Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width410px

    Related pages:

    This page introduces provides an overview of the Node.js Agent. With the Node.js agent and AppDynamics, you get automated , which enables automated transaction detection and correlation across your Node.js-enabled environment. 

    Node Naming for Node.js Agents

    Each instrumented Node.js process corresponds to a node in the AppDynamics model.

    The nodes are named by combining the prefix that you specify for the nodeName in the requires statement that you add to the application source code when you install the Node.js agent with a hyphen and a digit. 

     For example, if you designate a prefix of MyNode for the nodes in the MyTier tier, the nodes in that tier are named MyNode-0, MyNode-1, MyNode-2, and so on.

    Node.js Agent and the Java Proxy

    The agent communicates with a Java proxy that handles the communication between the 

    Appd nodejs agent name
     and the AppDynamics Controller. The proxy reports the performance metrics to the Controller, where the data is stored, baselined, and analyzed. You can access this performance data interactively using the Browser UI or programmatically using the AppDynamics REST API.

    The proxy component is automatically started when you start the 

    Appd nodejs agent name
    .

    Image Removed

    Instrument a Node.js Application Overview

    The Getting Started Wizard walks you through configuration steps and helps you download Started Wizard provides instructions on installing the agent. To access it, in  In the Controller Home page of the Controller , click Getting Started  and then > Node.js.

    The wizard provides the minimum information that the agent needs to communicate with the AppDynamics Controller: Controller host and port, optionally SSL, application name and tier name.

    • Controller Host
    • Controller Port
    • SSL (optional)
    • Application Name
    • Tier Name



     


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width410px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    Search Node.js Agent topics:

    Page Tree Search

    このページでは、Node.jsエージェントを紹介します。Node.js エージェントと AppDynamics を使用すると、Node.js が有効な環境全体で自動トランザクション検出と相関が可能になります。 

    Node.jsエージェントのノードの命名

    インストゥルメント化された各Node.jsプロセスは、AppDynamicsモデルのノードに対応しています。

    ノードの名前は、ハイフンと数字を使用して Node.js エージェントをインストールするときにアプリケーション ソース コードに追加する必須ステートメントにある nodeName 用に指定したプレフィックスを組み合わせて作られます。 

    たとえば、MyTier ティアのノードに MyNode プレフィックスを指定する場合、そのティアのノードは MyNode-0、MyNode-1、MyNode-2 などと命名されます。

    Node.jsエージェントとJavaプロキシ

    このエージェントは、Java プロキシと通信します。このプロキシは、

    Appd nodejs agent name
    と AppDynamics コントローラ間の通信を処理します。プロキシはデータの保存、基準設定、分析を行うコントローラにパフォーマンスメトリックを報告します。このパフォーマンスデータには、ブラウザUIを使用してインタラクティブに、またはAppDynamics REST APIを使用してプログラムによりアクセスできます。

    プロキシコンポーネントは、次のエージェントを起動すると自動的に起動します。

    Appd nodejs agent name

    Image RemovedImage Added

    Node.jsアプリケーションのインストゥルメント化の概要

    Getting Startedウィザードが構成手順を説明しながら、ユーザはエージェントのダウンロードができます。ウィザードにアクセスするには、コントローラのホームページで Started ウィザードが構成手順を説明しながら、ユーザはエージェントのダウンロードができます。ウィザードにアクセスするには、コントローラのホームページで Getting Started をクリックして、 をクリックして、Node.js をクリックします。 をクリックします。

    ウィザードでは、エージェントが AppDynamics コントローラと通信するために必要な最低限の情報(コントローラホストとポート、必要に応じて SSL、アプリケーション名およびティア名)を指定します。