Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The Live View displays current activity for the database server. The live view shows key performance metrics for the last time period, which can be refreshed in a specified time interval between 10 seconds and 5 minutes. 

    Access the Database Live Window

    To access the Database Live Window

    1. To view a database's current performance, click the name of the database.
    2. Click the Live View tab.
    3. For clustered databases, select the node to view its details.

    Features of the Database Live Window

    On the Database Live window you can:

    • Select the Auto Refresh box and then from the Every list, choose how often you want the system to update the live view.

    • Click the down arrow next to the database collector name at the top of the page to choose to view the live view of a different database Collector by either selecting the database Collector name from the list or by searching for the database collector by entering text in the search bar and then clicking the refresh icon to show only database collectors that meet that search criteria.

    • Hover over the sections of the charts to see their details.

    • Click the View list to view All Active Sessions or All Sessions.
    • Click a column title on the Session List to sort the Session List using the clicked column as the sort key.

    On the Database Live window you can see the following information:

    • CPU Usage: If you have enabled Hardware Monitoring for the server the chart shows the percentage of available CPU resources consumed by users and the system and a break down of how the CPU is being used.
      • IO - Disk input and output. 
      • System - Database operating system activities. 
      • User - User interaction with the database.
    • Memory Usage: Displays how much memory is in use and how much is available.
    • Query wait statesActivities that contribute to the time it takes the database to service the request. The wait states consuming the most time may point to performance bottlenecks. For example, database file sequential reads may be caused by segment header contention on indexes or by disk contention.
    • Session List: A table describing database usage instances and their properties. The database session is the application interaction with the database, a new session is started for each request. The columns displayed are database dependent.
    • Blocking Tree: A tree showing all the sessions causing blocks. Nested under each blocking session are the sessions being blocked and the corresponding queries and blocked objects.

    For SQL Server, the CPU Usage and Memory Usage statistics are displayed in Live View even when hardware monitoring is disabled.

    In the Live View for database clusters, you must select a node from the dropdown menu to view that node's activity.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    [Live View] には、データベースサーバの現在のアクティビティが表示されます。[Live View] には、直近の期間の主要なパフォーマンスメトリックが表示されます。このメトリックは、10 秒から 5 分の指定した期間で更新できます。 

    [Database Live] ウィンドウへのアクセス

    To access the Database Live Window

    1. データベースの現在のパフォーマンスを表示するには、データベースの名前をクリックします。
    2. [Live View] タブをクリックします。
    3. クラスタ化されたデータベースの場合は、ノードを選択してその詳細を表示します。

    [Database Live] ウィンドウの機能

    [Database Live] ウィンドウでは、次のことができます。

    • [Auto Refresh] チェックボックスをオンにして、[Every] リストからライブビューを更新する頻度を選択します。

    • ページ上部のデータベースコレクタ名の横にある下矢印をクリックして、次のいずれかの方法で別のデータベースコレクタのライブビューを表示できます。リストからデータベースコレクタ名を選択するか、または次のように入力してデータベースコレクタを検索します。検索バーにテキストを入力して更新アイコンをクリックすると、その検索条件に一致するデータベースコレクタのみが表示されます。

    • チャートのセクションにカーソルを合わせると、それらの詳細が表示されます。

    • すべてのアクティブなセッションまたはすべてのセッションを表示するには、[View] リストをクリックします。
    • [Session List] のカラムタイトルをクリックすると、クリックしたカラムをソートキーとして使用してセッションリストがソートされます。

    [Database Live] ウィンドウには、次の情報が表示されます。

    • CPU Usage:サーバのハードウェアモニタリングを有効にしている場合、チャートには、ユーザとシステムによって使用された使用可能な CPU リソースの割合と、CPU の使用状況の内訳が表示されます。
      • IO:ディスクの入出力。 
      • System:データベースのオペレーティングシステムのアクティビティ。 
      • User:データベースとのユーザインタラクション。
    • Memory Usage:使用中のメモリ量と使用可能な量を表示します。
    • Query wait statesデータベースがリクエストにサービスを提供するためにかかる時間に寄与するアクティビティ。最も時間がかかっている待機状態は、パフォーマンスのボトルネックを指している可能性があります。たとえば、database file sequential read は、インデックス上のセグメントヘッダーの競合またはディスクの競合が原因で発生している可能性があります。
    • Session List:データベース使用状況インスタンスとそのプロパティを説明するテーブル。データベースセッションはデータベースとのアプリケーション インタラクションであり、リクエストごとに新しいセッションが開始されます。表示されるカラムは、データベースによって異なります。
    • Blocking Tree:ブロックを発生させているすべてのセッションを示すツリー。各ブロッキングセッションでネストされているのは、ブロックされているセッションと、対応するクエリ、およびブロックされたオブジェクトです。

    SQL Server では、ハードウェアのモニタリングが無効になっている場合でも、[CPU Usage] と [Memory Usage] の統計が [Live View] に表示されます。

    データベースクラスタの [Live View] では、ドロップダウンメニューからノードを選択してそのノードのアクティビティを表示する必要があります。