Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    This topic covers Browser Synthetic licenses. For AppDynamics official license details, entitlements, and restrictions, see the following:

    License Types 

    License TypeLicense EditionMetering UnitDescription
    Synthetic Hosted AgentProSynthetic Time Blocks (STBs)

    A Synthetic Hosted Agent license is based on Synthetic Time Blocks (STBs). One STB equals a 5-second block of time.

    LiteA Lite Edition license allows 4,000 Synthetic Time Blocks (STBs) per month and only allows you to create on-demand jobs (for SaaS deployments only).
    Synthetic Private AgentProPages × Locations

    The Synthetic Private Agent (Pro) licensing is based on page counts and locations. License units are calculated by multiplying the number of visited pages by the number of locations (round-robin or not). For example, a synthetic job visiting two pages in three locations would use six license units.

    Unlimited LocationsPagesThe Synthetic Private Agent (Unlimited Locations) license is based on the number of visited pages. For example, a synthetic job visiting two pages in three locations would simply use two license units.

    License Usage Period 

    The usage period begins and the meter resets on the first of each month at 12:00 am PST. 

    Optimize License Consumption

    To help you optimize the use of your Synthetic Agent license, keep the following in mind:

    • Synthetic jobs are measured in terms of the time it takes to actually run the test in our systems. Because it is not possible to know in advance how long a given test may take, you can set a timeout value when you create the job. If the job times out, you receive partial results. 

    • Once you have used up your monthly allotment, all synthetic jobs are paused until the following month.

    • If there is a problem accessing a site, such as receiving a 5xx error, the system automatically runs the job again. You are charged for these retests.

    • If you see a session with the status INTERNAL_ERROR, there is a problem with AppDynamics' infrastructure, and you will not be charged, even if the session contains partial results.

    • The browsers, frequency, duration, and other configuration of the synthetic job do not impact the license.

    • Locations are user-defined. You can add multiple servers (agents) to a location to increase capacity, and this does not impact your license.
    Metering

    sv-translation
    languageja
    ライセンス タイプライセンス エディション
    Appd tocbox

    Related pages:

    This topic covers Browser Synthetic licenses. AppDynamics 公式ライセンスの詳細、権限付与、および制限事項については、次を参照してください。

    License Types 

    Width250px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    このトピックでは、ブラウザ合成ライセンス情報の詳細の解釈方法について説明します。AppDynamics のセールス担当者からブラウザ合成ライセンスを取得していることを前提としています。

    Anchor
    synthetic-licenses
    synthetic-licenses
    合成エージェントライセンス/エディション

    Synthetic Hosted Agent および Synthetic Private Agent の 2 つの合成エージェントライセンスがあります。 

    次の表に、2 つのライセンスと使用可能なエディションの概要を示します。

    合成エージェントライセンスAvailable EditionsLicense Unit説明
    合成ホステッドエージェントメリット合成タイムブロック(STB)

    A Synthetic Hosted Agent license is based on Synthetic Time Blocks (STBs). One STB equals a 5-second block of time.

    LiteA Lite Edition license allows 4,000 Synthetic Time Blocks (STBs) per month and only allows you to create on-demand jobs (for SaaS deployments only).

    合成ホステッド エージェント ライセンスは、合成タイムブロック(STB)と呼ばれる単位に基づいています。

    ライセンスの詳細については、License Entitlements and Restrictions ページの次のエントリを参照してください。

    Lite Edition合成タイムブロック(STB)Lite Edition ライセンスは、1 か月に 4,000 の合成タイムブロック(STB)を提供し、オンデマンドのジョブ(SaaS 展開のみ)のみを作成できます。
    合成プライベートエージェントメリットページ X 場所
    The Synthetic Private Agent (Pro) licensing is based on page counts and locations. License units are calculated by multiplying the number of visited pages by the number of locations (round-robin or not). たとえば、3

    合成プライベートエージェントのライセンスは、ページ数と場所(Pro)またはページのみ(Unlimited Locations)に基づいています。1 つの合成プライベート エージェント ライセンスは、Pro または Unlimited Locations エディションの両方ではなく一方のみになります。

