Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.6
    Sv translation
    languageen

    This section page provides both an overview as well as pertinent details of Browser RUM sessions. We also describe the Session UI that you'll use  used to view session data.

    What is a Browser RUM Session?

    A Browser RUM session is a collection of chronological events for a particular end user from the start of a session to a configurable period of inactivity. An event represents an activity occurring at the moment in time that can be recorded, aggregated, and correlated at certain levels. In Browser RUM, events are limited to page loads, virtual page loads, iFrames, and Ajax requests.

    Info
    Only Ajax requests configured to be published to the Events Service are included in sessions.

    For example, when a user purchases product from an e-commerce site, the session might capture the page/virtual page loads, iFrames, or Ajax requests for the user logging in (start), selecting and paying for products, and logging out (end).

    The figure below describes how the user's actions cause events that are tracked in the session.
    breakdown of page visited session detailsImage Modified

    Why RUM Sessions Are Important

    You can think of sessions as a time-based context to analyze a user's experience interacting with an application. By examining RUM sessions, you can understand how your applications are performing and how users are interacting with them. This enables you to better manage and improve your application, whether that means modifying the UI or optimizing performance.

    Use Cases

    In some use cases, you can use RUM sessions to analyze a user's or a group's behavior. You analyze a user's behavior based on the user's unique ID across multiple sessions in what is called sniping. In addition, you can query for a segment of users with similar behavior, such as visiting a certain specific page or using a particular device. This technique of grouping users with similar behavior is called bucketing. Browser RUM sessions allow you to query users on a wide array of criteria such as the type of browser, device, location, landing page, IP address, and more. 

    How EUM Captures RUM Sessions

    The JavaScript Agent loads a temporary GUID into the browser local storage and then transmits beacons to the EUM Cloud or EUM Server that include this GUID. We can then use the GUID to track the user's device over the duration of one or more sessions. The EUM Cloud then publishes these events into a session record stored in the Events Service. 

    Anchor
    session-persistence
    session-persistence
    Session Persistence

    Sessions persist until a period of user inactivity that you configure in the controller. Sessions can also end when the GUID is removed from local storage, which can happen for a number of reasons. For example, the user could clear local storage or the browser is configured to clear the local storage when the browser is closed.

    Maximum Session Time

    We don't technically limit the time of a session. Instead, we restrict the maximum number of events to 1000. You can, however, configure the maximum time for each event by configuring session monitoring timeouts and then derive the maximum time for a session by multiplying the configured session inactivity timeout by 1000. For example, if you configure the session inactivity timeout for each event to be five minutes, the maximum session time would be 5000 minutes. Of course, in this case, most sessions would not last 5000 minutes because end users would trigger events well before the maximum time of five minutes. 

    Single Page / Multiple Page Sessions

    When the browser cannot write the GUID to local storage, Browser RUM cannot track the user's device over one or more sessions. Instead, Browser RUM uses the temporary GUID in memory to create one-page or multiple virtual page sessions. Virtual pages are simply those sections of the DOM that are dynamically created and loaded into the current page.

    Privacy/Security of Session Data

    We do not perform browser or device fingerprinting. By default, we do not store user IP addresses. If you configure the Controller to store IP addresses, then the IP addresses are stored for up to 14 days.

    Browser RUM Support for Sessions
    Anchor
    BrowserRequirementsSessions
    BrowserRequirementsSessions

    JavaScript Agent Version Requirement for Sessions

    You are required to use the JavaScript Agent 4.2+. Older versions of the JavaScript Agent do not support sessions.

    Browser Requirements for Sessions

    To use Browser RUM sessions, your browser is required to support for the following:

    Browser RUM sessions do not support beacons implemented with GIFs.

    Anchor
    session-limits
    session-limits
    Session Limits 

    The table below lists the limits for session operations per account.  

