Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    AppDynamics IoT Monitoring enables you to track and understand the transactions of your IoT applications. Because IoT devices are diverse, both in terms of the platforms they use and their business function, AppDynamics has developed a REST API in addition to language SDKs to provide the maximum flexibility for reporting IoT data. This API can be used from any device that supports HTTPS and is connected to the Internet.

    IoT Monitoring requires application developers to instrument their code. To make this process easier, AppDynamics has developed C/C++ and Java SDKs, so that developers using the platforms supporting these languages can leverage the features of the SDK instead of using the REST API. The IoT SDKs  use the REST APIs to report IoT Data to the EUM Server , where the data is aggregated and made available to the AppDynamics Controller and the Events Service as shown in the diagram below.

    Benefits of IoT Monitoring

    IoT Monitoring enables you to capture and diagnose network requests, errors, and custom application and domain-specific events for applications running on devices that impact business objectives.

    With IoT Monitoring, you can monitor the following for devices:

    • Availability
    • Network Performance:
      • slow interaction
      • latency between the device and backend services
    • Usage: User and system behavior and patterns
    • Errors and Exceptions

    IoT Monitoring Use Cases

    IoT applications are typically embedded applications running on connected devices. This section focuses on how IoT Monitoring can collect and report data for the most common categories of IoT applications. 

    In the tabs below, you can view these IoT app categories and see how a typical example of each would use the three supported IoT Monitoring events to report data.

    Tabs Container
    Width1000px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameRetail
    titleRetail

    This category of IoT apps process orders, payments, and manage product inventory. Examples include point of sale (PoS) devices, smart shelves, and gateways (local servers that aggregate information within certain geography/region). 

    Device ExampleDevice InformationExample Network RequestsCustom Events ExamplesHandled ErrorsExceptions/Crashes
    Point of Sale
    • device ID

    • app version

    • hardware versions

    • firmware versions
    • checkout
    • payment transaction
    • total sales
    • number of items sold
    • discount applied
    • total checkout time
    • total processing time
    • credit card declined
    • unable to read credit card
    • incorrect pin code
    • crashes
    • reboots
    • frozen UI
    • timeouts
    • null point exceptions
    Tabs Page
    tabNameMedia
    titleMedia

     IoT apps in this category enable users to seamlessly experience media content across different devices. An IoT app on a set-top box (STB) can quickly change the channel/content based on what the user was watching or listening to on their computer or phone. 

    Device ExampleDevice InformationExample Network RequestsCustom Events ExamplesHandled ErrorsExceptions/Crashes
    Audio Streaming 
    • device ID

    • app version

    • hardware versions

    • firmware versions
      • media play
      • pause
      • stop requests
      • ad performance
      • media downloads
      • media skips
      • subscript details
      • total play time
      • play errors
      • song not available
      • download errors
    • crashes
    • reboots
    • frozen UI
    • timeouts
    • null point exceptions
    Tabs Page
    tabNameConnected Cars
    titleConnected Cars

    Because automotive head units are often computers, IoT apps are used to manage user subscriptions and monitor the user experience. 

    Device ExampleDevice InformationExample Network RequestsCustom Events ExamplesHandled ErrorsExceptions/Crashes
    Infotainment System
    • device ID

    • app version

    • hardware versions

    • firmware versions
      • media play
      • pause
      • stop requests
      • ad performance
      • media downloads
      • media skips
      • subscript details
      • total play time
      • application loading errors
      • connectivity errors
      • audio errors
      • launching errors
    • crashes
    • reboots
    • frozen UI
    • timeouts
    • null point exceptions
    Tabs Page
    tabNameSmart Homes
    titleSmart Homes

    These IoT apps improve the security as well as reduce the energy and maintenance costs of intelligent buildings and smart homes. Examples include home security devices and smart thermostats, smart keyless locks, and smart lights. 