    場所はユーザ定義です。場所を追加すると、さまざまなオフィスまたは施設から可視化できます。複数のサーバ(「エージェント」)を 1 つの場所に追加すると、容量を増やすことができます。これはライセンスには影響しません。

    Pro Edition では、アクセスされたページの数を場所の数(ラウンドロビンまたはそれ以外)で乗算することによってライセンス単位が計算されます。たとえば、3 つの場所にある 2 つのページにアクセスする合成ジョブは 6 つのライセンス単位を使用します。

    Unlimited Locations

    ページThe Synthetic Private Agent (Unlimited Locations) license is based on the number of visited pages. For example, a synthetic job visiting two pages in three locations would simply use two license units.

    License Usage Period 

    The usage period begins and the meter resets on the first of each month at 12:00 am PST. 

    Optimize License Consumption

    To help you optimize the use of your Synthetic Agent license, keep the following in mind:

    • Synthetic jobs are measured in terms of the time it takes to actually run the test in our systems. Because it is not possible to know in advance how long a given test may take, you can set a timeout value when you create the job. If the job times out, you receive partial results. 

    • Once you have used up your monthly allotment, all synthetic jobs are paused until the following month.

    • If there is a problem accessing a site, such as receiving a 5xx error, the system automatically runs the job again. これらの再テストには料金が発生します。

    • If you see a session with the status INTERNAL_ERROR, there is a problem with AppDynamics' infrastructure, and you will not be charged, even if the session contains partial results.

    • 合成ジョブのブラウザ、頻度、期間、およびその他の構成は、ライセンスには影響しません。

    • 場所はユーザ定義です。You can add multiple servers (agents) to a location to increase capacity, and this does not impact your license.

    エディションの場合、ライセンス単位は単純で、アクセスされたページ数です。したがって、3 つの場所にある 2 つのページにアクセスする合成ジョブは、単に 2 つのライセンス単位を使用します。

    ライセンスの詳細については、License Entitlements and Restrictions ページの次のエントリを参照してください。

    Unlimited Locationsページ

    Anchor
    synth-hosted-agent-license
    synth-hosted-agent-license
    その他のライセンスの詳細

    合成エージェントライセンスの使用を最適化するために、次の点に注意してください。

    • スケジュールされたジョブは、システムで実際にテストを実行するためにかかる時間に基づいて測定されます。特定のテストにかかる時間を事前に知ることはできないため、ジョブを作成するときにタイムアウト値を設定し、テストに使用する時間に上限を設けることができます。テストがタイムアウトした場合は、部分的な結果を受け取ります。 
    • 月単位の割り当てを使い果たすと、スケジュールされたすべてのジョブは次の月まで一時停止されます。
    • サイトへのアクセスに問題が発生した場合(たとえば、5xx エラーを受け取った場合)、テストは自動的に再実行されます。これらの再テストには料金が発生します。
    • ステータス INTERNAL_ERROR のセッションが表示された場合、これは AppDynamics のインフラストラクチャに問題があることを示します。セッションに部分的な結果が含まれていても、料金は発生しません。
    • 合成ジョブのブラウザ、頻度、期間、およびその他の構成は、ライセンスには影響しません。

    請求サイクル

    ブラウザ合成ライセンスは月単位で管理され、各月の初めに割り当てがリセットされます。  

    ライセンスキー

    これは、EUM アカウントに関連付けられているライセンスキーです。アカウントにデータを関連付けるために使用されます。

    使用量の確認

    ジョブを実行すると、使用状況が追跡され、すでに使用されている STB と、現在の使用期間で使用すると予測される STB が計算されます。アカウントの現在のステータスを表示するには、Jobs ウィンドウの上部にある Percent Quota Used 行を確認します。  

    Image Added 

    詳細を表示するには、その行をクリックします。The Synthetic Usage popup appears.

    Image Added

    超過

    If your license does not allow overages, AppDynamics stops reporting metrics after your license limit has been reached. ライセンスで超過が許可されていて使用量が制限を超えた場合、AppDynamics はブラウザ合成メトリックのレポートを継続し、ライセンス契約によって規定された単位レートで超過分を請求します。