Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    Start the Agent

    If you are using an on-premises version of Database Visibility, you must start the Events Service before you start the Database Agent. Before starting the agent, you must configure the properties in this file.  You must specify these properties: Controller Host Property, Controller Port Property, and Account Access Key Property.

    Start the Agent in a Command Shell

    The following assumes that all the necessary parameters have been specified in the controller-info.xml. The controller-info.xml file describes the properties of agent to Controller communications. Note that <db_agent_home> is the absolute path to the location where the Database Agent is installed. Setting the heap size is recommended as shown below. See Database Visibility System Requirements for more information.

    Windows

    cd <db_agent_home>

    start-dbagent.bat -Xms<min_heap_size> -Xmx<max_heap_size>

    Linux

    cd <db_agent_home>

    ./start-dbagent -Xms<min_heap_size> -Xmx<max_heap_size> &

    Start the Agent as a Service

    See Install the Database Agent as a Windows ServiceStart the Database Agent Automatically on Windows, and Start the Database Agent Automatically on Linux.

    Stop the Agent

    Stop the Agent in a Command Shell

    If the Database Agent process is running in the background, you can stop it by simply entering the kill command with the process ID as the argument. If it is running in the foreground in a console, you can press Ctrl+C to shut down the agent.

    Stop the Agent Service in Windows

    In the Windows Services application, select AppDynamics Database Agent and click Stop.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    エージェントの起動

    オンプレミスバージョンのデータベースの可視性を使用している場合は、データベースエージェントを起動する前にイベントサービスを開始する必要があります。エージェントを起動する前に、このファイルのプロパティを構成する必要があります。Controller Host Property、Controller Port Property、および Account Access Key Property のプロパティを指定する必要があります。

    コマンドシェルでのエージェントの起動

    以下は、必要なすべてのパラメータが controller-info.xml で指定されていることを前提としています。controller-info.xml ファイルには、エージェントとコントローラ間の通信のプロパティが記述されています。<db_agent_home> は、データベースエージェントがインストールされている場所への絶対パスであることに注意してください。次に示すように、ヒープサイズを設定することを推奨します。詳細については、「Database Visibility System Requirements」を参照してください。

    Windows

    cd <db_agent_home>

    start-dbagent.bat -Xms<min_heap_size> -Xmx<max_heap_size>

    Linux

    cd <db_agent_home>

    ./start-dbagent -Xms<min_heap_size> -Xmx<max_heap_size> &

    サービスとしてのエージェントの起動

    See Install the Database Agent as a Windows Service」、「Start the Database Agent Automatically on Windows, and 」、および「Start the Database Agent Automatically on Linux.」を参照してください。

    エージェントの停止

    コマンドシェルでのエージェントの停止

    データベース エージェント プロセスがバックグラウンドで実行されている場合は、引数としてプロセス ID を指定して kill コマンドを入力するだけで停止できます。コンソールのフォアグラウンドで実行されている場合は、Ctrl+C を押してエージェントをシャットダウンできます。

    Windows でのエージェントサービスの停止

    Windows サービスアプリケーションで、[AppDynamics Database Agent] を選択し、[Stop] をクリックします。