    Device ExampleDevice InformationExample Network RequestsCustom Events ExamplesHandled ErrorsExceptions/Crashes
    Home Security
    • device ID

    • app version

    • hardware versions

    • firmware versions
      • home sensor status
      • communication between gateway devices and sensors
      • health alerts
      • sensor health
      • number of alerts
      • connectivity status
      • total roundtrip time to trigger an alarm
      • total time to set security status
      • device wake-up/sleep
      • alarm notification,
      • connectivity issues
    • crashes
    • reboots
    • frozen UI
    • timeouts
    • null point exceptions
    Tabs Page
    tabNameTravel
    titleTravel

    This category of IoT apps monitors and improves the travel experience. You can find IoT apps used in airport kiosks, luggage tracking devices, and embedded in cabin seats to monitor passenger comfort.

    Device ExampleDevice InformationExample Network RequestsCustom Events ExamplesHandled ErrorsExceptions/Crashes
    Airport Kiosk
    • device ID

    • app version

    • hardware versions

    • firmware versions
      • fetching passenger records
      • payment processing
      • number of users completing a transaction
      • number of issued boarding passes
      • total user activity time
      • total time spent on each screen
      • passenger records not found
      • printer error
      • connectivity issues
    • crashes
    • reboots
    • frozen UI
    • timeouts
    • null point exceptions

    IoT SDKs

    IoT Monitoring provides SDKs for C/C++ and Java languages. Some of the features of IoT SDKs are:

    • APIs for reporting instrumentation data through custom events, error events, and network requests.

    • Serialization of all events into JSON format before sending them to EUM Server

    • API to plugin application HTTPS stack into SDK which will be used to communicate with EUM Server

    • Business Transaction (BT) correlation
    • Auto-disable when monitoring is turned off from the Controller UI

    For languages other than C++ and Java, you can use the REST API to send custom events, error events, and network requests.

    IoT Monitoring UI

    IoT Monitoring also provides the following features through the Controller UI:

    • Dashboards for monitoring devices, network requests, as well as errors and exceptions
    • Predefined and custom widgets to visualize reported application data
    • Analytics for device application data through AppDynamics Application Analytics 
    • Configuration for naming and excluding network requests
    CSS Stylesheet
    div.confluence-information-macro.confluence-information-macro-information {
       max-width: 70%;
       min-width: 200px;
       padding-bottom: 10px;
    }

    IoT Monitoring Workflow 

    The IoT SDKs and REST API enable you to report application data for a large number of different kinds of devices. This flexibility allows for a great deal of customization in the kind of the data you report, the quantity of data you report, and the timing of when the data is sent to the EUM Server.

    To monitor customized data, you will need to better understand the data generated by your application and your device instrumentation. The goal of this page is to guide you through the process of understanding your application data, instrumenting your device application, and creating custom dashboards, so you can monitor device performance and activity.

    It is recommended that you follow the steps below as a guideline to monitor your devices:

    1. Define your monitoring goals.
    2. Identify what data needs to be captured.
    3. Determine which events to use to report the data.
    4. Obtain an EUM App Key.
    5. Report events.
    6. Monitor the availability, usage, and performance of your devices.
    7. Build widgets.
    8. Diagnose problems through filters.
    9. Improve monitoring and troubleshoot.

    Anchor
    goals
    goals
    Define Monitoring Goals

    AppDynamics IoT Monitoring enables you to monitor the availability, performance, and usage of your device. You should devise a plan that prioritizes your monitoring goals, considering the needs of all stakeholders (developers, DevOps, business units), and lists the resources that need to be monitored. Also, you should consider who will be instrumenting the device application, who will be performing the monitoring, and the parties who should be notified when something goes wrong.

    Anchor
    identify
    identify
    Identify Data to Capture

    Next, you will need to analyze your device to identify what application data can be used to meet your monitoring goals. For example, if your device is a car, you would want to look at network requests to check device availability or report custom data for the wear and tear on its components or road conditions. 

    Anchor
    event-types
    event-types
    Determine Which Event Types to Use to Report Data

    You report app data through the three types of events shown in the table below. Based on this information, map the most suitable event types to the data you identified and your monitoring goals. 

