Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    You can enable the database agent to start automatically whenever the machine starts up. To do so, create an initialization script for starting the agent.

    1. Create an initialization script that starts the agent, as in the sample initialization script that is an attachment to this page.

      In your script, set the JAVA and AGENT_HOME values to the paths for your system. Also configure agent options and heap size, as needed.

    2. Enable execution permissions for the script. For example, given an initialization script named db-agent, enter:

      No Format
      sudo chmod 775 db-agent
    3. Place the script in the initialization directory on your system, typically /etc/init.d. Alternatively, create a symbolic link to the script from the init.d directory to the script if you want to keep it in another location. 

    4. Add the script as a service as follows:

      • On Red Hat and most Linux Operating Systems, run these commands, replacing "db-agent" with the name of your file or symbolic link:

        No Format
        chkconfig --add db-agent 
        chkconfig --level 2345 db-agent on

         

      • On Ubuntu and Debian Operating Systems, run this command, replacing "appdcontroller" with the name of your file or symbolic link:

        No Format
        update-rc.d -f db-agent start 99 2 3 4 5 . 

        In the command: 

        • start is the argument given to the script (start, stop).
        • 99 is the start order of the script (1 = first one, 99 = last one)
        • 2 3 4 5 are the runlevels to start
        • Be sure to include the dot (.) at the end of the command.

    The Database Agent now starts automatically upon machine startup. When setting the agent to automatically start up using Task Scheduler when the machine starts or restarts, ensure the agent runs with the highest privileges available. 

    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    マシンが起動するたびにデータベースエージェントを自動的に起動できるようにすることができます。これを行うには、エージェントを起動するための初期化スクリプトを作成します。

    1. このページの添付ファイルであるサンプル初期化スクリプトのように、エージェントを起動する初期化スクリプトを作成します。

      スクリプトでは、JAVA および AGENT_HOME の値をシステムのパスに設定します。また、必要に応じて、エージェントオプションとヒープサイズも構成します。

    2. スクリプトの実行権限を有効にします。たとえば、db-agent という名前の初期化スクリプトである場合は、以下を入力します。

      No Format
      sudo chmod 775 db-agent
    3. スクリプトをシステムの初期化ディレクトリ(通常は/etc/init.d)に配置します。または、別の場所に保存する場合は、init.d ディレクトリからスクリプトへのシンボリックリンクを作成します。 

    4. 次のように、スクリプトをサービスとして追加します。

      • Red Hat およびほとんどの Linux オペレーティングシステムでは、「db-agent」をファイルまたはシンボリックリンクの名前に置き換えて次のコマンドを実行します。

        No Format
        chkconfig --add db-agent 
        chkconfig --level 2345 db-agent on

         

      • Ubuntu および Debian オペレーティングシステムでは、「appdcontroller」をファイルまたはシンボリックリンクの名前に置き換えて次のコマンドを実行します

        No Format
        update-rc.d -f db-agent start 99 2 3 4 5 . 

        コマンドでは、次のようになります。

        • start は、スクリプト(start、stop)に指定された引数です。
        • 99 はスクリプトの起動順序(1 = 最初、99 = 最後)です。
        • 2 3 4 5 は起動するランレベルです。
        • コマンドの最後にドット(.)が含まれていることを確認してください。

    これで、データベースエージェントはマシンの起動時に自動的に起動されるようになります。マシンが起動または再起動したときに、タスクスケジューラを使用して自動的に起動するようにエージェントを設定する場合は、エージェントが使用可能な最も高い権限で実行されていることを確認します。