Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7-next
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width325

    Related pages:

    Before you can monitor your Xamarin application, you will need to instrument your application to enable the Xamarin Agent to collect mobile metrics. 

    After you have set up and accessed Mobile RUM, follow the instructions below:

    1. Confirm that the Xamarin Agent supports your platform
    2. Understand the limitations of the Xamarin Agent
    3. Instrument a Xamarin Application
    4. Customize the Xamarin Instrumentation (Optional)

    Anchor
    supported-platforms
    supported-platforms
    Supported Platforms

    The Xamarin Agent can only be used with iOS and Android platforms. All other platforms will build and run without errors, but no monitoring will occur.

    Supported Libraries

    The Xamarin Agent version 50.2 or lower only supported the instrumentation of applications that reference the Portable Class Libraries (PCL). From version 50.3 and higher, the Xamarin Agent only supports the .NET Standard library and the instrumentation of applications that reference the .NET Standard library. If you still need PCL support, you are recommended to use Xamarin Agent version 50.2 or lower.

    Anchor
    limitations
    limitations
    Limitations

    The Xamarin Agent has the following limitations:

    • Automatic instrumentation is not supported, so you will need to manually report events and metrics.
    • Symbolication is not supported, although the Xamarin Agent does report uncaught exceptions and native application crashes.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width325

    On this page

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    Xamarin アプリケーションをモニタするには、アプリケーションをインストゥルメント化し、Xamarin エージェントがモバイルメトリックを収集できるようにする必要があります。 

    After you have set up and accessed Mobile RUM, follow the instructions below:

    1. Xamarin エージェントがプラットフォームをサポートしていることを確認する
    2. Xamarin エージェントの制限事項を理解する
    3. Instrument a Xamarin Application
    4. Customize the Xamarin Instrumentation(オプション)

    Anchor
    supported-platforms
    supported-platforms
    対応プラットフォーム

    Xamarin エージェントは、iOS および Android プラットフォームでのみ使用できます。他のすべてのプラットフォームはエラーなしで構築および実行されますが、モニタリングは行われません。

    サポート対象のライブラリ

    Xamarin エージェントバージョン 50.2 以下では、ポータブルクラスライブラリ(PCL)を参照するアプリケーションのインストゥルメンテーションのみがサポートされていました。バージョン 50.3 以上では、Xamarin エージェントは .NET Standard ライブラリと .NET Standard ライブラリを参照するアプリケーションのインストゥルメンテーションのみをサポートしています。引き続き PCL のサポートが必要な場合は、Xamarin エージェントバージョン 50.2 以下を使用することをお勧めします。

    Anchor
    制限事項
    制限事項
    制限

    Xamarin エージェントには、次の制限事項があります。

    • 自動インストゥルメンテーションはサポートされていないため、手動でイベントおよびメトリックを報告する必要があります。
    • シンボル化はサポートされていません。ただし、Xamarin エージェントは検出されていない例外とネイティブアプリケーションのクラッシュを報告します。