    Event TypeMonitoring Objective
    CustomUsage
    Business
    Network RequestAvailability
    Performance
    Usage
    ErrorPerformance

    Anchor
    eum-key
    eum-key
    Obtain an EUM App Key

    Follow the instructions provided in Get an EUM App Key

    Anchor
    report-events
    report-events
    Report Events 

    You can use the IoT SDKs or REST API to capture and report key data points using one of the event types. If you are using a language other than C/C++ or Java, use the IoT REST API, which gives you the flexibility to report data from any platform. 

    Follow the getting started instructions to learn how to install the SDK and instrument your IoT application:

    Anchor
    monitor-device
    monitor-device
    Monitor Your IoT Application

    To monitor your IoT applications, you will need to understand the function and purpose of the three IoT dashboards. See Monitor Applications with the IoT Dashboards for a brief introduction of each dashboard and usage instructions.

    Anchor
    build-widgets
    build-widgets
    Build Widgets Based on Your Data Models

    Each dashboard has a set of predefined widgets for basic performance and activity monitoring. You will need to create your own widgets, however, to optimize the monitoring capabilities of IoT Monitoring. Based on the events you reported, create custom widgets to monitor device activity and performance. See the section Build Custom Dashboard Widgets to learn how to build widgets with the IoT Widget Builder Wizard.

    Anchor
    diagnose-problems
    diagnose-problems
    Diagnose Problems

    When you do discover deviations from expected behavior, you can then add criteria to filter results. This enables you to narrow the results to certain devices or possible causes.

    Anchor
    improve-troubleshoot
    improve-troubleshoot
    Troubleshoot Issues and Improve Monitoring

    For performance issues, you can open the device details to analyze errors and slow network requests. The device details allow you to trace the error event you are interested in and even download the stack trace. The developer can then use this information to determine the root cause of the problem and devise a possible solution. Going back to our point-to-sale device example, you might discover that most of the failed payments were due to network request errors.

    You can use the usage information to improve your monitoring or the devices themselves. For example, an inventory management application indicates that several stores sell a smaller quantity of a certain product. It turns out that this product is often out of stock at these stores. You could improve the monitoring of your IoT app by using custom events to report when a product is sold out and then creating custom widgets to let you know which stores need to restock.

    IoT Analytics 

    All IoT data is processed and stored by the AppDynamics Platform Events Service. A separate product component, AppDynamics Business iQ, has an event type called Connected Device Data. This event type is based on the same Events Service and uses the same data. Viewing this event type from the Analytics UI offers additional capabilities, including:

      • Additional predefined widgets, such as the funnel widget
      • ADQL for searching the data
      • Creating custom widgets
      • Manipulating multiple dashboard types
      • Longer retention time for data storage

    IoT Analytics does not require a license separate from the IoT Monitoring license.

    Appd permissions

    To view Analytics data for connected devices, users need Connected Devices Permissions for the application (identified by a specific App Key).

    IoT Licenses and Limits

    Currently, AppDynamics only offers the IoT PRO license. To learn about the license entitlements and restrictions, contact your AppDynamics account representative.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width235px

    On this page

    Table of Contents
    maxLevel2

    AppDynamics IoT モニタリングを使用することで、IoT アプリケーションのトランザクションを追跡して理解することができます。IoT デバイスは、使用するプラットフォームとそのビジネス機能の両方の観点で多様であるため、AppDynamics は言語 は言語 SDK に加えて REST API を開発し、IoT API を開発し、IoT データの報告に最大限の柔軟性を提供しています。この API は、HTTPS をサポートし、インターネットに接続されている任意のデバイスから使用できます。

    IoT モニタリングでは、アプリケーション開発者がコードをインストゥルメント化する必要があります。このプロセスを容易にするために、AppDynamics は C/C++および Java SDK を開発したため、これらの言語をサポートするプラットフォームを使用している開発者は、REST を開発したため、これらの言語をサポートするプラットフォームを使用している開発者は、REST API を使用する代わりに SDK の機能を利用できます。IoT SDK の機能を利用できます。IoT SDK Image Modified は、REST  は、REST API を使用して IoT データを EUM サーバ Image Modified に報告します。ここでは、次の図に示すように、データが集約され、AppDynamics コントローラとイベントサービス Image Removed で使用可能になります。

