Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Your synthetic script simulates end-user interactions, so you'll need to be able to locate the DOM elements of your web pages. For example, your script might click on buttons, links, or enter text into text fields: this requires your script being able to locate and then select relevant HTML elements.

    Methods for Locating Elements

    The Selenium WebDriver library provides CSS selectors and XPath statements for selecting HTML elements. See 4. Locating Elements for the list of the library methods and usage examples.

    You can also use the AppDynamics WebDriver Scripting Assistant, a Chrome extension, to help you create the selector statements.

    Best Practices for Locating Elements

    When locating elements, you are recommended to do the following. Think of it as a checklist.

    • Understand the following about your application:

      • the DOM structure

      • which pages are dynamically and statically loaded

      • which elements of a page are loaded and visible.

    • Use unique IDs for elements and selectors that are as short as possible: Selectors break all the time. Long hierarchical selectors break more easily than shorter ones, and using short selectors will reduce script maintenance over time.
    • Click on the user-visible element instead, or send a Return key instead of submitting forms using the method submit()
    • Pay attention to element visibility. The specification is complex, and the results are not always what users expect. See the WebDriver specification for more information.
    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages

    合成スクリプトはエンドユーザのインタラクションをシミュレートするため、Web ページの DOM 要素を特定できる必要があります。たとえば、スクリプトでは、ボタンまたはリンクをクリックしたり、テキストフィールドにテキストを入力したりすることができます。これには、スクリプトで関連する HTML 要素を特定して選択できる必要があります。

    要素を特定する方法

    Selenium WebDriver ライブラリは、HTML 要素を選択するための CSS セレクタおよび XPath ステートメントを提供しています。ライブラリメソッドのリストと使用例については、「4. Locating Elements」を参照してください。

    また、AppDynamics WebDriver Scripting Assistant(Chrome 拡張機能)を使用して、セレクタステートメントの作成に役立てることもできます。

    要素を特定するためのベストプラクティス

    要素を特定する際は、次の手順を実行することをお勧めします。チェックリストと考えてください。

    • アプリケーションについて、以下を理解してください。

      • DOM 構造

      • どのページが動的および静的にロードされるか

      • ページのどの要素がロードされ表示されるか

    • 要素とセレクタには可能な限り短い一意の ID を使用します。セレクタは常時中断されます。長い階層型セレクタは短いセレクタよりも簡単に中断されるため、短いセレクタを使用することで長期的にスクリプトのメンテナンスが減少します。
    • メソッド submit() を使用してフォームを送信する代わりに、ユーザが表示可能な要素をクリックするか、または Return キーを送信します。 
    • 要素の可視性に注意してください。仕様は複雑であり、結果がユーザの期待するものであるとは限りません。詳細については、「WebDriver specification」を参照してください。