    Session OperationsMaximum Per Account
    Stored session resource snapshots10k per minute
    Pending uploads of resource timing snapshots100k
    Published session beacons10k per minute
    Tracked sessions5k per minute
    Note

    After the pending uploads of resource timing snapshots reach 100k, no further resource-timing snapshots are queued.

    Sessions UI

    As in Browser RUM Analyze, the main Sessions page is made up of two tabs:

    Anchor
    browser-sessions-records
    browser-sessions-records
    Records

    The Records tab lets you scan individual sessions and allows you to filter and sort to get exactly the data in which you are interested.

    Screenshot of Sessions UI pageImage Modified

    Click View Details or double-click an item to see the information for a specific session. The sequence of page views for the session is shown on the left side of the screen. Select a specific page view to see detailed information, including a page load waterfall, tabular details for resources, and, if your backend is instrumented with AppDynamics, correlated server-side business transactions.  

    Screenshot of Session Summary UI pageImage Modified

    Anchor
    browser-sessions-charts
    browser-sessions-charts
    Charts

    The Charts tab provides you with a set of predefined widgets of the data set you have created plus a custom widget builder. As with the Charts tab of the Analyze UI, you can delete, re-add, resize, and drag-and-drop to move the widgets.

    Screenshot of Sessions UI page and widget instructionImage Modified


    Sv translation
    languageja


    このセクションでは、ブラウザ RUM セッションの概要と関連する詳細について説明します。また、セッションデータの表示に使用する Session UI についても説明します。

    ブラウザ RUM セッションとは

    ブラウザ RUM セッションは、セッションの開始から非アクティブになるまでの設定可能な期間における、特定のエンドユーザの時系列イベントのコレクションです。イベントは、特定のレベルでの記録、集約、および関連付けが可能な時点で発生しているアクティビティを表します。ブラウザ RUM では、イベントがページロード、仮想ページのロード、iframe、および AJAX リクエストに限定されます。

    Info
    イベントサービスにパブリッシュされるように設定された AJAX リクエストだけがセッションに含まれます。

    たとえば、ユーザが e コマースサイトから製品を購入すると、セッションは、ユーザのログイン(開始)から、製品の選択と支払い、およびログアウト(終了)までのページ/仮想ページのロード、iframe、または AJAX リクエストをキャプチャする場合があります。

    次の図は、ユーザのアクションによってセッションで追跡されるイベントがどのように発生するかを示しています。

    RUM セッションが重要である理由

    セッションを時間ベースのコンテキストとして考えて、アプリケーションを操作するユーザエクスペリエンスを分析することができます。RUM セッションを調べることで、アプリケーションがどのように実行されているか、ユーザがそのアプリケーションをどのように操作しているかを把握できます。これにより、UI の変更やパフォーマンスの最適化など、アプリケーションをより良く管理し、改善させることができます。

    使用例

    使用例によっては、RUM セッションを使用してユーザまたはグループの動作を分析することができます。複数のセッションにわたるユーザの動作を、ユーザの一意の ID に基づいて分析します。これを、「スナイピング」と呼びます。さらに、特定のページにアクセスしたり、特定のデバイスを使用したりするなど、類似の動作を行うユーザのセグメントをクエリできます。類似の動作を行うユーザをグループ化するこの手法は、「バケッティング」と呼ばれます。ブラウザ RUM セッションを使用すると、ブラウザのタイプ、デバイス、場所、ランディングページ、IP アドレスなど、さまざまな条件でユーザをクエリできます。 

    EUM で RUM セッションをキャプチャする方法

    JavaScript エージェントは、ブラウザのローカルストレージに一時的な GUID をロードし、この GUID を含む EUM クラウドまたは EUM サーバにビーコンを送信します。次に、GUID を使用して、1 つ以上のセッション実行中にユーザのデバイスを追跡できます。また、EUM クラウドは、これらのイベントをイベントサービスに保存されているセッションレコードにパブリッシュします。 