    Image Removed

     に報告します。ここでは、次の図に示すように、データが集約され、AppDynamics コントローラとイベントサービス Image Added で使用可能になります。

    Image Added

    IoT モニタリングの利点

    IoT モニタリングを使用すると、ビジネス目標に影響を与えるデバイス上で実行されているアプリケーションについて、ネットワークリクエスト、エラー、カスタムアプリケーションおよびドメイン固有のイベントをキャプチャして診断することができます。

    IoT モニタリングを使用すると、デバイスについて以下をモニタできます。

    • Availability
    • Network Performance:
      • 低速のやり取り
      • デバイスとバックエンドサービス間の遅延
    • Usage: ユーザとシステム動作およびパターン
    • Errors and Exceptions

    IoT モニタリングの使用例

    IoT アプリケーションは、通常、接続されたデバイス上で実行されている組み込みアプリケーションです。このセクションでは、IoT モニタリングが IoT アプリケーションの最も一般的なカテゴリのデータを収集および報告する方法について説明します。 

    次のタブでは、これらの IoT アプリケーションカテゴリを表示し、それぞれの典型的な例で、サポートされている 3 つの IoT モニタリングイベントを使用してデータを報告する方法について説明します。

    Appd tabs container
    Width1000px
    Appd tab item
    tabNameRetail

    このカテゴリの IoT アプリケーションは、注文、支払いを処理し、製品インベントリを管理します。例としては、Point of Sale(POS)デバイス、スマートシェルフ、ゲートウェイ(特定の地域内の情報を集約するローカルサーバ)などがあります。 

    デバイスの例デバイス情報ネットワークリクエストの例カスタムイベントの例処理されたエラー例外/クラッシュ
    POS
    • デバイス ID

    • アプリケーションバージョン

    • ハードウェアバージョン

    • ファームウェアバージョン
    • チェックアウト
    • 支払トランザクション
    • 合計販売金額
    • 販売品目数
    • 適用されたディスカウント
    • チェックアウト時間の合計
    • 合計処理時間
    • クレジットカード拒否
    • クレジットカードの読み取り不可
    • 無効な暗証番号
    • crashes
    • 再起動
    • 動作しない UI
    • timeouts
    • NULL ポイント例外
    Appd tab item
    tabNameメディア

    このカテゴリの IoT アプリケーションを使用すると、ユーザはさまざまなデバイス間でメディアコンテンツをシームレスに体験できます。セットトップボックス(STB)上の IoT アプリケーションは、ユーザが自分のコンピュータまたは電話機で視聴していた内容に基づいて、チャンネル/コンテンツをすばやく変更できます。 

    デバイスの例デバイス情報ネットワークリクエストの例カスタムイベントの例処理されたエラー例外/クラッシュ
    オーディオストリーミング
    • デバイス ID

    • アプリケーションバージョン

    • ハードウェアバージョン

    • ファームウェアバージョン
      • メディアプレイ
      • pause
      • リクエストの停止
      • 広告のパフォーマンス
      • メディアのダウンロード
      • メディアのスキップ
      • サブスクリプションの詳細
      • 合計再生時間
      • 再生エラー
      • 使用できない曲
      • ダウンロードエラー
    • crashes
    • 再起動
    • 動作しない UI
    • timeouts
    • NULL ポイント例外
    Appd tab item
    tabNameコネクテッド カー

    自動車のヘッドユニットは多くの場合コンピュータであるため、IoT アプリケーションを使用してユーザのサブスクリプションを管理し、ユーザエクスペリエンスをモニタします。 

    デバイスの例デバイス情報ネットワークリクエストの例カスタムイベントの例処理されたエラー例外/クラッシュ
    インフォテインメント システム
    • デバイス ID

