Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.3
    Sv translation
    languageen

    A stale remote service is a service for which AppDynamics has previously captured metrics, but which has experienced no metric activity for a certain time period. If a backend is not called for 30 days (in other words, the call per minute metric is zero for 30 days) AppDynamics considers it a stale backend and removes it as a monitored artifact. 

    After a backend is removed, its metrics no longer appear in the Metric Browser and health rules that reference those metrics do not fire. You should remove any health rules conditions that reference metrics in stale backends.

    For an on-premises Controller, you can configure the interval by setting the backend.permanent.deletion.period property in the Administration ConsoleReducing the period may be advisable for large installations, since the maximum number of backends removed in one pass is 50. The minimum interval is one week. Alternatively, you can disable automatic removal by setting the interval to 0.

    Sv translation
    languageja

    無効なリモートサービスは、AppDynamicsが以前にメトリックを取得していたものの、一定期間メトリックのアクティビティがなかったサービスのことです。バックエンドが 30 日間コールされなかった場合(つまり、1 分あたりのコールメトリックが 30 日間ゼロである場合)、AppDynamics はそれを無効なバックエンドと見なし、モニタリング対象のアーティファクトとして削除します。 

    バックエンドが削除されると、メトリックはメトリックブラウザに表示されなくなり、それらのメトリックを参照する正常性ルールは起動しません。無効化したバックエンドのメトリックを参照する正常性ルールの条件は削除する必要があります。

    オンプレミスのコントローラの場合、backend.permanent.deletion.period プロパティを管理コンソールで設定して間隔を構成することができます。1 回のパスで削除されるバックエンドの最大数は 50 であるため、大規模なインストールを行っている場合には、間隔を縮めるとよいでしょう。最小間隔は 1 週間です。また、間隔を 0 にして自動削除を無効にすることもできます。