Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    In most cases, a user's interaction with your app is not limited to one action in one screen view. Sessions allow you to track your users' interactions across time, as they navigate an entire session with your app.

    By default, sessions begin when a user starts using your application and ends after a configurable period of user inactivity. You can also, however, programmatically control sessions through the Mobile Agents SDKs (AndroidiOSXamarinCordova). Using Mobile Sessions you can analyze sessionized results from all requests, as stored in the AppDynamics Events Service. 

    As in Network Request Analyze, the main Sessions screen is made up of two tabs:

    You can also view detailed information about each session in the Session Details dialog.

    Anchor
    mobile-sessions-records
    mobile-sessions-records
    Records

    The Records tab lets you scan individual sessions and allows you to filter and sort to get exactly the data in which you are interested.

    Anchor
    mobile-session-details
    mobile-session-details
    Session Details

    Click View Details or double-click an item to see the information for a specific session.

    Session Timeline

    The sequence of session frames for the session is shown on the session timeline and on the bottom of the screen. Select a specific frame by clicking on an icon on the timeline to see details highlighted at the bottom of the screen. You can also select a frame row at the bottom to see it highlighted on the timeline.

    Session Details Categories and Types
    CategoriesSubcategoriesTypeAbout
    ViewsActivity
    Activity/Fragment
    The current Activity in the foreground of an Android app. If the current Activity is not sufficient to understand what the user is doing, consider using the Session Frame APIs.
    Root Views
    RootView
    The current Root View in the foreground of the iOS App. If the current Root View is not sufficient to understand what the user is doing, consider using the Session Frame APIs.
    Session Frames
    Session Frame
    A manual API to label large user activities that are not captured out of the box by Activity or RootView tracking.
    Screenshots-
    Screenshot
    If you have configured mobile screenshots, they will appear in the timeline. They capture user events, and they can also be collected when in automatic mode.

    Anchor
    ui-events
    ui-events

    User Interactions



    Touches
    Event

    If you have enabled the Mobile Agent to capture UI events, you can view the UI events triggered by user interactions in the Timeline. See "Enable User Interaction Capture Mode" (iOS/Android) to learn how to capture UI events.

     

    If automatic screenshots are enabled, touches will be captured and include the screenshot that was captured at the same time. The touches are drawn on the screenshot.


    Buttons
    Table Cells

    Text Views

    Text Fields

    Network RequestsNetwork Requests Normal
    Network Request Normal

    Network requests include the requested URL, duration, and status details of the HTTP request.

    To jump to more Network Requests details, click .

    Network Requests Slow
    Network Requests Slow
    Network Requests Very Slow
    Network Requests Very Slow
    Network Requests Stall
    Network Requests Stall
    Errors And Warnings

    Anchor
    anr
    anr
    Application Not Responding Issues (ANRs)

    ANR

    You can view when the application was non-responsive in the timeline. ANRs are reported when the UI thread does not respond to an event for two seconds or more.

    To download or view the ANR Summary, click or respectively.

    Anchor
    crashes
    crashes

    Crashes
    Crash

    When an app crashes the subsequent activity will appear in the timeline.

    To download or view the Crash Summary, click or respectively.

    Anchor
    errors
    errors

    Errors
    Error

    If you have reported errors with the Mobile Agent SDKs, the errors will also appear in the timeline. See "Report Errors and Exceptions" (iOS/Android) to learn how to instrument your mobile apps to report errors and exceptions.

    To download or view the Error Summary, click or respectively.

    Custom DataMetrics
    Custom Metric
    Custom metrics display integer-based data on any metric you define in your application.
    Timers
    Custom Timer
    Custom timers display how long something takes between any arbitrary start point and end point, even if they span multiple methods. 
    Info Points
    Info Point
    Information points display information on how a specific method in your code is performing.
    Breadcrumbs
    Breadcrumb
    Breadcrumbs are short messages to mark interesting events in a session, controlled by the Breadcrumb APIs in the agent.
    System EventsConnection Transition
    System Event
    Connection transition indicates when a broadband transition has taken place, such as from Wifi to cellular.
    Agent Init
    System Event
    Agent Init indicates when the Mobile Agent was first initialized. It can help with debugging the application lifecycle.
    View Options

    You can filter the categories in your timeline view by clicking View Options. Check all relevant categories for your search. All view options are checked by default. 

