Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Works with:

    When you create or edit servlet or POJO custom match rules in AppDynamics, you can click Live Preview to inspect pertinent transaction data from a node.

    Custom transaction detection rule Live Preview session lets you interactively preview the effect of rule updates on your business transactions. Live Preview also provides tools for the different rule types to let you inspect the live data streaming from your application.

    When you launch Live Preview, select the node where you want to preview transactions. Nodes are organized by tier. You can see which nodes have active agents and if there is a live preview session already running on a node.

    Permissions

    You need the following permissions to use Live Preview:

    • Configure Transaction Detection
    • View Sensitive Data

    For information on AppDynamics Role Based Access Control, see Roles and Permissions.

    Preview Business Transactions

    When you initiate a custom match rule live preview session, the Controller shows the rule configuration in the left pane. Click Preview Business Transactions in the right pane to see resulting transactions. You can edit the rule and click Apply to update the changes within the session.

    When the agent discovers an entry point for a rule but the transaction payload contains correlation data from an existing transaction, Live Preview displays a masked transaction.

    POJO Match Rule Tools

    You can use the following tools to inspect data and configure the entry point for a POJO custom match rule:

    • The Classes/Methods browser lets you search for classes. You can right-click a class or method in the result to set the class and method match criteria for the POJO. You can also view method invocations for a selected method.

      Info

      In live preview mode, the number of methods and classes that can be returned by an agent are now limit-bounded. The limits are:

      • Maximum number of classes: 1000
      • Maximum number of methods: 300
      You can change limits by modifying the node properties  classmethodservice.max.no.of.classes.reported and classmethodservice.max.no.of.methods.reported, respectively
    • Method Invocations lets you inspect live data from the server for the specified method. Expand a method invocation to see detailed information including invoked objects, parameters, and return values. Right-click on a data point to use it in transaction splitting. AppDynamics automatically creates a splitting rule following the get<field>() syntax. If your code follows another convention, you need to manually specify the getter method for the data point. You can also copy a getter chain to the clipboard.
      The example below shows the data for a method, Order.setQuantity():


    Servlet Match Rule Tools

    When you use Live Preview to inspect data for a servlet custom match rule, AppDynamics shows live HTTP Requests that meet the rule criteria. You can click an individual Request URL to view detailed request data: headers, cookies, and parameters.

    Right-click an individual data point, such as a header, to add the value to the match criteria or to set it as a transaction splitting option. The following example, shows how to add a specific header value to the match criteria:

    You can group the incoming HTTP requests by various parts of the request and its payload, such as the URI, an HTTP parameter, a header, etc. You can right-click a result from the Values column and add the value to the HTTP Request Match criteria.

    The following example shows Live Preview of HTTP requests grouped by URI:

    Anchor
    masked-transactions
    masked-transactions
    Masked Transactions

    Live Preview flags transactions that are downstream from another existing business transaction as masked transactions. To view the originating business transactions masking the current transaction, click the link indicating the number of transactions.

    To view the business transaction dashboard for the masking transaction, you can click the link for a business transaction name.

    If you want to view metrics for the current entry point outside of a masking transaction or transactions, you can either:

    • Disable the business transaction detection rules that created the upstream transactions, or
    • Create a service endpoint for the entry point.

    Otherwise, you can continue to track the performance of the masked entry point as a segment of the business transaction it currently belongs to.



    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Works with:

    Image Removed

    Image Added

    Servlet または POJO カスタムマッチルールを AppDynamics で作成または編集する場合、[Live Preview] をクリックして、ノードから関連するトランザクションデータを調べることができます。

    カスタムトランザクション検出ルールのライブプレビューセッションでは、ビジネストランザクションでのルール更新の効果をインタラクティブにプレビューできます。ライブプレビューには、アプリケーションからストリーミングするライブデータを調べるためのツールも、異なるルールタイプごとに用意されています。

    ライブプレビューを起動するときに、トランザクションをプレビューするノードを選択します。ノードはティア別にまとめられます。どのノードにアクティブなエージェントがあるのか、およびすでにノード上で実行しているライブプレビューセッションがあるかどうかを確認できます。