    • アプリケーションバージョン

    • ハードウェアバージョン

    • ファームウェアバージョン
      • メディアプレイ
      • pause
      • リクエストの停止
      • 広告のパフォーマンス
      • メディアのダウンロード
      • メディアのスキップ
      • サブスクリプションの詳細
      • 合計再生時間
      • アプリケーションのロードエラー
      • 接続エラー
      • 音声エラー
      • 起動エラー
    • crashes
    • 再起動
    • 動作しない UI
    • timeouts
    • NULL ポイント例外
    Appd tab item
    tabNameスマート ホーム

    これらの IoT アプリケーションによって、セキュリティが向上し、インテリジェント

    ビルディングやスマートホームのエネルギーおよびメンテナンスコストが削減されます。例としては、ホームセキュリティデバイスとスマートサーモスタット、スマートキーレスロック、スマートライトなどがあります。 

    ビルディングやスマートホームのエネルギーおよびメンテナンスコストが削減されます。例としては、ホームセキュリティデバイスとスマートサーモスタット、スマートキーレスロック、スマートライトなどがあります。 

    デバイスの例デバイス情報ネットワークリクエストの例カスタムイベントの例処理されたエラー例外/クラッシュ
    ホーム セキュリティ
    • デバイス ID

    • アプリケーションバージョン

    • ハードウェアバージョン

    • ファームウェアバージョン
      • ホームセンサーステータス
      • ゲートウェイデバイスとセンサー間の通信
      • ヘルスアラート
      • センサーヘルス
      • アラートの数
      • 接続ステータス
      • アラームをトリガーする合計ラウンドトリップ時間
      • セキュリティステータスを設定する合計時間
      • デバイスのウェイクアップ/スリープ
      • アラーム通知
      • 接続の問題
    • crashes
    • 再起動
    • 動作しない UI
    • timeouts
    • NULL ポイント例外
    Appd tab item
    tabName旅行

    このカテゴリの IoT アプリケーションは、旅行の体験をモニタして改善します。空港のキオスクや手荷物トラッキングデバイスで使用されている IoT アプリケーション、乗客の快適さをモニタするためにキャビンシートに組み込まれているアプリケーションなどがあります。

    デバイスの例デバイス情報ネットワークリクエストの例カスタムイベントの例処理されたエラー例外/クラッシュ
    空港のキオスク
    • デバイス ID

    • アプリケーションバージョン

    • ハードウェアバージョン

    • ファームウェアバージョン
      • 乗客レコードの取得
      • 支払い処理
      • トランザクションを完了したユーザの数
      • 発行された搭乗パスの数
      • ユーザアクティビティの合計時間
      • 各画面で費やした合計時間
      • 乗客レコードが見つかりません
      • プリンタエラー
      • 接続の問題
    • crashes
    • 再起動
    • 動作しない UI
    • timeouts
    • NULL ポイント例外

    IoT SDK

    IoT モニタリングでは、C/C++ および Java 言語の SDK が提供されます。IoT SDK の機能には次のようなものがあります。

    • カスタムイベント、ネットワークイベント、およびエラーイベントを使用してインストゥルメンテーション データを報告するための API

    • EUM サーバに送信する前のすべてのイベントの JSON 形式へのシリアル化

    • EUM サーバとの通信に使用される SDK にアプリケーション HTTPS スタックをプラグインする API

    • ビジネストランザクション(BT)の相関性
    • コントローラ UI からモニタリングがオフになっている場合の自動無効化

    C++ および Java 以外の言語では、REST API を使用して、カスタム、ネットワークリクエスト、およびエラーイベントを送信できます。

    IoT モニタリング UI

    IoT モニタリングでは、コントローラ UI を介して次の機能も提供されます。

    • デバイス、ネットワークリクエスト、およびエラーと例外をモニタするためのダッシュボード
    • 報告されたアプリケーションデータを可視化するための事前定義されたウィジェットとカスタムウィジェット
    • AppDynamics アプリケーション分析によるデバイス アプリケーション データの分析
    • ネットワークリクエストの命名および除外の設定
    CSS Stylesheet
    div.confluence-information-macro.confluence-information-macro-information { max-width: 70%; min-width: 200px; padding-bottom: 10px; }