    Search Events

    You can search for a specific event Description using the search box located in the top right of the session timeline screen. 

    Session Summary

    You can see a summary of the session by clicking Session Summary

    Business Transactions

    You can see a list of business transactions in the session if applicable. This tab only appears if you have business transactions in the selected session. 

    Click the business transaction name to redirect to the transaction flow map.

    Anchor
    mobile-sessions-charts
    mobile-sessions-charts
    Charts

    The Charts page provides you with a set of predefined widgets that offer visualizations of the data set you have created. As with the Charts pages of the other Analyze/Session features of the UI, you can delete, re-add, resize, and drag-and-drop to move all of the widgets.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages:

    ほとんどの場合、アプリケーションでのユーザの操作は、1 つの画面ビューで 1 つのアクションに限定されません。お使いのアプリケーションでセッション全体の操作を行うため、セッションではユーザの操作を経時的に追跡することができます。

    デフォルトでは、セッションは、ユーザがアプリケーションの使用を開始すると開始され、ユーザの非アクティブな状態が構成可能な期間継続すると終了します。ただし、モバイルエージェント SDK(AndroidiOSXamarinCordova)を使用して、プログラムでセッションを制御することもできます。モバイルセッションを使用すると、AppDynamics イベントサービスに保存されているすべてのリクエストからセッション化された結果を分析できます。 

    Network Request Analyze のように、メインセッション画面は、次の 2 つのタブで構成されます。

    また、[Session Details] ダイアログで各セッションに関する詳細情報を表示することもできます。

    Anchor
    mobile-sessions-records
    mobile-sessions-records
    記録

    [Records] タブによって個々のセッションをスキャンし、関心のあるデータを確実に取得するためにフィルタリングおよび並べ替えを行うことができます。

    Image RemovedImage Added

    Anchor
    mobile-session-details
    mobile-session-details
    セッションの詳細

    [View Details] をクリックするか項目をダブルクリックすると、特定のセッションに関する情報が表示されます。

    セッションタイムライン

    セッションのセッション フレーム シーケンスは、セッションのタイムラインおよび画面下部に表示されます。タイムライン上のアイコンをクリックして特定のフレームを選択し、画面下部で強調表示されている詳細を表示します。また、下部にあるフレームの行を選択して、タイムラインで強調表示することもできます。

    Image RemovedImage Added

    セッションの詳細のカテゴリおよびタイプ
    カテゴリサブカテゴリタイプ概要
    ビューアクティビティ
    Image Modified Activity/Fragment
    Android アプリケーションのフォアグラウンドにおける現在のアクティビティ。現在のアクティビティがユーザが何を行っているのかを理解するのに十分でない場合は、Session Frame API を使用することを検討してください。
    Root Views
    Image Modified RootView
    iOS アプリケーションのフォアグラウンドにおける現在のルートビュー。現在のルートビューがユーザが何を行っているのかを理解するのに十分でない場合は、Session Frame API を使用することを検討してください。
    Session Frames
    Image Modified Session Frame
    Activity または RootView トラッキングによって初期状態でキャプチャされない大規模なユーザアクティビティにラベルを付ける手動 API。
    スクリーンショット-
    Image Modified スクリーンショット
    モバイルスクリーンショットを構成している場合は、タイムラインに表示されます。ユーザイベントをキャプチャし、自動モード時に収集することもできます。

    Anchor
    ui-events
    ui-events

    ユーザ間のやり取り

     



    回の操作
    Image Modified イベント

    モバイルエージェントによる UI イベントのキャプチャを有効にしている場合は、 Timeline のユーザインタラクションによってトリガーされた UI イベントを表示できます。UI イベントのキャプチャ方法については、「ユーザ インタラクション キャプチャ モードの有効化」(iOS/Android)を参照してください。

     

