Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width260px

    Related pages:

    Flow maps present a dynamic visual representation of the components and activities of your monitored application environment. This topic describes how you can view and use flow maps.

    Flow Map Overview

    Flow maps show the tiers, nodes, message queues, and databases in the environment, and the business transactions that flow through them. The following figure shows a basic flow map for an e-commerce application. In the sample, three server tiers interact with databases and an Apache ActiveMQ message broker.

    Types of Connections

    Flow lines represent connections between components in the flow map. Solid lines indicate synchronous connections, while dashed lines indicate asynchronous connections.

    Many modern frameworks use asynchronous patterns even if you do not explicitly call an asynchronous function or method. For example, your application code may employ a synchronous call to a framework or an Object-relational mapping style API, but the framework itself invokes an asynchronous executor to handle the call. These types of asynchronous segments show up as a dotted line on the flow map. For more about asynchronous exit calls, see Trace Multithreaded Transactions for Java or Asynchronous Exit Points for .NET.

    Request Times

    The numbers above the flow lines indicate the calls made per minute to the tier and the average time taken for the request to be serviced; that is, the round-trip time for the request. The round-trip time includes time spent on the network, if applicable to your topology, and the time that the backend server or other process spends processing the request.  The calls per minute for a given context, such as a tier, must be one or more for the flow map to display.

    Performance Baselines

    If performance baselines are set for transactions represented in the flow map, the flow lines use color to indicate the performance of the service represented by the flow line relative to the baseline. For example, a green flow line indicates that that response times in the time range do not differ significantly from the baseline. A yellow line indicates that response times are slower than the baseline. It takes some time for the Controller to establish baselines for a new installation. If there are no baselines for comparison, the flow lines are blue.

    Live Entity Data

    By default, the flow map only shows the nodes receiving performance data to optimize the rendering of the flow map and to enable you to quickly view the active nodes. You can set a filter to view the nodes not receiving performance data or all nodes. Choosing to view the nodes not receiving performance data can help you troubleshoot node issues. 

    Info

    If the Controller detects that a flow map is taking a long time to load, it does not load the flow map automatically. In this case, you can click Show Flow Map to display the flow map if you choose.

    Types of Flow Maps

    Flow maps appear in several of the built-in dashboards in the UI, and show different information depending upon the context in which they appear:   

    • Cross Application flow maps show exit calls between applications within the monitored environment. A pattern of such calls is known as cross-application flow.
    • Application flow maps show the topology and activities within an application. It displays metric values across all business transactions in the application for the selected time range. For example, the application flow map displays calls per minute; average response time for calls made to databases and remote services; and business transaction errors per minute. These metrics are based on all calls made from a specific tier to a database or remote service across all business transactions.
      • When an application is one of several in a one-app-per-service architecture, business transactions can represent service endpoints. For these applications, the application flow map displays a Cross-BT Hovercard that shows calls to upstream and downstream business transactions which represent endpoints of other services.
    • Tier and node flow maps display these metric values across all business transactions for the subset of the application flow related to the selected tier or node. 
    • Business transaction flow maps show the activity for a business transaction. The START label indicates the tier where the transaction starts (the originating tier). The business transaction flow map shows metrics that are calculated based on all executions of the business transaction during the selected time range.
    • Snapshot flow maps illustrate the metrics associated with a single snapshot. The metrics values shown in the map are specific to a particular execution of the transaction.

    AppDynamics shows cross-application flow on all flow maps where appropriate. For example, a tier flow map shows correlation when there are exit calls from the tier to another instrumented application.

    Context can determine the meaning of what flow maps represent. For example, consider the average response time (ART) for calls to a database.

    • In the context of an application, ART averages all calls to the database that happen within the application. Suppose that the application flow map shows that ART for those calls is 20 milliseconds. 
    • In the context of a business transaction, ART represents average execution time for the business transaction as a whole. Suppose that in a BT within the same application, the database gets called twice each time the business transaction executes. In the business transaction flow map, ART represents the average duration of a pair of database calls, meaning that ART is 40 milliseconds.