    IoT モニタリングワークフロー

    IoT SDK および REST API を使用すると、さまざまな種類の多数デバイスのアプリケーションデータを報告できます。この柔軟性により、報告するデータの種類、報告するデータの量、およびデータが EUM サーバに送信されるタイミングを大幅にカスタマイズできます。

    カスタマイズされたデータをモニタするには、アプリケーションとデバイスのインストゥルメンテーションによって生成されたデータをよく理解する必要があります。このページの目的は、アプリケーションデータを理解し、デバイスアプリケーションをインストゥルメント化し、カスタムダッシュボードを作成するプロセスを説明することより、デバイスのパフォーマンスとアクティビティをモニタできるようになることです。

    デバイスをモニタするためのガイドラインとして、次の手順を実行することを推奨します。

    1. モニタリング目標を定義します。
    2. キャプチャする必要があるデータを特定します。
    3. データの報告に使用するイベントを決定します。
    4. EUM アプリケーションキーを取得します。
    5. イベントを報告します。
    6. デバイスの可用性、使用状況、およびパフォーマンスをモニタします。
    7. ウィジェットを構築します。
    8. フィルタを使用して問題を診断します。
    9. モニタリングを改善してトラブルシューティングします。

    Anchor
    目標の関連付け
    目標の関連付け
    モニタリング目標の定義

    AppDynamics IoT モニタリングを使用すると、デバイスの可用性、パフォーマンス、および使用状況をモニタできます。すべての関係者(開発者、DevOps、事業部門)のニーズを考慮してモニタリング目標に優先順位を付け、モニタする必要があるリソースをリストする計画を立てる必要があります。また、誰がデバイスアプリケーションをインストゥルメント化し、誰がモニタリングを実行し、何らかの問題が発生したときに誰が通知を受ける必要があるのかを検討する必要もあります。

    Anchor
    identify
    identify
    キャプチャするデータの特定

    次に、デバイスを分析し、モニタリング目標を達成するために使用できるアプリケーションデータを特定する必要があります。たとえば、デバイスが車の場合、ネットワークリクエストを調べてデバイスが使用可能か確認したり、そのコンポーネントまたは道路の状態の損傷についてカスタムデータを報告したりすることができます。 

    Anchor
    event-types
    event-types
    データの報告に使用するイベントタイプの決定

    アプリケーションデータは、次の表に示す 3 つのタイプのイベントを使用して報告します。この情報に基づいて、特定したデータとモニタリング目標に最も適したイベントタイプをマッピングします。 

    イベントタイプモニタリングの目的
    カスタム利用
    ビジネス
    ネットワークリクエスト提供地域
    パフォーマンス
    利用
    error イベントパフォーマンス

    Anchor
    eum-key
    eum-key
    EUM アプリケーションキーの取得

    EUM アプリケーションキーの取得」に記載されている手順に従います。 

    Anchor
    report-events
    report-events
    イベントの報告

    IoT SDK または REST API を使用すると、いずれかのイベントタイプを使用して重要なデータポイントをキャプチャおよび報告することができます。C/C++ または Java 以外の言語を使用している場合は、IoT REST API を使用します。これにより、任意のプラットフォームからデータを柔軟に報告できます。 

    SDK をインストールし、IoT アプリケーションをインストゥルメント化する方法については、以下の手順に従います。

    Anchor
    monitor-device
    monitor-device
    IoT アプリケーションのモニタ

    IoT アプリケーションをモニタするには、3 つの IoT ダッシュボードの機能と目的を理解する必要があります。各ダッシュボードと使用方法の概要については、「Monitor Applications with the IoT Dashboards」を参照してください。

    Anchor
    build-widgets
    build-widgets
    データモデルに基づくウィジェットの構築

    各ダッシュボードには、基本的なパフォーマンスとアクティビティのモニタリングのために事前定義された一連のウィジェットがあります。ただし、IoT Monitoring

    のモニタリング機能を最適化するには、独自のウィジェットを作成する必要があります。報告したイベントに基づいて、カスタムウィジェットを作成し、デバイスのアクティビティとパフォーマンスをモニタします。

