必要があります。

        • 正の整数。たとえば、次のクエリは正の整数を返します。

          Code Block
          SELECT COUNT(*) FROM employees
        • 文字列と正の整数。たとえば、次のクエリは文字列と正の整数を返します。

          Code Block
          SELECT name, salary FROM employees
    Info

    カスタムクエリを作成すると、すべてのコレクタで表示されますが、そのデータは作成したコレクタだけを反映します。

    クエリのセマンティクスをテストし、[Test Query] ボタンをクリックして結果を検証することもできます。

    Info
    title注意

    結果は、データベースエージェントのバージョンが 4.5.5 よりも大きい場合にのみ検証されます。


    カスタムメトリックを構成する際は、次の制限が適用されます。

    • アカウントごとに作成できるカスタムメトリックまたはイベントの合計数は、total number of Collectors の積です。dbmon.config.max.custommetric.
      デフォルトでは、dbmon.config.max.custommetric の値は 20 です。コントローラ設定 [dbmon.config.max.custommetric] プロパティを使用して、上限を 50 まで調整できます。
    • 1 分あたりコレクタごとに最大 40 のカスタムメトリックを報告できます。

    カスタムメトリックは、MySQL、Microsoft SQL Server、Oracle、PostgreSQL、DB2、および Sybase のすべてのリレーショナルデータベースでサポートされます。

    カスタムメトリックの表示

    カスタムメトリックは、次の場所で表示できます。

    • [Databases] > [Metric Browser ] に移動し、カスタムメトリックを表示するデータベースを展開します。
    • [Databases] で、データベースインスタンスを開き、[Custom Metrics] タブをクリックします。