Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen

    To ensure that you see the metric information that is most relevant to your application, agents have limits for the number of metrics they can store. Different limits apply to app agents and machine agents, as follows:

    • For an app agent, the default maximum number of registered metrics is 5000.
    • For the Standalone Machine Agent, the default maximum number of registered metrics is 450. This includes both basic hardware metrics and the expanded metrics available with Server Visibility.

    If the limit is reached, an error event is generated of type AGENT_METRIC_REG_LIMIT_REACHED with a summary of Metric registration limit of n reached.  No new metrics are created until the agent restarts. You can increase the default limit if necessary, as described next. 

    Agent Metric Limits

    You can increase or decrease the default metric registration limits for machine agents or app agents. 

    Warning

    Changing these limits can affect the resource consumption of your deployment. Before you change this setting verify your application environment and Controller can handle the increased resource requirements.

    For the Java agent, modify the limit using the agent.maxMetrics system property. For example, to increase the machine agent metric limit, specify the maximum number of metrics as an argument when starting the machine agent in the following format:

    No Format
    -Dappdynamics.agent.maxMetrics=<max-number-of-metrics>
    

    For example, when starting the machine agent, increase the maximum number of metrics that can be registered to 2000 as follows: 

    No Format
    nohup java -Dappdynamics.agent.maxMetrics=2000 -jar machineagent.jar &

    For the .NET Agent, set the maxMetrics property as an environment variable. This setting only affects the app agent. For example:

    No Format
    appdynamics.agent.maxMetrics=5500

    For the .NET Machine Agent, specify the maximum number of metrics using the Metrics element in the config.xml. See 'Machine Agent Element' on .NET Agent Configuration Properties. See also Administer the .NET Agent.

    No Format
    <metrics max-metrics="300"/>

    Controller Metric Limits

    The Controller applies its own limits on metric registration. For an on-premises Controller, you can view and modify the properties that control the metric registration limit in the Controller settings page in the Controller Administration Console.

    The relevant Controller settings are:

    • metric.registration.limit: The maximum number of metrics that can be registered for an account in the Controller. The default is 2 million. 
    • application.metric.registration.limit: The maximum number of metrics that can be registered for a business application in the Controller. The default is 1 million.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    アプリケーションに最も関連するメトリック情報が表示されるように、エージェントが格納できるメトリック数には制限があります。アプリケーション エージェントとマシンエージェントには、次のような異なる制限が適用されます。

    • アプリエージェントでは、登録されるメトリックの最大数はデフォルトで5000になります。
    • スタンドアロンマシンエージェントの場合、登録されるメトリックの最大数はデフォルトで450です。これは、基本ハードウェアメトリックとサーバの可視性に関して利用できる拡張メトリックの両方に適用されます。

    制限に達した場合、「Metric registration limit of n reached」の概要を含む AGENT_METRIC_REG_LIMIT_REACHED タイプのエラーイベントが生成されます。エージェントが再起動するまで、新しいメトリックは作成されません。次の説明に従って、必要に応じてデフォルトの制限を増やすことができます。 

    エージェントメトリックの制限

    マシンエージェントやアプリケーション エージェントのメトリック登録制限のデフォルト値は増減できます。 

    Warning

    制限を変更することで、デプロイのリソース消費に影響を及ぼす場合があります。この設定を変更する前に、アプリケーション環境を確認し、コントローラが増加したリソース要件を処理できるようにしてください。

    Java エージェントの場合、agent.maxMetrics システムプロパティを使用して制限を変更します。たとえば、マシンエージェントメトリックの制限を増やすには、次の形式でマシンエージェントを起動するときに、引数として最大メトリック数を指定します。

    No Format
    -Dappdynamics.agent.maxMetrics=<max-number-of-metrics>
    

    たとえば、マシンエージェント起動時に登録できるメトリックの最大数を、次の方法で2000に増やします。 

    No Format
    nohup java -Dappdynamics.agent.maxMetrics=2000 -jar machineagent.jar &

    .NET エージェントの場合、 maxMetrics プロパティを環境変数として設定します。この設定はアプリエージェントにのみ影響します。例:

    No Format
    appdynamics.agent.maxMetrics=5500

    .NETマシンエージェントの場合、config.xmlでメトリック要素を使用してメトリックの最大数を指定します。「.NET Agent Configuration Properties」の「マシン エージェント エレメント」を参照してください。「Administer the .NET Agent」も参照してください。

    No Format
    <metrics max-metrics="300"/>

    コントローラメトリックの制限

    メトリック登録には、コントローラ独自の制限が適用されます。オンプレミスコントローラの場合、コントローラ管理コンソールのコントローラ設定ページで、メトリック登録の制限を制御するプロパティを表示および変更できます。

    関連するコントローラの設定は次のとおりです。

    • metric.registration.limit:コントローラでアカウントごとに登録できるメトリックの最大数。デフォルトは2万です。 
    • application.metric.registration.limit:コントローラでビジネスアプリケーションごとに登録できるメトリックの最大数。デフォルトは100万です。