    Interacting with Flow Maps

    On flow maps you can: 

    • Click items in the flow map to see key performance indicators in an informational popup. For some components of the flow map, like tiers, the popup displays additional details.
    • Change the Time Range setting to have the flow map represent the activity of the system within the selected time frame.  
    • For SaaS Controllers, note that the flow maps show a maximum of the last 60 minutes of data, even if the time range in the UI is set to a greater range. This only applies to flow maps; the data in other graphs on the dashboard represent the selected time range.
    • Click Legend to learn more about how flow maps represent data.

    • Use a filter to view tiers and nodes receiving performance data, not receiving performance data, or all nodes.
    • Drag and drop items to rearrange the flow map layout or use automatic arrangement options using the controls at the top right of the flow map: 
       
      Use the controls to view the mapped components as a list, auto arrange the flow map—in which components are arranged for the fewest crossing flows—maximize the view, and more.

    The Cross-BT Hovercard in the Application Flow Map

    For an application in a one-app-per-service architecture, the application flow map displays a Cross-BT Hovercard showing calls from upstream and to downstream business transactions representing endpoints of other services.

    This enables you to isolate the service which is the origin of any problem that arises, to one of three possibilities:

    1. The service whose endpoint is a BT that you are monitoring ("your" service)
    2. An upstream or downstream service, that "your" service communicates with through cross-BT calls
    3. Yet another upstream or downstream service, that "your" service communicates with indirectly through a chain of cross-BT calls between several services

    To access the Cross-BT Hovercard, select the line representing either the incoming or outgoing cross-application call, and then select the Business Transactions tab. 

    Managing Flow Maps

    In a large scale deployment, the flow map may show hundreds of monitored nodes, not all of which may be of interest to specific users or teams. You can create flow maps that are targeted to specific areas of interest by creating custom flow maps.

    The custom flow map can be configured to show only certain tiers or those based on performance thresholds, for example:

    • Only tiers from where the load exceeds fifty calls per minute and the average response time exceed 10,000 ms
    • Only backends receiving at least 400 calls per minute and generating more than 10 errors per minute

    To create, copy, or delete a flow map, click the flow map menu and click Manage My Flow Maps.

    When you create a flow map, the new flow map inherits the context of the flow map in which it was created, whether created from an application, business transaction, tier, or node flow map. Customize your new flow map as described next.

    Customizing Flow Maps

    See Customize Flow Maps.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width260px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    フローマップは、ユーザーがモニタリングするアプリケーション環境のコンポーネントとアクティビティを動的かつ視覚的に表します。このトピックでは、フローマップを表示および使用する方法について説明します。

    フローマップの概要

    フローマップは、環境のティア、ノード、メッセージキュー、データベースと、これらを流れるビジネストランザクションを示します。下図は、e コマースアプリケーションの基本的なフローマップを示しています。このサンプルでは、3 つのサーバティアがデータベースおよび Apache ActiveMQ メッセージブローカーとやり取りしています。

    Image RemovedImage Added

    接続のタイプ

    フローの線は、フローマップのコンポーネント間の接続を表しています。実線は同期接続を、点線は非同期接続を示します。

    非同期の関数またはメソッドを明示的に呼び出さない場合でも、多くのモダンフレームワークで非同期のパターンが使用されます。たとえば、アプリケーションコードではフレームワークへの同期コールまたはオブジェクト関係マッピングスタイル API を使用できますが、フレームワーク自体は非同期実行ツールを呼び出してコールを処理します。このタイプの非同期セグメントは、フローマップ上に点線で表示されます。非同期の終了コールに関する詳細は、「Trace Multithreaded Transactions for Java」または「Asynchronous Exit Points for .NET」を参照してください。

    リクエスト回数

    フローの線上の数字は、ティアに対して行われた 1 分間あたりのコール数とリクエストが処理されるまでにかかった平均時間、つまりリクエストの往復時間を示しています。お使いのトポロジに該当する場合、往復時間にはネットワークで費やされた時間と、バックエンドサーバやその他のプロセスがリクエストの処理にかけた時間が含まれます。ティアなど、特定のコンテキストに対する 1 分間あたりのコール数は、1 以上でないとフローマップ上に表示されません。