    権限

    Image RemovedImage Addedライブプレビューを使用するには次の権限が必要です。

    • トランザクション検出の構成
    • 機密データの表示

    AppDynamics ロールベースのアクセス制御の詳細については、「Roles and Permissions」を参照してください。

    ビジネストランザクションのプレビュー

    カスタムマッチルールのライブプレビューセッションを開始すると、コントローラの左ペインにルール構成が表示されます。右ペインの [Preview Business Transactions] をクリックして、結果のトランザクションを表示します。ルールを編集し、[Apply] をクリックすると、セッション内で変更内容を更新できます。

    エージェントがルールのエントリポイントを検出しても、トランザクションペイロードが既存のトランザクションからの相関データを含む場合、ライブプレビューにはマスキングされたトランザクションが表示されます。

    POJOマッチルールツール

    次のツールを使用して、データを調べ、POJOカスタムマッチルールのエントリポイントを構成できます。

    • クラス/メソッドブラウザでは、クラスを検索できます。結果のクラスまたはメソッドを右クリックして、POJOのクラスおよびメソッド一致基準を設定できます。選択したメソッドのメソッド呼び出しも表示できます。

      Info

      ライブプレビューモードでは、エージェントが返すことのできるメソッドおよびクラスの数が現在制限されています。その制限は次のとおりです。

      • クラスの最大数:1000
      • メソッドの最大数:300
      classmethodservice.max.no.of.classes.reportedclassmethodservice.max.no.of.methods.reported のノードプロパティをそれぞれ修正することにより制限を変更できます。
    • メソッド呼び出しでは、指定したメソッドのサーバからライブデータを調査できます。メソッド呼び出しを展開して、呼び出されたオブジェクト、パラメータ、戻り値などの詳細情報を表示します。データポイントを右クリックして、トランザクション分割で使用します。AppDynamics によって、get<field>() 構文に従って分割ルールが自動的に作成されます。コードが別の規則に従っている場合は、データポイントに  構文に従って分割ルールが自動的に作成されます。コードが別の規則に従っている場合は、データポイントに getter メソッドを手動で指定する必要があります。また、getter チェーン をクリップボードにコピーすることもできます。 をクリップボードにコピーすることもできます。
      次の例は、メソッド 次の例は、メソッド Order.setQuantity() のデータを示しています。 のデータを示しています。
      Image RemovedImage Added

    Servletマッチルールツール

    ライブプレビューを使用して、Servlet カスタムマッチルールのデータを調べた場合、AppDynamics にはルール基準を満たすライブ HTTP リクエストが表示されます。個々のリクエスト URL をクリックすると、詳細なリクエストデータ(ヘッダー、cookie、およびパラメータ)を表示できます。

    ヘッダーなど個々のデータポイントを右クリックして、一致基準にその値を追加したり、トランザクション分割オプションとして設定します。次の例は、一致基準に特定のヘッダー値を追加する方法を示しています。

    Image Removed


    受信HTTPリクエストを、URI、HTTPパラメータ、ヘッダーなど、リクエストのさまざまな部分やペイロードでグループ化できます。Values列から結果を右クリックして、HTTPリクエスト一致基準に値を追加できます。

    以下の例では、URIでグループ化されたHTTPリクエストのライブプレビューが示されています。

    Image RemovedImage Added

    Anchor
    masked-transactions
    masked-transactions

    マスキングされたトランザクション

    ライブプレビューは、別の既存のビジネストランザクションからのダウンストリームであるトランザクションに、マスキングされたトランザクションとしてフラグを付けます。現在のトランザクションをマスキングしている元のビジネストランザクションを表示するには、トランザクションの数を示すリンクをクリックします。

    Image RemovedImage Added

    マスキングトランザクションのビジネストランザクションダッシュボードを表示するには、ビジネストランザクション名のリンクをクリックします。

    1つまたは複数のマスキングトランザクションの外部にある現在のエントリポイントのメトリックを表示する場合は、次のように入力します。

    • アップストリームトランザクションを作成したビジネストランザクション検出ルールを無効にします。または
    • エントリポイントのサービスエンドポイントを作成します。

    それ以外の場合、マスキングされたエントリポイントのパフォーマンスを、現在それが属しているビジネストランザクションのセグメントとして追跡を継続できます。