Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.10
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The Bytecode Transformer log is generated by the Java Agent, the .NET Agent and the proxy. It contains the information associated with the AppDynamics platform bytecode instrumentation (BCI) engine. The BCI engine is used to inject interceptors. The BCI engine logs the classes being loaded in the application.

    This log is useful for troubleshooting issues that depend on bytecode instrumentation including entry points, exit points, missing metrics, loggers, errors, exceptions, and asynchronous threads.
    This log includes the following:

    • agent version and build date
    • each Java class that was examined and whether the methods were considered for bytecode instrumentation
    • each method that was instrumented.

    For the .NET Agent, the log is named ByteCode.txt.

    See Agent Log Files for details about how the sets are organized that roll over.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    バイトコードトランスフォーマーログは、Javaエージェント、NET エージェント、およびプロキシで生成されます。このログには、AppDynamicsプラットフォームのバイトコードインストゥルメンテーション(BCI)エンジンに関連する情報が含まれます。BCIエンジンは、インターセプタを挿入するために使用されます。BCIエンジンでは、アプリケーションにロードされているクラスのログが記録されます。

    このログは、バイトコード インストゥルメンテーションに関する問題(エントリーポイント、イグジットポイント、欠落したメトリック、ロガー、エラー、例外、非同期スレッドなど)のトラブルシューティングに役立ちます。
    このログには、次の内容が含まれます。

    • エージェントバージョンおよびビルド日時
    • 検査された各Javaクラスおよびメソッドがバイトコードインストゥルメンテーション用に考慮されているかどうか
    • インストゥルメント化された各メソッド。

    .NETエージェントの場合、ログの名前はByteCode.txtです。

    ロールオーバーするセットが整理される方法の詳細については、「Agent Log Files」を参照してください。