    パフォーマンスベースライン

    フローマップに表示されるトランザクションに対してパフォーマンスベースラインが設定されている場合、フローの線が表すサービスのベースラインに対するパフォーマンスがフローの線の色で示されます。たとえば、緑色の線は、時間範囲の応答時間がベースラインと大きく変わらないことを示します。黄色の線は、応答時間がベースラインよりも遅いことを示します。新規インストールの場合、コントローラがベースラインを確立するまでにある程度の時間がかかります。比較するベースラインがない場合、フローの線は青色になります。

    ライブ データ

    デフォルトでは、フローマップはパフォーマンスデータを受信するノードのみを表示することで、フローマップのレンダリングを最適化し、アクティブノードをすばやく表示できるようにします。パフォーマンスデータを受信していないノードやすべてのノードを表示するようにフィルタを設定できます。パフォーマンスデータを受信していないノードを表示することを選択すると、ノードの問題のトラブルシューティングに役立ちます。 

    Info

    フローマップのロードに時間がかかることを検出した場合、コントローラがフローマップを自動的にロードすることはありません。この場合は、必要に応じて [Show Flow Map] をクリックしてフローマップを表示できます。

    フローマップのタイプ

    フローマップはUIにあらかじめ用意されている複数のダッシュボードで表示され、表示されるコンテキスト次第で情報が異なります。

    • クロス アプリケーション フロー マップ には、モニタリングされる環境内のアプリケーション間に発生する終了コールが表示されます。このようなコールのパターンは、 には、モニタリングされる環境内のアプリケーション間に発生する終了コールが表示されます。このようなコールのパターンは、クロスアプリケーション フローと呼ばれます。
    • アプリケーション フロー マップ には、アプリケーション内のトポロジとアクティビティが表示されます。選択した時間範囲について、アプリケーション内のすべての には、アプリケーション内のトポロジとアクティビティが表示されます。選択した時間範囲について、アプリケーション内のすべてのビジネストランザクションに対するメトリック値が表示されます。たとえば、アプリケーション フロー マップには、データベースやリモートサービスに対するコールの 1 分あたりのコール数および平均応答時間、およびビジネストランザクションの 1 分あたりのエラー数が表示されます。これらのメトリックは、すべてのビジネストランザクションにおける特定のティアからデータベースまたはリモートサービスへの全コールに基づきます。
      • アプリケーションが、1 つのサービスに対して 1 つのアプリケーションというアーキテクチャにおける複数のアプリケーションのうちの 1 つである場合、ビジネストランザクションはサービスエンドポイントを表すことができます。このようなアプリケーションの場合、アプリケーション フロー マップには、他のサービスのエンドポイントを表すアップストリームおよびダウンストリームのビジネストランザクションに対するコールを示す マップには、他のサービスのエンドポイントを表すアップストリームおよびダウンストリームのビジネストランザクションに対するコールを示す Cross-BT Hovercard が表示されます。 が表示されます。
    • ティアおよびノードフローマップには、選択したティアまたはノードに関連するアプリケーションフローのサブセットに関するすべてのビジネストランザクションにわたってこれらのメトリック値が表示されます。 
    • ビジネス トランザクション フロー マップには、ビジネストランザクションのアクティビティが表示されます。[START] ラベルは、トランザクションが開始したティア(発生元のティア)を示します。ビジネス トランザクション フロー マップは、選択された時間範囲の間にビジネストランザクションのすべての実行に基づいて計算されたメトリックを表します。
    • Snapshot flow mapsは、単一のスナップショットに関連するメトリックを表します。マップに表示されるメトリック値は、トランザクションの特定の実行に固有です。

    AppDynamics では、適切な場合すべてのフローマップでクロスアプリケーション フローを表示します。たとえばティアフローマップは、ティアから他のインストゥルメント化されたアプリケーションへの終了コールがあるときの相関性を示します。

