Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Browsers Synthetic Monitoring uses geographically distributed Synthetic Agents to continuously test key user workflows in your application. This allows you to monitor the correctness and performance of multi-step flows independently of the user-generated load.

    There are two ways of using Synthetic:

    • Scheduled jobs: Use this to test your pages on a recurring basis to ensure they continue to perform well. Upload a Python WebDriver script to exercise multi-step workflows. Using this feature requires a Synthetic Pro license. See Browser Synthetic Licenses for more information.
    • On-demand snapshots: Use this to collect performance data right now. This is useful for ad-hoc analysis. This feature is available with both Synthetic Lite and Pro licenses.

    There are two deployment types for Synthetic Agents:

    • Synthetic Hosted Agents: AppDynamics hosts these Synthetic Agents. This deployment is recommended for testing public websites. 
    • Synthetic Private Agents: You install and host Synthetic Agents on your machines. This enables you to test internal sites and services. For more information, see Synthetic Private Agent Deployment.

    Separate licenses are required for the Synthetic Hosted Agent and the Synthetic Private Agent. See Synthetic Agent Licenses for details.

    Access Synthetic

    1. Open the browser application that you want to test with Synthetic or create a new one if you're just getting started.
    2. Select one of the menu options under SYNTHETIC in the left navigation bar.

    Scheduled Jobs

    The Jobs, Sessions, and Pages options are only displayed if you have a Browser Synthetic Pro license.

    • Jobs: Create and manage recurring jobs. See Get Started with Browser Synthetic Monitoring.
    • Sessions: View individual executions of your jobs (i.e., "sessions") and perform an analysis to understand where the problems are.
    • Pages: View aggregated page-level statistics collected from Synthetic. This is particularly useful for comparing Browser RUM with Synthetic.

    Info

    You can also see some synthetic results in the context of real user traffic in the Browser App Dashboard.

    On-Demand Snapshots

    Create and view on-demand snapshots using On-Demand.

    Limitations

    Browser Extensions

    Browser Synthetic Monitoring does not support monitoring for the browser extensions Adobe Flash, Microsoft Silverlight, or Java applets

    Single-Page Applications (SPAs)

    Browser Synthetic Monitoring does not fully support SPA. Instead of reporting the base page and virtual pages separately like Browser RUM does, Browser Synthetic Monitor reports all the virtual pages with the base page, so you will only see one page in the Synthetic Sessions.

    Multiple Window Tests

     Browser Synthetic Monitoring supports running tests in multiple windows for Firefox and Chrome, but not for Internet Explorer Browser.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    Search the Browser Synthetic topics:

    Page Tree Search

    ブラウザ合成モニタリングでは、地理的に分散した合成エージェントを使用して、アプリケーションの主要なユーザワークフローを継続的にテストします。これにより、ユーザ生成の負荷とは無関係に、複数ステップのフローの正しさとパフォーマンスをモニタできます。

    合成を使用する方法は 2 つあります。

    • Scheduled jobs:ページを定期的にテストし、確実に正常に実行されるようにする場合は、これを使用します。複数ステップのワークフローを実行するには、Python WebDriver スクリプトをアップロードします。この機能を使用するには、合成 Pro ライセンスが必要です。詳細については、「Browser Synthetic Licenses」を参照してください。
    • On-demand snapshots:すぐにパフォーマンスデータを収集する場合は、これを使用します。これは、アドホック分析に役立ちます。この機能は、合成 Lite と Pro の両方のライセンスで使用できます。

    合成エージェントには、次の 2 つの展開タイプがあります。

    • Synthetic Hosted Agents: AppDynamics がこれらの合成エージェントをホストします。この展開は、公開 Web サイトのテストに推奨されます。 
    • Synthetic Private Agents: 合成エージェントをマシンにインストールしてホストします。これにより、内部サイトおよびサービスをテストできます。詳細については、「Synthetic Private Agent Deployment」を参照してください。

    合成ホステッドエージェントと合成プライベートエージェントには、それぞれ別のライセンスが必要です。詳細については、合成エージェントライセンスのセクションを参照してください。

    合成へのアクセス

    1. 合成を使用してテストするブラウザアプリケーションを開くか、または初めて作業を開始した場合は新しいブラウザアプリケーションを作成します。
    2. 左側のナビゲーションバーの SYNTHETIC の下にあるいずれかのメニューオプションを選択します。

    スケジュール済みジョブ

    JobsSessions、および Pages オプションは、ブラウザ合成 Pro ライセンスがある場合にのみ表示されます。

    • Jobs: 定期的なジョブを作成して管理します。See Get Started with Browser Synthetic Monitoring.
    • Sessions: ジョブの個々の実行(すなわち「セッション」)を表示し、問題の場所を把握するために分析を実行します。
    • Pages: 合成から収集された、集約されたページレベルの統計を表示します。これは、ブラウザ RUM を合成と比較する場合に特に役立ちます。

    Info

    Browser App Dashboard では、実際のユーザトラフィックのコンテキストで一部の合成結果を確認することもできます。

    オンデマンド スナップショット

    On-Demand を使用して、オンデマンド スナップショットを作成して表示します。

    制限

    ブラウザ拡張機能

    ブラウザ合成モニタリングでは、ブラウザ拡張機能の Adobe FlashMicrosoft Silverlight、または Java アプレットのモニタリングはサポートされていません。 

    単一ページアプリケーション(SPA)

    ブラウザ合成モニタリングでは、SPA は完全にはサポートされていません。ブラウザ合成モニタは、ベースページと仮想ページをブラウザ RUM のように別々にレポートするのではなく、すべての仮想ページをベースページにレポートするため、合成セッションでは 1 ページだけが表示されます。

    複数ウィンドウのテスト

    ブラウザ合成モニタリングは、Firefox および Chrome の複数ウィンドウのテスト実行をサポートしますが、Internet Explorer ブラウザではサポートされません。