Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The AppDynamics Apache Agent monitors web server entry points and names business transactions originating on Apache web server tiers based on the request URI. You can modify the default business transaction naming scheme if needed. 

    Default Automatic Naming for Web Transactions

    By default, the AppDynamics auto-detection naming scheme identifies all web server transactions using the full URI before the query string. For example, the following URI represents a funds transfer operation for an online bank:

    http://bank.example.com/Account/Transferfunds/California

    Based on the default scheme, the business transaction would be named /Account/Transferfunds/California.

    You can customize the auto-detected naming scheme by configuring identification based on:

    • URI segments
    • Headers, cookies, and other parts of HTTP requests

    To customize auto-detected naming: 

    1. On the Transaction Detection page, select the application or tier to configure and click the Web Server tab.
    2. Verify that Transaction Monitoring is enabled and click Discover Transactions automatically for http web requests.
      If you disable Discover Transactions automatically for WEB requests, the agent doesn't discover WEB transactions even if you configure custom naming.
    3. Click Configure Naming for the Web type in the Entry Points panel.

    Identify Transactions Using URI Segments

    AppDynamics offers several options to automatically name web transactions based on the URI. Consider the following URL representing a checkout operation in an online store:

    http://onlinestore.example.com/Web/Store/Checkout

    You can configure AppDynamics to identify a more meaningful name using one of the following options:

    • Click Use the first or Use the last to use the selected number of contiguous segments at the beginning or end of the URI. For example, to identify the checkout transaction using the last two segments of the URI: /Store/Checkout.
    • If you need more flexibility, such as using non-contiguous segments in the name, click Name Transactions dynamically using part of the requests and specify the segments with the Use URI segments in Transaction names option.
    • To name the transaction for specific URI segments, click Use URI segment(s) in Transaction names. This enables you to skip URI segments or use non-contiguous segments in the naming scheme.
      Enter the segment numbers separated by commas: 1, 3. For example, the following URL represents the checkout transaction requested by a customer with ID 1234: 
      http://onlinestore.example.com/Store/cust1234/Checkout
      The checkout transaction is the same regardless of the customer, so it makes sense to omit the customer ID and name the transaction based on the first and third segments of the URI: /Store/Checkout.

    Identify Transactions Using Headers, Cookies, and Other Parts of HTTP Requests

    To identify business transactions using particular parts of the HTTP request, click Name Transactions dynamically using part of the request and configure the option that makes sense for your application. 

    Carefully consider your naming configuration choices. If you use a value such as the request originating address and you have many clients accessing your application, it's likely that you would quickly reach the maximum number of registered business transactions. See "About the "All Other Traffic" Business Transaction" in Business Transactions for information about this event.

    The following provides sample results based on the configuration options: 

    • To name transactions based upon the parameter name, click Use a parameter value in Transaction names and enter the Parameter Name.
      For example, when you name the following transaction using the parameter name "category": http://example.com/Store/Inventory?category=electronicsAppDynamics names the transaction to include the category parameter value: /Store/Inventory.electronics.
    • To use a header value in transaction names, click Use header value in transaction names and enter a Header Name
      For example, if you name the transaction using a header such as "Version", AppDynamics names transactions with the header value as follows: /Store/Inventory.v2.5.
    • To use a cookie value in transaction names, click Use a cookie value in Transaction names and enter the Cookie Name.
      For example, for a website that tracks a user's loyalty status in a cookie. Set the Cookie Name to "loyalty". AppDynamics names transactions for the loyalty cookie value: /Store/Inventory.Status=Gold.
    • To Use a session attribute value in transaction names, Click Use a session attribute in Transaction names and enter the Session Attribute Key.
      For example, a website stores a customer's region in the session property. Set the Session Attribute name to "region". AppDynamics names transactions for the region session attribute value: /Store/Inventory.NorthAmerica.
    • To use the request method in Transaction names, click Use the request method (GET/POST/PUT) in Transaction names.
      For example: /Store/Inventory.GET.
    • To use the request host in Transaction names, click Use the request host in Transaction names. For example: /Store/Inventory.192.0.2.0
    • To use the request originating address in Transaction names, click Use the request originating address in Transaction names.
      AppDynamics names transactions for the IP address of the request client. For example: /Store/Inventory.192.0.2.10.
    • To use a regular expression on the URI to name the transaction, click Apply a custom regular expression on the transaction name. AppDynamics uses the following rules to name the transaction:
      • The Apache Agent uses Perl style regular expressions.
      • AppDynamics tests the regular expression against the segments specified in the configuration.
      • AppDynamics names the business transaction for the substring match.
      • If the regular expression pattern isn't found, the business transaction name follows the URI rules.
      • If you use groups in the regular expression, AppDynamics names the business transaction for the first matching group. If no matching groups are found in the pattern match, AppDynamics names the transaction for the fully matched substring.
        For example consider the following URL: http://mywebapp.example.com/abc/;jsessionid=12345008;mykey=mytransaction;anotherkey=foo.
        Use the first two segments of the URI with the following regular expression to name the transaction for the value of mykey.*mykey.(\w+).* .
        In this instance AppDynamics names the transaction mytransaction

