Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related Pages:

    This page describes provides an overview of information points in AppDynamics.

    You can use information points to define custom metrics based on methods you configure. Information points are similar to data collectors; while data collectors show application data in the context of a business transaction, information points reflect data state across all invocations of a method, independent of business transactions. You can also apply computations to the values, for example, representing the sum or average for a method return value or input parameter.

    Appd permissions
    Width800

    To create, edit, or delete information points, you need the Configure Information Points permission.

    Information Point Data: Code Metrics and Business Metrics 

    When you configure an information point, you automatically receive the KPI metrics (called code metrics) for the information point method.

    The code metrics are:

    • Total call count
    • Calls per minute count
    • Errors per minute
    • Average response time 

    You can supplement the KPI metrics with custom business metrics for the information point.

    Business metrics reflect the value of runtime data, such as the method parameter, return value, or a value captured by getter chain on the object on which the identified method was invoked. The business metric value represents either the sum or average of the values of the code point you identify as the information point. 

    Information points can give you significant insight into how the performance of an application corresponds to business performance. For example, depending on the nature of your application, you could use it to resolve business questions such as:

    • What is the average value of the credit card total?
    • How many credit cards did my application process in a certain time period, regardless of the business transaction?
    • What was the average time spent processing a credit card transaction?

    A example of a practical use of an information point is ignored exceptions. Exceptions, especially one that occurs frequently, can contribute to CPU spikes in a JVM. If you configure the exception to be ignored in AppDynamics, for example, if it is generated in the underlying application framework and does not have a direct bearing on your application performance, it may not be readily evident to you when the exception is affecting your application. An information point that counts the exception occurrence can help you identify the additional overhead.

    Creating Information Points

    To create information points, see Java and .NET Information Points and PHP Information Points.

    Viewing Information Point Data

    You can view information point values in various places in the Controller UI, including the following:

    • Information Points page: The primary page for viewing and administering information points is the Information Points page. From there, click on an information point to view a histogram of the metrics for the information point for the selected time period. 
    • Metric Browser: The metrics also appear in the Metric Browser under the Information Points folder. 
    • REST API: Business metrics can be accessed from the AppDynamics REST API.
    • Business Transaction Snapshots: Information point data does not appear in transaction snapshots by default, but you can configure it to appear by setting the enable-info-point-data-in-snapshots node property to true. When the enable-info-point-data-in-snapshots node property is set, information point calls appear in the User Data section of the snapshot. For more information, see App Agent Node Properties


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents

    Related pages:

    Works with:

    インフォメーションポイントを使用すると、構成したメソッドに基づいてカスタムメトリックを定義できます。

    インフォメーションポイントは、データコレクタに似ています。しかし、データコレクタがビジネストランザクションのコンテキストのアプリケーションデータを表示するに対して、インフォメーションポイントはビジネストランザクションに関係なく、あるメソッドのすべての呼び出しにおけるデータの状態を反映します。また、インフォメーションポイントでは、値に計算を適用して、メソッドの戻り値や入力パラメータの合計や平均を表すこともできます。

    このトピックでは、インフォメーションポイントの構成および使用方法について説明します。データコレクタについては、「Data Collectors」を参照してください。

    権限

    インフォメーションポイントを作成、編集、または削除するには、インフォメーションポイントの構成権限が必要です。

    インフォメーションポイントデータ:コードメトリックとビジネスメトリック

    インフォメーションポイントを構成すると、インフォメーション ポイント メソッドの KPI メトリック(コードメトリックと呼ばれる)が自動的に取得されます。以下のコードメトリックがあります。

    • 総コールカウント
    • 1分間あたりのコールカウント
    • 1分あたりのエラー数
    • 平均応答時間

    インフォメーションポイントのカスタムビジネスメトリックを使用してKPIメトリックを補完できます。

    ビジネスメトリックは、メソッドパラメータ、戻り値、または特定されたメソッドが呼び出されたオブジェクトのGetterチェーンによってキャプチャされた値などのランタイムデータの値を反映します。ビジネスメトリックの値は、ユーザがインフォメーションポイントとして特定したコードポイントの値の合計または平均を示します。 

    インフォメーションポイントを確認することで、アプリケーションのパフォーマンスがビジネスのパフォーマンスにどのように対応しているかを詳しく知ることができます。例えば、アプリケーションの性質次第では、これを利用して以下のようなビジネスに関する質問を解決することができます。

    • クレジットカード合計の平均値
    • ビジネストランザクションにかかわらず、特定の期間にアプリケーションが処理したクレジットカード数
    • クレジットカードのトランザクションの処理にかかった平均時間

    インフォメーションポイントの実用的な用途の例として挙げられるのは、無視される例外です。例外、特に頻繁に発生するものは、JVMのCPUスパイクの原因になる可能性があります。例えば、AppDynamicsで例外が無視されるように構成しており、それが下層のアプリケーションフレームワークで生成され、アプリケーションのパフォーマンスに直接関係しない場合、その例外がアプリケーションに影響を与えているということがすぐにわからない可能性があります。このため、例外の発生をカウントするインフォメーションポイントは、余計なオーバーヘッドを特定する上で役に立つことがあります。

    インフォメーションポイントの作成

    インフォメーションポイントの作成については、以下を参照してください。

    インフォメーションポイントデータの表示

    インフォメーションポイントの値は、コントローラUIの様々な場所で確認できます。以下はその例です。

    • [Information Points] ページ:インフォメーションポイントを確認および管理するメインのページが [Information Points] ページです。ここからインフォメーションポイントをクリックすると、選択された期間に対するインフォメーションポイントのメトリックのヒストグラムが表示されます。 
    • メトリックブラウザ:メトリックブラウザの [Information Points] フォルダにもメトリックが表示されます。 
    • REST API:ビジネスメトリックは AppDynamics REST API からアクセスできます。
    • ビジネス トランザクション スナップショット:デフォルトではインフォメーションポイントはトランザクション スナップショットには表示されませんがenable-info-point-data-in-snapshots ノードプロパティを true に設定することで表示されるように構成できます。enable-info-point-data-in-snapshots ノードプロパティが設定されると、インフォメーション ポイント コールがスナップショットの [User Data] セクションに表示されます。詳細については、「App Agent Node Properties」を参照してください。