    コンテキストによって、フローマップが表す意味を決定できます。たとえば、データベースへのコールの平均応答時間(ART)を考えてみます。

    • アプリケーションのコンテキストでは、ART はアプリケーション内で発生した、データベースへのすべてのコールを平均します。アプリケーション フロー マップに、これらのコールの ART が 20 ミリ秒であることが示されているとします。 
    • ビジネストランザクションのコンテキストでは、ART はビジネストランザクション全体の平均実行時間を表します。同じアプリケーション内の 1 つの BT において、ビジネストランザクションが実行されるたびにデータベースが 2 回呼び出されるとします。ビジネス トランザクション フロー マップでは、ART は 2 回のデータベースコールの平均時間を表します。つまり、ART は 40 ミリ秒です。

    フローマップの操作

    フローマップでは、以下を行うことができます。

    • フローマップの項目をクリックすると、情報ポップアップに KPI が表示されます。ティアなど、フローマップの一部のコンポーネントでは、ポップアップに詳細情報が表示されます。
    • 時間範囲設定を変更すると、フローマップが選択された時間フレーム内のシステムのアクティビティを表示します。  
    • SaaSコントローラの場合、UIの時間範囲がそれを超える範囲に設定されたとしても、フローマップが表示するのは最大で過去60分間のデータです。これはフローマップの場合のみで、ダッシュボードの他のグラフのデータは、選択された時間範囲を表示します。
    • [Legend] をクリックすると、フローマップがデータを示す方法をより詳しく見ることができます。

    • フィルタを使用して、パフォーマンスデータを受信しているティアとノード、パフォーマンスデータを受信していないティアとノード、またはすべてのノードを表示できます。
    • 項目をドラッグ & ドロップしてフローマップのレイアウトの配置を変えたり、フローマップの右上のコントロールを使って自動配置オプションを利用したりできます。ドロップしてフローマップのレイアウトの配置を変えたり、フローマップの右上のコントロールを使って自動配置オプションを利用したりできます。
      Image Modified
      このコントロールを使うと、マッピングされたコンポーネントをリスト表示したり、フローマップを自動配置したり(この場合、コンポーネントはフローの交差が最も少なくなるように配置されます)、ビューを最大化したりできます。

    アプリケーション フロー マップ内の Cross-BT Hovercard

    1 つのサービスに対して 1 つのアプリケーションというアーキテクチャにおけるアプリケーションの場合、アプリケーション つのアプリケーションというアーキテクチャにおけるアプリケーションの場合、アプリケーション フロー マップには、他のサービスのエンドポイントを表すアップストリームおよびダウンストリームのビジネストランザクションに対するコールを示す マップには、他のサービスのエンドポイントを表すアップストリームおよびダウンストリームのビジネストランザクションに対するコールを示す Cross-BT Hovercard が表示されます。 が表示されます。

    これにより、発生する問題の原因となっているサービスを、次の 3 つの可能性のいずれかに切り分けることができます。

    1. エンドポイントがモニタリング対象の BT であるサービス(「自分」のサービス)
    2. アップストリームまたはダウンストリームのサービス。「自分」のサービスは、クロス BT コールを介して通信します。
    3. 別のアップストリームまたはダウンストリームのサービス。「自分」のサービスは、複数のサービスの間における一連のクロス BT コールを介して間接的に通信します。

    フローマップの管理

    大規模なデプロイの場合、フローマップには膨大な数のモニタリング対象ノードが表示されますが、ユーザーやチームがそのすべてに関心があるとは限りません。この場合、カスタムフローマップを作成することで、特定の関心領域に対象を絞ったフローマップを作成することができます。

    カスタムフローマップを構成することで、特定のティアやパフォーマンスしきい値に基づく項目などのみを表示させることができます。例:

    • 負荷が 1 分間あたり 50 コールを超え、平均応答時間が 10,000 ms を超えるティアのみ
    • 1分間あたり400コール以上を受信し、1分間あたり10を超えるエラーを発生させているバックエンドのみ

    フローマップを作成、コピー、または削除する場合は、フローマップメニューをクリックし、続いて「Manage My Flow Maps」をクリックします。

    フローマップを作成したら、その新しいフローマップはアプリケーション、ビジネストランザクション、ティア、ノードフローマップのいずれから作成された場合でも、作成元のフローマップのコンテキストを継承します。続いて、次に説明する方法で新しいフローマップをカスタマイズします。

    フローマップのカスタマイズ

    Customize Flow Maps」を参照してください。