Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    AppDynamics uses different types of transaction detection rules to define entry points and name business transactions:

    In many cases, the built-in rules yield a useful set of business transactions. If not, you can create new rules or edit the existing rules to optimize the transaction detection for your environment.

    Permissions

    The Configure Transaction Detection permission is needed to customize transaction detection rules.

    The View Sensitive Data permission, In combination with the Configure Transaction Detection permission, enables the use of Live Preview and Business Transaction Discovery features to stream live data from your application.

    Live Preview

    For Java and .NET environments, you can use interactive live preview tools to find business transaction entry points:

    • Business transaction discovery sessions stream live data from the node to the Controller UI to help you make instrumentation decisions. These sessions display transactions based on all transaction detection rules active for the node.

    • For certain types of entry points, custom match rule live preview enables you to preview transactions based on applying a single transaction detection rule on a node.

    Business transactions within the context of the Live Preview, called transient transactions, do not persist after the Live Preview ends. Business transaction discovery sessions let you apply or discard rule changes when you end the session. Custom match live preview rules apply after you save the rule. 

    Some transient transactions may invoke exit calls to the same node where the Live Preview session is running. In certain cases, the agent may discover additional transient transactions and uninstrumented code on the downstream segment:

    • The exit call and corresponding entry point are automatically discovered exit and entry points like HTTP or Web Service.
    • Rare cases of custom activity in-process calls.

    Manage Transaction Detection Rules

    To customize transaction detection rules in the Controller UI, go to Configuration > InstrumentationFrom the Business Transactions list, you can also click Configure to quickly access Transaction Detection settings.

    You apply transaction detection rules to tiers using the flexible scope configuration model. From the Transaction Detection tab, you can manage rules as follows:

    • Manage rules for individual scopes on the Transaction Detection tab.
    • Manage rules application-wide on the Rules sub-tab. The Rules sub-tab also shows you the tiers where rules are applied and according to which scope.
    • View or modify the rules for specific tiers on the Tiers sub-tab.

    To modify an existing rule, you can double-click it to display the Rule Editor. Click +/Add to define a new rule.

    Use Live Preview button to start a Business Transaction Discovery session for nodes running the Java and .NET Agent.

    Anchor
    match-priority
    match-priority
    Transaction Detection Rule Priorities

    AppDynamics app agents apply transaction detection rules of the same type in the following order of precedence:

    1. Rule priority from highest to lowest. A priority of 0 is the lowest priority possible.
    2. Creation date from oldest to newest.

    For example, consider an HTTP request that matches a priority 2 custom match rule and a priority 6 custom match rule. The agent applies the priority 6 rule.

    When an incoming request matches more than one type of detection rule, AppDynamics applies the detection rules in the following order of precedence:

    1. Custom match include rules according to the include rule priority. If the request matches an include rule, the agent names the business transaction based on the rule.
    2. Custom match exclude rules according to the exclude rule priority. If the request matches an exclude rule, the app agent excludes the transaction from discovery.

    3. Default automatic detection rules. If the request matches a default automatic detection rule, it names the transaction according to the auto-detection naming scheme.

    To view the default order of transaction detection rules for a tier
    1. Navigate to Configuration > Instrumentation > Transaction Detection > Tiers
    2. Click a tier to see the rules ordered by precedence and priority.

    For Java and .NET, you can set the check-bt-excludes-early node property to "true" to configure the app agent to evaluate custom match exclude rules before custom match include rules. This is a node-based configuration and does not affect the display order of rules in the Controller UI.

    Anchor
    disable
    disable
    Export Detection Rules

    You can migrate the rules between applications and tiers using the Controller API. For more information, see Configuration Import and Export API


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    AppDynamics では、エントリポイントを定義し、ビジネストランザクションに名前を付けるために、さまざまなタイプのトランザクション検出ルールを使用します。

    多くの場合、ビルトインルールによって、有用なビジネストランザクションセットが生成されます。生成されない場合は、新しいルールを作成するか既存のルールを編集して、ご使用の環境に合わせてトランザクション検出を最適化できます。

    権限

    トランザクション検出ルールをカスタマイズするには、Configure Transaction Detection 権限が必要です。

    View Sensitive Data 権限Configure Transaction Detection 権限をともに使用すると、ライブプレビューおよびビジネストランザクション検出機能を使用してアプリケーションからライブデータをストリーミングできるようになります。

