Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width340px
    Related pages:

    This page covers how to monitor Node.js processes. 

    The AppDynamics Node.js Agent helps you monitor Node.js applications in production to determine which applications are slower than normal or producing a lot of errors. It also provides tools for troubleshooting application problems so that you can take action before poor performance becomes apparent to your users.

    To access the data, log in to the Controller from a Web browser using your AppDynamics credentials. You can also access the data programmatically using the AppDynamics REST API.

    Process Snapshots

    The node dashboard for Node.js is like the node dashboards for other app agents except that it also includes a Process Snapshots tab, which you use to access process snapshots for the Node.js process.

    In a single-threaded model, such as Node.js, one slow function forces other functions to wait. You can monitor Node.js processes using lists of process snapshots to identify which functions have high CPU times and which consume a lot of memory. From the list, you can select and examine process snapshots to identify exactly which functions in your code are blocking the CPU or leaking memory.

    A process snapshot describes an instance of a CPU process on an instrumented Node.js node. It generates a process-wide call graph for a CPU process over a configurable time range. Process snapshots are independent of any running business transactions.

    You can monitor process snapshots at the tier level or the node level.

    Customizations

    The Node.js Agent collects several metrics that do not appear in standard dashboards. You can see all the metrics in the Metric Browser, including special metrics related to Node.js processes in Application Infrastructure Performance > Tier > Node.js.

    You can create custom dashboards that display any of these metrics using a variety of widgets to create a visual display of information customized for specific types of users in your organization: executives, ops, developers, QA and so forth.

    You can also create health rules that stipulate certain levels of acceptable performance and then create policies that automatically send an alert or take an automated action when those rules are violated.


    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width340px
    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    AppDynamics

    Appd nodejs agent name
    により、Node.js アプリケーションを実稼働でモニタリングし、通常より動作の遅いアプリケーションや多くのエラーを発生しているアプリケーションを特定することができます。また、アプリケーションの問題をトラブルシューティングするツールを提供するため、アプリケーションを使用するユーザーがパフォーマンスの遅延に気づく前に対策を講じることが可能になります。

    データにアクセスするには、AppDynamicsの資格情報を使用してWebブラウザからコントローラにログインします。また、AppDynamics REST API を使用してプログラムからデータにアクセスすることも可能です。

    プロセススナップショット

    Node.js のノードダッシュボードは、Node.js プロセスのプロセススナップショットへのアクセスに使用する [Process Snapshots] タブがあること以外は、その他のアプリケーション エージェントのノードダッシュボードと同様です。

    Node.jsのような単一スレッドモデルの場合、遅いプロセスが1つあると他のプロセスが強制的に待機させられます。プロセス スナップショット リストを使用して Node.js プロセスをモニタリングし、CPU 時間の長い機能や大量のメモリを消費しているプロセスを特定できます。CPU をブロックまたはメモリリークしているコードの関数を正確に特定するプロセススナップショットをリストから選択し、調査できます。

    プロセススナップショットは、インストゥルメント化されたNode.jsノードにおけるCPUプロセスのインスタンスを表します。これにより、構成可能な時間範囲におけるCPUプロセスの、プロセス全体のコールグラフが生成されます。プロセススナップショットは、実行中のビジネストランザクションとは独立しています。

    プロセススナップショットは、ティアレベルまたはノードレベルでモニタリングできます。

    カスタマイズ

     

    Appd nodejs agent name
    は、標準ダッシュボードには表示されない多くのメトリックを収集します。[Metric Browser] の [Application Infrastructure Performance] > ティア > [Node.js] ツリーで、Node.js プロセスに関する特別なメトリックを含むすべてのメトリックを確認できます。

    さまざまなウィジェットを使用して、このメトリックを表示するカスタムダッシュボードを作成し、経営幹部、執行部、開発者、QA など、組織内の一定ユーザ用にカスタマイズされた情報を視覚的に表示することができます。

    また、許容可能なパフォーマンスのレベルを規定する正常性ルールを作成し、ルールに違反した場合はアラートを自動的に送信する、または自動的にアクションを実行するポリシーを作成することも可能です。