    Anchor
    session-persistence
    session-persistence
    セッションの持続性

    セッションは、コントローラで設定したユーザの非アクティブ期間に到達するまで保持されます。また、GUID がローカルストレージから削除された場合もセッションを終了することができます。これには、いくつかの理由が考えられます。たとえば、ユーザがローカルストレージをクリアしたり、ブラウザを閉じたときにローカルストレージをクリアするようにブラウザを設定したりすることができます。

    最大セッション時間

    セッションの時間は、技術的には制限されていません。代わりに、イベントの最大数を 1000 件に制限しています。ただし、セッション モニタリング タイムアウトを設定して各イベントの最大時間を設定し、設定されたセッションの非アクティブタイムアウトを 1000 で乗算することで、セッションの最大時間を導出することができます。たとえば、イベントごとにセッションの非アクティブタイムアウトを 5 分に設定すると、最大セッション時間は 5000 分になります。もちろん、この場合は、エンドユーザが最大時間の 5 分より前にイベントをトリガーするため、ほとんどのセッションが 5000 分までかかることはありません。 

    単一ページ/複数ページのセッション

    ブラウザがローカルストレージに GUID を書き込むことができない場合、ブラウザ RUM は 1 つ以上のセッションでユーザのデバイスを追跡できません。代わりに、ブラウザ RUM はメモリ内の一時的な GUID を使用して、1 ページまたは複数の仮想ページセッションを作成します。仮想ページは、動的に作成され、現在のページにロードされる DOM のセクションにすぎません。

    セッションデータのプライバシー/セキュリティ

    ブラウザまたはデバイスフィンガープリントは実行されません。デフォルトでは、ユーザの IP アドレスは保存されません。IP アドレスを保存するようにコントローラを設定した場合、IP アドレスは最大 14 日間保存されます。

    セッションに対するブラウザ RUM のサポート
    Anchor
    BrowserRequirementsSessions
    BrowserRequirementsSessions

    セッションでの JavaScript エージェントバージョンの要件

    JavaScript エージェント 4.2 以降を使用する必要があります。JavaScript エージェントの古いバージョンでは、セッションをサポートしていません。

    セッションのブラウザ要件

    ブラウザ RUM セッションを使用するには、ブラウザで次をサポートしている必要があります。

    ブラウザ RUM セッションは、GIF で実装されたビーコンをサポートしていません。

    Anchor
    session-limits
    session-limits
    セッションの制限

    次の表に、アカウントごとのセッション操作の制限値を示します。  

    セッション操作アカウントあたりの最大数
    保存されたセッションリソースのスナップショット1 分あたり 1 万
    リソース タイミング スナップショットのアップロードの保留10 万
    パブリッシュされたセッションビーコン1 分あたり 1 万
    追跡対象セッション1 分あたり 5000
    Note

    リソース タイミング スナップショットのアップロードの保留が 10 万に達すると、それ以降のリソース タイミング スナップショットはキューイングされません。

    セッション UI

    Browser RUM Analyze のように、主な [Sessions] ページは次の 2 つのタブで構成されています。

    Anchor
    browser-sessions-records
    browser-sessions-records
    記録

    [Records] タブによって個々のセッションをスキャンし、関心のあるデータを確実に取得するためにフィルタリングおよび並べ替えを行うことができます。

     View Detailsまたは、項目をダブルクリックすると、特定のセッションの情報が表示されます。セッションの一連のページビューが画面の左側に表示されます。特定のページビューを選択すると、ページ ロード ウォーターフォールなどの詳細情報、リソースの表形式による詳細、およびバックエンドが AppDynamics にインストゥルメント化されている場合は、相関サーバ側のビジネストランザクションが表示されます。  

    Anchor
    browser-sessions-charts
    browser-sessions-charts
    チャート

    [Charts] タブには、作成したデータセットの定義済みウィジェットとカスタム ウィジェット ビルダーのセットが表示されます。[Analyze] UI の [Charts] タブと同様に、ウィジェットの削除、再追加、サイズ変更、ドラッグアンドドロップによる移動を実行できます。