Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.6
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Mobile Real User Monitoring (Mobile RUM) allows you to understand your native iOS, Android, Xamarin, Cordova-based, or React Native mobile application as your end users actually use it.

    It provides you with visibility into the functioning of the application itself and the application's interactions with the network it uses and any server-side applications it may talk to. This page introduces Mobile RUM. 

    Benefits of Mobile RUM

    With Mobile RUM, you can: 

    How It Works

    To use Mobile RUM, you add a small piece of highly performant code, the Mobile Agent, to the source of your mobile application. This process is called instrumenting and is described in Instrument iOS ApplicationsInstrument Android ApplicationsInstrument Xamarin Applications, Instrument Cordova Applications, and Instrument React Native Applications. As your end users interact with your application, the agent collects metrics and any error information on the application's performance and sends that information to the EUM Server, where it is processed. The EUM Server then makes the data available to the AppDynamics controller UI, where it is displayed in a series of dashboards and charts.

    If your application crashes, the agent also creates a crash snapshot with information to help you analyze what happened, including the crashed function, the source file containing the crashed function, the line number, if available, and a stack trace of the application at the time of the crash, along with various other identifying data. And if the server-side application with which your mobile app interacts is also instrumented, you can get correlated metric information for the entire round-trip request life cycle.

    Data Collection

    When the agent detects that something of interest has occurred in the application, it collects data describing that event and stores it in a local buffer. Typically, this data consists of approximately 200-400 bytes per event. The agent periodically flushes this local buffer by sending the events in the buffer to the EUM Server in a request called a beacon. To minimize power consumption, the agent schedules these flushes, if possible, when the application is using the network.

    If a network connection to the EUM Server is not available, the agent deletes older events to prevent unbounded growth in the buffer. The maximum size of the buffer is 200 events.

    Info

    If the EUM Server is unavailable for extended periods of time, the agent may delete older data to prevent unbounded growth in the buffer.

    License and Enable Mobile RUM

    Mobile RUM requires a separate license from that for your application server and for Browser Real User and Synthetic Monitoring and must be enabled before it is available for use. 

    For information about licensing, including a description of the two types of licenses, Lite and Pro, see Mobile RUM Licenses.

    For information on enabling or disabling Mobile RUM monitoring, see Enable Mobile RUM on Your Controller.

    Info

    AppDynamics Mobile RUM allows you to investigate the performance of your mobile application. AppDynamics Mobile App allows you to monitor your Controller from your mobile device.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page

    Table of Contents
    maxLevel2

    Related pages

    Search the Mobile RUM topics:

    Page Tree Search

    モバイル リアル ユーザ モニタリング(モバイル RUM)を使用すると、エンドユーザが実際に使用するネイティブの iOS、Android、Xamarin、Cordova ベース、または React Native のモバイルアプリケーションを把握できます。

    これにより、アプリケーション自体の動作、アプリケーションとアプリケーションが使用するネットワークとの通信、およびアプリケーションとサーバ側アプリケーションとの通信を可視化できます。このページでは、モバイル RUM の概要について説明します。 

    モバイル RUM の利点

    モバイル RUM を使用すると、次のことが可能になります。

    動作

    モバイル RUM を使用するには、モバイルアプリケーションのソースに、非常に高性能な短いコード(モバイルエージェント)を追加します。このプロセスは、 インストゥルメント化と呼ばれていて、「Instrument iOS Applications」、「Instrument Android Applications」、「Instrument Xamarin Applications」、「Instrument Cordova Applications」、および「Instrument React Native Applications」で説明します。エンドユーザがアプリケーションを操作するときに、エージェントはアプリケーションのパフォーマンスに関するメトリックとエラー情報を収集し、EUM サーバに送信します。ここで、処理が行われます。EUM サーバによりこのデータが AppDynamics コントローラ UI で使用できるようになり、データは一連のダッシュボードとチャートに表示されます

    アプリケーションがクラッシュすると、エージェントはクラッシュした関数、クラッシュした関数を含むソースファイル、行番号(取得可能な場合)、クラッシュ時のアプリケーションのスタックトレース、その他のさまざまな識別データなど、何が起こったかを分析する場合に役立つ情報を記録したクラッシュスナップショットも作成します。また、モバイルアプリケーションが通信するサーバ側アプリケーションもインストゥルメント化されている場合は、ラウンドトリップ リクエスト ライフ サイクル全体について、関連するメトリック情報を取得できます。

    データ収集

    アプリケーションでモニタ対象の何かが発生したことをエージェントが検出すると、そのイベントを記述したデータを収集し、それをローカルバッファに格納します。通常、このデータはイベントごとに約 200 ~ 400 バイトで構成されます。エージェントは、ビーコンと呼ばれるリクエストで、バッファ内のイベントを EUM サーバに送信することにより、このローカルバッファを定期的にフラッシュします。電力消費を最小限に抑えるために、エージェントは、(可能であれば)アプリケーションがネットワークを使用しているときに、これらのフラッシュをスケジュール設定します。

    EUM サーバへのネットワーク接続が使用できない場合、エージェントは古いイベントから削除して、バッファ内の無制限の拡張を防止します。バッファの最大サイズは 200 イベントです。

    Info

    EUM サーバが長時間にわたって使用できない場合、エージェントは古いデータから削除してバッファ内の無制限の拡張を防ぐ可能性があります。

    モバイル RUM のライセンスと有効化

    モバイル RUM では、アプリケーションサーバ用とブラウザリアルユーザ/Synthetic モニタリング用に個別にライセンスが必要です。また、使用するには有効にする必要があります。 

    ライセンスタイプ(Lite または Pro)の説明など、ライセンスについては、「Mobile RUM Licenses」を参照してください。

    モバイル RUM モニタリングの有効化または無効化の詳細については、「コントローラでのモバイル RUM の有効化」を参照してください。

    Info

    AppDynamics モバイル RUM を使用すると、モバイルアプリケーションのパフォーマンスを調査できます。AppDynamics Mobile Appによってモバイルデバイスからコントローラをモニタできます。