    Custom Match Rules and Exclude Rules

    You can create custom match rules and exclude rules for Web type entry points for Apache Agent. The configuration parameters work the same as those for custom naming in this topic.

    If an excluded request on the Web Server tier passes to another instrumented tier such as Java, PHP, or Python, the downstream agent will detect the transaction.

    For more information, see Custom Match Rules

    sv-translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents

    Related pages:

    AppDynamics Apacheエージェントは、Webサーバーエントリポイントをモニタリングし、リクエストURIに基づいてApache Webサーバーティア上で発生するビジネストランザクションを命名します。必要に応じて、デフォルトのビジネストランザクション命名スキームを変更できます。 

    Webトランザクションのデフォルトの自動命名

    デフォルトでは、AppDynamicsの自動検出命名スキームは、クエリ文字列の前に完全なURIを使用して、すべてのWebサーバートランザクションを識別します。たとえば、次のURIはオンラインバンキングの送金操作を表します。

    http://bank.example.com/Account/Transferfunds/California

    デフォルトのスキームに基づいて、ビジネストランザクションは/Account/Transferfunds/Californiaと命名されます。

    以下に基づいて識別を構成することにより、自動検出命名スキームをカスタマイズできます。

    • URIセグメント
    • ヘッダー、クッキー、およびHTTPリクエストの他の部分

    自動検出命名をカスタマイズするには

    1. [Transaction Detection] ページで、構成するアプリケーションまたはティアを選択し、[Web Server]タブをクリックします。
    2. トランザクションモニタリングが有効なことを確認し、[Discover Transactions automatically for http web requests] をクリックします。
      Discover Transactions automatically for http web requestsを無効にすると、命名のカスタマイズが構成されていてもエージェントによりWebトランザクションは検出されません。
    3. [Entry Points]パネルの [Web] タイプで [Configure Naming ] をクリックします。

    URIセグメントを使用してトランザクションを特定

    AppDynamics には、URI に基づいて Web トランザクションを自動命名する複数のオプションがあります。オンラインストアで購入操作を表す次の URL があるとします。

    http://onlinestore.example.com/Web/Store/Checkout

    以下のオプションのいずれかを使用して、より意味のある名前を識別するようにAppDynamicsを構成できます。

    • [Use the first ] または [Use the last] をクリックして、URI の先頭または末尾から、選択した数の連続セグメントを使用します。たとえば、URI の末尾 2 つのセグメントを使用して購入トランザクションを識別する場合、「/Store/Checkout」と命名します。
    • 連続していないセグメントを使用するなど、より柔軟に命名を構成する場合は、[Name Transactions dynamically using part of the requests ] をクリックし、[Use URI segments in Transaction names] オプションでセグメントを指定します。
    • 特定の URI セグメントでトランザクションを命名するには、[Use URI segment(s) in Transaction names] をクリックします。これにより、命名スキームで URI セグメントをスキップしたり、連続していないセグメントを使用できます。
      カンマで区切ったセグメント番号(1, 3)を入力します。たとえば、次の URL は ID 1234 の顧客が要求した購入トランザクションを表します。
      http://onlinestore.example.com/Store/cust1234/Checkout
      購入トランザクションは顧客に関係なく同じであるため、顧客 ID を省略して、URI の 1 番目と 3 番目のセグメントからトランザクションを命名します(ここでは /Store/Checkout)。

    ヘッダー、クッキー、およびHTTPリクエストのその他の部分を使用してトランザクションを特定

    HTTP リクエストの特定の一部を使用して、ビジネストランザクションを識別するには、[Name Transactions dynamically using part of the request] をクリックし、アプリケーションにとって意味のあるオプションを構成します。 