     のモニタリング機能を最適化するには、独自のウィジェットを作成する必要があります。報告したイベントに基づいて、カスタムウィジェットを作成し、デバイスのアクティビティとパフォーマンスをモニタします。IoT Widget Builder Wizard

    を使用したウィジェットの構築方法については、「

     を使用したウィジェットの構築方法については、「カスタム ダッシュボード ウィジェットの構築」セクションを参照してください。

    Anchor
    diagnose-problems
    diagnose-problems
    問題の診断

    予測される動作からの逸脱を検出するときは、結果をフィルタ処理する条件を追加できます。これにより、特定のデバイスまたは考えられる原因に対して結果を絞り込むことができます。

    Anchor
    improve-troubleshoot
    improve-troubleshoot
    問題のトラブルシューティングとモニタリングの改善

    パフォーマンスの問題については、デバイスの詳細を開いてエラーを分析し、ネットワークリクエストを低速化することができます。デバイスの詳細を使用すると、関心のあるエラーイベントをトレースし、スタックトレースをダウンロードすることもできます。開発者はこの情報を使用して、問題の根本原因を特定し、考えられる解決策を考案することができます。ポイントツーセール

    パフォーマンスの問題については、デバイスの詳細を開いてエラーを分析し、ネットワークリクエストを低速化することができます。デバイスの詳細を使用すると、関心のあるエラーイベントをトレースし、スタックトレースをダウンロードすることもできます。開発者はこの情報を使用して、問題の根本原因を特定し、考えられる解決策を考案することができます。ポイントツーセール デバイスの例に戻ると、失敗した支払いのほとんどの原因がネットワーク リクエスト エラーであることが判明する場合があります。

    使用状況情報を使用すると、モニタリングまたはデバイス自体を改善することができます。たとえば、インベントリ管理アプリケーションが複数のストアで特定の製品の販売数が少ないことを示しているとします。これにより、この製品がこれらのストアでしばしば在庫切れになっていることが判明します。カスタムイベントを使用して製品が販売された時点を報告し、カスタムウィジェットを作成してどのストアで在庫を補充する必要があるかを通知することにより、IoT

    使用状況情報を使用すると、モニタリングまたはデバイス自体を改善することができます。たとえば、インベントリ管理アプリケーションが複数のストアで特定の製品の販売数が少ないことを示しているとします。これにより、この製品がこれらのストアでしばしば在庫切れになっていることが判明します。カスタムイベントを使用して製品が販売された時点を報告し、カスタムウィジェットを作成してどのストアで在庫を補充する必要があるかを通知することにより、IoT アプリケーションのモニタリングを改善することができます。

    IoT 分析

    すべての IoT データは、AppDynamics プラットフォーム イベント

    サービスによって処理および保存されます。別の製品コンポーネントである

    サービスによって処理および保存されます。別の製品コンポーネントである AppDynamics Business iQ

    には、接続されたデバイスデータと呼ばれるイベントタイプがあります。このイベントタイプは、同じイベントサービスに基づいていて、同じデータを使用します。分析

     には、接続されたデバイスデータと呼ばれるイベントタイプがあります。このイベントタイプは、同じイベントサービスに基づいていて、同じデータを使用します。分析 UI からこのイベントタイプを表示すると、以下を含む追加機能が提供されます。

      • 追加の事前定義されたウィジェット(じょうごウィジェットなど)
      • ADQL for searching the data
      • カスタムウィジェットの作成
      • 複数のダッシュボードタイプの操作
      • データストレージの保持期間延長

    IoT 分析では、IoT モニタリングライセンスとは別のライセンスは必要ありません。

    Appd permissions

    接続されたデバイスの分析データを表示するには、ユーザにアプリケーションの Connected Devices Permissions (特定のアプリケーションキーによって識別されます)が必要です。

    IoT のライセンスと制限事項

    現在、AppDynamics

    は IoT PRO

    ライセンスのみを提供しています。ライセンスの権限付与と制限事項については、AppDynamics

     ライセンスのみを提供しています。ライセンスの権限付与と制限事項については、AppDynamics アカウント担当者にお問い合わせください。