    ライブプレビュー

    Javaおよび.NET環境では、以下のインタラクティブなライブプレビューツールを使用して、ビジネストランザクションのエントリポイントを見つけることができます。

    • ビジネストランザクション検出セッションでノードからコントローラ UI にライブデータをストリーミングすることにより、インストゥルメンテーションに関する意思決定がしやすくなります。これらのセッションでは、該当するノードでアクティブなすべてのトランザクション検出ルールに基づいてトランザクションが表示されます。

    • 特定のエントリポイントのタイプの場合、カスタムマッチルールのライブプレビューを使用して、トランザクションをプレビューできます。 ベースこれは、1 つのノードに 1 つのトランザクション検出ルールを適用する場合に可能です。

    ライブプレビューのコンテキスト内のビジネストランザクション(一時的トラザクションと呼ばれます)は、ライブプレビューの終了後は存続しません。ビジネストランザクション検出セッションを使用すれば、セッションの終了時にルールの変更内容を適用することも破棄することもできます。カスタムマッチのライブプレビュールールは、ルールの保存後に適用されます。 

    一時的トランザクションでは、ライブプレビューセッションが実行されている同じノードへの終了コールが呼び出されることがあります。場合によっては、エージェントはダウンストリームセグメントで追加の一時的トランザクションとインストゥルメント化されていないコードを検出します。

    • 終了コールと対応するエントリポイントは、HTTPやWebサービスのような自動検出された終了およびエントリポイントです。
    • カスタムアクティビティインプロセスコールのレアケース。

    トランザクション検出ルールの管理

    コントローラ UI でトランザクション検出ルールをカスタマイズするには、[Configuration > Instrumentation] に移動します。[Business Transactions] リストから、[Configure] をクリックして、トランザクション検出設定にすばやくアクセスすることもできます。

    柔軟なスコープ構成モデルを使用して、トランザクション検出ルールをティアに適用します。Transaction Detectionタブから、次のようにルールを管理できます。

    • [Transaction Detection] タブで個々のスコープのルールを管理します。
    • Rulesサブタブでアプリケーション全体のルールを管理します。Rulesサブタブには、ルールが適用されるティアと、どのスコープにしたがうかも表示されます。
    • Tiersサブタブで、特定のティア のルールを表示または変更します。

    既存のルールを変更するには、そのルールをダブルクリックして [Rule Editor] を表示します。[+/Add ] をクリックして新しいルールを定義します。

    [Live Preview ] ボタンを使用して、Java および .NET エージェントを実行しているノードに対してビジネストランザクション検出セッションを開始します。

    Anchor
    match-priority
    match-priority
    トランザクション検出ルールの優先順位

    AppDynamicsのアプリエージェントは、同じタイプのトランザクション検出ルールを次の優先順序で適用します。

    1. ルールの優先順位は、最高から最低の順になります。優先順位 0 は、指定可能な最低の優先順位です。
    2. 作成日の古い方から先に。

    たとえば、優先度 2 のカスタムマッチルールと優先度 6 のカスタムマッチルールを照合する HTTP リクエストがある場合、エージェントは、優先度 6 のルールを適用します。

    受信リクエストが複数のタイプの検出ルールに一致した場合、AppDynamicsは次の優先順位で検出ルールを適用します。

    1. 包含ルールの優先度に従うカスタムマッチ包含ルール。リクエストが包含ルールに一致すると、エージェントはそのルールに基づいてビジネストランザクションに名前を付けます。
    2. 除外ルールの優先度に従うカスタムマッチ除外ルール。リクエストが除外ルールに一致すると、アプリエージェントはそのトランザクションを検出から除外します。

    3. デフォルトの自動検出ルール。リクエストがデフォルトの自動検出ルールに一致した場合、自動検出命名スキームに従ってトランザクションを命名します。

    ティアのトランザクション検出ルールのデフォルトの順序を表示するには
    1. [Configuration > Instrumentation > Transaction Detection > Tiers] に移動します。 
    2. ティアをクリックすると、優先順位および優先度の順にルールが表示される。

    Java および .NET の場合は、check-bt-excludes-early ノードプロパティを「true」に設定することで、カスタムマッチ包含ルールの前にカスタムマッチ除外ルールを評価するようにアプリケーション エージェントを構成できます。  これはノードベースの構成であり、コントローラ UI のルールの表示順序には影響しません。

    Anchor
    disable
    disable
    検出ルールのエクスポート

    コントローラAPIを使用してアプリケーションとティア間でルールを移行できます。詳細については、「Configuration Import and Export API」を参照してください。