    命名の構成は慎重に選択してください。リクエストの送信元アドレスなどの値を使用し、多くのクライアントがアプリケーションにアクセスする場合は、登録済みビジネストランザクションがすぐに最大数に達する可能性が高くなります。このイベントの詳細については、「Business Transactions」の「「その他のトラフィック」ビジネストランザクションについて」を参照してください。

    以下に、構成オプションに基づいた結果の例を示します。

    • パラメータ名に基づいてトランザクションを命名するには、[Use a parameter value in Transaction names ] をクリックして、[Parameter Name] を入力します。
      たとえば、パラメータ名「category」を使用して、トランザクション(http://example.com/Store/Inventory?category=electronics)を命名する場合、AppDynamicsはトランザクションに category パラメータ値を含んだ名前(/Store/Inventory.electronics)を付けます。
    • トランザクション名でヘッダー値を使用するには、[Use header value in transaction names] をクリックして、[ Header Name] を入力します。
      たとえば、「Version」というヘッダーを使用してトランザクションを命名する場合、AppDynamics は /Store/Inventory.v2.5 など、ヘッダー値を含んだ名前をトランザクションに付けます。
    • トランザクション名に cookie 値を使用する場合は、[Use a cookie value in Transaction names] をクリックして、[Cookie Name] を入力します
      たとえば、cookie 内のユーザのロイヤルティステータスを追跡する Web サイトの場合は、[Cookie Name] を「loyalty」に設定します。AppDynamics は、ロイヤルティ cookie 値でトランザクションに名前(/Store/Inventory.Status=Gold)を付けます。
    • トランザクション名にセッション属性値を使用する場合は、[Use a session attribute in Transaction names] をクリックして、[Session Attribute Key] を入力します。
      たとえば、Web サイトのセッションプロパティに顧客のリージョンが保存されるとします。セッション属性名を「region」に設定します。AppDynamics は、region セッション属性値でトランザクションに名前(/Store/Inventory.NorthAmerica)を付けます。
    • トランザクション名にリクエストメソッドを使用するには、トランザクション名で [Use the request method (GET/POST/PUT)] をクリックします。
      たとえば、「 /Store/Inventory.GET」となります。
    • トランザクション名でリクエストホストを使用するには、[Use the request host in Transaction names] をクリックします。 例: /Store/Inventory.192.0.2.0
    • トランザクション名でリクエストの発信元アドレスを使用するには、[Use the request originating address in Transaction names] をクリックします
      AppDynamics は、リクエストクライアントの IP アドレスでトランザクションを命名します。例:/Store/Inventory.192.0.2.10
    • URI に正規表現を使用してトランザクションを命名するには、[Apply a custom regular expression on the transaction name] をクリックします。AppDynamicsは以下のルールを使用してトランザクションを命名します。
      • Apache エージェントは Perl 形式の正規表現を使用する。
      • AppDynamicsは、構成で指定されるセグメントで正規表現をテストする。
      • AppDynamicsは、一致する文字列の一部を使用してビジネストランザクションを命名する。
      • 正規表現パターンが見つからない場合、ビジネストランザクション名はURIルールに基づき決定される。
      • 正規表現でグループを使用する場合、AppDynamics は最初に一致したグループでビジネストランザクションを命名する。一致するグループがパターンマッチで見つからない場合、AppDynamics は完全に一致した部分文字列でトランザクションを命名する。
        たとえば、http://mywebapp.example.com/abc/;jsessionid=12345008;mykey=mytransaction;anotherkey=foo という URL について考えてみます。
        正規表現(.*mykey.(\w+).*)を指定し、URI の最初の 2 つのセグメントを使用して mykeyの値でトランザクションを命名します。
        この例では、AppDynamics はトランザクションを mytransactionと命名します。 

    カスタムマッチルールおよび除外ルール

    ApacheエージェントのWebタイプエントリポイントに、カスタムマッチルールと除外ルールを作成することができます。構成パラメータは、このトピックで説明した命名のカスタマイズと同様です。

    Webサーバーティアの除外リクエストが、Java、PHP、またはPythonなどのインストゥルメント化された他のティアに通じる場合、ダウンストリームエージェントによりトランザクションが検出されます。

    詳細については、「Custom Match Rules」を参照してください。