Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    AppDynamics automatically detects entry points for client requests to ASP.NET applications. If the request occurs on an originating tier, the method or operation marks the beginning of a business transaction and defines the transaction name. In most cases, this type of entry point maps to a user request or action such as "Cart/Checkout". AppDynamics allows you to configure transaction naming based upon the ASP.NET request.

    For information on how to configure default ASP.NET transaction detection, see URI Based Entry Points.

    Custom Match Rules for ASP.NET Transactions

    Custom match rules provide greater flexibility for transaction naming. When you define a match rule, AppDynamics uses the rule name for the business transaction name.

    See Custom Match Rules for general information on how to create custom match rule.

    Info
    The .NET Agent for Linux supports the configuration of simple ASP.NET business transactions through the Controller UI. See .NET Agent for Linux Business Transaction Configuration

    When AppDynamics detects a request matching your specified criteria, it identifies the request using your custom name. You can use the following criteria to match transactions:

    Method: Match on the HTTP request method, GET, POST, PUT or DELETE.

    Tip

    With automatic discovery for ASP.NET transactions enabled, configuring the match on GET or POST causes the agent to discover both GET and POST requests. If you only want either GET or POST requests for the transaction, consider the following options:

      • Disable automatic discovery for ASP.NET transactions.
      • Create an exclude rule for the method you don’t want: GET or POST.

    URI: Set the conditions to match for the URI.

      • For rules on regular expressions for .NET, see .NET Framework Regular Expressions.
      • Optionally click the gear icon to set a NOT condition.
      • You must set a URI match condition in order to use transaction splitting.

    HTTP Parameter: Match on HTTP parameter existence or a specific HTTP parameter value.

    Header: Match on a specific HTTP header's (parameter's) existence or a specific HTTP header value.

    • Hostname: Match on the server hostname. Optionally click the gear icon to set a NOT condition.
    • Port: Match on the server port number. Optionally click the gear icon to set a NOT condition.
    • Class Name: Match on the ASP.NET class name. Optionally click the gear icon to set a NOT condition.
    • Cookie: Match on cookie existence or specific cookie value.
    • Hostname, Port, and Class Name options are non-functional in the 4.5.9 version of .NET Agent for Linux.

    Split Custom ASP.NET transactions

    AppDynamics lets you further refine ASP.NET custom transaction names using transaction splitting.

    • To use transaction splitting, you must specify URI match criteria for the custom match rule.
    • The Split Transactions Using Request Data options work the like the automatic transaction detection configuration options described in URI Based Entry Points.

    For example, you have a custom match rule named MyTransaction that matches the following URL: http://example.com/Store/Inventory?category=electronics. You can split the transaction on the parameter value as follows:

    The .NET Agent names the resulting transaction MyTransaction.electronics.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    AppDynamicsは、クライアントがASP.NETアプリケーションに要求するエントリポイントを自動検出します。リクエストが発生元ティアで行われる場合、メソッドまたはオペレーションはビジネストランザクションの開始をマークしてトランザクション名を定義します。通常、このタイプのエントリポイントはユーザーリクエストまたは「カートを見る/購入手続き」などのアクションにマッピングされます。AppDynamicsでは、ASP.NETリクエストに基づいてトランザクションの命名を構成できます。

    デフォルトの ASP.NET トランザクション検出を構成する方法については、「URI Based Entry Points」を参照してください。

    ASP.NETトランザクションのカスタムマッチルール

    カスタムマッチルールで、トランザクションの命名をさらに柔軟に行うことができます。マッチルールを定義すると、AppDynamicsではビジネストランザクション名にルール名が使用されます。

    カスタムマッチルールを作成する方法については、「Custom Match Rules」を参照してください。

    Info
    Linux 用の .NET エージェントは、コントローラ UI を使用したシンプルな ASP.NET ビジネストランザクション構成をサポートしています。参照: .NET Agent for Linux Business Transaction Configuration

    AppDynamics は指定された条件に一致するリクエストを検出する場合、カスタム名を使用してリクエストを識別します。トランザクションの照合には、次の条件を使用できる。

    メソッド: HTTPリクエストメソッドのGET、POST、PUTまたはDELETEとの一致。

    Tip

    ASP.NET トランザクションの自動検出が有効で、GET または POST での照合を構成した場合、エージェントは GET リクエストと POST リクエストの両方を検出する。トランザクションに GET リクエストまたは POST リクエストのどちらか一方のみ必要な場合は、次のオプションを検討する。

      • ASP.NETトランザクションの自動検出を無効化する。
      • 不要なメソッド(GET または POST)の除外ルールを作成する。

    URI: URIに一致する条件を設定。

      • .NET の正規表現のルールについては、「.NET Framework の正規表現」を参照。
      • 歯車アイコンをクリックしNOT条件を設定する(オプション)。
      • トランザクション分割を使用するには、URI 一致条件を設定する必要がある。

    HTTPパラメータ: HTTPパラメータの存在または特定のHTTPパラメータ値との一致。

    ヘッダー: 特定のHTTPヘッダーの(パラメータの)存在または特定のHTTPヘッダー値との一致。

    • ホスト名:サーバのホスト名との一致。歯車アイコンをクリックし NOT 条件を設定する(オプション)。
    • ポート:サーバのポート番号との一致。 歯車アイコンをクリックしNOT条件を設定する(オプション)。
    • クラス名:ASP.NET クラス名との一致。歯車アイコンをクリックしNOT条件を設定する(オプション)。
    • クッキー:クッキーの存在または特定のクッキー値との一致。 
    • Linux 用の .NET エージェントのバージョン 4.5.9 では、ホスト名、ポート、およびクラス名オプションは機能しません。

    カスタムASP.NETトランザクションの分割

    AppDynamics では、トランザクション分割を使用して ASP.NET カスタムトランザクション名をさらに絞り込むことができます

    • トランザクション分割を使用するには、カスタムマッチルールのURI一致条件を指定する必要があります。
    • [Split Transactions Using Request Data]オプションは、「URI Based Entry Points」で説明している自動トランザクション検出構成オプションのように機能します。

    たとえば、URL( http://example.com/Store/Inventory?category=electronics)と一致する MyTransaction という名前のカスタムマッチルールがあるとします。パラメータ値で次のようにトランザクションを分割できます。

    .NET エージェントは結果のトランザクションに「MyTransaction.electronics」という名前を付けます。