Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    Browser Synthetic Monitoring allows you to write Python scripts using the Selenium WebDriver library to create scheduled tests that can mimic end-user actions in remote browsers in supported locations. For supported Python versions and libraries, see Synthetic Jobs

    You can use synthetic scripts to test performance, features, end-user flows, and the end-user experience.

    For example, your synthetic script might do the following:

    1. Visit your website.
    2. Search for products.
    3. Add items to a shopping cart.
    4. Check out the shopping cart and assert that the total price of the cart is correct.
    5. Enter payment details.
    6. Complete the purchase.

    Benefits of Using Synthetic Scripts

    Using synthetic scripts, you can:

    • find broken user flows
    • improve the performance of your site by finding where response times in your web applications are slow
    • test new features

    How Scripts Are Run

    The entire process can be simplified into the following steps:

    1. You add your script to a synthetic job in the Controller UI.

    2. The synthetic job is transmitted to the Synthetic servers, where it is scheduled to be run.

    3. When it's time for your job to run, a container is created just for your script.

    4. Your script runs in the container, controlling a web browser using Remote WebDriver.
    5. After the script finishes running, the agent collects browser metrics and sends them to the Controller UI.

    The Controller UI receives and displays the metrics from your synthetic job.

    Get Help

    In the Knowledge Base forum, read our Synthetic Scripts FAQ. If you can't find the answer to your question, submit your questions to the community.

    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    ブラウザ合成モニタリングを使用すると、Selenium WebDriver ライブラリを使用して Python スクリプトを作成し、サポートされている場所のリモートブラウザでエンドユーザのアクションを模倣できるスケジュールされたテストを作成できます。 For supported Python versions and libraries, see Synthetic Jobs

    合成スクリプトを使用すると、パフォーマンス、機能、エンドユーザのフロー、およびエンドユーザのエクスペリエンスをテストできます。

    たとえば、合成スクリプトは次のことを実行できます。

    1. Web サイトを参照する。
    2. 製品を検索する。
    3. ショッピングカートに商品を追加する。
    4. ショッピングカートをチェックアウトし、カートの合計価格が正しいことを確認する。
    5. 支払いの詳細を入力する。
    6. 購入を完了する。

    合成スクリプトを使用する利点

    合成スクリプトを使用すると、次のことが可能になります。

    • 切断されたユーザフローを見つける
    • Web アプリケーションの応答時間が遅い場所を見つけることにより、サイトのパフォーマンスを向上させる
    • 新機能をテストする

    スクリプトの実行方法

    全体のプロセスは次の手順に単純化できます。

    1. コントローラ UI で合成ジョブにスクリプトを追加します。

    2. 合成ジョブは合成サーバに送信され、ここで実行するようにスケジュールされます。

    3. ジョブを実行する時間になると、スクリプトのためだけのコンテナが作成されます。

    4. スクリプトはコンテナで実行され、リモート WebDriver を使用して Web ブラウザを制御します。
    5. スクリプトの実行が完了すると、エージェントはブラウザメトリックを収集し、コントローラ UI に送信します。

    コントローラ UI は、合成ジョブからメトリックを受信して表示します。

    サポート対象の Python ライブラリ

    Python 2.7 の標準ディストリビューションに含まれているライブラリに加えて、以下も使用できます。

    サポートの依頼

    ナレッジベースフォーラムで、「Synthetic Scripts FAQ」を参照してください。質問に対する回答が見つからない場合は、コミュニティに質問を送信してください。