Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    Sv translation
    languageen

    Browser Synthetic User Monitoring (Browser SUM) and Browser Real-User Monitoring (Browser RUM) both have the same goal of helping you improve your user's experience. The difference between the two is how they are used to accomplish this goal.

    The following sections will discuss the differences and how to use the two types of monitoring together.

    Identify Issues

    Although Browser RUM can detect certain kinds of problems (like JavaScript exceptions), it cannot comprehensively test for functional correctness. For example, you may want to verify that your online store has reasonable prices a list of items. If your site is down entirely, then the JavaScript Agent will never be loaded, so errors or verifications will not be reported. Fortunately, Browser SUM will keep running, discover the error, alert you, and provide detailed information about the problem.

    Control Environmental Factors

    Performance analysis in Browser RUM is complicated by the wide range of hardware, browsers, operating systems, and networks with which users access your site. Browser SUM uses consistent hardware, software, and network configurations, so if you see deviations in performance, you can be fairly certain a problem exists.

    Use Synthetic Metrics and Screenshots to Understand the User Experience

    Browser SUM can collect certain data that Browser RUM can't. For example, Browser SUM provides screenshots, which help you see what's going on. You can also use the Visually Complete and related metrics to understand how users experience page load time.

    Performance Versus Workflows

    Browser RUM excels at capturing the full breadth of performance that your real users experience. Browser SUM gives you confidence that your key workflows are always working and performing.

    Differences Between Synthetic and Browser RUM Metrics

    Although Browser SUM and Browser RUM report similar metrics, you should be wary of comparing them because of these differences:

    • hardware
    • network connections
    • different browsers
    • browser caching is not present in synthetic sessions

    If you see a sudden change in any of those metrics, however, you should compare the results of Browser SUM and Browser RUM to see if there is an existing problem.

    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox
    Width400px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    ブラウザ合成ユーザモニタリング(ブラウザ SUM)とブラウザ リアルユーザ モニタリング(ブラウザ RUM)には、両方ともユーザエクスペリエンスを向上させるという同じ目標があります。この 2 つの違いは、この目標を達成するために使用される方法です。

    次の セクションでは、その違いと、2 つのタイプのモニタリングを一緒に使用する方法について説明します。

    問題の特定

    ブラウザ RUM は特定の種類の問題(JavaScript 例外など)を検出できますが、機能の正しさを包括的にテストすることはできません。たとえば、オンラインストアの品目リストの価格が妥当であることを確認することができます。サイトが完全にダウンしている場合、JavaScript エージェントはロードされないため、エラーまたは検証は報告されません。都合の良いことに、ブラウザ SUM は実行し続け、エラーを検出してアラートを送信し、問題に関する詳細情報を提供できます。

    環境要因の制御

    ブラウザ RUM のパフォーマンス分析は、ユーザがサイトにアクセスする際に使用するハードウェア、ブラウザ、オペレーティングシステム、およびネットワークの幅広さのために困難です。ブラウザ SUM は、一貫したハードウェア、ソフトウェア、およびネットワークの構成を使用するため、パフォーマンスの逸脱が見られる場合は問題が存在していることを確信できます。

    合成メトリックとスクリーンショットを使用したユーザエクスペリエンスの把握

    ブラウザ SUM は、ブラウザ RUM が収集できない特定のデータを収集できます。たとえば、ブラウザ SUM は、何が起こっているのかを確認するのに役立つスクリーンショットを提供します。また、Visually Complete および関連のメトリックを使用して、ユーザがページのロード時間をどのように体験するかを理解することもできます。

    パフォーマンスとワークフローの比較

    ブラウザ RUM は、実際のユーザが体験するパフォーマンスの全容を把握するうえで優れています。ブラウザ SUM は、主なワークフローが常に機能し、実行されているという自信を与えてくれます。

    合成とブラウザ RUM メトリックの違い

    ブラウザ SUM とブラウザ RUM は同様のメトリックを報告しますが、次の違いにより、これらの比較には注意が必要です。

    • 在庫が必要
    • ネットワーク接続
    • 異なるブラウザ
    • ブラウザのキャッシュは合成セッションには存在しない

    ただし、これらのメトリックのいずれかに急激な変化がある場合は、ブラウザ SUM とブラウザ RUM の結果を比較して、既存の問題があるかどうかを確認する必要があります。