    自動スクリーンショットが有効になっている場合は、タッチがキャプチャされ、同時にキャプチャされたスクリーンショットが含まれます。タッチはスクリーンショットに描画されます。


    ボタン
    Table Cells

    Text Views

    テキスト フィールド

    ネットワーク要求Network Requests Normal
    Image Modified Network Request Normal

    ネットワークリクエストには、HTTP リクエストのリクエストされた URL、期間、およびステータスの詳細が含まれます。

    より多くのネットワークリクエストの詳細に移動するには、Image Modified をクリックします。

    Network Requests Slow
    Image Modified Network Requests Slow
    Network Requests Very Slow
    Image Modified Network Requests Very Slow
    Network Requests Stall
    Image Modified Network Requests Stall
    Errors And Warnings

    Anchor
    anr
    anr
    Application Not Responding Issues (ANRs)

    Image Modified ANR

    タイムラインでアプリケーションが応答不能であった時間を表示できます。UI スレッドが 2 秒以上イベントに応答しないとき、ANR が報告されます。

    ANR の概要をダウンロードまたは表示するには、それぞれ Image Modified または Image Modified をクリックします。

    Anchor
    crashes
    crashes

    クラッシュ
    Image Modified クラッシュ

    アプリケーションがクラッシュすると、後続のアクティビティがタイムラインに表示されます。

    クラッシュの概要をダウンロードまたは表示するには、それぞれ Image Modified または Image Modified をクリックします。

    Anchor
    errors
    errors

    エラー
    Image Modified エラー

    モバイルエージェント SDK でエラーを報告した場合は、タイムラインにもエラーが表示されます。エラーと例外を報告するようにモバイルアプリケーションをインストゥルメントする方法については、「エラーと例外の報告」(iOS/Android)を参照してください。

    エラーの概要をダウンロードまたは表示するには、それぞれ Image Modified または Image Modified をクリックします。

    カスタム データメトリック
    Image Modified Custom Metric
    カスタム指標は、アプリケーションで定義した任意の指標について整数ベースのデータを表示します。
    タイマー
    Image Modified Custom Timer
    カスタムタイマーは、任意のスタートポイントとエンドポイントの間で何かにかかる時間を表示します。これらは複数のメソッドにまたがる場合もあります。 
    Info Points
    Image Modified Info Point
    インフォメーションポイントは、コード内の特定のメソッドがどのように実行されているかに関する情報を表示します。
    トピックパス(パンくずリスト)
    Image Modified ブレッドクラム
    トピックパスは、エージェントのトピックパス API によって制御される、セッション内の興味深いイベントにマークするためのショートメッセージです。
    システム イベントConnection Transition
    Image Modified System Event
    接続移行は、Wi-Fi から携帯電話など、ブロードバンドの移行が行われた時間を示します。
    Agent Init
    Image Modified System Event
    Agent Init は、モバイルエージェントが最初に初期化された時間を示します。これは、アプリケーション ライフサイクルのデバッグに役立ちます。
    オプションの表示

    View Options をクリックすると、タイムラインビューでカテゴリをフィルタ処理できます。検索に関連するすべてのカテゴリをオンにします。デフォルトでは、すべての表示オプションがオンになっています。 

    Search Events

    セッションのタイムライン画面の右上にある検索ボックスを使用して、特定のイベントの Description を検索できます。 

    Image RemovedImage Added

    Session Summary

    Session Summary をクリックすると、セッションの概要を表示できます。 

    ビジネストランザクション

    該当する場合は、セッション内のビジネストランザクションのリストを表示できます。このタブは、選択したセッションにビジネストランザクションがある場合にのみ表示されます。 

    ビジネストランザクション名をクリックすると、トランザクション フロー マップにリダイレクトされます。

    Anchor
    mobile-sessions-charts
    mobile-sessions-charts
    Charts

    Charts ページには、作成したデータセットを可視化する事前定義された一連のウィジェットが表示されます。UI の他の分析/セッション機能 Charts ページと同様に、すべてのウィジェットは、削除、再追加、サイズ変更、およびドラッグアンドドロップによる移動を行うことができます。