Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    Browser Real-User Monitoring (Browser RUM) allows you to see how your web application is performing from the point of view of a real end user. You can answer questions like:

    • Which 1st or 3rd-party Ajax or iframe calls are slowing down page load time?
    • How does server performance impact end-user experience in aggregate or in individual cases?

    You can drill into the data to explore how users experience your application in their web browsers.

    Monitor Your Application

    Browser RUM offers multiple ways to look at your data in real time. You can: 

    • Understand and improve your web page's performance
      • Gain insight into individual requests, with detailed charts on how your pages, Ajax requests, and IFrames load and build in your end user's browsers, with links, if enabled, to reports on server-side performance. See Browser Snapshots.
      • Find your worst performing pages by multiple common metrics. See Top Pages.
    • Reduce errors
      • Learn which pages are loading with JavaScript errors, including the script file and line number that are creating the problem. See Browser Snapshots.
    • Learn about your users
      • See how your web users are connecting to your application by device/platform and browser. See Browser App Dashboard.
      • Find out where geographically your web users are and how your application is performing across countries and regions. See Browser App Dashboard.
      • Understand how users are navigating through your website and what actions they are taking. See Browser RUM Sessions.

    For more information on using Browser RUM, see Overview of the Controller UI for Browser RUM.

    How Browser RUM Works

    Browser RUM works in the following way:

    1. An end user requests the first page from your web application.
    2. Your web application executes whatever business logic that particular page requires.
    3. Your web application creates the response page to return to the end user. The response page includes:
      1. application-specific information.
      2. a copy of a small JavaScript script that knows how to collect relevant performance information about that page. This script is called the JavaScript Agent.
    4. The page, with the JavaScript Agent included, is returned to the end user.  
    5. As the page is being constructed in the browser, the script collects relevant information about the page's performance.
    6. At approximately the same time as the onload event for the page fires, a copy of a somewhat larger JavaScript file, the JavaScript Agent extension, is downloaded asynchronously by the injected agent.
    7. This second script packages the collected performance information and sends it via a web beacon to the EUM Server collector for processing.
    8. The two scripts work together to collect and send performance information as the end user navigates through the instrumented pages of your application.

    Set Up and Configure Browser RUM

    Browser RUM is easy to set up. It is also highly configurable. You can:

    License and Enable Browser Monitoring

    Browser RUM requires a separate license and must be enabled before it is available for use.

    For information about licensing, including a description of the types of licenses, Lite and Pro, see Browser RUM Licenses.

    For information on enabling or disabling Browser RUM, see Enable and Disable Browser RUM.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page

    Table of Contents

    Related pages

    Search the Browser RUM topics:

    Page Tree Search

    ブラウザ リアルユーザ モニタリング(ブラウザ RUM)を使用すると、Web アプリケーションの稼働状況をリアル エンド ユーザの観点で表示できます。次の項目を確認できます。

    • どのファースト/サードパーティ Ajax または iframe コールがページロード時間を遅延させているか
    • サーバのパフォーマンスが全体または個別のケースにおいて、エンドユーザ エクスペリエンスにどのように影響しているか

    データの詳細を表示して、Web ブラウザでのアプリケーションのユーザエクスペリエンスについて調査できます。

    アプリケーションのモニタ

    ブラウザ RUM には、データをリアルタイムで確認するための方法が複数あります。次の操作ができます。

    • Understand and improve your web page's performance
      • ページ、Ajax リクエストおよび iframe のエンドユーザのブラウザでのロードおよびビルド状況に関する詳細なグラフと(有効にした場合は)サーバ側のパフォーマンスをレポートするためのリンクによって、個々のリクエストの状況を把握する。詳細については、Browser Snapshotsを参照してください。
      • 複数の共通メトリックで、最もパフォーマンスが低下しているページを見つける。トップページを参照してください。
    • Reduce errors
      • 問題の原因となっているスクリプトファイルや行番号など、ロード中に JavaScript エラーが発生するページを確認する。詳細については、Browser Snapshotsを参照してください。
    • Learn about your users
      • デバイス/プラットフォームおよびブラウザ別に Web ユーザのアプリケーションへの接続状況を確認する。詳細については、Browser App Dashboardを参照してください。
      • Web ユーザの地理的な位置、および国やリージョンでのアプリケーションのパフォーマンスを確認する。詳細については、Browser App Dashboardを参照してください。
      • ユーザが Web サイト内をどのように移動しているか、ユーザが実行しているアクションを把握する。詳細については、Browser RUM Sessionsを参照してください。

    ブラウザ RUM の使用方法の詳細については、「Overview of the Controller UI for Browser RUM」を参照してください。

    ブラウザ RUM の動作

    ブラウザ RUM は、次のように動作します。

    1. エンドユーザは、Web アプリケーションから最初のページを要求。
    2. Web アプリケーションは、そのページに必要なビジネスロジックを実行。
    3. Web アプリケーションは、応答ページを作成してエンドユーザに戻る。応答ページには次のものが含まれる。
      1. アプリケーション固有の情報。
      2. そのページに関するパフォーマンス情報を収集する方法を記述した短い JavaScript スクリプトのコピー。このスクリプトは JavaScript エージェントと呼ばれます。
    4. JavaScript エージェントが挿入されたページがエンドユーザに返される。  
    5. このページがブラウザで生成されると、スクリプトによってページのパフォーマンスに関する情報が収集されます。
    6. ページの onload イベントが発生するのとほぼ同時に、かなり大きな JavaScript(JavaScript エージェント拡張)のコピーが挿入済みのエージェントによって非同期でダウンロードされる。
    7. この 2 番目のスクリプトは、収集したパフォーマンス情報をパッケージ化し、処理のために Web ビーコン経由で EUM サーバコレクタに送信する。
    8. この 2 つのスクリプトは連携して動作し、エンドユーザがアプリケーションのインストゥルメント化されたページを移動するときに、パフォーマンス情報を収集して送信する。

    ブラウザ RUM のセットアップと構成

    ブラウザ RUM は簡単にセットアップできます。また、幅広い構成変更ができます。方法は以下のとおりです。

    ライセンスとブラウザモニタリングの有効化

    ブラウザ RUM には別のライセンスが必要で、使用するには有効にする必要があります。

    ライセンスタイプ(Lite または Pro)の説明など、ライセンスについては、「Browser RUM Licenses」を参照してください。

    ブラウザ RUM を有効または無効にする方法については、「ブラウザ RUM の有効化と無効化」を参照してください。