Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    This quick start guide describes how to use the Enterprise Console to discover existing AppDynamics components, such as a Controller, and use it to upgrade them.

    Install the Enterprise Console

    You can install the Enterprise Console on the same host as the Controller, or provide a separate host for installation.

    1. Install the Enterprise Console with the following command: 

      Linux 

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh

      Windows 

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe

      The installation wizard launches. Complete the wizard to install the Enterprise Console. For more information about how to install the application, see Enterprise Console.

    2. Verify that the Enterprise Console successfully installed by opening the GUI using the host and port you specified during installation: 

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      9191 is the default port.

    Discover and Upgrade with the Enterprise Console GUI 

    The options presented are based on the state of your platform. If you have not created a platform, choose Discovery from the options presented. Complete the wizard to create a platform, add hosts, and discover the Controller and Events Service.

    If you created a platform already, such as with the CLI, complete the following steps:

    1. Identify the host(s) where the Controller and Events Service are installed. 
    2. On the Credentials page, add credentials to the platform if you are using remote hosts. 

      Info
      Remember to provide the private key file for the Enterprise Console machine when adding a credential.
    3. Navigate to the Hosts page and add hosts.
      1. If the Controller and Events Service are installed on the same host as the Enterprise Console, select Add Enterprise Console Host.
      2. If the Controller and Events Service are installed on different hosts than the Enterprise Console, input the host(s). Select a credential for the host(s) and add credentials to the platform.

    Discover and Upgrade with the CLI

    1. Navigate to the directory where you installed the Enterprise Console.
    2. Create a platform with the following command: 

      No Format
      bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform_name> --installation-dir <platform_installation_directory>
    3. Add credentials that the platform can use to access hosts with the following command: 

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type ssh --user-name <username> --ssh-key-file <file_path_to_the_key_file>

      <file path to the key file> is the private key for the Enterprise Console machine. The installation process deploys the keys to the hosts. 


    4. Add hosts to the platform: 

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts localhost host_2 host_3 --credential <credential_name>

      At a minimum, make sure to bootstrap all of the hosts where the AppDynamics server-side components, namely the Controller and Events Service, are installed.

      Info

      You may also use the loopback address '127.0.0.1' or the machine's actual hostname in place of 'localhost'.

    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    このクイックスタートガイドでは、Enterprise Consoleを使用して、コントローラなどの既存のAppDynamicsコンポーネントを発見し、アップグレードする方法について説明します。発見できるコンポーネントは、バージョン4.1以上を実行するコンポーネントに限られることに注意してください。

    Enterprise Consoleのインストール

    Enterprise Consoleは、コントローラと同じホストにインストールすることができます。また、別のホストを指定してインストールすることもできます。

    1. 以下のコマンドを使用してEnterprise Consoleをインストールします。

      Linux 

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh

      Windows

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe

      インストールウィザードが起動します。ウィザードを完了してEnterprise Consoleをインストールします。アプリケーションのインストール方法の詳細は、「Enterprise Console」を参照してください。

    2. インストールの際に指定したホストとポートを使用してGUIを開き、Enterprise Consoleが問題なくインストールされたことを確認します。

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      デフォルトのポートは9191です。

    発見とアップグレード:Enterprise ConsoleGUI 

    表示されるオプションは、プラットフォームの状態に基づきます。プラットフォームを作成していない場合、表示されるオプションから [Discovery] を選択します。ウィザードを完了してプラットフォームを作成します。次に、ホストを追加して、コントローラとイベントサービスを検出します。

    CLIなどですでにプラットフォームを作成している場合、次の手順を完了してください。

    1. コントローラとイベントサービスがインストールされているホストを特定します。 
    2. リモートホストを使用している場合は、[Credentials] ページでプラットフォームに認証情報を追加します。 

      Info
      認証情報を追加するときに、Enterprise Consoleマシンの秘密鍵ファイルを必ず提供してください。
    3. Hostsページに移動し、ホストを追加します。
      1. コントローラとイベントサービスが Enterprise Console と同じホストにインストールされている場合は、[Add Enterprise Console Host] を選択します。
      2. コントローラとイベントサービスがEnterprise Consoleと異なるホストにインストールされている場合、ホストを入力します。ホストの認証情報を選択し、プラットフォームに認証情報を追加します。

    CLIでの発見とアップグレード

    1. Enterprise Consoleをインストールしたディレクトリに移動します。
    2. 以下のコマンドを使用して、プラットフォームを作成します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform_name> --installation-dir <platform_installation_directory>
    3. 以下のコマンドを使用して、ホストにアクセスするためにプラットフォームで使用できる認証情報を追加します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type ssh --user-name <username> --ssh-key-file <file_path_to_the_key_file>

      <file path to the key file>は Enterprise Console マシンの秘密キーです。インストールプロセスで、キーがホストにデプロイされます。 

       

    4. ホストをプラットフォームに追加します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts localhost host_2 host_3 --credential <credential_name>

      最低限として、AppDynamics サーバ側のコンポーネント(コントローラとイベントサービス)がインストールされているホストをすべてブートストラップしてください。

      Info

      「localhost」の代わりに、ループバックアドレス「127.0.0.1」やマシンの実際のホスト名を使用することもできます。